こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

安部さんはどうしても少子化を推進したいのでしょうか

私は首都圏の平均的世帯収入を得ていますが、子供を扶養していくのが経済的に辛いです。
今は収支がギリギリ均衡してますが、これから子供が大学受験を迎えて確実に預金が目減りするのが見えているのが辛いです。
こんな少子化促進政策を続けて良いんでしたっけ?
(20~40年先を考える気が無い人はスルーしてください。)

年少控除が廃止されたのに子供手当が児童手当になって減額され、配偶者控除も廃止しようとか馬鹿な事を自民党は考えています。所得制限がネックで働くのを制限している主婦が居るのならば、所得制限を上げるってのが素直な考え方じゃないですか。

大学の学費も高く(同じく学費が高いアメリカは返還義務無しの奨学金が有ります)、子育て世帯への優遇税制も無い。年収400万円の人は囚人の様な生活をして1人の子供を育て、年収800万円の人は自分たちの豊かさを犠牲にして2人の子供をやっとの事で大学にやり、その子達は将来子供を作らずに余裕の有る暮らしをしていた世帯の人達の為に重たい税金を払って養っていく。全く理不尽な話しです。(優秀な若者は重税を避けるため、どんどん海外に逃げて行くでしょう)

そこで出て来たのが移民政策ですが、本当にそれでいいんでしたっけ?今の世の中、子供を作れば作るほど生活が苦しくなるから子供を産むのを躊躇っているってのが現状で、待機児童が多いなんてのは解決したって然程子供なんて増えませんよ。先ずは子供を作った方が得をする位の政策を打たないと、人口減により日本経済は激しく衰退するか、移民が増大して社会秩序が壊されて民族問題が勃発するかのどちらかになってしまいます。

シニアが20年後の事なんて考えないのは理解しますが、若い人たちには少子化がどれだけ国力を衰退させるかをシミュレーション出来る様になって欲しいし、その要因となる少子化を本当に防ぐ為には何をしたら良いのかを新聞に惑わされずに考えて欲しいなと思います。

追記 私は少子化対策以外の経済政策、外交政策については安部政権施策を非常に評価してるんですがね。

投稿日時 - 2014-06-10 21:36:51

QNo.8632190

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 もう10年前に厚生労働大臣が年金を計算して破綻することを食い止めようと年金問題を出したのが公明党が始まりで そこから少子化問題も同時に鮮明になって少子化問題をとりあげて 児童手当を作って 拡大してきたのが公明党の政策ですよ 自民党も興味ない話題に乗ったのが今に至ります

 自民は経済 公明は国民 と政策視点が違いますが バランスとって 訴えてきたじゃないですか
 
 自民党以外でも問題意識はなかったんです

 先見できてたのは公明党だけですね

 平等に見て そう思います だから東京などは区議会議員に公明党議員がすごく大勢いるでしょ

 ですから今頃何言ってるの もう10年前から問題視してるよ ということです また 年金問題にも影響があるよ 
 また 経済にしても 一人いれば 食費 教育費 車や家を買ったりと経済がまわる

 人がいないということは経済に落ち込みを作ると言ってます

 少子化で労働力がないので いままさに 年間20万人 外国人を入れようと意見が出てます

 中国は13億人いるから経済が良くなっていくと言われ アメリカは3億人といわれてます

 少子化といっても 子供が授かるのは人知を超えてます 

 

 仕事で金稼いであそびたいというのが 経済大国の1つの結果なんでしょう 子育てするよりいいと思ってる本音もあることは確かですね

 結婚というネガティブキャンペーンがいっぱいあったでしょ

 結婚なんてするもんじゃないとか 主婦はいやだ 子育て大変 あそびたい 母親がパチンコいって子供が車で熱中症で死んだとか事件はいっぱいあったでしょう 親はあそびたいんですよ お金であそびたいんですよ

