こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

学校がどうしようもなく嫌いです

私は現在高校に入学したばかりの餓鬼です。しかし、物心ついた頃からどうしようもなく学校が嫌いなのです。
もちろん、学校が好きでたまらない人間は少ないと存じ上げますが私は学校という2文字を聞いただけで吐き気がするほどの気持ち悪さを覚え、体の底から得体のしれない震えに恐怖します。

中学時代は成績も特に悪いという事も無く、教員に反抗を覚える等と言うこともありませんでした。
ある日突然、学校というものがどうしようもなく嫌いになり不登校となりました。
しかしそれも長くは続かず、親やその他多くの人々の支援や説得で学校に行きました。
しかし、それからは学校は私にとって苦痛でしか無くなったのです。
行っていたのも、両親の叱責に耐えられなくなり渋々ストレスを溜めながら行っていたに過ぎません。そうして私はそこそこの高校に入学し、今現在一ヶ月が経ちました。
いまも入学して間もない高校ですが、片時も忘れず中退の事を考えております。

もちろん、親には申し訳ないと思っていますし、借りた恩は返さなくてはならないと常々思っていますがそれすらをも凌駕する思いなのです。

学校を何故嫌いになったか、そのような理由はもはや覚えておりません。
もちろん嫌いになった原因は存在するのでしょうが、何より嫌いと言う気持ちが勝っておりその気持ちだけが残ったのでしょう。もはや呪いと思わずを禁じえません。

この独白を読んだ多くの方は多種多様な感想を持たれたでしょう。その中には「甘え」の2字を思い浮かばれた方も多いのではないでしょうか。
そうなのです。どうしようもなく私は甘えているのです。
しかし私はこの甘えに勝つ手段を持ち得ません。何故ならこの甘えこそが私であり、私の中核を担っていると確信しているからです。

おそらく、私は高校を中退するでしょう。
多くの人の思いを踏みにじり中退します。


そこで皆様はどう思われるでしょうか?
このように情けない思いを持ちながら、これから泥水を啜りながら生きていくであろう私をどう思われるでしょうか?また私はどうすれば良いのでしょうか?
御指南のほどをお願い致します。

投稿日時 - 2014-05-08 01:13:32

QNo.8585653

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 なにかヒントになるかなと思いながらの回答です。

 中退は個人的には反対しません。あくまで赤の他人の一言くらいに考えて欲しいですが、現状中退したとして、別に全てがおしまいになるわけではありません。16になればどこかアルバイト先も見つかるでしょうし、高卒が欲しくなった時に高卒資格をとればそれだけで済む話です。

 一つ。高卒というのが現代社会で足を引っ張るのはまた真実です。NO.6の方も仰っていましたが、『学校』と言うものは『やりたい事がなにもない』人の行く所です。社会人になる為の免許みたいなもので、『大卒』や『高卒』、『専門卒』と言うのは、それがあれば多く誰でも社会人になれるものです。
 決して諦めない夢があるのなら、行く必要はない所でもあります。それでも例えば『医者』になりたい、『獣医』になりたいには『専門の大学卒・資格』が必要ですし、『芸術家』になりたい、『小説家』になりたい、には『学校』で最低限学ぶ多くの知識が大前提です。多くの場合、学問を学んでいないことは大きなハンデキャップになってしまうのです。それを上回るほどの学習と、夢に向かう決意があるのなら中退は決して悪い選択肢ではないと思います。

 一つ。中退した時の問題は多いですが、一番あなたにとって恐ろしいのは、社会集団がなくなってしまうことだと思います。あなたの属している集団は恐らく家族それだけになってしまい、その家族ともまた一枚の隔たりは出来てしまうでしょう。ネット社会での集団も然りです。将来の話や、逃げるだ、甘えだと小ざかしい話なしに、これが一番あなたにとっては辛い事だと思います。

