こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

クレジットカードを複数持つと、その後審査に通らない

私は年会費無料のクレジットカードを5枚以上持ってます。その中で、ローンカードやリボ払い専用カードもあります。いずれも年会費無料です。

なぜこんなに沢山カードをもっているのかといいますと、楽天カードだけだと100円に付き楽天スーパーポイント1だとすくないと感じたからです。
他のクレジットカードならもっといいのではないかとおもったわけです。
基本的に、ネットショップで一回払いでしか使用せず、キャッシングやリボ払いも使った事がありません。
電気代、ガス代、水道代、ケータイ代など全てクレジットカードで支払うと年間で計算してもかなりのポイントが貰えるので、どのクレジットカードがいいのか悩みます。
残念なのが家賃の支払いや生命保険がクレカ支払いに対応していない事です。
住民税も手数料が取られるとはいえ、クレカで支払えるならいいとおもったのですが、自分の住んでいる所では対象外だと市役所にいわれてしまいました。

げん玉などのポイントサイトを経由で発券すると初回申し込みに限り、大量のポイントが貰えるのも大きなメリットです。
しかも、ビンゴやスゴロクで一位を狙えるアイテムも貰える為、これで毎週30000、50000ポイントはゲットできるというのも嬉しい限りです。

そこでもっと沢山クレジットカードを作ろうと思ったのですが、その後申し込みしても審査に落ちてばかりになってしまってます。何故なんでしょうか?

私の場合、初回発券で貰えるポイントだけが目的ではなく、ちゃんと計画的に使っていこうと考えているのですが。派遣社員で仕事もしています。現在の派遣先で一年以上勤めているので無職よりは審査は通りやすいはずなのですが。
やはりクレカを多数所持しすぎた性でしょうか?
実質、もう新しくクレカを作れなくなったのではないかと不安を抱いてるのですが、こういう場合どうしたらいいのでしょうか?

投稿日時 - 2014-06-04 17:34:41

QNo.8623604

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

クレジットカードを複数持つと審査に影響するのは与信が圧迫され発行不可でしょう。
与信さえありゃ何枚だって発行されます。
しかし誰しも与信には限りがあるように枚数保有にも限度が存在します。

あなたは返済能力のない、自己破産しそうな人にカードを与えようと思いますか。
与信が圧迫され、いつでもカードの枠を使い切り自己破産しそうな人にわたしなら与えませんし、カード会社もそんな危なそうな人には発行を見送りするでしょう。

投稿日時 - 2014-06-16 20:57:37

ANo.6

>やはりクレカを多数所持しすぎた性でしょうか?
 ・すでに回答がありますが関係有りません
 ・そのカード会社の判断・・他に理由はありません

以下参考
>住民税も手数料が取られるとはいえ、クレカで支払えるならいいとおもったのですが、自分の住んでいる所では対象外だと市役所にいわれてしまいました
 ・コンビニ払いが出来るなら(住民税以外でも)、クレジットカードのポイントを付けることは可能
 ・セブンイレブンのnanacoで支払う・・クレジットカードでnanacoにチャージ(クレジットカードにポイントが付与される)
  (nanaco1枚で5万まで支払可能)
  (但し、チャージでポイントが付くカードは限定される、楽天カード(JCB限定)なら楽天スーパーポイントが付く)
  当方はそれで、自動車税とか固定資産税とか払っています

投稿日時 - 2014-06-08 08:20:19

ANo.5

基本的に各カード会社の審査基準によりますが、それ以外で影響を及ぼす可能性があるものとしては改正割賦販売法による規制の影響が考えられます。
http://www.j-credit.or.jp/customer/sales_law/index3.html

生活維持費やクレジット債務(1年間のクレジット支払い予定額)の金額が支払可能見込額に影響して発行されない可能性はあると思います。
例えば携帯電話本体を分割払いで購入している場合は、それがクレジット債務に入ります。
仮に実質0円と案内されても実際には本体価格は有料で分割払いをしながら、それと同額の月額料割引を受ける事で実質0円としているだけです。
もし質問者様の名義でご家族の分の携帯電話も契約していて、それも本体を分割払いにしていれば質問者様のクレジット債務に加算される事になります。
またリボ払い専用カードも所有との事ですので、そのカードの利用分はクレジット債務になりますし、2ヵ月を超える与信であれば一括払いも含め全てが規制対象となったため、1回払いでも翌月ではなく翌々月一括払いのカードの場合は影響を受ける可能性があります。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/1132kappuhanbaihounikansurufaq.htm#q3

クレジットカードでの支払可能見込額は(年収等-生活維持費-クレジット債務)×0.9で計算できます。
手数料がかかりますが、CICなどの信用情報機関から現在の信用情報を開示してもらい、計算してみるのも良いと思います。
もしクレジット債務が多めなら減らすようにしてから申込みすると、また結果も違ってくるかもしれません。
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

また利用限度額が30万円以下の場合は、支払可能見込額を調査することなく簡易な審査でカード発行ができる事になっていますので、申込み時に利用限度額の希望ができる時は低めに設定すると通りやすいのではないかと思います。まあカード会社によっては審査基準が額によらず同じで結果は変わらないという可能性もありますが…。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/1141hayawakarikaiseikappuhanbaihou.htm#no6