 そういうことをいままできいたことあるでしょ

 これがしらずしらずにキャンペーンになってたんでしょう

 少子化対策は10年前からやってるし あとは民間でしょうね 街婚とか婚活とか まぁお見合いが減ったというのが昔と今の違いです

 結婚しなくても女性は経済的に生きていける時代でしょ

 経済社会の本末転倒の歪みの歪み切った今の現代社会 人の集団 ということです


 代理出産など いろいろと規制を解いていくのが解決策ですね

 しかし生命倫理の検討には時間がかかる

 移民を受け入れる方がはやいですよ 労働ビザを拡大したり

 今のところの答えはこんなところでしょう

投稿日時 - 2014-06-20 07:09:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

>仕事で金稼いであそびたいというのが 経済大国の1つの結果なんでしょう 子育てするよりいいと
>思ってる本音もあることは確かですね

>結婚というネガティブキャンペーンがいっぱいあったでしょ

>結婚なんてするもんじゃないとか 主婦はいやだ 子育て大変 あそびたい 

この辺はなるほど、それは有るなと思いました。


>母親がパチンコいって子供が車で熱中症で死んだとか事件はいっぱいあった
>でしょう 親はあそびたいんですよ お金であそびたいんですよ

これは一部の無責任な親がした事で、別に日本に限らず無責任に子供を産んで
子供を死なせてしまうというのは他の国でも有る思いますよ。寧ろ、日本は良
い方だとすら思います。


さて、私は公明党は信用出来ません。外国人参政権を推進する政党ですよ。
しかも、あれだけ日本を批判し、竹島を占拠して対馬も狙っている韓国との
繋がりが深い政党です。創価学会には在日朝鮮人も多く、先日の生活保護不正
受給の成金韓国人女性も学会の配慮で生活保護を受給してたというのは広く
言われている事です。

韓国の立場からすると、過去に歴史上格下と認識していた日本に占領されて
プライドを潰されただけに、日本を批判したくなるのは分からないでも無い
です。なので、あわよくば仕返しをと考えても不思議では無く、私はそれを
創価学会や朝日新聞や毎日新聞を使って虎視眈々と進めているのでは無いか
という考え方を支持するものです。

かつて李氏朝鮮末期に不正が横行し、身分差別が酷く、そこら中乞食だらけ。
まさに今の北朝鮮の様な状況だった朝鮮半島をロシアが狙って来ました。朝
鮮半島までロシアに取られては次は日本が攻め込まれるという状況の中、や
むを得ず併合し日本人の血税を朝鮮半島に投入して近代化を推し進めました。
そして戦後は日本の戦前教育で育てられた知識人達を中心に日本の真似をし
て経済成長を成し遂げました。そう言った良い面の事実は一切捨て去り、
日本を世界の中で悪者にしようとしている国です。そんな国と繋がっている
政党が何を言おうと、常に「朝鮮半島に何の利益をもたらそうとしているの
だろう」と勘繰ってしまいます。余談ですが、ワールドカップでゴミ拾い迄
真似した事には笑えました。

誤解しないで頂きたいのは、私は新大久保で行われていたヘイトスピーチを
実施していた馬鹿共には共感しておりません。韓国人にも客観的に日韓関係
を見ている知識人も沢山居ますし、日本が気に入って韓国から来ている人達
を追い出したいという意思は全く有りません。ヘイトスピーチは韓国国内か
せめて韓国大使館に向けてやってくれというのが私の考えです。そもそも朴
大統領だって、本当は日本は責めるべき相手では無い事を分かっていると思
っています。しかし、あの国のマスゴミは力が有る上に、反日では無い政権
は徹底的に潰して来るので、やむを得ず朴大統領も反日姿勢を誇示している
という見方をしています。

ちょっと、話しがそれてしまい申し訳有りませんでした。公明党というキー
ワードに反応してしまいました。

投稿日時 - 2014-06-22 20:02:06

ANo.4

アラフォー既婚男性、小学生の子供が二人います。

日本の少子化は非常に大きな問題だと思いますし、出生率を上げていかないと20~40年後の日本が大変な状況になってしまう事には全くの同意見です。

移民の受け入れはそう簡単にはいかないでしょうし、ネットの世界等で偏狭なナショナリズムが蔓延し、ホンネの部分で村社会が根強い現状の日本で、移民の人達に根付いてもらえるような環境がそんなに簡単に提供できるとも思えません。

