こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語「ペラペラ」へのアドバイス大募集!

長年、「NHKラジオ英会話」を利用している60代男性です。
幼時に米国に、中年に達して英国に、夫々滞在歴もあり、小学校でも英語を習い、途中でもかなり力を入れたせいか、先ず先ず英語の音声には慣れており、英米人とのコミュニケーションにさほど不自由は感じません。
しかしながら、現在は、英語を話す環境にはなく、自由にコミュニケーションを取れるかとなると、どうしても考えながら会話することになり、流暢さに欠ける嫌いがあります。

現在の目標は、2020年の東京オリンピックの際、外国人の送迎のボランティアに応募することです。

英会話の「流暢さ」を高めるための方策を、何でもよいので、ご教授頂ければ幸いです。

(1)各地の英会話サークルや英会話喫茶、英語を話す機会を提供する色んな団体やイベント、或いはそうした集まりに参加する時間が取れない人のためのサービス(例えば電話によるもの)など、

(2)その他、特にそうした会合に出席しなくても、ネットや映画や機器などを使ったサービス、
或いは、「流暢さ」を高めるための一人で出来る工夫、心掛けなど・・・、

(3)あとは、折角、「NHKラジオ英会話」を聴いており、色々有用なイディオムなどを覚えるので、そうした表現を記憶に定着させ、実際に口をついて出てくるような「再生能力」の獲得法を習得したいのです。

よろしくご指導をお願いします。

投稿日時 - 2014-04-21 22:35:05

QNo.8563841

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ご自宅ではお時間がとれるということですね。だったら、以下のような方法があります。

○SNSや英語のQ&Aサイトなどで積極的に読んだり書いたりする(それだけで英語のリズムを取り戻せるし、今風の表現を覚えられるし、一般大衆の関心事にも長けてくるし、なによりも、会話的な表現になれることができる)。

○独り言を言う。上記の閲覧物も声を出して読み、自分の書き込みも声に出す。

○並行して、英語で会話できる趣味の仲間を増やす。過去の渡航歴などを通じて培ったお友達がおられるなら、そういうかたとスカイプで話すのもいいですし、すでに疎遠になってしまったのなら、同じ趣味の人を探して、会話ができる関係に持っていくといいです。また、もしも現在は、何かの事情で外出がままならないのなら、外出が可能になったときに、そういうお仲間との集いに参加しやすいです。

○地域で通訳ボランティアを応募していないか、役所に問い合わせてみる。

私は以上のような方法で、子育てなどによるブランクを克服しました。なお、共通の趣味もないのに、SNSなどで「お友達になりましょう」と書き込むと、かなり怪しいオジサンだと思われます。

投稿日時 - 2014-04-21 22:58:30

補足

頂いたアドバイスの「目新しさ」と「実現性」に軍配を上げ、B.Aとさせて頂きます。

投稿日時 - 2014-04-29 16:27:31

お礼

ucokさん、以前英語関連を中心に回答していた時は、よくご一緒した懐かしいお名前です。

(1)SNSや英語のQ&Aサイトなどで積極的に読んだり書いたりする
(2)独り言を言う。
(3)英語で会話できる趣味の仲間を増やす。
(4)通訳ボランティア
沢山、実例を挙げて頂き、有難うございました。

(1)については、英語によるYahoo Answers に投稿することもありますが、SNSをこれ以上拡張するつもりはありません。ただ、少し前まで、10年以上にわたり、英文日記をつけていました。
(3)については、去年英国から来た友人夫妻を東京案内しましたが、普段付き合っている英米人は今のところいないので、探せると有難いです。
(2)(4)は検討に値すると思います。

投稿日時 - 2014-04-28 20:57:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

こんにちは。 #3の再入場です。

あなたは『英語ペラペラ』ではなく、『英語のプロ』を目指すべきだと思い、その極意を記述してみます。 何かの参考にして下さい。

私は約40年前、まだ三十代の半ばだった頃、夜間の通訳養成所に半年通いました。 その時、『英語のプロとアマの分水嶺は何か』を学びました。 英語で正確にメモが取れる。 我々は大学の講義で日本語で正確にメモが取れるように訓練を受けています。 あれと同じことが出来れば、英語でもプロとして活躍出来ます。 

英文速記に是非挑戦して見て下さい。 間違いなく『良い仕事が出来るようになりますよ。』  成功を祈ります。

投稿日時 - 2014-04-27 07:27:50

お礼

英文速記・・・これは前にも良いと言われてことがあります。実行してみたいsと思います。
再びご回答をいただき、有難うございました。

尚、この質問はこれで閉じますが、実はこの質問の中で一番聞きたかったのは3項目で、これに対しては回答がなかったので、このあと、この点に絞り、以下の質問を立ち上げました。

英会話表現の記憶定着・再生能力の獲得法
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8573808.html

引き続き、よろしくご指導ください。

投稿日時 - 2014-04-29 16:18:15

ANo.3

こんにちは。 70代の男性です。 2002年の日韓共催サッカーワールドカップの際、横浜市の通訳ボランティアをしました。 (英語、ドイツ語、スペイン語)

