こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

われ・ことば・表現は 世界と同時一体である。

 われなるミクロコスモスと世界なるマクロモスモスとは 同時に生成する。   

 この仮説を問います。例証として コトバの生成について想像した仮説なるタトエをかかげます。


        *


 奈良(ちなみに na-ra=地‐ら⇒奈良。cf. no-ra=野‐ら)の三輪山あたりの地で のちに《たたなづく青垣 山隠(ごも)れる》と形容されたその風景を見て われらが祖先の誰かが 

  HA.....

 と発出した。この場合 ただ ハアーッという息の音を出しただけかも知れない。溜息をついただけかも知れない。でも その主観の内には何らかの心の動きが あったはずである。

  HA.....SI。

 というふうに続けて 舌や口の筋肉のはたらきにものを言わせて さまざまな形にして発声した。これは 音で いま目の前の世界の風景を切り取ったわけである。また その心の状態を 取り立てようとしたことになる。

  HASI . / はし。

 こうなると 心の状態が あたかも意味をもって表わされたかに思える。

 ――愛(は)し。

 つまり これは 中心主題相の子音/ h / と指定相・断定相の子音/ s /が働いたと《あとづけ》して捉えられる事態ではある。ここに 自称相 の子音/ ’(=ア行子音)/で

   ’u = う。 
   'u-ru = うる(⇒裏・裡・心)。

 と作って これを添えれば

   うる‐はし。(心愛し・麗しい)

 とつなぐ。いまの心持ちをそれとしてさらによく取り立てて表わすことができた。



 ところで はじめの《 HA.....》は 主観内面のことでもあれば その心の動きを感じさせてくれる目の前の山々の姿でもある。
 つまりここで 一気に文として扱えば それは 主題の表明になる。

 そのための語彙を考えよう。《山》のことを どういうわけで《やま》と言ったか分からないが 人はこれを得る。そして さらに 《所》の意味の《と》を得て これらを合成すれば 《やま‐と》のかたちにつくった。
 文としては 主題(問い)と論述(こたえ)から成る。つまり

   やまと(山‐処)‐は うるはし。

 人間は その思いを 表わさずにはいられない(!!??)。その内容を充実させようとする。

   やまと‐は・・・・・ほ・・・・・うるはし。

 と表出する。《ほ》は 突出したものの相を表わし 《穂・帆・秀》であろう。ここにさらに《ま / ろ / ば 》をも添えて

  やまと‐は ま‐秀‐ろ‐ば〔なり。 それゆえ〕うるはし。

 と来る。こうなれば 意思表示としての言語は 文による表現を基軸として さらに文法規則としても やがてその現在にまで至る姿を現わしてくるものと思われる。


      *


 すなわち 問いのねらいとしては うたのヌシとその心と周りの山々なる環境とは 言葉の生成をめぐって 同時発生である。
 
 人間の認識が先行するというもの(そういう一面のみ)ではなく また 環境が人間をつくるといった一面のみではない。基本は すべての存在や現象が 同時一体である。

 ものごとは それとして(そう言ってよければ)量子現象として励起されるし 存在は・つまり特に人間は 知性(ないし精神 つまりは 記憶・知解・意志の行為能力の一体)をともなってそのユラギが励起されるようになる。
 
 ユラギは もともと 世界すべてにわたって 同時一体である。

 どうなんでしょう?

投稿日時 - 2014-03-08 21:47:08

QNo.8505592

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.8

命の光と命の場。
この2つを揺るぎなく繋ぐ事。それが宗教や哲学の目的ではないですか?

でもね、問題は解いている時が愉しいんですよ。

そう言う程度の意味です。

ごめんなさい。

投稿日時 - 2014-03-09 22:28:46

お礼

 ご回答をありがとうございます。


 ★ でもね、問題は解いている時が愉しいんですよ。
 ☆ そうなんですか。

 そうですね。昔むかしおおむかし 幾何の問題を解いていたときのことを思い出しました。

 そうなんでしょうが 急ぐときもありますね。

 歳の所為でしょうか。


 いつか ヒグラシについておしえてください。

投稿日時 - 2014-03-09 22:56:31

ANo.7

ウヒョー↓ン!
超素早い御反応、参りました!