 一つ。『学校が嫌で仕方がない』と言う考えが強いって言う事をしっかり考えるのも重要じゃないでしょうか。嫌な原因をキッチリ見据えて、それに対して逃げるなら逃げる、いなすならいなす、と折り合いをつけるのが良いと思いますよ。
 例えば『何かをしてはいけない』と強く思いを重ねるとその反対方向への気持ちが大きくなります。心理学の話なのですが、単純に言うと『絶対押すなと書かれたスイッチ』ですね。『学校に行かなくちゃならない』、『今日も休んでしまった……』と言う思いが強すぎるがゆえに『学校に行きたくない』気持ちが強くなるって循環です。要は考えすぎず気楽にやれって事です。

 一つ。現在思春期まっさかりだと思います。一般に親からの自立を目指す時期、反抗期です。その点に関して自分で調べると良いと思いますよ。
 友人には心を許せても親には許せなくなったり、人によっては優しく接し、また一方で人によっては恐ろしいほど残酷に接してしまうこともあります。反抗期の行動と言うものを調べる事は、自分自身の自覚であり同時に第三者から見た自分と言う存在の自覚でもあります。『触れるもの皆傷つけてしまう』と言うのは的を得ていて、自我の確立と世間の価値観、親と言う絶対者の崩壊と、……ともかく、一方で性格や考え方・世界観がいくらでも変わる時期でもあります。

 一つ。もし心に問題がある、不登校が続く、などそれが嫌なら精神科や心療内科、スクールカウンセリングなどに行く事をお勧めしますよ。頭がおかしくはない、とか、病人扱いすんなとか言われてしまいそうですが、病気があれば早期で投薬やカウンセリングを始めた方が良いです。そうでなくとも、いわゆる『レール』を一時外れた事や自分自身で悩んでいる事を、親ではない第三者の大人に話し意見を貰う事はあなたの為にもなります。


 以上です、高校一年生の知識ってどんなもんだか忘れてしまいましたが……普通より頭がよさそうなので途中からわかりやすく書くのをあきらめました……orz ゴメンナサイ。
 一つでも思考の助けになればなと思います。

投稿日時 - 2014-05-08 06:48:07

補足

様々な観点からの助言、有り難く頂きます。これ程一個人の傲慢な都合で思考を奪ってしまった事に頭が上がりません。

一度、病院には行ってみたいと考えておりました。
この質問サイトに投稿したように、私は客観的な意見が欲しいのだと気付かされました。
確かに、個人の思考で締めてしまっていては間違えていても私には気づかないのです。

行動の選択肢を増やして下さったことに感謝します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 07:14:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

私の話になり恐縮ですが、私は学校が好きでした。(小中高です)
私の学校は、普通の公立学校ではなく、体験学習を中心にした自由な校風の学校で、教師と生徒の壁もなく(先生のことを先生とは呼ばすニックネームなどで呼んでました)、いじめなどもありませんでした。

もちろん大変なこともありましたが、それでもとても充実した学校生活でした。

学校は、あなたが今まで通ってきた場所がすべてではありません。
日本だけでも、無限に学校があります。
きっと、あなたに合った学校があるはずです。
私に何が分かるんだと思われるかもしれませんが、これは事実です。

本来、学校とは楽しい場所です。
学校すべてに失望するのはまだ早いです。あなたに合う学校をとことん探してください。
どうか、あきらめないでください。

投稿日時 - 2014-05-09 20:43:51

ANo.17

わたしならカウンセリングで学校が嫌いな原因をしらべる。これが不特定多数の集団生活に問題があるなら、今後会社で働くことはできないだろうから将来をどう計画するか、構成のひとつとして重要だよね。
対人コミュニケーションが問題なら今後もっと大変だし。
もしかしたら通信教育などで高卒がとれるかもしれないし。

投稿日時 - 2014-05-08 22:44:10

ANo.16

#13他です。あとひとつだけ。

学校は嫌いなのでしょうが、中退後のビジョンが決まるまでは保険として学生でいることをお勧めします。(休学含む)
おそらくは親御さんもその選択を望むと思います。

ちなみに私は学校は大丈夫でしたが、理数系が死ぬほど嫌いでした。
でも大学へは行きたかったので、理数系の科目をとことんまで回避する手段を考えて対応しました。
(当方大学を出て20年以上になりますが、お陰様で飯は食えています)
10代の質問者さんには難しい注文ですが、アウトローな人生を選択するなら10年20年先を見据えておいた方がいいですよ。