しかし、それと安倍さん・自民党の政策とは別の話だと考えています。

児童手当や配偶者控除、子育て世帯への優遇税制が無い事等を質問者さんは上げておられますが、これらは確かに既婚者や既に子育てを始めている我々には切実な問題ですが、日本の出生率を上げるという観点・少子化対策という観点に立つ時、直接の影響はさほど大きくないと思います。

実際、私自身が結婚を決めた10年前や1人目、2人目を作る事を決めた頃を振り返ると、子供が大きくなった後の児童手当や配偶者控除の事は、あまり考えていなかったように思います。結婚する事を決めた時も、子供を作る事を決めた時も、それとは別の要因の方が圧倒的に大きかったです。

これから出生率を上げる事を考えるのであれば、これから結婚を考えるボリュームゾーンである20代の方達の状況を改善する事を考える必要があると思います。

(特に男性の)平均年収の低下によって結婚という決断ができない、結婚するには女性が共働きせざるを得ない、共働きなら、(昔の専業主婦として家庭の仕事に集中するという時代に比べると)結婚にはそれほど大きなメリットを感じられない、こういう20代~30代が置かれた現在の状態を改善しないと、出生率は上がらないでしょう。

グローバル化により、過去の中流層の多くが下流層に引っ張られるのは世界的な現象なので、男性の平均年収がこれから上がる事は期待できないと思います。だとすれば、女性の社会進出を促進するしかない。共働きを推奨するなら、これまでの専業主婦だけを優先する税制は変えざるを得ない。今の政策がベストかどうかは別として、一応筋は通っていると思います。

本当に少子化を止めるなら、政治ではなくて、日本人全員が別の所で覚悟を決める必要があると思います。

世代間格差の議論が最近あまり聞かれなくなりましたが、親子・一族の資産が固定化され、一族を通り越した資産や貯蓄の移転が起こりにくい日本の場合、世代間格差の本質は家族/一族間の格差だと考えます。

今現在も、もうすでに、子供を作れる家庭は、家族が相対的に裕福な家族に偏り始めていると、肌感覚としては感じます。

祖父母がある程度余裕がある家(持ち家があったり、貯蓄があったり)なら、金銭的に援助してもらったり、近接居住していて肉体的にも健康なら、おじいちゃんおばあちゃんに子育てを手伝ってもらうこともできますよね。実際、既にそういう家族じゃないと、経済的に安心して子供を育てる事が難しくなりつつあるように思います。(もちろん、タテマエとしては、私も両親には一切経済的には頼らず、完全に自立したいところですが、多少は助けてもらえる事を当てにしないと、これからさらに金がかかるであろう、2人を育てるのですらキツイです。それができるだけ、我が家は恵まれている方ですが・・・)

つまり、家族・一族の間で、経済的な格差が広がり続けていることこそが、今の日本の少子化の本質だと思います。

じゃ、資産課税や相続税の大幅引き上げなんて事はできるのか?

そういう話が出たとたんに、「なんで真面目に働かない家族のために、うちの家族から税金持ってかれるんだよ!!」「それは自己責任!!」みたいな反応を、多くの人達が示すんじゃないでしょうか。

この事にまずは日本人皆が気づかない限り、少子化は止まらないと思います。

政治家や政治の問題にしようとするほど、本質からは離れてしまうと考えます。

でも、日本って、最小の社会的構成単位が『個人』ではなくて、『家族・一族』であるという仕組みで全てが成り立っていて、かつ文化的にもそういう潜在的意識が非常に強いので、これを変えるのは容易ではないと考えています。

