こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

酒を飲まずに済ませる方法

50代のサラリーマンです。
会社の仕事は、管理職もリストラされ、今は残業もなく、忙しいのとはほぼ無縁の生活です。
しかし、仕事がそういう状態であることが逆にストレスになっているのでしょうか、飲酒がやめれません。

具体的には、週のうち6日は飲んでいます。しかも、かなり飲んでそのまま眠ってしまうくらい酔わないといられません。
外で飲むのは、お金もないので月に2-3度ですが、自宅では晩酌レベルを超えているかもしれません。

ビール2缶(350×2)の後に、ウイスキーか焼酎をストレートでグラス2-3杯というのが標準コースでしょうか。外で飲む時は、3-5軒はしごすることもあります。

仕事が忙しくなくなってから、資格取得の勉強をしたり、小説を書くことなどを目標にしているのですが、そのありさまですから、夜は食事後は「何もできない」状態になっています。

「酒」を遠ざける、いい方法があったら、教えてください

投稿日時 - 2014-06-09 13:16:40

QNo.8630124

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。

『お礼』を頂きありがとうございます。

先日は“グチ”めいた事ばかりの連発で不愉快な思いをされてはいないかと・・・内心、言い過ぎだったかも・と思っておりました。

>>「酒」を遠ざける、いい方法があったら、教えてください

でしたよね・・・私も当初は同じ事を考えていました。飲まないで居られる法/酒など必要としない生活・または環境/にするにはどうしたら・・・と。

私も質問者さまと同じ様に(失礼)こうして“飲んで”居る時間に知的作業(?)ができるのにと・・・。

しかし、どっぷり“依存”してしまった私には、頭の中では分かっていても、それが出来なくて、先に記述した結果に至ってしまわけですが、質問者さまの場合は“目標/やりたい事”としたものがお有りの様ですので、意識の転換を図ることで可能に思いますよ。

“宅・飲み”はどうしても深酒になりがちになりますよね。だからと言い、いきなりの“断酒”などはとても無理があり難しいものがありますよね。(それが出来たら誰も苦悩することはないですよね。)

なので、曜日をお決めになりさえすれば大丈夫だと思いますよ。
今、現在のご様子ですとご自身の“コントロール”で減量は出来る範囲にあると思いますよ。

投稿日時 - 2014-06-13 12:03:53

お礼

ありがとうございます。実は昨年11月から酒とは別に、体重のほうはダイエットで減量できたのです。
糖質制限ダイエットは、「醸造酒以外はアルコールはOK」というのが私には、マイナスになっているかも。いずれにせよ、体重を減らせた自分なら、『できる!』と信じて、前を向いていきたいと思います。

投稿日時 - 2014-06-17 14:19:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

質問者さまのお気持ちよく解かりますよ。

飲酒歴数十年ですからね。(何の自慢にもなりませんけどね。苦笑)
東京に居た頃は友達とよく飲みにいきましたね。(朝まで飲んだこともあります。)

しかし、両親の介護で田舎に戻ってまいりました。介護の疲れと、実姉が近くに居るにも拘らず寄り付きもしない。義理姉も同じです。放ったらかし状態でした。

足腰が弱くなっている両親の在宅介護は24時間労働のようなもので、“ドスン”と音がすると“ハッ”と目が覚め様子を見に行くとした日々でした。

そうしたストレスからかアルコールの量が増えていきましたね。
ウオッカ一瓶/ブランディー/一瓶/その他ビールは勿論日本酒も半端じゃないほど飲んでいました。
(13年と言う長い間の介護でしたが、二人とも見取ることが出来ました。)


数年前からか缶酎ハイの虜になり最初は3缶ほどだったのが、いつの間にかAlc8%の缶酎ハイを5・6缶ほど毎日空けるようになりました。もう日課と言うよりはお勤めみたいなものでしたね。

そうしたバカ飲みが祟ってか、体調に変化が起こるようになりました。

○ 翌日の昼間は頭がボーっとしていて何もする気が起きない。
○ とにかく眠い。だるい。
○ スーパーで買い物をしても簡単な計算も直ぐには出来ない。
○ 今日は余り気持ちが進まないとした本音を無視し惰性でまた飲んでしまう。

等々、数え挙げたらきりがありません。(こちらの事ばかりですみません。)

>>仕事が忙しくなくなってから、資格取得の勉強をしたり、小説を書くことなどを目標にしているのですが、そのありさまですから、夜は食事後は「何もできない」状態になっています。

そうですよね。その飲んでいる時間にやりたい事ができるのにと私も何度も後悔と情けなさでいたた堪れない思いをしていました。

他の方の様に適度な飲酒/酔いそうになったらストップ/出来たらどんなにか良いかと思っていましたね。そして、飲めない体質だったらどんなに良かったかと・・・。

このまま、続けていたら死ぬまでこのままだと思う様になり、人生ムダにしていると考えるようになり、思い切って“心療内科”で受診してもらいました。

問診から始まり、医師との面談で現在の大量飲酒の原因を話ました。

要点としては3つなのですが、
それを全部聞いて頂いたわけではないですが、医師曰く『・・・これは貴女自身がどうかという事であり、こうした事が(大量飲酒となっている私なりの原因/言い分)問題ではないです。)“パーソナリティー”の問題なんです。』と言われました。

