こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

レイプ被害の泣き寝入りをどうにかしたい

【レイプ泣き寝入り】
私の知人のそのまた知人女性Aさんの娘Bさんがレイプ被害にあいました。

昨年12月11日未明、無理やり加害者宅に連れ込まれレイプ被害にあいました。
Bさんはその後誰にも言わず、妊娠が発覚したことでようやく、今年1月1日にAさんに事実を告げました。
新学期がはじまり、AさんがBさんの通う高校に相談し、学校の先生が性暴力救援センターに連絡、その後1月18日にAさんが、性暴力救援センターに電話し相談しました。

その際、性暴力救援センターの支援員は、
「まずは娘さんの健康が第一。中絶を優先しましょう」
「告訴は後からでもできます」
「中絶手術や通院の費用を請求すると、告訴となった場合に不利になる可能性がある」
といい、病院の費用は全額自己負担になっています。

その後は示談にて解決を図る話を加害者側としていたのですが、
Aさんが進めていた示談は4月、不調に終わります。
加害者側が弁護士を立てて、言い分を翻してきたからです。
ここで警察に相談すると、
「証拠不十分のため被害届を受理することも難しい」
と言われたそうです。
時間経過がありすぎて、二人が映っていたと思われる駅やコンビニの防犯カメラの映像などもとっくに消滅していたり、また取調べも、加害者側の自供を翻すだけの証拠もつかめないから、だそうです。

Aさんの考えていた示談は、強姦加害者の刑事訴追はしないかわり、数百万円の損害賠償、慰謝料を取るというものでした。
ところが、弁護士も立てて加害者側から提示してきた示談交渉とは、
「二人は当時交際関係にあり、合意のうえの性交渉だった。妊娠その他の慰謝料として数十万円支払う」
というものでした。
時間経過もあり刑事的に立件できないのを見越したうえで、強姦事実そのものをなかったことにしようとするものです。
当然この示談に応ずることはできません。

被害者側の心痛は察するに余りあります。
ただ、被害者側が迅速に動いていれば、取調べや捜査も迅速に行われ、刑事事件として訴訟に持ち込むことも容易であったと考えられます。
徒らに時を過ごしてしまった感は否めません。

この点、被害者側の落ち度もあるでしょう。
しかし、性暴力救援センターの支援員の助言が、「告訴は後からでもできます」などと悠長なことでなければ、こんな泣き寝入りの事態にならなかった可能性が高いと私は思います。

この件について性暴力救援センターは、支援員が誰か、助言内容が適切だったかについての情報開示を全く行わないそうです。
同センターの扱う相談内容が守秘義務をとくに重く考慮さるべきだからなのでしょうが、だからといってそれを盾に、助言内容の非を話し合うこともできないというのでは、では何のための相談窓口なのか、疑問を強く呈さざるをえません。
できれば同センターの非をただしたい。

また、性暴力救援センターは全くの民間団体であり、行政が運営に関係していないことも、この問題を重くしていると私は見ています。

被害者側が今回泣き寝入りの状況に陥っているのは、性暴力救援センターの助言も一因であると私は考えます。
立件、告訴ができないと警察に見放された状態で、この被害者側に今後どのような公的支援がありうるでしょうか。
このうえは、民事裁判による損害賠償請求しか方法はないのでしょうか。
ちなみに被害者側は経済的に余裕がなく、民事裁判を維持する経済的能力と精神的余裕を持ち合わせていません。
警察からは「法テラスを頼れ」と、都度言われるそうですが、やはりそれしか方法はないのか。

レイプ被害者支援に詳しい方、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2014-05-16 14:27:15

QNo.8597612

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>「告訴は後からでもできます」などと悠長なことでなければ、こんな泣き寝入りの事態にならなかった可能性が高いと私は思います。

でも、一番急ぐのは中絶ですよね。産むつもりがないなら
証拠を残すという意味では
被害直後に動いていなければほとんど意味はないと思います。
隠したい思いがあったのは当人のほうですし
本当に悔やまれるとは思いますが、どうにもできないと思います。

中期中絶になればそれはもう苦痛や負担、万が一のことなどが
初期の比ではないですから。そういわれるのも当然だと思います。
極力初期のうちに妊娠の正常異常も見てもらわなければ危険ですし。

事件から妊娠→親に告げるまで3週間近くたっていますし
親御さんもその時点ではなぜか動かずに1週間も経ってから学校に相談していますね。
これも適切かと言われれば、すぐに警察と病院に連れて行かないのも悔やまれる点かと。
新学期ということは7日ぐらいまで何もせずにいたのでしょうか。
すでにこの時点で堕胎するならかなり急がないと、という状況になってしまってますし
被害から1か月と1週間以上経っているので証拠を集めたり事実を確認するのも
時間経過的に難しかったのでは。

>やはりそれしか方法はないのか。

あちらが弁護士を立ててきている以上、こちらも弁護士を立てなければ不利ですし
お金がなければ法テラスを頼るのが一番かと思いますよ。
裁判にするしかないでしょう。

ただ、関係ない知人程度の間柄で口出しすべきではないと思います。

親御さんも女子高生の娘が未明に被害にあっていて気付かなかったのも
悔やまれます。
それだけ娘さんに隠したい思いが強かったのだとしたら
直後に動くのも難しかったかもしれませんね

投稿日時 - 2014-05-16 15:21:31

お礼

ご指摘のとおり、被害者本人も親御さんも初動が遅いですね。

ご丁寧に回答くださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-16 15:55:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

証拠がないので、どうしようもありません。

1/18の時点で無理やりであったという証拠があったなら、(抵抗したため、傷があったとか)性暴力救援センターの支援員の助言に問題があったといえるかもしれませんが、その証拠が残っていないので法的に責任を追及はできません。 このような流れでは、(まわりからは)示談内容に不満があったから告訴しようと思ったという風に考えられてしまいます。

投稿日時 - 2014-05-16 16:19:50

お礼

やはり証拠は大事ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-16 17:12:52

ANo.1

>レイプ被害の泣き寝入りをどうにかしたい

強姦罪は「親告罪」ですので、告訴できるのは「被害者本人だけ」です。

周囲が何を言おうが、本人や親が「恥ずかしいから公にしたくない」「公になるとお嫁に行けなくなる」「家の名前に傷が付く」と考えて、告訴しない場合もあります。

ぶっちゃけ「周囲がとやかく言う資格なんか無い。大きなお世話」なんです。

つまり「質問者さんに出る幕は無いので、黙ってろ」って事。

投稿日時 - 2014-05-16 14:39:12

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-16 15:51:49

あなたにオススメの質問