でも、20~40年後が今よりもっと大変になる事に皆が気付き、近づいてくるのと同時に、変わらざるを得なくなるでしょうが。

投稿日時 - 2014-06-19 12:07:36

補足

誤植です。

<誤>
結婚する時や子供を産む時に児童手当とか扶養控除を考えなかったとい
うのは、私も同じですが、良くも悪くもそのインパクトが小さい上、今
程子供を産まない社会なので意識をしなかっただけではないでしょうか。
皆同じ様に子供を産み、負担して苦労するのが当たり前と思われている
時代でしたしね。

<正>
結婚する時や子供を産む時に児童手当とか扶養控除を考えなかったとい
うのは、私も同じですが、良くも悪くもそのインパクトが小さい上、今
程子供を産まない社会ではなかったので意識をしなかっただけではない
でしょうか。皆同じ様に子供を産み、負担して苦労するのが当たり前と
思われている時代でしたしね。

投稿日時 - 2014-06-19 22:07:59

お礼

ご回答ありがとうございます。

問題意識は共有出来ている方だという事を分かった上で、少し反論させて
下さい。反論と言っても、あなたの仰る事を明確な根拠を持って打ち崩す
事は出来ませんので、飽くまでも私個人の意見です。

大枠で言いますと、(企業の収益にかかわる事なので難しい事ですが)
仮に底辺の人の収入を上げると、結婚はし易くなるかも知れません。
それは良いのですが、それに加えて税収を小中高校や国立大学、医療等
に振り向け、場合によってはシンガポールの様に出産インセンティブま
で付けるとか(シンガポールでは余り効果が上がってませんが)、子供
を産んだ方が有利という施策を打った方が少子化対策としてはより良い
ですよね。

結婚する時や子供を産む時に児童手当とか扶養控除を考えなかったとい
うのは、私も同じですが、良くも悪くもそのインパクトが小さい上、今
程子供を産まない社会なので意識をしなかっただけではないでしょうか。
皆同じ様に子供を産み、負担して苦労するのが当たり前と思われている
時代でしたしね。


更に遡って我々が子供の頃の40年前は、男性は正社員なのが当たり前で
収入はそこそこ安定。女性は年を取ると職場に居づらくなり、結婚して
家事と子育てをするのが一般的。国立大学授業料も36,000円。消費者
物価指数は現在の2分の1なので、現在の価値換算でもたったの72,000円。
それが今では52万円です。社会が子供を産む事を後押しする環境でした。

今の時代子供を産まない人のマジョリティは下記タイプなのかなと思い
ます。

・日本の児童が居る世帯年収中央値600万円位の収入レベルの夫婦。
 正社員の奥さんが子供を産んで仕事を辞めたら生活に困窮する。
 だから産まない。それでも子供を産んで仕事を続ける人も居るが、
 家事と仕事と子育てを同時にするのは本当に大変なので、二人目を
 躊躇する人は多いでしょう。

・25%も居る年収300万円以下の男性。子供を扶養するなんて、現実的に
 不可能なのは計算すれば分かる。女性も結婚してくれない。

前者に関しては、仕事を辞めても生活していける様な、扶養控除の充実
や子供手当、教育費医療費の国庫負担等で解決出来ます。企業に負担は
求めなくても済みます。財源は子供が居ない世帯からの税収です。
(インフレが起きれば累進課税で所得税の税収が増えるので、その増え
 た分で子供が居る世帯への支出に回せば文句も出ないと思います)
共働きでの子育ては本人達も大変なので出産へのブレーキになるし、
子育ての面でも良いとは思えません。

後者は子供手当や教育医療費の免除に加え、最低賃金を上げる事でしょ
うかね。(企業の利益を圧迫しますが)

その様な事で、私はやはり政策による少子化対策を進めるべきだと思いま
す。更にはマスゴミももう少し日本の為に少子化に警笛を鳴らす方向の
記事を書くべきだと思います。


尚、相続税については無い国も多数有ります。日本は比較的世代間の
資産移転は難しい方だと思いますよ。最近の事例で、武富士の跡取り
が香港に居住して相続税逃れをした金融庁に訴えられてましたよね。


最後に、
>でも、20~40年後が今よりもっと大変になる事に皆が気付き、近づい
>てくるのと同時に、変わらざるを得なくなるでしょうが。

何だかんだ言って日本って官財揃って世界の中では相対的に優れた
国ですんで、その様に修正する力が働く事に私も期待します。

投稿日時 - 2014-06-19 22:03:03

ANo.3

女性の社会進出を減らしたらいいのではないでしょうか?

