こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

源泉徴収票について

転職先で源泉徴収票が必要なので少し前にバイトしてた会社に電話して、欲しい旨伝えたら、うちはお出ししていませんと断られました。
ネットとかで調べたら法律で定められていて必ず貰えるとの事なので、再度電話して法律違反の旨伝えたら折り返し電話になり、税理士に確認したら発行しなくてもいい言われました。この場合税務署に源泉徴収票不交付の届け出だしたら貰えるのでしょうか?不安です。

投稿日時 - 2014-05-23 12:58:58

QNo.8607411

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…この場合税務署に源泉徴収票不交付の届け出だしたら貰えるのでしょうか?

これは、「ケースバイケース」です。

○「支払われたお金(受け取ったお金)」が、「税法上の給与(所得)」であれば「(給与の支払者は)交付しないと法令違反」なので税務署に相談すれば問題ありません。

○「支払われたお金(受け取ったお金)」が、「税法上の外注費」であれば(給与ではないので)税務署に相談しても『【給与所得の】源泉徴収票』は交付されません。

ただし、「(給与ではなく)外注費」ならば、「転職先(の会社)」にとっても【無関係】ですから問題ないということになります。

『中途就職者の年末調整|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2674.htm
>>…別の会社に「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出して支払を受けた【給与】がある人については、その別の会社から支払を受けた【給与】を含めて年末調整を行う必要があります。…

---
「税理士に確認済み」ということは、【おそらく】(「雇用契約を結んだ相手に支払った給与」ではなく)「請負契約を結んだ相手に支払った外注費」として処理されていると【思われます】。

(事業主向けの記事)『給与か外注か? その判断基準は』(2011/11/22)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-8876.html

※以上、分かりにくい点があればお知らせ下さい。
※なお、「情報が限られる第三者」としては「給与か外注費か?」については判断のしようがありませんので、詳しいことは「税務署」か「税理士」にご確認ください。

*****
(参照したサイト・参考サイトなど)

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
『源泉徴収票不交付の届出書』(2010/12/06)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-b2c5.html
---
『所得の区分のあらまし|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『事業所得と雑所得の違い|丹羽総合会計事務所』
http://niwa-tax.com/596.html
---
『確定申告と年末調整はどう違うの?|All About』(更新日:2014年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
『年末調整の話』(2010/08/08)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-557.html
---
『年末調整|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/gensen33.htm
『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

投稿日時 - 2014-05-23 17:06:23

補足

ありがとうございます。

平日仕事で税務署いけないのですが家族なら妻でもいいのでしょうか?郵送より一度行って担当者に聞いた方がいいのでしょうか?

普通は貰えるものなのに不思議だらけです。

投稿日時 - 2014-05-23 18:34:32

お礼

ありがとうございます。

難しいものなんですね、ただのバイトだったんですが、取り合えず届け出だけやるだけやろうかなと、助かりました

投稿日時 - 2014-05-23 18:17:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

Q_A_…です。
お礼いただきありがとうございます。

>…家族なら妻でもいいのでしょうか?

いえ、「所得税」は「納税者自身」が各種の手続きをすることが原則です。

もちろん、「夫の代わりに源泉徴収票不交付の届出書を提出する」だけならば何の問題もありません。

いずれにしましても、税務署も「家族が代理で来た」ような場合は(怪しいところがなければ)固いことは言わないですから、まずは「電話で聞いてみる」のがよいでしょう。

『[手続名]源泉徴収票不交付の届出手続|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm

>郵送より一度行って担当者に聞いた方がいいのでしょうか?

