こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

贅肉

はじめまして。
どれだけ調べてもなかなか良い方法が見つからないので質問します。

私は上半身がぽっちゃりしています。
以前かなり太っていて現在はマイナス10Kg以上のダイエットに成功しました。
無茶なダイエットでの減量だったので、体に締まりがありません。(8年位前の出来事です)
現在、体重は標準をキープしています。

下半身は問題ないのですが、上半身が凄くぼてっとしています。
改善の為、ダンベルとストレッチ、半身浴を週に4日は実践していますが、一向に?!脂肪が減っていない気がします。しかし、下半身はほっそり痩せて行くんです。
特に気になっているのが、背中全体、肩甲骨から脇にかけて(ブラジャーをするとえらい事に・・)、お腹まわりです。というかまぁ全体なのですが・・笑

上半身にてきめんに効きそうなエクササイズ、ストレッチ等知りませんか?
出来れば運動系が良いです。

ブラジャーから肉がはみ出さない位綺麗な後ろ姿に憧れています。

どなたかアドバイス下さい。
お待ちしています。

投稿日時 - 2004-05-12 13:23:25

QNo.856056

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

中年のテニス愛好家です。テニスも昔と違い斜陽気味です。
そのせいか私の周りのプレーヤーは同年代か年上が多いですね。
人プレーする内容によって一概に言えないのですが、テニスは運動量の多い有酸素運動です。運動量の多いテニスプレーヤーでも腹がぽっこり出ている人は多いです。(一般の勤め人)

今のカロリーが多い食生活の中では、自分の体をコントロールしていないと脂肪が体内に蓄積される今の常識だと断言しても良いでしょう。
すなわち運動=ダイエットとは簡単に結びつけるのは安易です。
私はダイエットに関しては素人ですが、まず食事があり、次に運動、最後に環境改善等があるのではないかと思います。

食事療法についてはyokayoさんの回答のように和食を中心にし、糖分の多いジュース、コーラ、ケーキは厳禁です。スポーツ飲料なら2~3倍位薄めて飲むとよいでしょう。(中身はバランスが良い成分も入っている)私はテニスの時はそうしています。経済的もあるが...
本当に効くかどうかは分かりませんが私はウローン茶を毎日(特に食後)飲みます。

体内でのカロリーの消費というのはご存知のように起きている時に消費されやすく、就寝時などの寝ている時は消費されにくいことが分かっています。1日でのカロリーバランスを考えると朝と昼は多めに食べても消費されやすいが夜遅くに食べると消費されず脂肪に置きかえるらしいのです。(夜の食事は豪華で特に油物が多い物ですね)

さて本題の運動についてですが、基本的な運動は毎日歯を磨くと同じように継続すという強い意思で望むことが大切です。
お腹と背中に関しては下記の1~4を基本トレーニングと考えて毎日実行して下さい。
 
1.両膝を曲げあお向けに寝ます。両手は各耳の後ろに添えます。(頭に両手を組むと頚椎に負担がかかる)そのままゆっくりと30回から50回繰り返します。膝を曲げることは効果が高い

2.あお向けに寝て、次に両膝を直角曲げて脛部を地面に対し平行の位置になるまで持ち上げます。右肘と左膝がタッチするまで体を持ち上げます。ゆっくりと30回から50回繰り返します。常に両手は各耳の後ろに添えています。

3.うつ伏せに寝ます。水泳のクロールみたいな感じで右腕と左足を同時に持ち上げます。それを交互に各50回繰り返します。

4.ダンベルを持って鏡の前に立ち両足は肩幅程度に広げ、腰を中心に胴体を右左にできるだけ捻ります。回転する足側に重心が移動し、反対の足は母子球を中心に回転し踵は浮きます。それを毎日各50~100回以上繰り返します。

この運動は最低6ヶ月は続けないと効果がでてこないと思います。(個体差もあるが)
私は忘年会の余興にブルースリーの物真似をする為毎日腹筋を300回3ヶ月実行し、腹を割れるよう努力しましたが、結局マジックで腹筋の線を描いた苦い経験があります。

それ以外の運動ですが、毎日でなくても普段行っているストレッチや半身浴の他に歩くこととか軽いランニングが良いと思います。歩くより効果的なのはエアロバイクが良いのですが(初期投資と単調な為飽きやすい)

環境改善
 食事に関して
人が一般の環境で暮らしている以上、自分ばかりが仙人みたいな食事するのは到底不可能です。時には付き合いでステーキを食べたり、ケーキを食べたりすることはあるでしょう。我慢しなくても良いと思います。ただ借金を蓄積しないようにして下さい。昨日食べ過ぎと思ったら、今日は差し引きゼロになるよう考え実行して下さい。

動機に関して
スポーツではモチベーション(動機)が大切です。自分が何の為に毎日過酷な練習を繰り返すのか?それは上手になりたい。強くなりたいという強い願望があるからです。
ダイエットでも動機は大切な要素だと思います。
好きな人の為にとか、自分と同年代の輝いている人を目標、一回り小さな素敵な洋服を買い着れることを目標にするとか色々あると思います。(出きれば具体的な物)

ノートを用意する。 
練習帳と思って、現在の状態や考え、新しい情報や自分なりの考え記録をまとめるクセをつける。

体重計を気にしない
私は男であるから、女性の考えとはだいぶ違うが、体重の1~3KGなんてその日の体調によって刻々変化するものと思っている。
体重計に乗るより、鏡で自分の姿を見てバランス良い体の体形になっているかどうかをチェックする方が良いのでは?

