こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

将来の不安

バカみたいと思われるかもしれませんが、皆様の意見をお聞かせください。

自分は将来が心配過ぎて、お金を使うことに人一倍のストレスを感じます。
幸いなことにそこそこの収入を得ることが出来ており、ローンを返しながらでも年間150万くらいは貯金出来る状況にありますが、このペースじゃ定年まで何もトラブルなくても3000万しか貯まらないじゃないかと思ってしまいます。要は、最近巷で聞かれる「これから老後は一人~円必要になる」という情報に強い影響を受けており、現状に強いストレスを感じるのです。

世の中貯蓄のちょの字も出来ない人が大勢いることはわかっていますし、それでも何だか幸せを感じながら過ごしているように見える人を見ると、どういうことなのかと、ものすごい人生損をしている気がします。皆さまは、こういった不安を感じていますか?そして、それをどのように消化していますか?教えてください。

投稿日時 - 2014-06-07 17:29:44

QNo.8627557

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

たしかに漠然とした不安がありますね。
これは良くわからないから不安になるんだと思います。

わたくしは、退職金がいくらくらい出て、年金がいくらくらいもらえて、
生活費にどのくらいかかって等の情報をできるだけ集めて自分なりにどのくらい
貯蓄すればいいかを考えています。

あと、無駄使いをしたときは、その分どこかで節約して、
或いは節約した分をためて無駄使いをしています。
そうすれば、将来の貯蓄に影響がないので気が楽になります。

投稿日時 - 2014-06-10 00:53:53

お礼

ohkinu1972さん、ご回答ありがとうございます。お返事が遅くなり、大変申し訳ございません。
漠然とした不安・・・仰る通りです。お金のことに限らず、これが全てにおいて最も大きなストレスかもしれません。ただ、自分だけじゃないですし、あまり考え過ぎても損しますね・・・自分なりに悩みながらも落としどころを見つけていきたいと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-07-12 18:45:08

ANo.4

自分と似ているので回答を・・・

多分質問者さんは大金を残して死ぬことになると思います。ある程度気を楽にして今のペースを維持すれば大丈夫です。ちなみに自分も質問者さんと同じように思って生きていますが自分の場合、死んでも嫁か子供が貰うことになるので無駄にはなりませんけどね。

投稿日時 - 2014-06-09 18:27:31

お礼

nebosuke77さん、ご回答ありがとうございます。お礼が遅れまして大変申し訳ございません。
大金を残して死ぬと言われ、ちょっとドキッとしました^^;お金を使って良いもの買っても、良いもの食べてもストレスを感じる本当に嫌な性格だと思います。もう少し楽に考えて生きていけるよう頑張ってみます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-07-12 18:41:48

ANo.3

こんにちは。
年金受給予定で、貯蓄が3000万あれば十分じゃないでしょうか。
「これから老後は一人~円必要になる」でもそれ以上必要とは言っていないはずです。
年金だけでは生活が苦しいですが、貰えないわけではないですからね。
他に個人年金などがあればそれも合算して計算しましょう。

ちなみに自分もお金に対しては似たような傾向があります。
しかも一人身で収入も決して多くはありませんのでかなりの節約生活ですが
でも使うところは使いますし、人生も楽しんでますよ。
高額品への物欲がないので交際費の使い過ぎにさえ注意すれば勝手に貯まります。

節約を苦しいと思う場合は、考え方として、貯蓄分を別にしたらあとは‘使うために’
節約すると考えましょう。
お金をどこにどう配分するかは人それぞれ。
好きなことに使うために、その分をどこかで節約するだけです。
‘貯蓄のため’と考えると止め処がなくなり、どこまでも追われて苦しくなります。

貯蓄0で老後を迎えて、生きるのが精一杯なんて生活は嫌ですからね。
現在も老後も、旅行もしたいし趣味も楽しみたい。
だから節約すべきところは節約して、バランス考えながら貯めますよ。v^^

投稿日時 - 2014-06-09 15:55:47

お礼

poco_2さん、ご回答ありがとうございました。お礼が遅れまして大変申し訳ございません。
貯蓄分以外は使うためにある、この考えは素敵だと思いました^^自分の場合pocoさんと違って物欲が多いのでちょっと困るんですけどね・・・苦笑 でも、その考え方は楽だなと思いました。
まだまだ悩みますが、自分なりの落としどころを見つけていきたいです。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-07-12 18:36:26

ANo.2

質問者さんがおいくつかわかりませんが、今の日本の世代間格差、進み続けていいる少子化の事を考えると、ご両親からの遺産相続等が期待できないのであれば、今の質問者さんのようにしっかり貯蓄しておかないと、将来大変な事になると思います。従って、ごく普通の考え方だと思いますよ。

私自身は、氷河期世代(アラフォー)なのですが、第二次ベビーブーマー世代でもある我々世代の年齢をピークにして、私達よりも若い人の数は減り続けます。移民を受け入れるのであれば話は別ですが、ある時突然日本人が増える事はありませんので、今から20~30年後、アラフォーの我々が60~70歳くらいになる頃には、日本中に老人(30年後の私達自身)が、今よりももっと高い比率で溢れかえる可能性が高いと思います。