鏡でも場でも構わないと思います。鏡を引き合いに出したのは、神道関係の話で「御神体は鏡で邪心なくそれを覗けばそこに神が映る」と言う逸話が頭にあったからです。場と語っても問題ないですし、極論すればどちらが光であっても構いません。

ただ、2つの世界はすれ違います。て言うかすれ違ってもらわないと困ります。でないと私は破綻(解脱とも言いますが…)してしまいますがな。
もっと蜩の声を聞いてマッタリとしていたいですもん。山奥の住民なので、蜩しか鳴き声がしません…
後、言葉の問題は言語論や生物学的見地を含みますので今はパス!はっきり言って、脳みそオーバーワークでっせ!

投稿日時 - 2014-03-09 21:43:55

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 ★ はっきり言って、脳みそオーバーワークでっせ! 
 ☆ そうですか。まぁ たまにはいいでしょう。


 ★ もっと蜩の声を聞いてマッタリとしていたいですもん。
 ☆ ミンミンゼミも まれにしか見ませんでしたが ヒグラシはまづ見たことはないです。よく聞く名前なのに。いちど聞いてみないといけませんね。



 さて
 ★ ただ、〔* 鏡と光との〕2つの世界はすれ違います。て言うかすれ違ってもらわないと困ります。でないと私は破綻(解脱とも言いますが…)してしまいますがな。
 ☆ そうですかねぇ。いのちなる光と いのちの場なる世界(鏡)。

 すれ違うって どういうことだろう? 分かんなくなっちゃった。

投稿日時 - 2014-03-09 21:58:43

ANo.6

う~む…
哲学より宗教に近くなるんですが、ごめんしてね。

1.世界は鏡
2.魂(私の根源)は光
判りにくいですよね。ここで魂と呼んでいるのは、今私が私として認識している以前の純然たる生命エネルギーの事です。余計に判らなくなるかな?
3.私は鏡と光によって作られた存在
私は鏡と光がなければ存在しえない。
つまり、鏡である世界も光である魂もそれぞれ無関係に存在していて良いのです。それが出会った瞬間に私(=意識)が生まれ、言葉が生まれたのだと思います。
そしてその2つ(鏡と光)がすれ違う時、私は消えるのです。
もっとも、私の中に蓄積された知識や経験は2つの中にもフィードバックされると思いますが。

久々に頭使ったので、頭が痛いんですが…

投稿日時 - 2014-03-09 20:38:46

お礼

 ご回答をありがとうございます。


 そうですね。
 ★ ここで魂と呼んでいるのは、今私が私として認識している以前の純然たる生命エネルギーの事です。
 ☆ この《生命》というのは ありでしょうね。

 経験世界を超えたところの《非経験の場(要するに 神)》としての《いのち》。
 そして 両親から生まれてくる《わたしとしてのいのち》。

 ★ 2. 魂(私の根源)は光
 ☆ 《光》は タトエとして受け留められます。



 ★ 1. 世界は鏡
 ☆ 《鏡》は 分かるようで 必ずしもはっきりしているとも限らない。
 たとえば

   いのちの生まれる場

 としての鏡。ではどうでしょうかねぇ。



 ★ ~~~~~~~~~~~~~~
 3. 私は鏡と光によって作られた存在
 私は鏡と光がなければ存在しえない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《光》は たしかに根源にかかわっていて たぶんやはり経験世界を超えているでしょうね。


 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 つまり、鏡である世界も光である魂もそれぞれ無関係に存在していて良いのです。それが出会った瞬間に私(=意識)が生まれ、言葉が生まれたのだと思います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《私》は 《意識》に限らなくてもよいように思います。つまりは 《身と心》から成る存在でよいのではないでしょうか。むろん そこから意識は現われます。世界意識 あるいは 現実意識として 《身と心》との全体にとって意識は現われると考えます。


 さて そこから《言葉》が生まれたか?

 世界のないし現実の意識が生まれるということは 感性による知覚と理性による認識・思考がかかわっているのですから そこにたしかに言語機能がそなわっている。こう捉えてもよいのでしょうかね。



 ★ そしてその2つ(鏡と光)がすれ違う時、私は消えるのです。
 ☆ もう すれ違わないかも知れませんよ。世界という場において ワタシというユラギは そのまま鏡ないし いのちの場にそのまま溶け込んでいるかも分かりません。



 これでいいのかなぁ。

投稿日時 - 2014-03-09 20:58:47

こんにちは。

OYAZ1962さんの回答の割り込みの形になってしまうと思うのですが、
物理学をはじめにして(自然)科学は、認識論でいうと、
外界に事物が存在し、それが私たちの心に形(相)などを投げ込むという、
《模写説》・《コピー説》
の立場を、基本的にとりますよね。
私たちがいようがいまいが、私たちが意識しようが意識を向けまいが、
客観は実在し、主観はその(不完全な)模写・コピーである。
プラトンのイデア論的な立場をとります。

