こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

たけしが死刑制度に異論

たけしが死刑制度に異論「死刑が極刑とは思えない」「被害者遺族が執行のボタンを押すのはどうか」

7日放送の「TVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが犯罪者の更生や死刑について
意見を述べた。

同番組は「日本の死刑制度どう考えますか!?」をテーマに議論をする構成で、世界的には死刑制度が廃止に向かう中、日本ではいまだ85.6%が賛成している現状が紹介された。

番組冒頭で、たけしは「死刑というのはダメなんですよ。それは、死刑が極刑とは思えない。そんなんじゃすまない」と、日本の死刑賛成多数の現状に異論を唱えた。

罪を犯した人にはもっと生きてもらい、人間とはなにか?命とはどういうものなのか?を学ぶ意味では、死刑ではなく終身刑のほう適しているのではないかとした。

さらに「中には(自分が)死にたいから、人殺しして殺してくれってやつが出てくるとこれどうなんだっていうことになってね。人権とかそうじゃなくて、もっと更生のさせ方が、もっと罰せられる方法があるんじゃないかと」と話した。

スタジオでは賛成派と反対派に分かれ、議論が展開されたが、実際に拘置所内で刑を待つ死刑囚や、刑が実行される様子など、ショッキングな内容も紹介されていた。

その後、スタジオではさまざまな意見が出たが、たけしは「残酷なのか分かんないけども、被害者の方の意思表示を、絞死刑の時にボタンを押すのはどうかというのは…あなたは押しますか?という風にして」と発言。被害者遺族らの意思を確認したうえで刑を執行してはどうかと提案した。

これには元法務大臣の鳩山邦夫氏も「ひとつのアイデアですね」と共感した様子だった。

番組でも当該記事でも「世界的には死刑制度が廃止に向かう」と述べているが、実際にはそうではない。

死刑制度廃止の国に数は大昔と比較して少し増えたかもしれないが、近年は逆に「事実上の死刑廃止国」→「死刑存置国」に移った国の数が増えている。


http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5413.html?sp


死刑に反対でしょうか?

死刑に関する議論は、賛成派反対派双方とも結論ありきで、自己に都合のいい理由を主張しているに過ぎないようです

投稿日時 - 2014-04-14 08:33:33

QNo.8553876

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

人が最も嫌だ、避けたいと思うこと。
それは個人の価値観なので、それぞれ違うだろうけども、大多数の人が、死が一番重いと感じている。
だから、一番重い刑罰が死刑となっている。
それだけのことだと思います。

自分が死ぬことを厭わなければ、死刑なんて怖くないから意味がないというのは極論というか、少なくとも日本では少数派意見です。
(統計ソースがあるわけじゃないけれども、

人の善意や良心を信じないわけではありません。
ですが、根底で人が法を守るのは、自分を守りたいからだと思います。
法を犯して罰せられるのが嫌だ。
そう思う人が大勢いるから、社会は秩序が守られるのです。

世界の価値観が変わって、人が一番避けたいことが変われば、また死刑の持つ意味は変わってくるでしょう。


>「最初から 自分の命を差し出すつもりなら 人の命を奪ってもいいのか?」という命題も成り立ちます。

これはそもそも、論旨がすり変わっていると思います。

罪と罰のバランスを語る上で、命を奪っているのだから、自分の命を対価とするのは妥当であるというのと、
命を対価とすれば、命を奪っても「良い」というのはまったくの別物です。

"やってはいけないと決められている"ことと、"破った場合このような罰が与えられる"というのは独立しています。
罰の有無や軽重が変わったとしても、"やってはいけないと決められている"ことは変わりません。
しかし、やってはいけないと言っただけでは、軽々しく破る人間が出てくるから、罰が定められているのです。

個人的には、もっとも重い刑罰が死刑であろうとなかろうと、どっちでも良いのですが、
死刑制度があることで、ない場合より抑止力が上がるのなら、自分は死刑制度を肯定します。
(もちろん、現行制度に不備がないなどと言うつもりはありせん。そこは是正していく必要はあるでしょう)

