こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

告訴について

告訴や被害届についてですが

「取り下げ」以外に
「保留」みたいな処置は存在するのですか?

投稿日時 - 2014-05-16 11:30:08

QNo.8597451

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>検察の裁量ということは、告訴した人が「中止してくれ」と申請した場合、保留にならず取り下げという扱いになるのですか?

経験は無いので実際にどうなるか判りませんが、「中止」とか「中断」とか言ったら、「では、取り下げですね」って聞かれて、こちらの意思を確認された上、取り下げになっちゃうでしょう。

そして「取り下げたら、再告訴は出来ない」の規定により「それでオシマイ」です。

投稿日時 - 2014-05-16 15:37:47

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2014-05-16 17:02:06

ANo.1

>「取り下げ」以外に
>「保留」みたいな処置は存在するのですか?

取り下げすると

告訴の取消をした者は、さらに告訴をすることはできない(刑訴法237条2項)

の条文がありますから、同じ案件では告訴出来なくなります。

「保留」は「告訴した側」ではなく「告訴状を受理した側」つまり「検察側」の裁量により行われます。

告訴した人(通常は被害者)は、告訴を保留する事は出来ません。

被害届けも同様で、受理する側の警察が「一応、預かってはおきますが、すぐには立件はしません」って言って保留にする事はありますが、被害届けを出す側が保留する事は出来ません。

投稿日時 - 2014-05-16 12:42:44

補足

検察の裁量ということは、告訴した人が「中止してくれ」と申請した場合、
保留にならず取り下げという扱いになるのですか?

また、別件ですが、弁護士が逮捕状を所有するようなケースはありますか?

投稿日時 - 2014-05-16 13:38:31

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2014-05-16 13:03:24

あなたにオススメの質問