投稿日時 - 2014-06-07 00:10:50

ANo.4

>クレジットカードを複数持つと、その後審査に通らない

有名な、都市伝説の一つですね。
多くのカードを持つと、与信枠が無くなるのでカードが作れなくなる。^^;
都市伝説宣教師の説法では、与信枠は個人毎に一元管理しているのだとか・・・。(爆笑)
常識的に考えると、分かりますよね。与信枠は、借金額ではありません。
キャッシング枠に100万円の与信枠があっても、既に年収の3割の借金があれば(与信枠が有っても)新たにキャッシングは出来ません。
あくまで「弊社は、あなたに幾らまで貸せます」という、条件に過ぎません。
カード会社毎に、与信枠は異なっていますよね。
つまり、カード会社各社が「カード申込書の情報に基づいて、自由に与信枠を決定」しているに過ぎません。
※同業他社が既に与えている与信枠は、参考にしていません。

>その後申し込みしても審査に落ちてばかりになってしまってます。何故なんでしょうか?

ここで、また新たな有名な都市伝説を教えましよう。
「短期間に、複数のカードを申し込むと審査に落ちる」
これも、根拠の無い都市伝説ですから無視して下さい。
※カード申込情報が、半年間個人信用情報機関に登録される事から生まれた伝説。
質問者さまの場合、申し込んだカード会社の最低基準(年収・雇用形態・不動産所有有無など)に合わなかっただけです。
某カードは、バイト・パートはもちろん派遣社員でも「安定した継続した収入」とは認めていません。
質問者さまは、過去に金銭事故を起こしていませんよね?
最近では、携帯電話代金の分割支払い事故が原因でブラックになっている20代が多いのです。
携帯電話代事故で、住宅ローンが組めなくなる場合があるのですからね。

>やはりクレカを多数所持しすぎた性でしょうか?

先に書いた通り、カードの枚数は関係ありません。

>こういう場合どうしたらいいのでしょうか?

質問者さまの情報が分からないのですが・・・。
年収300万円以上だとすれば、先ず各個人信用情報機関に「個人情報開示請求」を行って下さい。
ここで、ブラック情報の有無を確認。
ブラック情報が無ければ、身の丈に合ったカードを申し込めば大丈夫です。
ブラック情報があれば、ブラックの原因を確認して下さい。
非常に少数ですが、間違ってブラックになっている場合があります。

投稿日時 - 2014-06-04 23:44:59

補足

返答がありがとうございます。

>質問者さまは、過去に金銭事故を起こしていませんよね?

起こしてませんよ。特に問題は無いはずです。

>年収300万円以上だとすれば、先ず各個人信用情報機関に「個人情報開示請求」を行って下さい。

派遣元では3年以上は契約していあす。派遣先でやっと一年以上経過したくらいです。
年収は250万くらいだと思いますが、多ければ300万いくかもしれません。
申し込みしたカードも身の丈にあったものを選んでいるはずです。ブラック情報というもの無いと思います。

投稿日時 - 2014-06-05 03:47:03

ANo.3

>クレジットカードを複数持つと、その後審査に通らない

そんな決まりはありません。

私も10枚以上は持っています。

ただ、誰でも何枚でも持てるって意味ではありません。

結局はその人の信用で判断されます。

複数持ってても、審査に通る人は通るし、

通らない人は通らない、それだけです。

あなたの場合は、通らないってだけですよ。

その程度の信用って事です。

正社員で勤続5年なら、結果は違って来ます。

信用の低い人と高い人を一緒くたにして話すから、

カードが多いと駄目とか、申し込みブラックがあるとか、適当な事が言われているだけです。

一度に大量にカード申し込んでも、OKな人もいればNGな人もいるってだけ。

あなたの信用では、その程度が限界と判断されているってダケの事です。

投稿日時 - 2014-06-04 18:58:57

補足

返答ありがとうございます。

カードを多く持ちすぎているから審査に落ちるようになったわけではないのですね。

投稿日時 - 2014-06-05 03:50:22

ANo.2

カードの枚数が多いのは全く関係ないです。

私自身年会費無料のカード20枚以上持っています。
年会費有料のものも数枚あります。

No.1の方が言う「手持ちカードの使用限度額の合計」(与信枠)は関係ないです。
ショッピングの与信枠を単純に合計したら年収の3倍くらいあります。

短期間に何枚も申し込みをしていると難ありかも知れませんが基準はカード会社の勝手ですし。

遅延、延滞暦が1回も1日も無いなら、それ以外に身の上に欠陥はないでしょうか。
携帯電話の支払いを遅らせたとか。

書かれた範囲では原因不明です。

投稿日時 - 2014-06-04 18:33:49

ANo.1

現在新規のカードが作れないのは当たり前です。

手持ちカードの使用限度額の合計>あなたの年収。
だからです。

ちなみに、派遣で一年…ってのはほぼ信頼度皆無に等しいですよ。

投稿日時 - 2014-06-04 18:10:00

あなたにオススメの質問