こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

[就活]年収がすべてなのか?[銀行・メーカー]

就職活動についてです。
都内私立文系大学4年の男子です。
私は銀行とメーカー志望で就活を行い、先日あるメーカーから内々定を頂きました。

他方、銀行ではメガバンクのうちの一社の最終面接までいったのですが、こちらは残念ながら不採用となりました。

そして、私の大学時代仲良くしてきた友人(A)が、この銀行に内々定を頂きました。
志望コースも同じでした。
このこと自体は、私自身最終面接でうまく話せなかった自覚があるので、落ちたことのショックはありますが劣等感などは感じていませんでした。

しかし今日知ったことなのですが、また別の友人(B)が、私がメーカーに内定をもらったという話をAにしたところ、真っ先にネットで年収を調べたそうです。
さらに、私が当メガバンクの最終面接の案内が来て浮かれていた際に「こことは縁があったんだな、良かった」と発言していたことについて、Aは「縁があったとか(笑)ねーじゃん(笑)」と言っていたそうです。

Aの性格的に冗談で言ったのだとは思いますが、銀行に落ち、銀行より年収の低いメーカーに行くことになった自分を見下されているようで悲しいです。


長くなりましたが、結局年収がすべてなのでしょうか。
そりゃあ、お金は無いよりあるほうが良いに決まっています。
社会に出ると、年収で企業の価値や人の価値を見定められるような状況があるのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-05-13 19:52:19

QNo.8593856

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

社会経験のない学生には、企業の判断基準なんて、数値化された売上高や従業員数や給与しか比較対象がないでしょう?
その為の数字なんだし。無知なんだからしょうがないよ。
女子中学生が、彼氏に欲しいのは身長180cm以上で、年収1500万以上じゃなきゃダメで、顔はキスマイの玉森くんみたいでー。ルックスは嵐の~って言っているようなもの。
現実を知らないから、カタログスペックと理想の切り貼りしか知識がない。

社会に出ている社会人なら、年収で企業の価値や人の価値がつくのではなく、企業の価値が人間の価値を上げ、年収は企業の価値ではなく、職業の価値に付随し、企業の価値を利用することで、年収があがる。ということを知っている。
年収=企業価値=人間価値ではない。それぞれが投資対象であって、組織に所属する限り利用はできない。売り渡す時に有利になる。

多くの社会人が、メガバンクや大手商社であくせく働くことは望まないんじゃない?
そいつら給料5倍10倍もらってるけど、5倍以上普通のサラリーマンより働いてるし、5倍10倍の社内競争が常にあって、蹴り落としたり蹴り落とされたりを外部にも見せるもの。

僕の友人のメガバンクの営業は、年間に25日しか休日がとれない。それも2月に25日連続であるだけなので、電話の繋がらない南の島に飛ぶ。245日連勤で半休の休みしかとれない。
支店長が過労死するか自殺するか逮捕されると欠員埋めにエスカレーターで自動昇進する。
昇進の階段が自分の寿命に直結してるんだ。彼は次のイスで支店長で2年以内に死ぬことが会社から宣告されているので、転職を考えている。
そんなのが普通に聞こえるのが社会に出ている社会人。学生には夢と希望のフィルタリングで聞こえない。

投稿日時 - 2014-05-17 10:30:33

お礼

ご回答ありがとうございました。

私の視野の狭さを再認識するとともに、大変刺激になりました。

私自身、年収がすべてじゃないという考えをもっているつもりでも、具体的な根拠を持っておらず、
どこかで「カタログスペックと理想の切り貼り」で年収や企業の価値を考えている自分がいるということを痛感いたしました。

友達の価値観を悪く言うつもりはありませんが、私はdogday様の回答を読み、改めて、年収がすべてではない、自分が納得した会社に入って努力していくべきだ、と考えました。

社会人視点の貴重なお話、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-17 17:08:32

ANo.4

人はパンのみに生きるに非ず。
お金がすべてではない。

投稿日時 - 2014-05-14 16:49:08

お礼

ご回答ありがとうございます。

シンプルかつ的確な表現で、参考になりました。

昔の人はうまいことを言うものですね。

自分は何をもって幸せなのか?ということをよく考えたいと思います。

投稿日時 - 2014-05-15 00:55:44

ANo.3

年収は関係ないと思います。

私は以前、年商5億の父の会社で働いていました。
お金に困ったことなどなかったのですが、結婚相手はお金目当てで、詳しくは説明できませんがとても大変でした。
お金があっても悩むことだらけでした。
今は年収500万ほどの夫と再婚したのですが、良く笑い良く食べて仕事も頑張る主人、そしてかわいい子どもたちと一緒にいれて、とても幸せです。

