こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

駐車場での接触事故、両車移動中、ペダル踏み間違え

2014/5に自宅近くのスーパーの駐車場で接触事故に会いました。
次の事故状況から、過失割合を教えてください。よろしくお願いします。

接触時は両車ともに移動しています。相手運転手の証言で「アクセルとブレーキペダルを間違えた」という点の過失をどれだけ考慮するかによると思われます。

・自車が駐車場通路を進行中、左カーブ付近にて、自車左側駐車場から右折方向に進行しようとした相手車両と接触。
・相手車両は自車助手席ドア付近に最初接触し(自車左側面に接触)、自車後部側へ接触しながら、すれ違った(両車ともに走行している。自車の左側助手席ドアから後ろ端まで接触痕あり。)
・相手運転手は自車を確認した後、停止しようとしたが、アクセルとブレーキペダルを間違えたと、言っている。相手車両は自車との接触後、駐車場内を80m程走行した後停止した。(アクセルとブレーキペダルを踏み間違えたまま走行し続けている模様)
・警察官から現場検証の最後に、「ペダル踏み間違いの件に関し厳重注意しました」と報告いただいた。

投稿日時 - 2014-05-21 10:16:19

QNo.8604264

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>実際、書面にはなっていませんが、
>「これそっちが悪いよね?10:0でいいよね?」の確認を
>私と相手で事故直後&数日後電話連絡にて確認し、
 書面が無いとしても、ここで示談が成立したのです。
 仮に保険会社が7:3だの8:2だの言ったとしても
 相手が100%支払うと誓ったのですから
 保険金で不足した分を支払ってもらえば良いのです。

>この内容はそのまま相手保険会社へ伝わっています。
 これが余分な個所ですが、
 「示談は既に当事者間で10:0で成立しています。
 保険金で不足が生じたら加害者が個人負担するだけですが
 保険会社には関係ないので余計な口出しはしないで頂きたい。
 もしも、不足分を支払わないというのであれば契約不履行として
 遅延損害金も請求するか、詐欺罪で告訴するか考えます。」で良いのでは。

現実的には、
1.双方が走行していた、
2.側面中央付近に接触された
訳なので10:0は先ず無い。

厳密的に考えると、ドンッと最初の接触部に関しては
左カーブで見通しが悪いので、7:3くらい
その後、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる
損傷(リアドア/リアフェンダー)は10:0になるでしょう。

投稿日時 - 2014-06-02 13:33:04

お礼

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2014-06-08 13:31:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

駐車場内、かつ両方とも移動中であれば基本はほぼ5:5
後は踏み間違えがどれだけ繁栄されるか・・・ですね。

ちなみに今回は手遅れですが、明らかに自分が悪くないと思う場合は
「これそっちが悪いよね?10:0でいいよね?」と承認させ、
サイン入りで一筆かかせて保険屋にそれ見せれば10:0で通りますよ。

投稿日時 - 2014-05-21 10:44:35

補足

早速のご回答ありがとうございます。
実際、書面にはなっていませんが、「これそっちが悪いよね?10:0でいいよね?」の確認を私と相手で事故直後&数日後電話連絡にて確認し、この内容はそのまま相手保険会社へ伝わっています。しかしながら、他費用の請求で揉めた結果。弁護士特約を適用した交渉になり、前言撤回(過失割合白紙)の状態となっています。相手弁護士からは過失割合30:70での提案がされています。

投稿日時 - 2014-05-21 11:53:03

ANo.2

多分でっけど「相手8割:2割あんさん」とちゃうやろか?
事故時の詳細(あんさんが相手はんの動きをどの時点で気付いたか?)が判らんよって・・・
わての推測では
・あんさんは相手はんが動き出してるのを手前で気付いてた。
・通路を走行してるさかい「わてが優先なんじゃ!」と「どけどけ走行」で通過しようとした。
・相手はんは、あんさんの車がビュッ!と見えたので「こりゃいけん!止まらんと!」
 でアクセルを踏んじゃった。
・なので当たってる場所が「助手席ドア付近」となる。
でんな!
で、「あんさんは相手はんを気付いた時に止まれた」可能性が高いっちゅう事ですわ!
その過失が「2割」かな???

投稿日時 - 2014-05-21 10:41:01

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
鋭い描写で事故そのもを文章で再現していただける感じがします。
補足ですが、現在弁護士特約を適用した交渉に発展した状態となり、相手弁護士からは過失割合30:70での提案がされています。
20:80 参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2014-05-21 11:57:36

ANo.1

ブレーキとアクセルを踏み間違えたことによる二次災害があるのであれば、その分は別途考慮の必要がありますが、なければ、駐車場の形状、それぞれの進行方向、停止線等の有無、などから過失割合を算定します。
現状では、それらが書かれていないので、算定不能です。

投稿日時 - 2014-05-21 10:26:51

あなたにオススメの質問