女性が社会に進出したため、結婚年齢が上がり、ようやく結婚した時は、

出産年齢を超えてしまう。

kenrock888さんもご存知のように女性は35歳以上になると 出産しにくくなり

障害児が生まれる確率が高くなる。

35歳以上で出産した場合、母親が還暦になっとき、子供はまだ20代、、、。

そして、生んだとして一人かよくて二人、、、。

それが、社会進出しなければ、20代前半の、出産には最高の年齢であり

まだ若いので4人位は産めるでしょう。

そのためには、子供が掛かる病院と学校は高校まで無料にする、、、。

どうでしょうか?

女性の出産に一番良い年齢は20代前半からせいぜい30歳くらいまで、、、。

女性が社会進出すると、「男には負けたくない!」などといった

女らしさを失った間違ったプライド?をもった女性が増えて

結婚を渋るようになります。

それが少子化の一番の原因のように思えます。

私は、60代の主婦ですが、いつもそのように感じています。

投稿日時 - 2014-06-18 07:44:43

お礼

ご回答ありがとうございます。

余りに共感したので、同年代の男性かと思いました。

人間を動物の1種類と考えると、子供を産むのを抑制するのは自然の摂理に
反する事ですからね。勿論、医療や社会的な安全確保の仕組みが充実したが
為に産み過ぎると食糧難が起き、戦争が起こるので、人口をある程度抑制す
るというのは理に適っていますけどね。

しかし、それが行き過ぎてますよね。その要因の一つが仰る通り女性の社会
進出を促進し過ぎている事だと思います。中には男と張り合う女性が居ても
良いのですが、今日本が目指すのは男も女も同レベルで会社で働いていこう
という社会ですね。そして、それに呼応するかのように女性の肉食化、男性
の草食化が取り沙汰されています。オスがメスにアプローチして、女は男の
求愛に応えるかどうかを判断するというのが一般的な動物だと思います。
そこが壊れて、子作りにも影響を及ぼしているのかなとも思います。

良い悪いは別として、30年前は男性と女性に給与の差が今よりも有りました。
女性が平均以上の生活を送るには結婚しなければならないという人が多かっ
た訳です。ある新聞記事に書いて有ったのですが、適齢期の独身女性が結婚し
ない理由の一番が「自由を失いたくないから」、独身男性は「経済的に難し
いから」だそうです。これはまさに男女の収入格差が(特に下のレベルの
人達は)縮小した事が原因で婚姻が減った事を如実に表しているかと思います。

教育費や医療費は仰る通りで、限りなく無償化する事が重要だと思います。
うちの市では中学生までは医療費が無料に一昨年からなりました。地方分権
が進むと、ドーナツ化現象を危惧する地方都市では、もしかするとその様な
少子化対策が盛んになるかもしれませんね。

逆に、子供を持った女性が働かなくなった場合の懸念としては、既婚女性の
労働回避による生産性、税収等の減少がどれだけ経済に悪影響を及ぼすのか
ですね。こればかりは前例が無いので分かりませんが、政府がこれだけ女性
を働かせようというのですから、逆に働かなくなった場合は経済に悪影響を
及ぼすと政府というかキャリア官僚達は見ているのでしょう。

投稿日時 - 2014-06-19 20:27:16

ANo.2

30代半ばの女で既婚、子ども二人です。
回答から外れるかもしれませんが、思う所を書きます。

下の回答者が、他人の子どもに税金を遣われたくないと言ってますが…
それなら、今いる子ども達だって、将来自分の親以外の人の老後をささえるために、納税したくないと思うんじゃないかな、と思います。

