こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

配偶者控除の廃止について

普通のサラリーマンですが、
配偶者控除の廃止や削減になるとどのくらい
増税になるのでしょうか?

困ったものです。
何か対策はないものでしょうか?

教えてください。

投稿日時 - 2014-05-10 09:46:57

QNo.8588804

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>配偶者控除の廃止や削減になるとどのくらい増税になるのでしょうか?
廃止の場合
所得税 380000円(控除額)×10%(税率)=38000円
住民税 330000円(控除額)×10%(税率)=33000円
計71000円の増税ですね。
貴方の所得によっては、所得税の税率は5%、20%もありえます。
住民税の税率は変わりません。

>何か対策はないものでしょうか?
ありません。
今後、消費税の増税、相続税の増税(控除額の削減)があります。
国の借金は膨大で、さらに高齢社会で社会保障費が膨大になっていきますから、今後は増税ばかりですね。
あえて言うなら、配偶者が働けばいいです。

投稿日時 - 2014-05-10 10:53:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

配偶者控除がそれほど影響を受けない動きをとればよいのです。
かなりの方がそうされているし、それを促進する意味が込められていると思います。
扶養控除を充実させればいいんじゃないですかね。

投稿日時 - 2014-05-10 09:58:48

せいぜい年10万程度です。

扶養控除と何ら変わりがないのに、なんで配偶者控除だけを狙い撃ちにするのか意味がさっぱりわかりませんし、この程度の締め付けで専業主婦が大幅減とかゼロになるなんてありえないのに・・・既婚者優遇・専業主婦優遇を止めたよというポーズをとるためとしか思えません。

まあ、年金・健保のほうをやられたら生活できない、命に関わるなんて事案もボロボロ出て来そうですから、こういうしょーもない大したことない増税でお茶を濁すしかないのでしょうね。

投稿日時 - 2014-05-10 09:58:46

あなたにオススメの質問