こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いいたします!

下の英文を和訳してください! 自然な訳にしたいので、翻訳ソフトや、アプリはなしでお願いいたします!



The only problem with common sense is that it is based on our preconceived notions in most cases rather than on evidence. For example, common sense suggests that better lighting reduces crime. If I were going to commit a crime I would look for a dark spot. But as it turns out, I am not a criminal. And in the case of lighting there is some evidence that common sense is not completely right. A recent headline contained these words: Street lighting is said to affect crime-little. The article contained this report : "A government-funded study has concluded that although well-light streets may lessen the fear of crime, there is no statistically significant evidence that the lighting actually reduced crime. The study says that crime increased in certain well-illuminated area because the thieves could see what they were doing better. Another finding was that the lighting displaces crime. In addition to increasing in the newly lighted areas, in neighboring places where the lighting has not yet been installed crime goes up."
Perhaps you have visited a friend recenty in a hospital. If you are old enough to remember visiting people in a hospital 30 or more years ago, perhaps you will recall that in the surgical wards there were few patients walking. Common sense used to dictate that movement right after surgery was harmful. Whether by design or accident, patients are now almost forced out of bed the first day after surgery in most cases. Healing takes place more quickly with immediate movement. Common sense reasons were replaced with reasons based on evidence in this particular case. Until we evaluate the effects of our common sense notions in the same way increased lighting and movement after surgery have been evaluated, we can hardly hope to learn if what we do is worthwhile, let alone improve what we do.

長いですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-06-03 21:25:46

QNo.8622619

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

常識にまつわる唯一の問題は、ほとんどの場合、常識が証拠よりもむしろ私たちの先入観に基づいていると言うことです。例えば、常識では、照明が良い方が犯罪は減少することになります。私が犯罪を犯すのであれば、私は暗い場所を探すでしょう。しかし、お分かりのように、私は犯罪者ではありません。そして、照明の場合には、常識が必ずしも正しくないという証拠があります。最近、新聞の見出しに次の様なものがありました:街路の照明は、ほとんど犯罪に影響しないそうだ。この記事には次の報告がありました:「政府が資金を提供した研究は、以下の様な結論を出しました。照明の良い通りは、犯罪に対する恐怖心を減らすかもしれないが、照明が実際に犯罪を減らしたという統計的に有意な証拠はない。この研究によれば、泥棒が自分たちのしていることをよりよく見ることが出来るために、ある種の照明の良い場所で犯罪が増加するそうです。もう一つ分かったことは、照明が犯罪の場所を変えると言うことでした。新しく照明がつけられた場所の増加に加えて、照明がまだ設置されていないその近くの場所で、犯罪が増加するのです。」
もしかすると、あなたは入院中の友人を最近見舞いに行ったことがあるかもしれません。あなたが、30年以上前に入院している人を見舞った記憶がある年齢の人であれば、外科病棟では、歩き回っている患者がほとんどいなかったことを思い出すでしょう。常識によって、以前は、手術直後に動くことは有害であるとされていたのです。意図的か偶然かは分かりませんが、患者は、今では、ほとんどの場合手術後第1日目からベッドから起き上がらせられます。すぐに動き始めることで、治癒がより速やかになるのです。常識の理由が、この特定の事例では、証拠に基づいた理由に取って代わられました。照明の増加や手術後の運動と同様に、私たちの常識による考えの効果を私たちが評価するまで、私たちがしていることがそれだけの価値があるかどうか知ることはほとんど期待できませんし、私たちがしていることを改善することはなおさら期待できないのです。

投稿日時 - 2014-06-03 22:24:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)