逆に死刑制度を無くした方が抑止力が上がるというなら、廃止にすれば良いと思います。

でも、抑止力はガタ落ちするんじゃないかなと思います。
自分が死にたいから人殺しをするという人数(これは現状、そういう人がどれだけいるかでわかります)と、死にたくはないけれども、生活に追いつめられ困窮し、終身刑ならとりあえず食うには困らないなどと考える人数と、どっちが多いんでしょうね。

規律は厳しいけれども、食事も出るし、風呂にも入れるから刑務所に入っていたいと、出所しても無銭飲食などで舞い戻る人がいると言う話を、そこそこ耳にします。
これの極端な例が出てくる危険もあるかもしれませんよ。

投稿日時 - 2014-04-14 20:04:21

お礼

回答ありがとうございます。

>それは個人の価値観なので、それぞれ違うだろうけども、大多数の人が、死が一番重いと感じている。
日本では 年間 約1000件の殺人事件が起きているtのに対し、自殺者数は 3万人近くに上ります。しかも、自殺が最も多く用いる方法は死刑の方法とも似ています。これは、単純に考えれば 世の中には 牢屋に入らなくとも 死刑より辛いことが沢山あると いうことではないでしょうか?

>これはそもそも、論旨がすり変わっていると思います。
多くの人が このような詭弁で目を逸らしますが、もっと真剣に向き合うべきだと思います。mp20palpunteさんの論理だと 池田小の事件でも 児童8人と宅間1人の命が等価だということになり、
犠牲になった児童を貶めるような考えに繋がると思うんです。

>命を対価とすれば、命を奪っても「良い」というのはまったくの別物です。
じゃあ、どうして 自分の命を差し出すつもりでも 他人の命を奪ってはいけないのでしょうか?

>死刑制度があることで、ない場合より抑止力が上がるのなら、自分は死刑制度を肯定します。
抑止効果はほとんどないような気がします。

>自分が死にたいから人殺しをするという人数(これは現状、そういう人がどれだけいるかでわかります)と、死にたくはないけれども、生活に追いつめられ困窮し、終身刑ならとりあえず食うには困らないなどと考える人数と、どっちが多いんでしょうね。
後者の方が多いんじゃないしょうかね。死刑存廃問題でも 反対派の人は冤罪を理由に挙げ、それに対し、賛成派の人の人の中には「終身刑になるくらいなら死刑になった方がマシだ。」と言う人も少なくありません。つまり、日本では死刑賛成派の人の方が圧倒的に多いわけですが、死刑になる人間自体、筋金入りの死刑賛成派だと思われますので、そういう人間が死刑判決を食らって 死刑反対に鞍替えしても もはや手遅れかと思います。

>規律は厳しいけれども、食事も出るし、風呂にも入れるから刑務所に入っていたいと、出所しても無銭飲食などで舞い戻る人がいると言う話を、そこそこ耳にします。
こういうのは死刑にならないような つまらない窃盗や暴行が多いと思いますが、社会の受け皿がないからでしょうね。出所しても ムショよりも辛いんでしょうね。 そうすると、また犯罪を犯してムショに逆戻りするか 自殺するしか選択肢がなくなるでしょ。でも、自殺するのは 折角の命をただドブにすてるようなものなので、どうせなら 自分が一番憎い人間を殺してから自分も死のう考えても不思議ではないのです。

投稿日時 - 2014-04-14 21:12:59

ANo.4

私は必要と思いますが、現行制度には穴が多すぎます。
特にアメリカでは希望があれば再審はすぐに行われるのに日本では再審の扉が重すぎる。
これは検察警察裁判が一切間違いを起こさないという仮定で考えられていると思われます。
人間がする以上そんなわけがないので再審についてもっと整備を進めることが必須でしょう。

私もTVタックルは見てましたがおおむね同意見です。
感情論でお互いの考えに聞く耳を持たないといった感じでしたよね。

そして死刑を廃止したところで一生涯刑務所から出られず人生と未来を奪うことが死刑より人権を尊重しているということには全く理解できません。
何言ってるの?って感じです。

ただ日本には終身刑があってもいいとは思いますけどね。
無期懲役と死刑の差があまりにも大きいからです。
無期といっても実際は20年ぐらいで出所できるみたいですし。

投稿日時 - 2014-04-14 15:28:36

お礼

回答ありがとうございます。

>私は必要と思いますが、現行制度には穴が多すぎます。
そうですね。取り調べの可視化も含めて 再審の扉が軽くなるまで 死刑は停止した方がいいかもしれせんね。もっとも、その頃には 死刑の必要性も薄れてきていると思いますが。