はい、現段階では「給与か外注費か?」が不明ですし、【イレギュラーな手続き】ですから、以下の記事を参考に「直接相談する」のがいいと【個人的には思います】。

『源泉徴収票不交付の届出書』(2010/12/06)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-b2c5.html

>普通は貰えるものなのに不思議だらけです。

普通もらえるのは「雇用契約」の場合だけで、「請負契約」ならば(給与ではないので)もらえません。

※「請負契約」の場合は、『報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』が送られてくることがありますが、本来は「税務署」にだけ提出するものです。

『[PDF]報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf
『369号 年末調整書類の保存期間&支払調書の交付義務』(2012年12月18日)
http://taxtoyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/369-e2ec.html
>>…原稿料や税理士報酬等の支払調書は税務署への提出義務(一部省略有)はあっても、支払いを受けた者への交付義務はありません。
>>ただし、実務上は支払いを受けた方が確定申告をする際の参考資料とする為、税務署へ提出した支払調書の写しを、支払いを受けた方へも交付するケースが【多い】ようです。

『[PDF]平成24年分以後の源泉徴収票』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf

---
ちなみに、「雇用契約」も「請負契約」も「口約束」でも成立しますが、(「雇用契約」は特に)「書面の交付」によって明示するのが原則です。(あとで揉める原因になります。)

『雇用契約|雇用開発センター』
http://www.hiraku-navi20.jp/layer3/c01_02.html
『業務委託契約とは何か?|ランサーズ事務局』
http://www.lancers.jp/magazine/5331

※不明な点があればお知らせください。

投稿日時 - 2014-05-23 21:41:46

ANo.2

金額的にどの程度のバイトだったかによります。
賃金明細はとっておいてありますよね?(無いと困るんだな)
そこに引かれていれば源泉徴収額とか数字が出ているはずです。ただ、金額によっては税額が発生しないので引かれない場合もあり、そうなら、源泉徴収していないわけですから徴収票も出ません。
しかし、1円でも賃金をもらったのなら支払い調書が発行されます。税法上は会社の義務ではありませんが、気の利いた税理士なら発行するはずです。アホな税理士に当たるとアレっすね。


http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s2
第22条 労働者が、退職の場合において、使用期間、・・・賃金又は・・について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。
120条 30万以下の罰金

これでぶん殴っていいです。そういう生意気な会社はこてんぱんに・・・w

でも、バックれたとか、会社で暴れてクビになったとかなら別。逆に損害賠償請求されるかも?

投稿日時 - 2014-05-23 16:52:01

補足

ありがとうございます。
金銭的には5日働いて4万5千円くらいでした。

電話応対の女性もすこぶる態度が悪かったし、かなりひどい会社です。明細も貰ってないので通帳でしか金額をしるすべがないみたいです。

投稿日時 - 2014-05-23 18:13:55

お礼

ありがとうございます。

法律違反指摘してもかなり強気な態度でどうしたらいいやらです。出すだけ出してみようかとも思います。
自分で確定申告したくないですからね。

投稿日時 - 2014-05-23 18:21:00

ANo.1

>少し前にバイトしてた会社…

具体的にどんなお仕事でしたか。
コンビニや飲食店などなど、ごく普通のバイトでしたか。

>税理士に確認したら発行しなくてもいい…

もし、内職に類するようなものなら、たしかに源泉徴収票は関係ありませんけど、普通のバイトならその税理士は間違ったことを言っています。

>転職先で源泉徴収票が必要なので…

それは、現在の会社が前職分もまとめて年末調整をするためです。
どうしても前職が源泉徴収票を交付してくれない事情を話し、現職分だけで年末調整をしてもらいます。

その上で、
・現職で年末調整を受けた源泉徴収票
・前職の給与明細
・源泉徴収票不交付届出書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm
の 3つを添えて、確定申告をします。

なお、前職が内職に類するようなものなら、話は違ってきますので補足ください。

投稿日時 - 2014-05-23 13:30:01

補足

ありがとうございます。バイトはニトリの新規店の棚とかカウンターとか搬入して組み立てしてとかの肉体労働でした。ヘルメット着用必須なやつでした。

投稿日時 - 2014-05-23 15:00:12

お礼

ありがとうございます

なんか酷い会社みたいです。一応出すだけ出そうかと。ないと後々大変ですから。

投稿日時 - 2014-05-23 18:23:28

あなたにオススメの質問