こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死を意識してしまうぐらい過去を後悔しています。

もうすぐ24歳になる男です。


僕は中学の時にバスケ部でいじめに遭い、そこでは後にトラウマになるような様々な辛いことを経験しました。


例えば・・・


・バスケなので体と体がぶつかるのは仕方ないのに、当たると「キモイ」「死ね」等の罵倒
・シュートを打つと「お前が打つな」と言って、尋常じゃなくキレる
・「下手クソはシュート打つな」といった様な罵倒
・僕が出したパスをもの凄く嫌そうに取る
・ミスをしたら必要以上に責める
・聞こえるか聞こえないかのところから「キショイ」「死ね」「辞めろ」の悪口
・僕がいない所で他の部員に僕にパスを回さないように命令
・遠くからボールを当ててくる
・ランニングをしている時に、加害者達の1人を抜かそうとしたら尋常じゃなくキレられてグレられて、結果いじめがエスカレート。
・所持品を取ろうとしてきたり、壊す


この様な、本当に精神的に辛い経験をしました。

これ以外にも、下級生に横柄な態度を取られたり、上級生に意味も無く暴力を振るわれたこともありました。


この経験によって、

・積極的に挑戦することができなくなった
・失敗することは、「絶対にやってはいけない悪いこと」で、失敗する可能性があるのなら、そもそも挑戦しない方がいいと思うようになった。
・人の目を異常なぐらい気にするようになった

他にもまだ沢山ありますが、こんなトラウマを持つようになってしまったんですね。


結果的に、中学時代という思春期に、それも2年半もの長い間精神的に苦しめられたことによって、15歳の時にノイローゼみたいな状態になってしまったんです。


強迫観念が常に頭の中に湧き続けて、かなり行動が制限されてしまうようになってしまいました。


こちらのサイト↓

http://kyou89.fc2web.com/sei/o_PTSD.htm

(「症状」の項目と「トラウマへの対応」を参照)

や、こちらのサイト↓

http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/griffin/method/trauma005.html


をご覧頂くと、その症状がよく伝わると思います。


中3のある日にノイローゼに掛かって以来、もう何をやっても当時のいじめの加害者達が頭から離れなくなってしまったのです。


・授業を受けている最中も
・テレビを見ている時も
・読書をしている時も。
・楽しいゲームをしている時も
・映画を見ている時も。
・音楽を聴いている時も。
・勉強したくてやっている勉強中も
・高校の受験中でさえも


もう何をしていても。。。


例えば、学生時代なら普通は友達と街へ遊びに行ったり、恋人を作って恋愛しようとするでしょう。

ですが僕は、


「街へ行くとあいつらに遭うかもな…そしたら馬鹿にされるかも・・・じゃあ行くのを止めよう」
「彼女作って街で遊んでいる所を見られたら何か言われるかもしれない…そしたら馬鹿にされるかも・・・じゃあ作るのやめよう」


みたいな不安を強烈に感じていたので、結局家で1人縮こまるという選択肢しか取れなかったのです。


要は、過剰なまでの警戒をしていました。
トラウマによって防衛本能が働いたのでしょう。


他にも、例えば家で音楽を聞いたり、どこかライブを見に行ったりした時は、

「この曲をもしあいつらも聞いていたらどうしよう・・・」
「このライブ会場にあいつらもいないかな・・・」

みたいなことを考えることもありました。


さらには、「やりたい!」と思ってする勉強や、大好きな趣味をしている最中でさえも、
当時の加害者達のことが頭から離れなくなってしまったのです。

結果的に、パフォーマンスの質が劇的に下がり、ほとんど何も身に付かないというのが当たり前になってしまったのです。


要は、

「何をやっても考えたくないことが病的に頭に浮かび(強迫観念)、思考が阻害され、結果的に行動がかなり制限される」

という状況に陥ってしまったのです。

もう確実に心の病気です。
強迫性障害です。


本来ならば、中学3年生の時点でカウンセリングなりを受け、徹底的に治療すべきでした。


しかし、愚かなことに、僕は自分が病気であると知らないままここ最近まで生きてきてしまったんですね。

なので、15歳から最近までの約9年間、僕はずっと、ひたすら毎日苦しんで生きる羽目になりました。


一般的に、だいたいの人が経験する


・友達と遊び青春すること
・恋愛すること
・趣味や勉強に没頭すること
・気持ちよく毎日寝ること


などを、「一切」経験することのないまま、9年間過ごしてしまいました。
これら全てを「放棄」せざるを得ない状態になってしまっていたのです。

単純に友達を作る能力、そして彼女を作る能力がなかったのであれば、それはもう仕方ありません。
しかし僕は、上述したような強迫観念が原因で、そもそもそういう行為を行う概念を放棄せざるを得なかったのです。

趣味に没頭したり、気持ちよく毎日寝たりすることなんて、普通は誰でも出来ます。
それすらも、僕はここ9年間一度たりともできたことはありません。

つまり、僕はこの病気が原因で、15歳から24歳までの間、
本来ならば経験できた幸せを全く感じることができずに生きてしまいました。


しかも、この様な楽しみを経験できなかっただけでなく、常に考えたくない嫌なことが頭の中を支配していたので、15歳から今ままで"常に"精神的苦痛を感じ続けていたのです。


