こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カーテンを閉める派と開ける派(窓の必要性)について

よくカーテンを開ける派と閉める派で対立している事が多いと思いますが、

カーテンを閉める派の意見はというと
・プライバシー保護
・紫外線防止
・常識だから
・家の中の様子が見たくないから閉めろ
・恥ずかしいから
・防犯上危ないから閉めろ

という一方的に意見を押し付ける感じの意見が多い反面 開ける派の意見は

・体によくないから 光を浴びる
・風景を見るのが好き
・風が通って心地が良い
・見たければ勝手にどうぞ

といった 健康面での意見がとても多い気がします。



私は断然 日中はカーテンを開けて 電気代の節約や、
目の運動がてらに風景を見たりするので カーテンを開ける事に大賛成ですが
やっぱり日本人は何かを隠したりする人が多いのでしょうか?


防犯上はよくないという意見も確かによく分かりますが、
「見たくないから閉めろ」といった一方的にカーテンを閉めろと言うカーテン閉める派
の意見がどうも 嫌です・・・感じ方は人それぞれだと思いますが。

「カーテンを開ける方が自分勝手だ」という意見も多くありますが、
自分の意見を押し付ける 閉める派の意見の方が自分勝手に感じました。




そこで質問です!
カーテンを閉める派は当然 見られる事への恐怖等を感じる方が多いと思いますが
「じゃあ 窓を小さな窓、もしくは景色が見えない ザラザラとしたタイプの窓ガラスにすれば
問題解決だと思いますが・・・何故 景色を見たりする必要がないのに 大きな窓を
作るのでしょうか?」私はとっても不思議に感じました。

暗いカーテンを締め切った部屋が好きなら 窓も小さくしちゃえばいいし、
もし 洗濯を干すのに大きい窓が必要なら ザラザラとした加工がされている
窓ガラスを最初からつけちゃえば 見えにくくなると思うのですが?


単純に考えた結果 このような疑問が出てきたので 質問しました。
※喧嘩口調の回答はご遠慮願います。

投稿日時 - 2014-04-10 14:08:20

QNo.8549048

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

性格の違いなんじゃないんですかね。カーテンを開ける人は外向的な性格の人が多いでしょうし、何が何でもカーテンを閉めたがる人は内向的な性格なんだと思います。
ほら、「明日どこか行くの?」と他人に聞かれたとき、「うん、どこどこに行く」と開けっ広げにいう人もいれば、「なぜ私のプライベートをあなたに話さなければいけないのか」と噛みつく人もいるじゃないですか。で、そういう人って何か他人に聞かれたくない事情でもあるのかと思うとそうじゃなくて、「とにかく他人に自分を詮索されるのが生理的に嫌なのだ」という場合が多いですよね。
カーテンを閉める人も、閉める理由があるとか開けたくない事情があるというのではなくて、「人に見られるかもしれないという状況が生理的にストレス」ということなのだと思います。
ではなぜ曇りガラスにしないのかということですが、曇りガラスでも気配は感じますからね。本来は窓もない部屋のほうがいいのかもしれませんが、まあ窓がない部屋といったら独房気分ですから、それはそれで圧迫感を感じるでしょうね。

投稿日時 - 2014-04-10 14:53:11

お礼

非常に分かりやすい回答ありがとうございます!


>カーテンを閉める人も、閉める理由があるとか開けたくない事情があるというのではなくて、
 「人に見られるかもしれないという状況が生理的にストレス」ということなのだと思います。

なるほど!人に見られるのがストレスなんですね!
やっぱり性格の問題なんですね 開けたい人はプラス思考な方で、
閉めたい人はネガティブ思考の方が多いんですね 納得できました。


>まあ窓がない部屋といったら独房気分ですから、それはそれで圧迫感を感じるでしょうね。


確かに窓がないと独房っぽいですね。

投稿日時 - 2014-04-10 17:07:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.4

僕の職場では、カーテンは閉めておくと決まっている為(理由は以下のとおりです。)、自宅でも閉めていることが多いです。

>窓を小さな窓、もしくは景色が見えない ザラザラとしたタイプの窓ガラスにすれば問題解決だと思いますが・・・

窓の大きさや窓のガラスについては、消防法と建築法に従って作られているので、最低限この法律が守られていないと改善は難しいと思います。
網入りガラスを景色の見えないすりガラスに変更することも、違法行為となる場合は工務店やガラス屋が請け負ってくれませんしね。

僕の職場のカーテンを閉めているのは、窓ガラスの飛散での怪我防止とプライバシーの保護が目的です。
飛散防止は、地震やガス爆発などで窓が割れたり、ひびが入った際に、カーテンがあれば飛散範囲が小さく済むという理由からです。
以前、ある病院の近所で爆発事故があり、カーテンが開いていた部屋は部屋の中央付近までガラスが散乱しましたが、カーテンを閉めていた部屋は窓付近のみの飛散で済んだという話がありました。
網入りガラスであっても、この時のような爆発や大きな地震であれば割れますので、飛散を防ぐ意味でカーテンが有効であると考えて規則として決定されました。

我が家は医療系と理系の一家ですので、窓からの紫外線や自然放射線のデメリットと、カーテンを閉めることのメリットをある程度理解しています。
それが、家族全員一致で薄手のカーテンを閉めていることが多い理由だと思います。

だからと言って、カーテンを絶対に閉めなければならないとも思いません。
1日10~15分以内で紫外線を浴びることも、人間の成長と健康には不可欠ですしね。
窓は約80%程度の紫外線を通すと言われていますから、カーテン越しの短時間の日光浴も必要だとも思いますよ。

投稿日時 - 2014-04-10 14:58:21

ANo.2

カーテンを閉める派です。
昼間はレースのカーテンのみを閉めた状態にしています。
窓を小さくしたいとは思いません。だってそれだと暗いから。
別に暗いのが好きなわけではないのです。
でも外からは見られたくない。なのでレースのカーテンを閉めています。

田舎の一軒家ならカーテン全開で景色を堪能しますが
あいにくここはそれなりに都会で周りはマンションだらけです。
私の部屋から見える範囲では、カーテンを閉めてない部屋は1/20くらいの割合です。
でも閉めてない部屋はどれも誰も入居してなさそう・・・
とすると人がいる全ての部屋がカーテンを閉めている状態です。みなレースですけどね。

すりガラスの窓ですが、私の場合は外の天気(=雲の様子や雨の量)が
わかりづらいのでNGですね。
ていうか賃貸なので窓ガラスの種類や大きさは選べません。
また目の前が幹線道路なので窓を開けて風を楽しむ、という気分にはなれないですね。
換気口につけてるエアフィルターは一週間で真っ黒になります。


カーテンや窓の話などは、住んでいる環境によって一概には言えないと思います。
田舎と都会、一軒家と集合住宅、などなど・・
質問主さんは一軒家なのでしょうかね?
そうでなければ「窓ガラスを変える」という発想にはならないと思いますので。

投稿日時 - 2014-04-10 14:39:03

あなたにオススメの質問