もっとも、量子力学では、
確率で示されるような様々な状態(波動関数の波束)があり、観測者の意識によって、その状態が一つに決まる(波動関数の《波束が一つに収束する》)といった考え方もありますが・・・。
量子的なユラギはこの時に消失する。
この考え方に従うと、
「世界を決めるのは、観測者の意識だ!!」ということになります。
一時期、一部の哲学者の間でこうした考え方がもてはやされたようです。

「世界は言葉(概念)によってとらえられ、世界は言葉(概念)に秩序づけられる」という考え方もあります。
こう表現すると語弊があるのでしょうが、
「世界は言葉(概念)であり、言葉によって作られた世界がわたし、あるいは、私たち(にとって)の世界である」
となりますでしょうか。
そして、この立場をさらに徹底してゆけば、
たとえ客観が実在しようと、それが認識されようと、心象が形成されていようと、言葉でとらえられ、また、言葉で表現されていない、表現され得ないものは、《無い》のと同じこと。あるいは、まったく無意味な存在である、
となるのでしょうか。

で、
~~~~~~
1.認識者のいない対象
2.対象のない認識者
~~~~~~
の場合の《対象(object)》は、
認識されるもの、認識される可能性があるものを対象と定義している、
と思います。
たしかに、この立場に立てば、
認識者のいない対象はありえませんし、また、対象のない認識も考えられません。
対象と認識(者)は不可分な関係にあり、どちらか一方だけで独存するということはありえないことになろうかと。
この場合、対象に求められる条件は、認識可能性や観測可能性になるのではと。


☆☆☆☆☆☆
割り込み、しゃしゃり出、横槍はここまでとしまして、
わたしの考え方は、先に紹介した《世界と言葉の関係》に近いですね。
それが人間的な言葉でないにしろ、その意味で非言語的な言葉であろうと、その言葉でとらえられないもの、言葉───「あ~」、「え~」、「う~」の言葉以前の音声レベルを含める───で表現されえないもの───「あ~」、「え~」、「う~」の言葉以前の音声レベルを含めて───は、認識されえないでしょうし、たとえ外にあったとしても無意味な存在である、と思っています。わたしにとって、世界は言葉そのもの。この言葉は、最も広い意味での言葉ですけれどもね。

で、「佐保わたり …」の歌ですが、これは「鳥の声」という物理的な刺激によって、それまで無関係であった色んな関係性が生まれた、と思います。新たな関係性が世界に生まれた、新たな秩序が世界にもたらされた、それまでなかった新しい世界が現出した、新しい世界が生まれた、と思っております。
そして、この歌に感動した人、共感した人は、この世界観に影響され、同時にこの世界を共有する。

まあ、「鳥の声は、(鳥にとっての)言葉です」とカタいことはおっしゃらず・・・。


それはそれとしまして、
物の本などによりますと、多くの西洋人は、「虫の声」をノイズ・騒音として感じるそうですね。騒音は言いすぎだとしましても、環境音として感じるとか・・・。
 なんで何だろうか?
そして、
セミがかしがましく鳴いていると、ノイジーで耐えられない。
その音量・騒音レベルによりますが、田舎育ちのわたしなどは、セミがうるさく鳴いていようが、屁でもありませんが・・・。
そう言えば、最近、ヒグラシの声を聞かないな。田舎に戻っても、ここ10年ほど、ヒグラシの鳴き声を聞いていないような。これも地球温暖化の影響か。ミヤビの世界が消えていくようで、なんか寂しいよな~。

そう言えば、
波の音を聞きなれない人の中には、海近くの宿で泊まったりしたとき、「昨日は、波の音が気になって、なかなか寝付けませんでした。はっはっはっ」という人がいますね。
海育ちのわたしはんぞは、大シケであっても、波の音など一向に聞こえませんが(笑い)。
物音などには、かなり敏感な方なのですが、かえって波の音が聞こえる方が、子守歌代わりになってよく寝つけます。

