こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願い致します。

Now assuredly we have here a most important issue, and as it is one the discussion of which will constitute a large element of my work, it is perhaps desirable that I should state at the outset the manner in which I propose to deal with it .
The question, then, as to whether or not human intelli gence has been evolved from animal intelligence can only be dealt with scientifically by comparing the one with the other, in order to ascertain the points wherein they agree and the points wherein they differ. Now there can be no doubt that when this is done, the difference between the mental faculties of the most intelligent animal and the mental faculties of the lowest savage[savage=wild beast] is seen to be so vast, that the hypothesis of their being so nearly allied as Mr. Darwin's teaching implies, appears at first sight absurd. And, indeed, it is not until we have become convinced that the theory of Evolution can alone afford an explanation of the facts of human anatomy that we are prepared to seek for a similar explanation of the facts of human psychology. But wide as is the difference between the mind of a man and the mind of a brute, we must remember that the question is one, not as to degree, but as to kind ; and therefore that our task, as serious enquirers after truth, is calmly and honestly to examine the character of the difference which is presented, in order to determine whether it is really beyond the bounds of rational credibility that the enormous interval which now separates these two divisions of mind can ever have been bridged over, by numberless inter mediate gradations, during the untold ages of the past.

投稿日時 - 2014-04-19 12:03:23

QNo.8560459

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

確かなところ、今私たちはとても重要な論争の問題点を抱えています。私の仕事うちの大きな要素を構成する議論がその一つであり、それに対処する方法についてまず最初に述べるのが、おそらく望ましいことでしょう。

そこで、人間知能が動物知能から発展したかどうかに関する問題は、それらが一致する点と異なる点を確認するために、それらをつき合わせながら比較することによってのみ、科学的に扱うことが可能になりましょう。

さて、これ(比較)がなされるときに、最も知的な動物の心的能力と、知能が最も低い野蛮種〔=野生動物〕の心的能力との間の差が極めて大きいと見られるので、ダーウィン氏の教えることに密接に組している人たちの仮説が、一見して不合理に見えることに疑いの余地がありえません。

また確かに、私たちは「進化論」が単独で人体解剖学の事実の説明を提供できることを確信するまでは、人間心理の事実について同にような説明を求める心積もりになることはないでしょう。

しかし、人の心と野獣の心の間の差は大きいけれども、問題は1つで、それは程度に関してではなく種類に関してである、ということを覚えておかなければなりません。したがってまた、私たちの課題は、真実を追い求める真摯な探求者として、提示される違いの特徴を冷静かつ誠実に検査するべきです。それというのも、今はこれら2つの心の違いを分離している巨大な間隔が、はるか遠い過去の時代にあった無数の中間的移行によって架橋されていたという可能性が、合理的な信憑性の境界を現実に越えている否かを確定するためであります。

以上、ご回答まで。

投稿日時 - 2014-04-20 22:23:42

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-20 22:48:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)