こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語の訳お願いします

From the Great Lakes region northward, Indians made canoe of the bark of the most widespread birch in the world. It grows well in New England and covers the entire eastern part of Canada. From the use Indians and pioneers made of its bark it is known as canoe birch, though it has many other names, such as paper birch, silver birch, white birch.

投稿日時 - 2014-05-28 15:54:40

QNo.8614334

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

五大湖より北方の地域、世界有数の樺の繁殖地の樹皮を用いてインディアンはカヌーを製作した。
ニューイングランドでは目立って繁殖しており、更にカナダ東部全体を覆っている。
ここからインディアン及び開拓民らが樹木から編み出したものが、樹皮カヌーとして知られるものである。呼称は様々あり、紙樺、アメリカシラカンバ、白樺とも言われる。

投稿日時 - 2014-05-28 16:18:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

    五大湖以北の地域では、世界でもっとも広範囲に生えている樺の木の樹皮で、先住民はカヌーを作った。

   樺の木はニューイングランドではよく成長し、カナダの東部全体を覆っている。

    ペイパーバーチ、シルバーバーチ、ホワイトバーチなどのような名称もあるが、先住民や開拓者が利用したその樹皮の用途から、カヌーバーチとして知られている。

投稿日時 - 2014-05-28 16:11:01