投稿日時 - 2014-05-08 17:47:27

ANo.15

私も学校嫌いでしたねー
勉強は好きだったけど、狭いところに人が密集してるとやっぱり色々ありますしね;
良い思い出もあったので戻りたいと思うことはありますが、実際に学校という場所に入ると、よくこんな嫌な環境にいたもんだと思います。

確かに高校中退はその後大変だと思います。
でも、学校という一つの「嫌なこと」から逃げたわけなのでそれは当然です。
人間、人生のどこかで壁にぶち当たらなくてはならないようにできていますし、ひとつの壁から逃げてもまた別の壁、そこから逃げても更に別の壁…
どんどん別の壁が立ちふさがるだけで、全部コンプリートすると文字通り「八方塞がり」なんてことになるわけです。
そうなる前にどこかで突破できたらいいですね。

でもその時に「あー高校卒業するほうが全然楽だったかもしれないなー」と思うかもしれませんので、本当に辞めてしまって良いかどうかはよくお考え下さい。

投稿日時 - 2014-05-08 13:28:04

坂口安吾か太宰治のような文章ですね。
表現力豊かで個性的な、とても高校1年生が書いたものとは思えません。

人は何かしら苦悩を抱えながら生きているものです。
その苦悩に押しつぶされるか、それを抱えながらなおも生きていくのか、それは個々の感性によるところなので一概にこうすればよいとは言えません。

ただ、あなたには何らかの才能がある。たとえば表現者としての才は一般的高校生より豊かであろう事は十分推察できます。

その厭世観はそのままに、高校を出て、大学の文学部を目指してみては如何ですか?
平成の太宰治と呼ばれるほどの大作家になれるかもしれませんよ。

投稿日時 - 2014-05-08 12:46:15

補足

幼少の頃から小説等、文学を嗜む事は自然と私の行動指針の一部となっていたようです。
もはや自分から見ても奇怪であり、滑稽でもあるこの考え様を表現、他人に伝える事を良しとするには文章表現を強める事の他には有りませんでした。
それが今、役を立たせているならば幸いです。

将来を見通すならばその選択もまた、良い物だと思います。
また1つ、選択肢を増やして下さったことに深謝を申し上げます。

投稿日時 - 2014-05-08 13:34:26

ANo.13

>インターネットでそのような事を仰られる方を始めて見ました。

私も自分で書いた時はそう思いましたが、他の方の回答を拝見して私が想像していたより世間とは厳しいものだなと思いました。


>よく調べると世間と呼ばれる社会には沢山の支援があるようです。 
>ありがとうございます

具体的にどんなもんでしょう?
その内容にもよりますが、支援を受けることを前提で退学するのは、ちと甘いと思います。
再度書きますが、自分の尻は自分で拭きましょう。

学校が嫌いなら嫌いで構いませんが、じゃあどうやって生きていくの?ということです。
泥水を啜りながらでも自力で生きていく覚悟があるなら構いません。生活保護前提というのでしたら甘えんなと思います。
自分の食い扶持は自分で稼ぐ。学歴はそのための(最も簡単な)手段です。
それを放棄するのはあなたの自由ですが、放棄するなら生きていくための代替策を考えましょう。
こういう質問サイトで他人任せにするのではなく、「学校が嫌」という気持ちをモチベーションとしてもっと自ら動きましょう。

投稿日時 - 2014-05-08 12:37:49

補足

なるほど。
学校が嫌いと言う気持ちを利用しなければなりませんね。
自分の巻いた種を自分で回収する。当然の事でしょう。

支援、いえ、語弊があったようです。
他の道もある、そのような事を此処で教わりました。
学校が嫌いである。ならばどうするか、我慢し感情を殺して通学する。そのような道が普通であり、当然なのでしょう。
しかし他の道もあるようなのです。勿論、上記のような道も異なる道と言えばそうなのでしょう。