(1) 耳を慣らす
語学レベルを保つにはやはりその環境に身をおくこと。 これが重要かと思います。

仕事で海外出張をする時には国内でCNN,BBCのニュースを聞いて耳を慣らしてから出掛けるようにしました。 耳を慣らすのが一番工夫がいると思います。 耳を慣らすには『シャドーイング』が役に立ちますね。 

(2)英語で考える習慣を維持する
豊富な海外経験をお持ちですから、ご家族も英語に堪能でしょう。 当然普段のメールや会話でも英語でやることも出来ると思います。  多分、既に実施済みでしょうね。 英語はネット社会では共通のツールになっています。 現在、ネット上で流れている情報の70%は英語で書かれているものです。 それだけ英語で書かれた情報は良く整理されています。

私は会議会出張の際は殆ど毎日子供たちに英語で手紙を書いて、その国の面白い習慣や行事などを教えてやりました。 仕事も含めると手紙、報告書は英語で二万通以上書いた計算になります。  英語の能力を落とさない工夫は英語で考える習慣を取り続けることだと思います。

(3) 友人や近所の方々に英語を英語で教える
英語にご堪能ですから、英語で友人や近所の方々に教えられてはいかが? 一切日本語を介さずに英語だけで簡単な英会話学校を開設されるのです。 ボランティアですから当然無料。 大切なのは一切日本語を使わずに英語だけで楽しくお話になる。 

不思議なことですが、日本人の話す英語は日本人にはわかるものです。 いくら発音がアメリカ人並みであっても。 それは喉周りなどの骨格が日本人なので、音声が聞き取りやすいのです。  

(4) グローバル化とは先ず英語で考えることから
日本が21世紀に世界で存在感を持って存在するのは英語教育を充実させることです。 英語を学校教育の共通語にする。 既にシンガポールでは実施しています。 学校に先立って、まずあなたのお家から始められてはいかがでしょうか?  

私は見るテレビ映画は全部『オリジナル言語』で見ます。 わかってもわからなくても。 ロシア語、ドイツ語、ハングル、中国語、フランス語、英語。 わかってもわからなくても聞いた通りに復唱するようにしています。 どんな言葉であれ、人間が喋っているんですから必ず喋れる。 それをモットーにしています。

投稿日時 - 2014-04-21 23:47:27

お礼

三か国語で通訳されたとはすごいですね。
色々挙げて頂き、有難うございます。

(1) 耳を慣らす
BBCやCNNそれに、NHKの二か国語放送などもよく聞きます。映画はあまり見ませんが、もっと見ようと思います。『シャドーイング』は、NHKラジオ英会話ではいつもやっていますが、ニュースの時もやるんですね? 

(2)英語で考える習慣を維持する
これは、NHKラジオ英会話の昔の松本亨先生が提唱されていて、ずっと励行しています。
残念ながら、家族で一番英語が出来るのは私ですので、これはあまり利用できません。何とか叱咤激励しているのですが・・・。英国の友人などには、いつもメールしたり手紙を書いたりはしていますが・・・。CNNはやっていませんし、今後も限定的にしかやるつもりはありません。
一方、ちょっとした情報は、Yahoo Americaにアクセスして、英語で入手していますし、英字新聞も読みません。
美術館などに行っても、英語の説明があれば、そちらを読むようにしています。

(3) 友人や近所の方々に英語を英語で教える
友人や家族に英語で話しかけたり、ちょっとした英語を教えるというのは、機械があればやりたいと思います。

(4) グローバル化とは先ず英語で考えることから

教えて頂いたことを出来るだけ心がけて行きたいと思います。

投稿日時 - 2014-04-29 15:59:34

ANo.1

使う機会をもうけることがいちばんかと・・・

どうしても英語ではなすしかないとならないかぎり日本語のほうがここちよいものです。会話で流暢さをもとめるならば、ある程度は話す訓練が必要かとおもいます。

スカイプをつかった、一時間200円程度の英会話教室がいちばんいいのではないでしょうか。あとはきついかもしれませんが、通訳がこうにかようとか・・・

きついけれどいちばん効果があります。自分がかんがえたわけでもない文章を一瞬で理解し、ちがう言葉におきかえるという訓練をしてみることで、自分の英語がいかにたいしたものではなかったから、みにしみてわかり、ひとがかわったようにがむしゃらに勉強をはじめることうけあいだからです。

わたし自身も通訳学校にかようまでは、それほどまでは英語の勉強をしていませんでしたが、通訳学校にかよってみて、英語に対する態度が一変しました。ちなみに費用は半年15万円程度です。

投稿日時 - 2014-04-21 22:43:56

お礼

おっしゃる通り、使う機会をもうけることがいちばんですね。
少なくても相手が英語を話す人物であれば、英語で話す方が心地よいです。
英国短期留学の際は、相手が日本人でも、周りに外国人がいなくても、ずっと英語で通していました。
(1)スカイプをつかった、一時間200円程度の英会話教室
(2)通訳教室
と具体的に挙げて頂き有難うございました。

投稿日時 - 2014-04-28 20:49:58

あなたにオススメの質問