学費に関しては、猫も杓子も大学に行かなくていいと思います。昔は裕福な家庭だけでしたし。90歳の祖母は兄二人地方から有名大学に行きましたが、家は地元の地主でした。
60代の親世代も、実家が自営で羽振りが結構いいとことか、元々祖母みたく地主とか、周り見ているとそんな感じです。

普通のサラリーマンでは結構難しい人も多いと思います。
あと親の援助がある人も多いです。
教育資金や住宅資金など

無理して教育にお金をかけるよりは、年金がどうなるか分からないので、老後資金をしっかり用意していた方が子供に迷惑かけないかな?と思ってます。


少子化は未婚の人が増えたせいですよ、既婚者の出生率はほぼ2です。
周り見ていても、30代後半~40代の独身が多いです。私の父方の親戚は、私とこ入れて既婚は6人中2人。残りは結婚歴なしの独身です。既婚は私ともう一人ですが、それぞれ息子二人、娘一人。
30も結構すぎて未婚という人は、男女とも相手がいない人が殆どですよ。正直、彼氏や彼女がいたことないような人が多いです。結婚しなくてもいいよね?と言ってますが、相手がいないだけじゃん?と思います。
男性だと経済力も関係しますが、経済力あっても相手がいない人もザラにいます。

私は若い頃は別に結婚出産にあまり興味
なかったですが、交際していた夫と勢いで結婚。子どもは欲しくなかったんですが、30過ぎて気が変わり2人産みました。

少子化対策で、待機児童解消と言ってます。もちろんそれも大事ですが、それは既婚者や次の子をもうけてもらうために、必要なことです。既婚者の出生率を上げるのも限界があります。婚姻率を上げて行くほうが有効かなと思います。

政府の政策では、限界がありますよ。昔は適齢期過ぎて未婚でいるのは男女とも世間体が凄く悪かったんですよ。だから殆どの人は結婚していた。今は独身でも別にいい、みんな好きに生きたらいい、そういう時代です。離婚率も高くなった。

私の母は60過ぎで、末期がんです。
ネット見ていると、同じように親が末期ガンという人は、結婚して親を安心させたかった、孫の顔も見せたかった、と言ってる人が多かったですね。
結婚して子どもをもうけるということは、経済的労力的に大変ですが、私は上の人のような後悔はないです。

投稿日時 - 2014-06-17 11:25:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

>正直、彼氏や彼女がいたことないような人が多いです。結婚しなくてもいいよね?
>と言ってますが、相手がいないだけじゃん?と思います。

厳しいご指摘ですね。でも、そういう部分は有りそうですね。男的にはその一つの
要因としてアダルトビデオ界に綺麗な子が増えた事が有りそうだなと思います。
動物の本能としての女性を抱きたいという部分が、多かれ少なかれ結婚の動機の一
つとなっていると思いますので、アダルトビデオ嬢よりもレベルが低い女性と無理
してまで結婚しなくてもいいや的な部分が有るかも知れないなと。


>昔は適齢期過ぎて未婚でいるのは男女とも世間体が凄く悪かったんですよ。だから
>殆どの人は結婚していた。今は独身でも別にいい、みんな好きに生きたらいい、
>そういう時代です。離婚率も高くなった。

ここは実に共感します。バブル時代だった私の若い頃は女性は25歳になると売れ残
りと、女性紙等が騒ぎたてて居ました。短大行って、出来る限り良い会社に行き、
会社関係で相手を探してゴールインというのが王道だったと思います。従って、我々
の時代は未だ少子化が問題にはなって無かったかと思います。


今思う事は、中高生の子供達の孫の顔が早く見たいなという事ですね。自分は動物
界の中の一つの生物として、生きる目的は子孫を残す事とDNAにインプットされて
いると考えていますので、子供にとっての最低限の親孝行は親よりも長生きする事
で、一番の親孝行は孫を作る事だと思っており、取り敢えず親に対する責任は
果たせたなと思っています。次は息子達に親孝行をして貰う番です。