要は、長い人生年収云々ではなく、貴女様の性格や人柄などによって出会う人や環境や友人が違ってくると言うことだと思います。
良い人と巡り会うには、自分が良い人であることや、良い環境がなければ幸せとは言えません。
そんな年収でいろいろ言ってる友だちなど気にせず、貴女様は就職する会社で頑張ったり、前向きに生活した方が良いと思います。
時間の無駄に思います。

心ないようなひどいことを言う人は、過去にそんな価値観のついてしまうような育てられ方をした方かもしれません。かわいそうですね。
でも、悪いことを言われているなら一緒にいる義理はないです。

それに友だちも自分で選べる自由があります。
年を重ねると共に沢山の人に出会いますが、若い頃いた変なこと言う人など今は思い出しもしません。

大丈夫です。
貴女様は貴女様の人生を一生懸命前向きに、大切に過ごせば良いと思います。

投稿日時 - 2014-05-14 00:02:03

お礼

ご回答ありがとうございました。

shanty0011様の言葉に大変励まされました。

自分は自分を取り巻く環境に自信をもって、胸を張って生きていけばいいのだと思いました。

また、周りの言っていることを気にしすぎず、自分の価値観を大切にしていくという決心がつきました。

投稿日時 - 2014-05-15 00:51:55

ANo.2

 価値観は人によって違いますからねー。確かに、稼ぎが幾らあるかが男の値打ち(甲斐性と言われることもある)を決めると考える人はいますよ。

 年収が多いと豊かな暮らしができ、環境のよいところに広い土地を買って瀟洒な家を建て、存在感のある外車を乗り回し、休暇もたっぷりとって海外旅行に行って見聞を広められますからね。ゆとりができます。そういう人から見れば、年収の少ない人はお気の毒と思うでしょう。

 ゆったりと外車を走らせている横でエンジンをうならせて目いっぱい並んで走っている軽自動車を見れば、自分のはあんなのでなくて良かったとも思うでしょう。車も保険も、いまや安全はお金で買えますからね。スポーツジム通いで汗を流し体を鍛えられるのも、十分な年収があればこそできるわけです。つまり健康もお金で買えます。

 年収は人生を左右する部分が大きいんです。

投稿日時 - 2014-05-13 22:51:38

お礼

ご回答ありがとうございます。

私もまさに、「男の値打ち(甲斐性)」といった、プライドの問題で悩んでいたように思います。

年収がすべてと考えたくない一方で、isoworld様の仰る通り豊かな暮らしが可能であるという点を意識してモヤモヤしていました。

しかし、高給ということは恐らく忙しさも並ではないため、お金があっても若いうちは使う時間さえ取れないのでは?とも考えました。

今後様々な人と会話していく中で、この問題について考えていこうと思います。

投稿日時 - 2014-05-15 00:48:20

ANo.1

私はそのメーカーで長く働いてきたものです。同級生には銀行関係に行ったものも何人かいます。
その経験で言えばどちらにも良いところとそうでないところがあるということです。
特に過去20年くらいは金融機関では合併やリストラなどが多く、生き残った者は良いとしてそうでない者も何人か知っています。ある人は取引先に出向中に出身銀行がつぶれ、亜間r良くない待遇で就航先の会社に拾われたという例があります。彼らはメーカーの生え抜きよりもかなり不幸でした。
もちろんメーカーにも倒産や合併はあります
でも良い商品と技術のある会社ではそうは簡単につぶれません。
また金融に比べれ極端な転勤もあまりありません。たまたまですが私は結婚以来引っ越し経験がありません。
総体としては金融ほどにはメーカーは華やかではないが、反面安定しているということは言えます。
年収は多くても根なし草のように全国を飛び回るのと、一か所で安定して暮らすのはどちらがよいのでしょうか。
結果的に私はメーカーで後悔したことはありません。

投稿日時 - 2014-05-13 22:42:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
実際にメーカー勤務を経験された先輩のご意見ということで、大変貴重であり参考になりました。

自分の性格は安定志向なので、これで良かった、かえって銀行に採用されなくて良かったのではないか、と考えるようになりました。
内々定を頂いたメーカーも決して小さい企業ではないので、胸を張って入社し、働いていこうと思いました。

私もyosifuji20様のように、メーカー勤務であったことを誇らしく思えるように努力していこうと思います。

投稿日時 - 2014-05-15 00:41:07

あなたにオススメの質問