こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

miniDVテープ画質についてお聞きしたいです

質問させて頂きます。
数年前には主流だったので、miniDVで撮影したテープが何十本もあります。もう再生機器がないので再生出来ないですが。。
ふと思ったのですが、DVの画質はHD画質で相当きれいのような意見を散見しますが実際のところどうなんでしょうか?
私の記憶ではDVDより圧倒的にきれいなんて事はなく、普通の眠たい画質だったと思うのですが…。
またお聞きしたいのが、バレーボールやバスケの試合を体育館ギャラリーなど少し上から撮って選手の顔まで見分けられる精細さはありますか?
miniDVにもHDタイプが発売されてるとの事ですが、普通のタイプでの回答お願い致します。

投稿日時 - 2014-04-21 13:14:31

QNo.8563127

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

フルHDが1920×1080であるのに対してDVは720×480ですから、数値的に比較しても圧倒的に劣ります。
でもそれは現在のHDに慣れてしまった目で見ているから「眠たい画質」に見えるのだろうと思われます。
#1さんが書かれているように、Hi-8やVHSに比べると格段に輪郭のしっかりした画が撮れていたのは間違いありません。
私の経験では、DVからPCにavi形式で取り込み、直接編集にかけて、最終的には高ビットレートでmpeg2に変換しオーサリング後DVD化していました。
要は、なるべく劣化の条件を避けてDVD化すれば十分見るに堪える映像が残せると思っています。
繰り返しますが、HDとは基本的な条件が異なりますから、単純比較をしないことです。
上記の手順でDVD化した場合は、せいぜい1時間から1時間ちょっとの収録時間であることは言うまでもありません。

「選手の顔まで見分けられる精細さ」と言っても,画面に占める顔の大きさにもよりますよね。
個人的には、もっと暗い演奏会会場での撮影をしたことがあります。
明るさが足りないと、どうしても見にくくはなります。
でも、「誰か」くらいは十分わかります。

投稿日時 - 2014-04-22 20:54:33

お礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-04-23 06:29:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

HDタイプのHDVではない通常タイプとの事ですので、
それらのminiDVはHD画質という事はありません。SD画質です。

ただし、DVはデジタルの高ビットレートで記録しますので、
同じSD画質であるDVDと比較すると、DVの方が綺麗と言えるのではないでしょうか。

DVの利点は、Hi8やVHS-Cなどのアナログ記録と比較すると、IEEE1394(iLink)
でPCや他のデッキと接続して、デジタルデータのまま記録・再生・取り込みが可能で
品質を劣化させることなく容易に編集が可能な事でしょうかね。

投稿日時 - 2014-04-21 15:56:59

あなたにオススメの質問