こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

定期預金か個人向け国債か…どちらを選びますか?

300万円で10年変動の個人向け国債を購入するか、ネット銀行等の高金利の
定期預金にするかで悩んでいます。
みなさんならどちらを選ぶか?という事と、
定期預金ならどこの銀行のどの商品がおすすめ、等
ご意見をお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-06-09 18:22:34

QNo.8630489

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どちらでもOKですが、基本的なところから押さえてゆけば、答えが決まってくると思います。


●安全資産かそうでないのか?

個人向け国債も定期預金も、安全資産に位置づけられます。国よりも銀行のほうが信頼度は低いですが、預金の場合は1000万円までの元本と利子が保証されますので、ともに安全資産です。


●投資か貯蓄か?

定期預金は絶対に元本割れが無いので、貯蓄です。それに対して個人向け国債10年物は、国が破たんすれば元本割れしますので投資という位置づけです。ただし、一般銀行より国家のほうが格付けが高いので、普通は国債のほうが安全という認識です。


●中途換金は?

定期預金はいつでも換金できますが、個人向け国債10年物は、購入から1年間は解約できません。


●預け入れ期間はどうする?

10年間預け入れる時、国債は0.4%ですが、ネット定期にすればもっと高い金利のものもありますので、単純比較では銀行預金のほうが有利です。(URL参照)


●インフレになったらどうする?

銀行預金ほどインフレに弱いものはありません。かりにアベノミクスで、2%のインフレに見舞われたとすると、銀行預金の金利は高くても0.5%程度ですから、差し引き1.5%は実質的に大損です(10年間、金利は変更できない)。が、個人向け国債10年物は半年ごとに金利が見直され、インフレ時には圧倒的に10年物国債が有利です。


以上が、どちらが有利なのかを判断する材料です。

個人的には、満期1年程度の定期預金に入れて、満期が到来したらその都度、一番有利な金利を提示している銀行に乗り換えてゆく方法がメリット大かと思います。

ただし、それが面倒な場合は、1年以内の中途解約が絶対にないと言うならば、個人向け国債10年物のほうがめんどくささがなく、良いと思っています。

参考URL:http://bank-deposits.net/

投稿日時 - 2014-06-16 21:45:18

お礼

とても参考になりました。
個人向け国債10年物が来月償還日を迎えます。
継続するかどうかで質問させていただいておりましたが
今回は回答者様の『個人的ご意見』と同じく、
短期の高金利定期にしてみようと思っています。
URLの記事も是非参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-24 13:12:33

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

個人的な意見です。

国債を買うより社債。
転換社債は買いません。普通の期限付き社債。もちろん国内企業で。
これについては、転換社債は買うだけのメリットが得られないからです。

定期預金については、使い道によって定期か投資かに変えます。

利益を求めるのであれば、株式や投信もありますので、

直近で必要であろう金を定期で入れて、
あとは株式か社債に回します。

投稿日時 - 2014-06-16 01:58:34

ANo.2

私は、ネット銀行を信用していませんので、いくら高金利であっても、必要以上の預け入れはしません。
特に数百万円程度であれば、預金金利では大きな差は出ないように感じます。

ですので、半分は地元の金融機関の短期の定期預金、残りさらに半分を個人向け国債、残りを地元の県の公債にあてますね。

最近は知りませんが、国債より公債の方が利回りが良いことがありますからね。

あとは、リスクの少ない投資信託や外貨預金あたりに持っていくかもしれませんね。

投稿日時 - 2014-06-09 18:38:19

ANo.1

 
これから金利は上がるのだから、高金利の方に移動が簡単な所に預けます

だから、私はネット銀行の普通預金に1000万円、都市銀行も普通預金に1000万円としてます
金利が上がったら定期などを考えます

ネット銀行の普通預金はそのまま。株投資の資金としても使えるので、株で利益を出してます
  

投稿日時 - 2014-06-09 18:29:21

あなたにオススメの質問