こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不可分債務について

行政書士に関するあるテキストに、下記のような記述があったみたいですが、その内容がよく理解できません。
たとえば、「一人の債務者または総債務者に対して、同時または順次に全部の履行をする。」とは、具体的にどういうことでしょうか(できましたら、仮の名称「A」などを使用する事例等を提示いただければ幸いです。)。
ご教示よろしくお願いいたします。

不可分債務の場合、債権者は、一人の債務者または総債務者に対して、同時または順次に全部の履行を請求することができる。

投稿日時 - 2014-04-09 17:23:42

QNo.8547998

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

書いてあるとおりです。
不可分債務は全額を誰に請求してもかまわないです。
例えば、固定資産税は不可分です。相続が発生した場合は法定相続人が複数人いる場合が多いです。
そのような場合、市町村では、その相続人のうち1人に全額請求できます。
その1人は全額支払い義務があり、その者は他の相続人に対して持分割合で請求することになります。
他の例として(上記は債権者側から見た場合ですが、逆に、債務者側から見た場合)、貸主が死亡して誰に支払っていか判らない賃料は、相続人の1人に全額支払えば、他の相続人は「賃料不払い」とはならないことになっています。
勿論のこと、上記2例だとしても、債権者(又は債務者)が総債務者(又は総債権者)に同時または順次に全部の履行を請求(又は義務の履行)することができます。

投稿日時 - 2014-04-10 08:13:21

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-04-10 09:16:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

債権者をAとし、債務者をB、C、Dとします。

AはBだけに履行の請求をすることができる。

また、BCD全員に履行の請求をすることができる。
その場合、BCD同時に請求してもよいし、
Bには4/10に、Cには4/12に、Dには4/15
とバラバラに請求してもよい。

投稿日時 - 2014-04-10 08:11:27

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-04-10 09:15:42

あなたにオススメの質問