投稿日時 - 2014-04-14 15:42:36

ANo.3

死刑制度は必要だと思っています。
反対か賛成かと言うより、必要か必要でないかと
考える方が良い気がします。

罪を犯した人はもっと生きてもらい・・・・・という意見ですが、
人間には良心を持っていない人が約4%ぐらい存在して
居る事が、欧米の長年の研究で分かっています。
凶悪犯罪者の多くが、この4%に属しているようです。
また、被害者遺族の気持ちも大切にするべきでしょう。

中には(自分が)死にたいから・・・・・という意見ですが、
レアケースをもとに法律を考えるのは間違っています。

被害者側に死刑のボタンを押させると言う意見は、
言語道断です。
裁判で意思表示をする事で十分であり、余計な精神的負担を
被害者側に与えるのは、あまりに残酷です。

私は基本的に罪の重さに応じた罰が必要と考えています。
罪のない人の命を奪ったのであれば、命で償うのが
当然だと思っています。

投稿日時 - 2014-04-14 10:48:57

お礼

回答ありがとうございます。

>また、被害者遺族の気持ちも大切にするべきでしょう。
顰蹙を承知で書かせて頂けば、池田小事件なんかだと 宅間がある意味カッコよくて、
むしろ遺族の方が醜く見えてしまった面があります。宅間が死刑になったことで、遺族たちは 宅間に対する憎しみは和らいでも、宅間が法廷で「お前らの子供8人は わしが死刑になるために 生まれて来たんや。」と吐いたセリフを認めるようで 却って 虚しさと悔しさと敗北感を感じたのではないかと察します。それに、すぐに宅間を死刑にした為に、どうして宅間のような人間が生まれたのか 十分に分析もできないまま 再発予防の決め手にもなりませんでした。

>罪のない人の命を奪ったのであれば、命で償うのが
当然だと思っています。
これは 善人も悪人も 命は最も大事なものであるという前提の上で成立すると思うんです。
それなら、「最初から 自分の命を差し出すつもりなら 人の命を奪ってもいいのか?」という命題も成り立ちます。中には そんなの「屁理屈だ」と一蹴する人がいるかもしれませんが、これは論理学用語で言うと 「前件否定の虚偽」と呼ばれるものですが、そこで 目をそらしたり無視したりせずに 真剣に向き合うことも必要かと思います。
それに、この考えはもっと大きく考えると テロを容認することにも繋がります。

投稿日時 - 2014-04-14 11:38:56

ANo.2

 ヒトとして扱うかどうかだと思うんだな。これだけ餓死や孤独死が増えて可視化されてくれば、刑務所の中が最低か皆疑問なんだよ。ただ、最低かどうかは比較論で逢って最低を作り続けるってのも難しい。ならば、その者に人権を制限するかにかかってくる。死刑は人権を絶つ行為。無期は人権がすべてある。その間がほしい。死刑賛成だが、もしなくすのであれば少なくともGPS付識別チップをこいつらから埋めるべきではないか。勝手に取り出せばアラートが出る仕組みにして。

投稿日時 - 2014-04-14 10:42:23

お礼

回答ありがとうございます。

>これだけ餓死や孤独死が増えて可視化されてくれば、刑務所の中が最低か皆疑問なんだよ。
それよりも、自殺者の方が多いでしょ。しかも 自殺者がもっとも多く用いる方法は 死刑の方法にも 似ているわけだし、単純に考えれば 世の中には 悪いことをしなくとも 死刑よりも辛いことが沢山あるということではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-04-14 11:13:13

>死刑に反対でしょうか?

公開処刑でお願いします。

投稿日時 - 2014-04-14 08:50:27

お礼

回答ありがとうございます。

>公開処刑でお願いします。
まあ、日本人は死刑とは 悪人を社会からデリートするみたいに安易に考えている人が多いので、
死刑について真っ向から向き合い、死刑に値する命でも 命にはそれなりの重みがあるということを
国民に認識させるにはいいでしょうね。でも、一気に反対派も増えると思いますが。

投稿日時 - 2014-04-14 09:06:01

あなたにオススメの質問