こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アパートの家賃の差し押さえについて

会社を経営していた夫が亡くなりました。
アパートを相続し、家賃が入っています。
そのアパートは夫が経営していた会社の担保に入っています。
私は経営からいっさい関係なくなっているので、もし会社がつぶれて
しまっても私の財産にまで及びませんが、
もしその会社がつぶれたらアパートは銀行にとられてしまうと思います。
その場合、もう家賃は入ってこなくなるのですよね。
まだまだ子供の学費がかかり、家賃が入ってこなくなるのは
困るのでどうか教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-03-22 09:00:30

QNo.8523778

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

抵当権に基づく不動産賃料に対する物上代位は、実務的には物上代位の中でもよく用いられるものです。

会社が約定弁済を確りと履行している間は、物上代位による債権者(銀行)からの家賃収入の差押えを受けることはありませんが、当該会社の業況が悪化し債務不履行の恐れがあれば、いつ差押えになるとも限りません。その可能性があることは間違いありません。

貴方が、当該会社の経営に関与していないならば、当該会社にアパートの被担保債権を一括して弁済してもらうか、担保物件の差し替えをしてもらうよう相談するべきだと思います。

また、銀行にとっては、貴方が当該会社の物上保証人(アパートの所有者兼銀行に対する担保提供者)となっていますから、当該会社の債務履行状況を貴方に知らせる義務があります。(保証債務現況通知書と言います。第三者保証人に定期的に通知する必要があります)銀行にとっても、こうした保証人の扱いは面倒なものです。いっそのこと、銀行に直接相談するのも手かもしれません。

投稿日時 - 2014-03-22 16:03:55

お礼

詳しいご説明ありがとうございました。
とても助かりました。

投稿日時 - 2014-03-22 16:30:19

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ご主人は会社を経営していた。
それとは別に、アパートを所有していた。
会社の運転資金として銀行からお金を借りた。
その借金の担保としてそのアパートを差し出した。

単純に考えれば、その借金を銀行に返してしまえば担保を外すことができますね。

投稿日時 - 2014-03-22 11:30:56

お礼

そういうことですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-03-22 12:47:02

ANo.1

> もしその会社がつぶれたらアパートは銀行にとられてしまうと思います。
> その場合、もう家賃は入ってこなくなるのですよね。
> まだまだ子供の学費がかかり、家賃が入ってこなくなるのは
> 困るのでどうか教えてください。

銀行にとられる → 家賃が入ってこない → 

で、何を教えてほしいのか、よくわかりませんが、会社組織が個人事業でない、すなわち株式会社等法人組織でしたら、ご賢察のとおりです。

その会社の株主(出資者)のひとりにあなたの亡夫がいるなら、その株を相続することで、経営の一端に参画することになります。すなわち会社をかたむかせない経営者の資質のある人を役員にすえ、経営をまかせるということです。

投稿日時 - 2014-03-22 09:33:21

あなたにオススメの質問