こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三相電動機のリーク電流について

私は電気主任技術者の見習いをしています。

知り合いの電気工事店の紹介で
新規のお客様で低圧受電から高圧に切替をすることになりました

電力会社の方が高圧受電に切り替える1日前に低圧を切り離して行ったようですがその時にリーク電流が流れている事に気が付いたようです。
(詳しくはわかりませんが切り離しの作業をしている際に体に電気が流れたようです。柱上と対地間の電圧測定をした所65V出ていたと電気工事店の方から聞きました)

電気工事店の方と電力会社の方が調べた結果3.7kWの電動機(ファン)からのリーク電流だったそうです。リーククランプで測定した結果5A出ていたようです。

翌日竣工検査に伺った時に話を聞き調べて欲しいとの事でした。

竣工検査を終えて(正相確認をして)動力側に電気を送り確認した所

フャンの15Aブレーカーが1秒位でブレーカーが落ちてしまいリーク電流を測る所ではありませんでした。

再度ブレーカーを入れようとしましたが入りませんでした。

電動機を確認した所。煙がでて焼けていました。
電動機のカバーを外しモーターの回転っを確認した所右回りでした

後でわかった事ですがもともとの動力が逆相で入っていたようですが正相で入れた事により電動機に負荷がかかりすぎる(過電流になる)事やモーターが焼ける事ははないと思うのですが
あるのでしょうか?

モーターの回路の絶縁抵抗値も20MΩ以上出ていましたので問題ありませんでした。


低圧受電していた際は漏電遮断器はつけていませんでした。

今回も漏電遮断器の設置がされていなかったので漏電遮断器を主回路に付けるように電気工事店に話をしました。

なぜブレーカーが飛んだのか?

なぜリーク電流が出ていたのかわかりません。

単純にモーターの劣化による症状だったのでしょうか?

何かヒントになる知識を持っている方回答お願いします。

今は電動機(モーター)を新しい物に取り換えるよう工事店が行っています。

投稿日時 - 2014-06-09 19:45:37

QNo.8630585

ZCT

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あくまで推測の範囲内ですが
逆相運転の場合、負荷の抵抗はかなり小さくなります。
リーク電流があり、絶縁測定の結果が良好ということは
モータ自体が完全な接地をとれていないで、絶縁不良状態で運転していたとしか
考えられません。(ファンのモーターで20MΩ自体少し小さい)
正負荷状態になったとき当然負荷は増えますので
突入電流で焼損したと考えれば、納得できます。
接地が正常に取れているか、確認の必要があると思います。

あくまで私の経験からの考えですが。

投稿日時 - 2014-06-13 21:03:55

お礼

モーター自体の接地が悪くなっていた事も確かに考えられますね~

絶縁測定はしましたがモーターの接地抵抗測定はしませんでした

早速モーターの接地がしっかりできているか確認してみます。

大変勉強になります。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-13 23:19:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

ファンモーターを調べてリーク要因が判らない場合はファンの配線を遮断して再度確認するべきで、それでもリークや、ブレーカーが落ちるなら、ファンの可能性はひとまず置いておいて、別の箇所である事が明白な訳ですから、その個所を探し、対策してからファンを交換すると言う作業をするべきだと思います(ファンでなくてファンまでの配線の劣化によるリークも無いとは言えません。
とにかく急ぐならブレーカーから先の配線まで全て交換するべきでしょう。

投稿日時 - 2014-06-11 10:03:52

お礼

なるほど~

どの回路からリークしているか目星がついていれば負荷を外してブレーカーを入れてやればモーターか回路側かの判断が容易につきますね~

トラブルの対処経験が少ないので絶縁測定が問題ない場合に何処に問題があるのか
とっさに適切な対応が取れず経験豊富な方からのアドバイスはとても勉強になります。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-06-13 23:11:41

ANo.2

No.1です。
言葉が悪かったので削除したいのですが方法がわかりませんので再度書きます。

工事店や電力社員、いわゆるプロがリークしていると指摘したのだからその時点で原因究明すべきでした。場合によっては手伝ってもらえたでしょう。
聞いたのが翌日なのかな?その場合でもそのモーターに通電するのは後回しにすべきでした。

同じ設備を使い電源だけを替える場合は替える前後に検相をします。もしも逆相なら負荷の数などで負荷の相順の入れ替えもあり得ますが高圧に切り替えたということは相当な負荷があると思うので低圧のみ逆相で送るのはよくあることです。

ブレーカーが飛んだ場合、原因も確かめないで再度入れるのはプロとはいえません。何かしら原因があるはずなので良く確認して処置してから再投入すべきです。

今回結果的にモーターが焼けてしまったと言うことで経済的な損失も出たのですが何よりもあなたへの信頼が失われた、とは思われませんか。これが一番重大な結果です。

投稿日時 - 2014-06-10 07:43:36

補足

私がリークしていると聞いたのは翌日で

本来は高圧に切り替えてから電力会社が低圧を外す事になっていたのですが

電力会社と工事店の行き違いなのか前日の夕方に電力会社が来てお客さんに今から外すと言って外して行ったようです。

工事店の方も竣工検査の立ち合いで来た際に低圧が外されているのを見て電力会社に連絡を入れてリークしている事を聞いたようです。

電力会社も外す前に相順の確認はしていなかったようです。

投稿日時 - 2014-06-10 19:26:45

ANo.1

順不同になりますが、

低圧から高圧に切り替え、このときは切り替え前に相順を確認しておきます。そのときと同じ相順で送電することです。
3.7kのモーターからのリークがわかっていながら送電するバカはいないのが普通です。
ブレーカーが落ちたら原因も探さないうちに再度入れるアホはいないのが普通なんですよ。

見習いなら特に気をつけるべきですね。

投稿日時 - 2014-06-09 20:43:50

あなたにオススメの質問