それが生きていく為の代案、或いは打開策であるとは断言する事は致しませんが、様々な観点から今後の事を愚考せねばなりません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 13:19:13

ANo.12

通信制の高校に転入されたらいかがですか? 学校に行くのは月1回程度、試験も年2回とかだと思います。後は家で教科書をみながらレポートを書く毎日。高校は出ておいた方がいいです。働くにも、「高卒以上」という職場がほとんどですし。学校は嫌いでも、何か楽しいことをする時に、嫌だったけどやりとげたことは、自分の誇りになったり、自分を一生支えてくれるものです。高校を辞めるとヒマに苦しみます。働こうと思っても、中退者は雇ってもらえない。そうならないためにも、我慢して今の高校に通うか、通信制の高校に編入されることを強く勧めます。あなた、真面目で勉強もできるんだから、いいところは自分で認めて伸ばさないと。嫌なことのために、すべてを辞めてしまうのはもったいなさすぎです。

投稿日時 - 2014-05-08 09:28:16

補足

私の為などにお褒めの言葉を頂けた事に感嘆を禁じえません。

通信制、一度は考えた道です。
学校という枠に収まらず、確かに私も付き合って行けそうな、と言う愚直な感想が漏れます。

私に一筋の新たな選択肢を増やして下さったことに感謝します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 12:40:58

ANo.11

「指南」になるかどうか判りませんが、自分の高校時代を思い出しました。

小生も学校、少なくとも高校が嫌いで(理由は忘れた)、週に2~3日は休み、気が向けば早退・遅刻ばかりでした。

考えたのは、そこは進学校なので、予備校代わりに大学進学の道具として利用すればいいやと言うことでした。休んだ日は図書館で過ごすことが多かったと記憶しています。

一年浪人しましたが、取り敢えず有名私立大学に合格しました。大学は高校とは別世界で、自由闊達、自己責任の世界でした。人も羨む美人とカップルになり、校内をペアルックで歩き、同棲もしてました。一年留年というおまけもありました^^;。

取り敢えず普通のこととして高校は通過し、大学生活は体験した方がいいように思います。人生の選択肢が広がるのは確かです。

投稿日時 - 2014-05-08 08:57:53

補足

なるほど。
学校を学校と思わずに学校へ行く。
素晴らしい方法であり、効率も良い事でしょう。
大学は良い物と聴きます。勿論、過度な期待はしておりませんが、大学への一歩を踏み出すのもまた一興でしょうか?

ご貴重な人生経験を私の為などに振る舞って頂き、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 12:34:41

ANo.10

こんにちは。

私も反吐が出るほど嫌いでしたよ。
学校なんて。強制収容所です。
私は中学時代の一時期、「登校拒否児」でした。
※当時は「不登校」という名称はありませんでした。

そもそも、学校は集団生活に慣れさせるための施設であって、
学問を学びたければ、自分で勝手に学べばよいのです。

ですが、中退しても独学で大検だけは取ってください。
高校は義務教育ではありませんが、やはり中卒では「就職」に不利です。

たとえご実家が何らかのご商売を営まれていたとしても、
資金調達の際に「中卒」では、融資を受けるための信用に不足します。



理由なんて、歳をとってからでもゆっくりと考えてください。
今はどうでもよいことです。

「働いて稼ぐ」ことにも嫌悪感を感じているのなら、
”泥水を啜る”ことになるでしょうけれども、
会社員になることだけが生きる道ではありません
何をしてでも生きて行けますので、安心してください。

そして、『場数を踏む』ことですよ。

多少の失敗で諦めたり、最初から逃げ口実を考える人間にだけはならないでください。

ご両親にはあなたの心境をシッカリと説明して、
強制収容所はとっとと辞めてください。

あなたには向いていない、ただそれだけのことです。

ではでは(^_^)

投稿日時 - 2014-05-08 07:58:29

補足

私には向いていない。そう切り捨てる事も大切だと言う事を常々理解させられました。

強制収容所、確かに学校と言う施設はそれに近いのかもしれません。
自由に進学を認める事を謳いながら、やはり行かなければ道はない。

これからは場数を踏み、その経験を活かせて行く事を意識します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 12:29:56

ANo.9

>このように情けない思いを持ちながら、これから泥水を啜りながら
>生きていくであろう私をどう思われるでしょうか?また私はどうすれ
>ば良いのでしょうか?