投稿日時 - 2014-03-09 13:48:25

お礼

 なかなか おもしろくなってまいりました。

 まづは ご回答をありがとうございます。

 ◇ 海育ちのわたしはんぞは、大シケであっても、波の音など一向に聞こえませんが(笑い)。
 ☆ さすがにこの境地にまではわたしはまだまだです。ふるさとは 東海道の宮の熱田から海の道で辿り着くK 市ですが・つまり海沿いの町ですが 波の音は 三・四キロほど遠いようでした。焼き蛤の町ですから 海沿いだとお分かりだと思いますが。

 その代わり
 ◇ その音量・騒音レベルによりますが、田舎育ちのわたしなどは、セミがうるさく鳴いていようが、屁でもありませんが・・・。
 ☆ の感覚は 共有します。ワシワシ(クマゼミ)やニイニイゼミやアブラゼミ(これは 共通語では何と言うんだろう?)・ツクツクボウシ そしてまれに○○が見つかりました。

 この○○は 名前が思い出さないので ヰキぺを見たら
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B7
 ヒグラシのことでした。けれども ヒグラシとは言っていなかったなア。カナカナとも言わなかった。非常にまれにしか見られなかったのです。

 あっ ヒグラシではなかった。ミンミンゼミのことでした。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%9F
 胴体が黒かったですから。翅が透明なのは ヒグラシと似ていますね。

 こうなると――いつもいつも蝉を声を聞いていると―― たしかに岩に染み入るしづけさということになるかも知れません。


 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 物の本などによりますと、多くの西洋人は、「虫の声」をノイズ・騒音として感じるそうですね。騒音は言いすぎだとしましても、環境音として感じるとか・・・。
 なんで何だろうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ アマテラス理性語ぶっているのではないでしょうね?



      *

 さて われと世界との関係をめぐってです。

 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 で、「佐保わたり …」の歌ですが、これは「鳥の声」という物理的な刺激によって、それまで無関係であった色んな関係性が生まれた、と思います。新たな関係性が世界に生まれた、新たな秩序が世界にもたらされた、それまでなかった新しい世界が現出した、新しい世界が生まれた、と思っております。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ わたしの憶測は こうです。

 すなわち
 ○ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 鳥も蝉も我れもそして空気も水も 世界は個別のものごととしても全体としても すべてすでに或る種のユラギとしてある。
 
 そこへさらに鳥が鳴けば このユラギがユラギを増す。まわりはその影響を受ける。

 このような《事件》を 鳥の一声が呼び起こしわれがこれを捉え 言葉にして表わした。

 われの自己表現も 或る種のユラギである。すべてが そのようなかたち・もの・こととして成っておりそれとしてのウゴキを持つ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ というものです。

 これには 虎の巻があります。

 ▲ 吉田伸夫:項目リスト
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/kasetsu/subject.htm
 ▲ 同:場の量子論の形成
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/kasetsu/subject/sub08.htm

 ☆ むろん上に書いたことは 勝手にわたしが憶測したものです。

 ◇ わたしにとって、世界は言葉そのもの。この言葉は、最も広い意味での言葉ですけれどもね。
 ☆ というのでしたら けっきょく空気のような場でも その最広義の《言葉》に入ると思うんですけれど。・・・

 一考していただければさいわいです。



 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「世界を決めるのは、観測者の意識だ!!」ということになります。
 一時期、一部の哲学者の間でこうした考え方がもてはやされたようです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 ☆ この考え方に違和感をおぼえるところから この質問があります。

投稿日時 - 2014-03-09 15:13:27

ANo.4

う~ん…難しいのですが、一度回答した以上は責任がありますので。

1.認識者のいない対象
2.対象のない認識者
どっちがどうとかの理屈以前に、機能しないと思います。
なので、これ以上は考察しません。
3.対象と認識者の出会いが言葉を生む
この場合の言葉とは、意識そのものを表していると解釈して下さい。
つまり、世界と私が出会わなければどちらも意味を成さない。
哲学的アプローチじゃなくてごめんなさい。

投稿日時 - 2014-03-09 09:25:23

お礼

 おやず1962さん あらためましてこんにちは。ご回答をありがとうございます。

 ★★ 1.世界があるから私は見える。
 ★ 認識者のいない対象
 ☆ ということは まだ〔たぶん〕人間によって認識されていない段階で けっきょく《世界と私とが存在するとあとから(または 神の目からでしょうか)言える状態にある》。こういうことでしょうか?
 
 これなら たぶん同時一体であるように受け取られます。認識の以前としてですが。

 ★★ 2.私が見るから世界がある。
 ★ 対象のない認識者
 ☆ 《見る能力を持つ私はいるが その場としての世界は まだ対象として捉えていない段階》なのでしょうか?