最後にまとめ(上記以外の心構え)
1.出きるだけお金をかけない(初期投資はやむえないが)毎月出費の出るものは避ける。
2.他力本願はダメ。人が手助けするのは貴方が良い顧客だから
3.継続する力を持つ 後天的な要素で誰もが出きるが出来ない人が多いのは事実。だが特別な能力でない事は確か

投稿日時 - 2004-05-14 15:15:33

お礼

詳しく、ご丁寧なご説明ありがとうございました。
現在は朝と晩週3,4日程度で軽い運動をしています。
教えて頂いた運動を取り入れて、そしてまた意志を持って実行したいと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2004-05-17 11:02:09

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

すみません。訂正があります。基本トレーニングの中で何箇所か抜け落ちていました。正しくは下記の通りです。

1.両膝を曲げあお向けに寝ます。両手は各耳の後ろに添えます。(両手を頭に組むと頚椎に負担がかかる危険)そのまま上体をゆっくり起こします。これを30回から50回繰り返します。
膝を曲げることにより腹筋の効果が高くなります。

2.あお向けに寝て、次に両膝を直角曲げて両脛部を地面に対し平行の位置になるまで持ち上げます。右肘と左膝がタッチするまで上体を持ち上げます。また上体を戻し、次に
左肘と右膝がタッチするまで上体を持ち上げます。
これを左右交互に30回から50回繰り返します。
(注:常に両手は各耳の後ろに添えています。)

投稿日時 - 2004-05-14 16:56:53

ANo.3

訂正【自身】⇒【自信】ですね。
すみません。

投稿日時 - 2004-05-12 13:54:13

ANo.2

一般に健康的に痩せるには食事と運動のバランスが必要ですが、以前はどう云った無茶をなさったんでしょうか?でもウエイトをキープしていると言う事は、食事や運動には気を使って継続中と云う事でしょうね。
上半身に効くエクササイズは、【捻り】です。簡単な事ですが日常あまり作動しない動きなので取り入れると新鮮でかなりキツイですよ。取りあえず椅子に腰掛けた形ならば、正面を向いた状態で、上半身だけ左右に捻ります。1~2分その形をキープして腹式呼吸をします。(もちろん床に座ってやっても同じ事です。)
これを1セット5回くらいやります。特に時間を割かなくても、TVを観ている時、お風呂に入っている時に気軽にやっても構いませんよ。特に散歩などの時に捻りながら歩けば、有酸素運動と重なり効果は上がります。(もちろんこの場合は捻るがメインで腹式はなしですが。でも滑稽な形になるので恥ずかしいかもしれませんね)腹筋やプッシュアップにも常に捻りを入れてやってみましょう!効果は出ますよ。ただ、背中の肉までには自身はありませんが、お腹だけ痩せて・・と云う事はありえないので上半身全体に効果があると思います。

投稿日時 - 2004-05-12 13:52:32

お礼

ありがとうございます。
以前は食事制限のみの単品ダイエットなど等・・
とにかく流行系を片っ端から実践していました。
浅はかでした・・笑い
途中で駄目だと気付きバランスを考えてゆっくりダイエットに切替ました。
教えてくださった運動も試させて頂きます!
捻りは普段本当にしないですもんね。意識してみます。

投稿日時 - 2004-05-12 14:23:19

ANo.1

私の方法で上半身を引き締められるか判りませんが参考としてお聞きください。

私は4ヶ月で4kg体重を減らしました。
方法はまず食事療法。と言っても食事の量を減らしたわけではなく、和食中心にするよう心がけました。
パン食ではすぐにおなかがすくのでご飯を、お肉ではなく魚を中心にしました。
お菓子、ジュース類は出来るだけ控える。
スポーツ飲料もやめて水、またはお茶。

それから大事な運動。
これは一時間みっちり歩く。

犬の散歩と一緒に・・・
などではなく、歩くことに集中し、背筋をぴんと伸ばし姿勢をただし、腕は肩まで上げて大手を振って歩く。(威張って歩く)

これでまず二の腕の引き締め効果もありますし、姿勢をただすことで結構背中の筋肉を使います。

猫背でだらだらあるかないようにする注意が必要です。

投稿日時 - 2004-05-12 13:31:31

お礼

ありがとうございます。
現在は歩く事も少なくなっているので、参考にさせていただきます!やはり有酸素運動は大事ですよね。

投稿日時 - 2004-05-12 13:38:13

あなたにオススメの質問