あなたに対しては何も思わない。そりゃ、そういう人もいるだろうなと。
理由はもはや忘れたが激しい嫌悪があるのなら、いきなり中退より
も一度休学されてはどうか。

>吐き気がするほどの気持ち悪さを覚え、体の底から得体のしれない
>震えに恐怖します。

そこまでなら、とにかく一度リセットの意味でも休学して、親には今の
状態を話して心療内科でもメンタルクリニックでも行ってみると自分か
ら言えば、休むことに同意してくれるかも知れません。

中退するにしても、何事も手順を踏まないといけません。
あなたの学校嫌いが何に起因するか、そのままにしておくのはあなたに
とっても気持ち悪いでしょうし、親も教師も対処に困ります。
少なくとも原因を知ろうとして、その手の病院に通うことは休学して何も
しないよりは、あなたも家族も心の負担を少しでも軽減してくれるはず。

自分でおっしゃるように、もし単にあなたの甘えから発したものなら、何
をまたキッカケで再び学校に通いたくなるかも知れません。
その時に帰る場所がなかったり、一から高校受験したりも大変でしょう。

私なら、その間は家庭教師でも試してみて、勉強が嫌いなのか多数の
生徒が嫌なのか、色々と実験してみます。
1対1の家庭教師だったら大丈夫なら、その方式か僻地の分校に転校
するなど考えても良いかも知れません。

学校に行かないのを前提として、では何をやるかに今は心を砕いたほうが
良さそうな気がします。

投稿日時 - 2014-05-08 07:25:45

補足

何をやるか。つまり目標ですね。
非常に情けない気持ちですが、今の私は目標を作ることが目標なのです。
それならば学校に…、しかし。
ならば一度環境を変えろと、そう仰って頂きましたのでしょう。そうですね。環境は一度変えてみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 12:25:30

ANo.7

まあこんな見ず知らずの私が言っても無駄かと思いつつ、一応止めさせていただきます。
高校くらい出ておいたほうがいいです。
別にいじめられてるわけではないんですよね?

社会に出たらわかりますが、”高校中退”に対する世間の風あたりは相当厳しいですよ。
スタートラインにすら立てません。
高認出身者は差別する大学もあります。
あなたがこの先直面するであろう理不尽に比べたら、3年間机に座って授業を受けるくらいどうってことないはずです。

社会に出たら嫌な奴らがウヨウヨいますが、
そいつらにも高校を出ていないというだけで馬鹿にされるのですよ。

お金を稼ぐことにつながる才能がすでにあなたにあるか、
どうしてもやりたいことがあるというプラスの理由でない限り、
中退だけはしないほうがいいです。

投稿日時 - 2014-05-08 04:51:37

補足

中退はしないほうが良い。
最もです。確かに私の最善の道はこの一点でしょう。
高校中退者に対する風当たりは私はまだ16年生きた程度の小童ですので、察することはできても理解することは中々に難儀です。
その上での中退はしないほうが良いという忠告は心魂痛み入ります。

しかし、されど、私は学校が嫌いなのです。

投稿日時 - 2014-05-08 07:01:01

私も中学の時に(42年前)不登校でした、私は元々保育園の頃から不登校でしたが
中学の時に爆発しましたね その時には解りませんでしたが学校嫌いの人間は
職業的には自由業型の人間ですね!つまり団体生活に向かないわけですね
画家、作家、陶芸家、研究者、フィギュア製作者・・・色々ありますが あなたも
何か特技があるでしょう?要は世間に惑わされないことですが 学歴は企業人なら必要
ですが自営業、自由業にはそれ程必要ないですしどうしても必要ならば
ナポレオンやヒトラーみたいに図書館で独学すれば良いわけですからね
ただ自由業を食っていくには凄い才能と独創性が必要ですが・・・