その後、MRI→脳波検査→採血と検査をしました。
暫くすると呼ばれ、MRI画像を見せられました。『脳は年齢なりではあるけど前頭葉にかなりの大脳萎縮が見られます。』と説明され、確かに頭蓋骨と前頭葉との間に隙間が見られました。

『もし、このまま飲み続けたらどうなりますか。?』と訊くと『認知症/記憶障害/小脳障害になります。』
とハッキリ言われました。そして『お酒止めますか。?』と訊かれ『・・・分かりました。』と答えました。

現在、お酒を飲みたくなくなる薬を服用していますが、いずれにしても「自分の意思」なんですよね。
以前は何とかして止めたいと思い、いろんな本を読み漁りました。

しかし、何の効果も得られなかったですね。たかがお酒ではあるけれど“薬物依存”と変わらない。
悔しいけど、ストレスだの云々とは別問題。と言われ、何度も言うようですが、“パーソナリティー”な事なんです。と言われた時は何とも言えませんでしたね・・・。

質問者さまはこれからどのように解決される思索がお有りかは存知挙げませんが、手遅れにならないうちに手を打ってくださいね。

アルコールで人生棒に振らないでください。体験者なだけに他人事とは思えません。
適切な処置をお勧め致します。

グチっぽくなりまして申し訳ありません。

投稿日時 - 2014-06-09 18:30:36

お礼

ありがとうございます。
ご両親を送られ、その前後にもさまざまなことがstrbegger-po さんにはあったのですね。
私は、幸いまだ軽い状態かもしれませんが、たいへん参考になるご体験をうかがわせていただきました。

投稿日時 - 2014-06-11 16:48:44

ANo.4

アルコール依存傾向は鬱の先駆症状です。
物事が思い通り進められない(進まない)欲求不満から、アルコールに逃避しがちで、悶々と過ごす内に不眠症にも陥ります。
多くの鬱患者がその傾向を辿っているように見受けます。小生自身がそうでしたし、職場の後輩で自死に至ったた人も居ます。
要因は仕事関係が多いようですが、家庭の問題とか、サークルなどで重い責任を背負い込んだ場合にも、自分で自分を追い込んでしまうようです。
困難な事ですが、自分の能力はこの辺りまでと見切りを付けて、過度の責任感を持たないこと、周囲との軋轢は一時の通過点で、自分一人で解決出来ないことも有ると見切りを付けることも大切です。
お酒の前に運動して軽い疲れを覚えれば、少量で酩酊します。食べながら飲むことで睡眠も改善できます。飲むこと一辺倒になると、睡眠にも障害が起きます。酔って眠ったときは肝臓を始め心臓その他の器官にも負担が掛かっているので、却って疲れが増進します。疲れて眠れないからさらに飲むという悪循環にも嵌まります。
現在の飲酒量ではそこまでは進んでいないと感じられますが、要警戒の段階かと思います。
決意次第でと考えがちですが、もつとも困難なのが自己コントロールです。
今日から止めるなどと思い切った決意で臨むと、却って失敗します。
休肝日を徐々に増やす、週に一度は2日続きの休肝日とする、少し宛量を減らすなど、緩やかな自己規制から始めた方が脱出しやすいと感じています。

投稿日時 - 2014-06-09 14:07:39

お礼

ありがとうございます。たいへん参考になりました。

投稿日時 - 2014-06-11 16:44:38

ストレスが飲酒の原因と思っている間はおそらく止まらないと思います。
だってストレスがあるんだもの

「こんなにつらいんだから、ストレスだから仕方ない」
というのと、飲酒が自分のストレスの強さの発露みたいになってしまうので。

「自分のストレスはお酒ごときでは解決できない」
「酒で楽になるなら飲むけどな」
と思ってみてください。

そのまま眠ってしまうのはアルコールで麻痺しているだけで
睡眠をとっているのとは違うので、疲れが取れません。

小説や勉強は「やらなきゃなぁ」「やりたいのになぁ」「やれなかったなぁ」
と思っていると脳に暗示がかかって気が乗らないものになります。
「やる」「やろう」と思ってください
できれば口に出して。

いきなり資格や小説よりも、単純作業に没頭するのもいいと思いますよ
ゲームなり、模型作りなり。
嫌なことを忘れて集中する時間を作るといいと思います。

お金の許す範囲でジム通いもいいですよ
毎日鏡見て頑張ってボディラインが少し変わってきたら楽しくなってきます
そうしたら、お酒も自然と節制できるかも。

「やめなきゃ」「飲んじゃダメなのに飲んじゃった、意志が弱いなぁ」
「あれもこれもやらなきゃいけないのにできなかった」

さっぱり楽しくないし、やる気にならないでしょう。

投稿日時 - 2014-06-09 13:37:19

補足

ありがとうございます。具体的、納得できる回答助かります。ジムにこそ行ってませんが、週に2度以上はランニング(月合計150キロ以上)はしております。

投稿日時 - 2014-06-11 16:42:39

ANo.2

確実にアルコール依存症です。
本気でそう思うなら、病院に行ったほうが良いです。

投稿日時 - 2014-06-09 13:34:26

お礼

そうかねえ

投稿日時 - 2014-06-11 16:40:21

ANo.1

アルコール依存症は治らないそうです。覚せい剤と同じ。運命だと思ってあきらめてください。

投稿日時 - 2014-06-09 13:20:48

お礼

はいはい

投稿日時 - 2014-06-11 16:39:25

あなたにオススメの質問