少し極端な例えになりますが、この9年間は、

「15歳の時にどこかに監禁され、24歳間近までずっとそこに閉じ込められていた。 その間、ただただ恐怖に怯えて苦しんでいた」

というのが、僕のこれまでの人生を表すのに適切な表現だと感じます。
それぐらいの人生を生きてきてしまったのです。

宗教などに洗脳され、だんだんと行動が制限されて自分本来の生き方ができなくなってしまった人っていますよね。

まさにそれと似たような感じでしょうか。



ハタから見たら、もうはっきり言ってバカです。

「お前、何やってんの?」レベルです。

しかし、僕は見事にそれをやってきてしまった。。。


僕は今後、カウンセリングの専門家の所へ行き、治療を始める予定です。

かなり遅れてしまいましたが、これから治してまた毎日健全な思考で生きて行けるようになりたいと感じています。


それはそれで良いのですが・・・。


僕はこの9年間の全てを、尋常じゃないぐらい後悔しているんです。

1人でただ苦しみ、部屋で縮こまり、やりたいことのほぼ全てができず、時間をただ垂れ流してきたこれまでの人生を・・・
他の大多数の人が、普通は経験してることを、この病気が原因で一切できなかったことを・・・
その瞬間その瞬間、考えたくない観念に囚われて自分の人生を生きれなかったことを・・・


この9年間を、僕は後悔しても仕切れない。

そして、

「考えたくない人間達のことを考えて1人苦しみ、貴重な人生の、それも9年間という時間のほとんどを無駄にした」

という過去を今後も背負って生きて行かなくてはならないという現実にも、正直絶望しています。

(過去を背負うと言っても、別に犯罪等を犯した訳ではありませんが・・・)

楽しそうに青春している高校生を見たら・・・
サークルに恋愛に充実してる大学生を見たら・・・

「俺はあの子らみたいな時、今と変わらずずっと苦しんでいたなぁ・・・」

と死ぬまで感じることになるかもしれないのが、非常に辛い。。。


本音を言うと、もう自殺したい気にもなってしまうぐらい、自分のこれまでの人生を、過去を後悔しています。


これほどまでに悔しく思ってしまうのも、人生というのは15歳ぐらいから20代前半に何をしたかでそれ以降の人生が大きく決定されるからなんだと思います。

例えばですが、

アナウンサーになりたいなら。。。
アイドルになりたいなら。。。
野球選手になりたいなら。。。

確実にその期間にすべきことをしないと、(ほぼ間違いなく)なることはできません。


人は一般的に、15歳ぐらいから24歳ぐらいまでの間どう生きるかで人格が形成されます。

そしてその間にスキルを磨き自分を成長させ、将来に備えるのです。
これはスポーツの世界でも芸事の世界でも何でも、種類は問わず言えることです。

その間にしか経験できず、その期間を逃すと一生経験することができない楽しみもたくさんあります。

こんな貴重な期間を失ったからこそ、僕は死を意識してしまうぐらい過去を後悔してしまうんだと思います。



そこで皆さんに質問です。


皆さんが仮に僕のような人生を生きてしまったとしたら、24歳の時に「自殺する」という選択を取りますか?

もし答えが「それでも自殺しない」なら、どういう考え方で今までの人生を割り切り、過去を後悔しないということができるのでしょうか?


その具体的な考え方をお聞きできたら、今後の糧にできるので非常に助かります。


質問文が長く、しかも読みにくかったと思います。
申し訳ありません。


では、是非とも多くの方から回答を頂けたらなと思います。

投稿日時 - 2014-06-02 20:50:35

QNo.8621166

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

この9年間辛かったですね。無駄に時を過ごしたとお考えかもしれません。でもね、9年かかったけれど、カウンセリングを受けようと決意できたのは、もの凄く大きな一歩ですよ。これまでの9年間を後悔するより、9年で区切りがつけられた事を前向きに捉えてみて下さい。今行動を起こしていなければ、もしかしたら20年、30年になったかもしれません。

ネガティブな事にも、何かポジティブに変えられる事がくっ付いているものです。それがほんの微かな小さい物でも、それに気付き大切に出来る人は、最後には強くなれます。その事もカウンセリングの中で学べると思います。今はまだ難しいかもしれませんが、行動を起こそうと決めたご自身を思いっ切り褒めてあげて下さい。

投稿日時 - 2014-06-02 22:16:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

とりあえず病院に行きましょう

投稿日時 - 2014-06-02 21:19:16

ANo.2

と、いうことだそうですが、皆さんどう思いますか。


暖かい回答をお願いします。

投稿日時 - 2014-06-02 21:00:54

ANo.1

 
まだ、遅くない
医者に行きなさい
 

投稿日時 - 2014-06-02 20:54:27

あなたにオススメの質問