こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国 収拾が付かない。

相当、悔しい思いでしょうか?中国共産党が、ベトナムとフィリピンの反撃にあっています。『小国を、勢い付かせている』との言葉通り、アメリカが東南アジアに回帰を表明した事から、反中国の狼煙を上げたベトナムとフィリピンですが、果たして中国共産党は、どのように、事態を収拾するでしょうか?ベトナムとフィリピンは、石油掘削作業場を撤去しなければ、納得はしないだろうとの読みもあるようですが、そうなれば、中国のプライドがズタズタです。しかし、早急に片付けねば、アメリカ回帰に間に合わず、一旦入られると、次は易々とは行きません。やはり、ここは無理を通さず、中国が『自ら引き揚げる』しかないでしょうか?

投稿日時 - 2014-05-11 18:16:00

QNo.8590793

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中国は国連安保理常任理事国。 いわば世界の旦那衆のひとり。 外交手腕にも長けています。 今回の東シナ海での小競り合い。 これはボクシングで言えばジャブの探り合い。  中国はアセアンや日本なんか相手にはしていない。  彼らでは弱過ぎて相手にならない。 

●『敵は本能寺にあり』
彼らはアメリカの出方を探っているのではないでしょうか。 民主党のオバマ政権は弱腰外交だと踏んで強硬姿勢に出た。 対中国でアメリカがどんな手を打って出て来るか。 オバマさんの次は民主党はヒラリー(クリントン)さんらしい。 彼女ならどんな『蜂の一刺し』で中国を押さえてくれるだろう。 

投稿日時 - 2014-05-13 09:34:09

お礼

ありがとうございます。ヒラリーさんですと良いですね。オバマは限界ですね。

投稿日時 - 2014-05-15 13:58:04

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

中国がこれ以上すき勝手な行動を続ければ、侵略国家と認識されて西側各国を敵にまわす事になるでしょう。
 今までは中国に遠慮して国際ルールを無視した行動に対して世界各国は抽象的な表現でけん制してきましたが、今回は安倍総理や岸田外相が先頭をきって中国を名指し批判したので、日米以外のG7各国も中国に遠慮せずに批判しやすくなったと思います。

投稿日時 - 2014-05-12 20:53:04

お礼

ありがとうございます。非常に良い事です。

投稿日時 - 2014-05-15 13:59:22

ANo.3

アメリカはやっぱり頼りになります。
アメリカが介入してくれなければ南シナ海は中国のものになります。

アメリカはやっぱり世界の警察だね~
なんと言うか、西部の保安官みたいな考えをもっているんだね。
アメリカに拍手を送ります。

日本はアングロサクソンとは相性が良いからがっちりアメリカと組んで行きたいです。
アメリカ人には正義感があります。中国などはほとんどない。国益さえあれば悪いことだって理由をつけて分捕っちゃう。アメリカは違います。ちゃんと沖縄や硫黄島を返してくれたし。

>ここは無理を通さず、中国が『自ら引き揚げる』しかないでしょうか?

結局そうなります。ただ、中国は掘削施設を撤収までするかどうかという問題は残ります。撤収すれば東南アジアの勝ちとなりますが、なんとなく引き分けで終りそうな感じがしています。
中国はとにかくがめつくてしたたかですから・・・ 
アメリカが強い態度に出れば別ですがアメリカもそこまでは出ないように思います。灰色の決着でしょう。つまり掘削はやめるが掘削施設はいつでもすきを見て再開できるようにそのままにするでしょう。

投稿日時 - 2014-05-12 10:01:04

お礼

ありがとうございます。何せ汚ない奴らですからね、是非とも抜かりなきよう願いたいものです。

投稿日時 - 2014-05-15 13:55:41

ANo.2

米国が介入する前に、既成事実を造ってしまえ、
ということではないですか。

そうなると、中国引き上げは難しいでしょうね。

それとも、一部強奪して引き上げるか。




1988 南沙諸島で中国とベトナムが衝突
1994 同 上
1995 南沙諸島のミスチーフ環礁を中国が占領
     ベトナム兵70名死傷。
1996 中国とフイリピン海軍が銃撃戦

2014 中国が一部強奪?

投稿日時 - 2014-05-11 19:05:20

お礼

ありがとうございます。アメリカはいつ頃なんでしょうね。青ざめる中国がみたいのですが。

投稿日時 - 2014-05-15 13:46:31

中国は強い相手とは戦いません。

チベットや東トルキスタン(中国名:新疆ウイグル自治区)など、援軍が居ない小国に対しては軍事力で攻め込みます。
しかし、太平洋で小国を攻め込むと、アメリカと言う強い相手と事を構えることになります。

今回は、メンツを守るための口実をつけて、武力撤退するでしょう。
その事実に関連して、国内過激派不満分子をどうやって抑えるか、共産党の手腕の見せ所ですね。

投稿日時 - 2014-05-11 19:02:47

お礼

ありがとうございます。見物ですね。

投稿日時 - 2014-05-15 13:44:24

あなたにオススメの質問