 ★ どっちがどうとかの理屈以前に、機能しないと思います。 / なので、これ以上は考察しません。
 ☆ 分かりました。


 ★★ 3.世界があって私が見るから言葉が生まれる。
 ★ 対象と認識者の出会いが言葉を生む
 ☆ 世界と私――あるいは 私の中の身や心やの状態という部分 もしくはさらにワタシという存在の全体を世界として その世界と私――との向かい合った状態。ここから 感性として知覚を生み 知覚を認識した上でその内容を 何とか音声という手段に載せて 記号化する。この記号が 言葉である。ということでしょうか?

 シルシとしての言葉を持っておくなら これを駆使しておのれの感覚や思考の内容を次から次へとその思いや考えの筋をたどって行くことができる。まとまった内容の思想として打ち出すことが出来るようになる。


 ★ この場合の言葉とは、意識そのものを表していると解釈して下さい。
 ☆ この意識を よく言葉として表わすようになったものですよね ヒトは。

 ★ つまり、世界と私が出会わなければどちらも意味を成さない。
 ☆ たぶん――先ほども少し触れましたが―― わたしにおいて わたしがわたしみづからとのご対面もがあったのでしょうね。

 出しゃばって考えを述べますが この《わたしがわたしである》或る種のさとりを経ていないと 世界はただ単におのれを取り巻く環境として見えているだけであるとも考えられますから。



 ご返答をありがとうございました。
 やり取りの行方を見守っていてみてください。また何かありましたら ご投稿をどうぞ。

投稿日時 - 2014-03-09 10:34:21

ANo.2

1.世界があるから私は見える。
2.私が見るから世界がある。
3.世界があって私が見るから言葉が生まれる。
この三択ならわかりやすいですが…

量子物理学でも、一時期(今もやってる?)流行りましたよね?
世界があって私が見るから観測結果がある。みたいな…

投稿日時 - 2014-03-09 07:59:38

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 それでご見解は どうなりましょうか?
 
 すなわち 《三択》のいづれもがありうる。と言うのか?

 それとも そのいづれか一つだが いまはまだ分からないと言うのでしょうか?



 ★ 1.世界があるから私は見える。
 ☆ これは 《見える》のは 《私によって私が》であるのか? それとも《私によって世界が》なのか?

 ★ 2.私が見るから世界がある。
 ☆ これは おそらく《私の意識》としては そういうことなのでしょうね。《私の意識》がまだおよんでいなかったときには どうなりますか?


 ★ 3.世界があって私が見るから言葉が生まれる。
 ☆ これは 《言葉》は そもそもの起源についてのことを言っているのか? それとも すでに言葉は持たれているとき あらたな言葉が持たれるようになるのを言うのか?

 また 《世界》は 《私 および 人間》より先に存在しているという意味でしょうか?

投稿日時 - 2014-03-09 08:30:07

古代日本語の音韻では、
「はし」は、『HA-SI』ではなく、《FA-SI》もしくは《PA-SI》ではないのでしょうか?
違いましたっけ。

であるとするなば、《FA》や《PA》と感嘆の息を漏らしたに違いないです。
HがPであった名残りは、現代語にまでその音韻が残っているとされる《ピカピカ》にあります。ピカピカするから、ピカル→ヒカル、ピカリ→ヒカリだとか・・・。

ハッキリいって、重箱の隅突きです(ポリポリ)。

それはそれとして、
《はし》は、
~~~~~~~
佐保(さほ)渡(わた)り、我家(わぎへ)の上に、鳴く鳥(とり)の、声なつかしき、はしき妻の子

佐保(さほ)を渡って、私の家の上で鳴く鳥(とり)のように、声に心ひかれる、いとおしい妻。

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/four/m0663.html
~~~~~~~
という歌に見られるように、現代語の《か・わ・い・い》に通じる感覚ですよ。女子中高生が発する「きゃ~、か・わ・い・い」という感覚だと思うんですよ。

ご紹介したホームページにあるような、小さなスズメさんなどを見たときに、
日本人ならついつい口走ってしまうような、小さいものなどに対して示す親愛の情のはず。まもって(目守る・まもる)やりたくなる感情、小さく弱々しくて目が離せない感情のはず。
ですから、
ヤマトタケルの
「やまとは くにのまほろば …… やまとしうるはし」
は知的すぎますよ。