ちょっと主題から話しが逸れましたが。。。

尚、60過ぎで末期ガンは辛いですね。お母様が寂しくならない様に、出来るだけ
顔を出してあげて下さいね。

投稿日時 - 2014-06-19 19:49:04

アメリカなんてほとんどの生徒は自分で稼ぎながらいってますけど
なにいってんだか

無駄な大学が7割を占める日本で(実際に学長の7割以上が日本の大学の7割以上は余剰大学と発言してました)
そんな無駄な大学にいれる為に金がないとか

他人のお金にたかって産み落とした人間が増えるよりも
シンガポールのように移民の条件を厳しくして
優良移民を多く受け入れた方がよほど有益だと思いますけどね。

2ちゃんねる、YAHOO知恵袋、ヤフコメ、発言小町、あんな所見てても
こんな奴等を増やす為に税金使われるなんてばかばかしい

それならばもっと法人税を下げて、優良企業をどんどんよんで
海外の優秀な人材をどんどんいれてった方がよほど税収面でもいいわ。

そもそもベビーカー論争にしても子供手当の批判にしても
他人の子供になんかに税金使われたくないという人がほとんどでは。

そもそも少子化っていうけどさ、総人口がかなり過剰だし
子供の数じたいも世界で17番目に多いんですけどね。
諸悪の根源は過去の増やしすぎだと個人的には思いますけどね。

日本は5000万~7000万の範囲の人口でずっと推移していれば、もっと住みやすい国だったと思うし
実際に中国と同様に国のGDPは高くても個人のGDPは15位以下なわけだから
金持ちにとってはそんな国ですね、

投稿日時 - 2014-06-12 05:17:33

補足

シンガポールの真似は日本には出来ないでしょう。
シンガポールに優良長期滞在者が多く入ってくる理由は、英語を公用語としている事、高所得者の所得税、企業の法人税等の税負担が軽い事が大きな理由です。日本がシンガポールの真似をするのは非現実的ですよ。

移民は少子化対策の為の止むを得ず行う政策です。私はレイシストでは有りませんが、日本の場合は農業、工業、介護等の人材を中心に求める事になりますので、治安の悪化は免れません。また、日本人の精神性が世界に誇る日本の秩序を作っていますが、それも日本人の比率が下がれば保つのが難しくなる可能性も有ります。

相対的な国の経済力は重要です。経済力を失えば世界の中での発言権が失われ、国としての重要性も低くなり、国力を付けているお隣り中国の侵略を防ぐ事が難しくなります。尖閣諸島を守れているのは日本の国力有ってのものです。さすがに沖縄まで来ると同盟国アメリカが黙っていないと思いますが、アメリカとてアジアにおける中国の勢いに何時まで対抗してくれるかも分かりません。

尚、三流大学の有無はどうでも良い事というか、私も淘汰されるべきだと思っています。金持ちのどら息子がどうしても行きたきゃ行けばよいという話しでしょう。だから、そういう大学の授業料を下げる必要は全く無いと思います。しかし、日本の中枢を担う官財の人材はしっかり育てるべきで、少なくとも欧州でも事例は有りますが国立大学の無償化等を行い、優秀な人間はちゃんと教育を受けられる様にすべきだと思います。そうすれば、子供をしっかりと育てようという親にとっては学費の重たい負担が減る事で子供をもっと作り易くなり、比較的優秀な日本人が増える事でしょう。学力や特殊能力が無い人達は高卒が当たり前で別に恥ずべき事では無いと言う事になれば、無駄な教育費を考えて子供を作る事を抑制する事も無くなるでしょうしね。(中国の様な階級社会になりますけどね)

尚、アメリカの学生が公的又は民間の奨学金を使い、卒業後に自分で学費を支払っている人が多いと言う事は知ってますが、「なにいってんだか」って私のどの発言に対して仰っているんでしょうか?(日本程、学生時代にアルバイトをする人が少ないので、稼ぎながら行っているというのとは違うと思いますけどね)

投稿日時 - 2014-06-15 18:02:43

あなたにオススメの質問