投稿日時 - 2014-05-08 04:37:56

補足

特技を見つけるという事を教えて下さいましてありがとうございます。
確かに私には学校嫌いを無理矢理治すか、それともそれを利用していくか、全てを投げ出すかの3つの道しかないのだと存じ上げます。
その点を考慮してこれからを過ごしていきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-08 06:55:18

ANo.5

何で学校嫌なのにワザワザ学校へ行くの義務教育でも無いのに不思議ですねー。

高校飛ばして大学に行きたいなら大検合格して大学へ行けば良いだけですし幾らでも進路有るのに嫌々学校って意味分かりません、親に食わせて貰ってる分際で。

出なかったら働けば良いだけ家出て自活すれば良いだけ義務教育終わったら親も養育義務はそこまで、それ以上は子供が甘えてるダケ、定時制高校からに通って昼間働いてる勤労学生何て幾らでも居ます全国には、そんな人たちにしたら何贅沢言ってるで不思議がってます。

投稿日時 - 2014-05-08 03:32:01

補足

高校に行くことが普通の事だから行くのでしょう。
普通の事をできない人間は普通ではありません。普通でない人間は普通の人生を送れません。ですので私は嫌々ながらも高校に行くのです。
親に食わせてもらっている分際という事は重々承知です。しかし親に食わせて貰うことは現代社会において必然の事と推測されます。日本人の多くの普通の人間は23歳まで親に食わせて貰うものでしょう。
大認、いまは高認ですね。その道も考えさせてもらいます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-05-08 04:12:37

焦らずいきましょ(*^o^*)

ある日学校がイヤじゃなくなって行けるかもしれないし。

もし辞めたとしても、まずはゆっくり休んでください。

その後やりたい事見つかるかもしれないし*^o^*

投稿日時 - 2014-05-08 02:43:31

補足

時間によっての解決は未知数ですが、過度な期待をせずに持たせてもらいます。
ありがとうございます

投稿日時 - 2014-05-08 04:14:27

ANo.3

>このように情けない思いを持ちながら、これから泥水を啜りながら生きていくであろう私をどう思われるでしょうか?

自業自得。


>また私はどうすれば良いのでしょうか?

そんなこと知りません。
確信を持って自分で高校を中退すると言い切っておきながら、第三者に指南を求める必要がありますか?
中退することを自分で決めたように、この先のことも自分で決めましょう。

辞めるなら先の事まで考えてから辞める方が良いとは言っておきます。

投稿日時 - 2014-05-08 01:43:15

補足

なるほど。
選択の前に先を見通す事は当然の事でしょう。
正直、特に役に立たない無難な回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-05-08 04:16:39

ANo.2

中退するもしないもあなたの人生ですし、その事について自分は口を出すことは出来ません。
でも、ひとつだけ言えるのは、あなたの人生の責任は誰でもないあなた自身が背負うものです。
その事だけは絶対に忘れないでください。

逃げることも、立ち向かうことも、全部勇気がいる事です。でも、そこで逃げたとしても決して人生の勝ち負けがきまる訳ではないですし、幾らでも挽回のチャンスは必ずあります!

クサイですが、自分が悩んだ時に思い出す言葉を「自ら省みて直からずんば、渇寛博といえど我恐れざらんや 自ら省みて直くんば、千万人といえど我行かん」
あなたの信じる道が一番の人生です!

投稿日時 - 2014-05-08 01:42:05

補足

自分の行く道に自負を持って行くことは大切ですね。良いことに気付かされました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-05-08 04:18:16

ANo.1

顔も知らない人間のことなので、どうとも思いません。
と書くといかにも冷たいようですが、世間とはそういうものです。
自分の尻を自分で拭く覚悟があるなら、いいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2014-05-08 01:28:38

補足

インターネットでそのような事を仰られる方を始めて見ました。
よく調べると世間と呼ばれる社会には沢山の支援があるようです。 
ありがとうございます

投稿日時 - 2014-05-08 04:21:09

あなたにオススメの質問