☆☆☆☆☆☆
☆すなわち 問いのねらいとしては うたのヌシとその心と周りの山々なる環境とは 言葉の生成をめぐって 同時発生である。
◇ご紹介した「佐保わたり・・・」の方は。
この歌では、おそらく「鳥・はし・妻」が同時発生的に発生しているのではと。そして、一つの世界を作者の前に現出させている。また、読み手もそのように感じ、この文学的な世界、環境を(心的に)再現する、もしくは心的・文学的な世界を現出させる。

なんか、収拾のつかない回答になってしまいました。
この質問を読んで、頭に浮かんだことをツラツラと書き汚してみました。
すこし考えがまとまりましたら、もう少しまとまった内容のものを書くことにします。

投稿日時 - 2014-03-08 23:20:38

お礼

 ご回答をありがとうございます。


 ◇ 「はし」は、『HA-SI』ではなく、《FA-SI》もしくは《PA-SI》ではないのでしょうか?
 ☆ ええ。そして サ行の子音についても 厳密に問い求めなくてはならないようです。

 大ざっぱに言って サ行とシャ行との混用であったらしい。

   sa si su se so
  sya syi syu sye syo

 → sa syi su sye so

 九州では せかい(世界)を シェカイと発音するでしょうか。
 ハ行の子音は 

   p  >  F  >  h

 と変化して来たらしい。 / F / は 唇を噛むのではなく 両くちびるを合わせて息を出す音であったと言います。そして これは 学問的な精確さを脇に措いておいた話としてなのですが 次のような変遷を措定した上で 《は: ha 》としています。/ p / の音の前にさらに変化があったという想定です。

   h  > F  > p  > F  > h

 要しますと ここでは 音韻の措定については 水漏れのするザルのままの議論です。


    *


 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 《はし》は、・・・現代語の《か・わ・い・い》に通じる感覚ですよ。
 ・・・
 ヤマトタケルの
 「やまとは くにのまほろば …… やまとしうるはし」
 は知的すぎますよ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ そうですね。《うるはし》は 《端正・立派だ》といった意味合いがつよいらしいです。でも《うるはし》は使われているわけで では 《はし》はどうか?
 
 《はし=いとしい・かわいい》 これも基本的な意味のようです。
 そして ここでは 《うるはし》をつくるとき 勝手に《はし》から考え起こしたわけですが たとえば《はしきやし》なる語としては 次のように《嘆息》を表わすことがあったようです。かろうじて 仮定的に通るのではないかという希望において見ています。

 ▲ (Weblio古語辞典:はしきやし) ~~~~~~~
  http://kobun.weblio.jp/content/%E3%81%AF%E3%81%97%E3%81%8D%E3%82%84%E3%81%97

 [参考] 愛惜や追慕の気持ちをこめて感動詞的に用い、愛惜や悲哀の情を表す「ああ」「あわれ」の意となる場合もある。

 ▼ (大野晋古語辞典:はしきやし)~~~~~~~~
 いとしい。愛すべき。
 《ああ》という嘆息の語とほとんど同義になる例が多い。
 亡くなったものを愛惜し また自己に対して嘆息する意に多くつかう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      *

 ○ 佐保(さほ)渡(わた)り、我家(わぎへ)の上に、鳴く鳥(とり)の、声なつかしき、はしき妻の子
 ◇ ・・・おそらく「鳥・はし・妻」が同時発生的に発生しているのではと。そして、一つの世界を作者の前に現出させている。また、読み手もそのように感じ、この文学的な世界、環境を(心的に)再現する、もしくは心的・文学的な世界を現出させる。
 ☆ 《声》が 鍵語でしょうね。

 鳥が鳴いている。鳥の鳴く声がする。――この耳の知覚という一点から 世界がわが心とともに励起され広がった。

 けれども われが耳に聞こえる何らかの声を知覚しこれを鳥の声だと認識したゆえに――そのわれの認識によってこそ――世界が存在し始めたというのとは 微妙に違うのではないか?

 もともと世界はあった。われとともにあった。鳥や蛙やとともに あたかも一体としてあった。その中で 声なら声が 言わば世界全体にユラギを起こし これをわれは認識する。(もともとユラギとして 世界はわれもなれ(汝)も一体であった。ユラギが目を覚ました状態になった)。――こういった事態が 世界とわれとのあり方なのではないか?

 というふうに――例によって推測において――問うています。よろしくお願いいたしたいと思います。

投稿日時 - 2014-03-09 00:37:47

あなたにオススメの質問