2014年の現時点ではまだ老人の数が少なめであり、今の20代~50代の現役世代で福祉・年金を支えている体裁を取っていますが、今の状況は明らかに日本人全員がキリギリス状態であり、持続可能とは到底思えません。

これまでもこれからも、政治的な影響力を持つのは年配の方達(人数が多い+投票率が高い)でしょうから、痛みを先送りする政治は続くと思います。

でも、どこかで爆発する可能性が高く、ある時点で『お金を貯めなかった人、お金を稼げない人は、ある程度、その人本人の自己責任』みたいな世論になると思います。お金が全くない人であっても病院に通い、薬をもらい、健康でいられるのは素晴らしい事ですが、国にも健保組合にも金がなくなれば、どこかで歯止めをかけるしかなくなるでしょう。将来世代から経済的搾取を続けながら、老人達が自分だけが健康で幸せな人生を歩む権利を主張するのは無理があります。

そういう事が起こった時、質問者さんのように若い時にお金を使わずに一生懸命貯めた人と、貯蓄の習慣がなくてお金がない人、どちらも平等に医療・福祉サービスを受けれるようにすべきなのか?或いは、その世代よりもさらに若い人への借金をつけ回し、さらに先送りするのか?

今は、非現実的な試算の下で、年金や福祉が持続可能であると説明する人もいるようですが、いずれは誰の目で見ても、もう国や政治がみんなを助けるのは無理、という状態になると思います。そういう時、もしも質問者さんのように若い時に必死に貯蓄したのに、財産がチャラにされるような事が起こるなら、貯蓄するなんてあほらしくなりますよね・・・

もっとも、将来に何が起こるかなんて、誰にも予想はつきません。お金を持っていても、不運にも病気になる人もいれば事故に会ってしまう人もいる。そんな不確実な未来のために今を我慢するより、今を楽しみたい、と考える人もいるでしょう。でも、それは人それぞれの価値観なので、アリとキリギリスの童話の世界と違って、どっちを幸せと考えるかは個人の判断だと思います。

将来に不安を感じるなら貯金すればいいし、将来よりも今の快楽を追求したいなら貯蓄なんて考えず金を使ってしまう。人それぞれでいいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2014-06-09 14:18:47

お礼

michitenjiさん、ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり大変申し訳ございません。
michitenjiさんの仰る通り、何が起こるかはわからない、が危機感を持っておくのは大切ですよね。さじ加減だと思うんですよね。そこが難しいんですけど^^;
悩みながらも、自分なりの落としどころを見つけていきたいと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-07-12 18:28:49

ANo.1

こんばんは。

whatalifeさんはきっとまだお若いのでしょうに、将来のことを真剣に考えていて、それはとても偉いと思いますよ。
将来本当に年金もらえるのかな…なんて思うことはあっても、じゃあ今から老後に備えて貯金しておこう!と若いうちから実践できる人はなかなかいないんじゃないでしょうか。貯金していたとしてもそれは老後に備えてというより、車やマイホームなど何か欲しいものの為だったり、旅行等趣味の為だったり、結婚資金だったり…することが多いと思います。

whatalife さんもおっしゃっているように世の中には貯金したくても所得や家庭の事情等からなかなか貯金なんてできないという人が沢山いると思います。でもwhatalife さんは年間150万貯金されるとのこと、それってなかなか普通はできないです。一般的な平均以上、十分しっかりと貯金されています。

それにやっぱり老後のことばかり考えて貯金していても楽しくないかなぁと思います。自分がいつ死ぬかもわからないですし、貯金ばっかりしてそのお金を使うことなくして死んだりしたら、それこそ人生本当に損した気になってしまうかもしれません。やっぱり若いうちに元気なうちにやりたいことをやりたいですよね。そりゃあ将来に備えることは大切でしょうが、楽しいこと・嬉しくなれること・幸せになれることの為にと思ってこそ、貯金も楽しいのではないでしょうか。ましてや結婚して家庭をもったりしたら、子供が生まれたら、それこそお金の使い方や貯金の目的も変わってくると思います。

私は昨年結婚する前に今しか行けない!と思って、貯めていた貯金を少し崩して家族を旅行へ連れていってあげたり、友達と旅行に行ったりしました。お金はまた貯めればいいけれど、この時間は今しかない!と思って思い切りました。でも今振り返っても、あの時旅行に行って素敵な思い出を作っておいて良かったなぁと思います。こういうのはお金には代えがたいです。
こんな風にハッピーになれることや自分への投資などに使うお金なら、アリじゃないでしょうか。将来への貯蓄もしながらであれば、将来への不安も軽減できるのではないかと思います。

投稿日時 - 2014-06-08 00:00:24

お礼

kslover_rさん、ご回答ありがとうございます。お礼が遅れ大変申し訳ございません。
kslover_rさんのお答えにちょっとホッとしました^^;確かに貯金だけが目的になってしまっては、それだけ失うものも大きいですものね。そう考え、楽しんで生活してみようかと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-07-12 18:25:25

あなたにオススメの質問