こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外にはウォシュレットトイレがどのくらいあるのか?

もちろん、海外の民家にはほぼ無いし、これからも設置されることはないでしょうが、

はたして日本以外の国際空港や駅、ショッピングモール、ディズニーリゾート等の
大きな施設や有名な観光地にウォシュレットトイレが設置されている場所は存在するのか
非常に興味があって、広く情報を得たいです。

どこどこの国のこんな場所にウォシュレットトイレがあった、みたいな、
些細なことでも是非教えてください。

投稿日時 - 2014-06-15 09:36:01

QNo.8638610

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

バンコクに「ターミナル21」というショッピングモールがありますが、そこのトイレには設置されていました。
それ以外では見たことがないです。

投稿日時 - 2014-06-15 10:53:30

お礼

お、凄い、タイの最新ショッピングモールですか。

やはり日本人が訪れそうな新しい施設では
これから取り入れていくトコロもあるんですねぇ。

情報ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-06-15 13:35:22

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.15

アジアとヨーロッパ中心に多くの国に行きましたが外国でこれを見たのはソウルのホリデーインの一回だけでした。
確かにヨーロッパの一部やモロッコなどではバスタブがないのにビデがあったりします。旧フランスの植民地に多いように感じました。
また小さなシャワーヘッドのようなおしり洗いのホースがついている国もいくつかあります。
単純にバケツに水を入れて置いてあるだけということもありました。
またヨーロッパの高級ホテルでもトイレの片隅に掃除用のブラシが置いてることが結構あります。これは日本ほど排水がよくないので万が一上手く流れなかった時にはそのブラシで自分で掃除するのが紳士のエチケットらしいですよ。
ということで、ほとんどの外国ではまだ洗浄トイレのレベルではないという印象です。
最も英国ではバスルームには電気配線は禁止とのことですし、元々配線自体がない国が多いと思います。その前に200ボルトの国でバスルームで電気を使うのはちょっと怖いという気はしますね。

投稿日時 - 2014-06-16 20:24:23

お礼

排水の問題がある国もあるんですねぇ。

>200ボルトの国でバスルームで電気を使うのはちょっと怖いという気はしますね
ほんとそうですね、バストイレのユニット式ではもうムリですよね。

そういった国では新築を立てる際に初めからウォシュレットを使う気で
トイレルームを設計する必要がありますね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 22:47:32

ANo.14

私の経験から言うと、少なくともアメリカでは、公共の場所のトイレは、きれいではありません。わざと?流さずに女性の腕のような立派な○ン○がそのまま浮かんでいたり、便座を上げないで○○ッ○したりする輩ばかりです。トイレは手っ取り早く用を足す場所以外の何者でもありません。
便座のビニールカバーが自動で出てくるタイプもよくありますが、それだけ便座も汚いと言うことですし、それ自体壊れているものも少なくありません。
便器自体も、ステンレススチール製の頑丈そのものに作ってあるところも多いです。

また、既レビューにもあるように、公共の場所にそんなハイテクトイレを付けても、すぐに盗まれるか壊されます。

だいたいそんなにきれいにならなくても、汚れ取りのためにパンツという下着を着用しているという感覚です。その下着も、200ボルト対応の洗濯機と乾燥機でバンバン洗っているうちにすぐに傷んでしまうので、新しいのに買い換えます。日本人みたいに下着を大切に扱いません。消耗品なんです。

あと、こんなニュースも見ました。

参考URL:http://newsphere.jp/national/20140528-5/

投稿日時 - 2014-06-16 15:08:20

お礼

やはりアメリカは上層と下層の差が激しいんですね。

学校とかで教育を受けれない人達もいそうですから
なかなかマナーや思いやりの心も身につきませんよね、大変だなぁ。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 22:35:34

ANo.13

在米の者です。
少なくともアメリカのレストラン、ショッピングモール、スーパー、ホテルや遊園地などでは見たことがありません。恐らく、不衛生になるというイメージがあるのではないでしょうか。水の出るノズルの先が汚れたりしたら次に使う人にとっては大変不衛生ですよね。そういう意見を聞いたことがあります。

投稿日時 - 2014-06-16 09:18:05

お礼

間違ったイメージが浸透するのはよくある話ですね。

ウォシュレットのノズルって
使用前後に毎回洗浄されますから凄く清潔なのに。

しかし、世界一の先進国であるアメリカは将来的には期待できそうです。
70年後くらいには日本に追いつくかも。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 18:42:01

ANo.12

私も今まで数十回の海外旅行を経験していますが日本のような温水洗浄便座を備えているトイレには遭遇したことはありません。
結構高級なホテルでもなかったです。

ウオシュレットではありませんが、イスラム圏の国ではトイレでお尻を紙で拭かず、水で洗う習慣があるそうでトイレのわきに小型のシャワーノズルが設置されているトイレはよくありました。

投稿日時 - 2014-06-16 08:22:09

お礼

数十回ですか、これまた凄いですねえ。

それでも全く無かったですか。

やはりまだちょっと早かったですかね。
世界は激動の時代ですから、
もう10年、20年後に質問したらけっこう変わってそうな。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 18:32:36

ANo.11

ANo.9です。

もう一つ思い出しましたが、インドに行くとちょっとしたトイレには便器わきに水道の蛇口付きホースが壁にかけられています。これはお尻を洗浄するための水道です。

ウォシュレットみたいに自動で便器の中かお尻めがけて水を発射するのとはちょっと方式が違いますが、水でお尻を洗う、という発想は同じ。ただちょっとやってみるととても使いづらくて、どうも片手に水をためて手で直接洗うのが正しいようですけどね。

このようなトイレはインドではとても普及しています。ホテルや会社のオフィスなどいろんなところで目撃しました。

ただしトイレ自体がインドでは普及していないって話もありますけどね。お嫁さんをもらいたいなら家にトイレをつけよう、なんて公共コマーシャルが流れる国ですから。

投稿日時 - 2014-06-16 05:41:38

お礼

なるほど手で直にですか、
恐らく左手でやってるんでしょうね。

でも水でお尻を洗うことに抵抗の無い国なら将来的にウォシュレットに
移行していってもおかしくない気はしますよね。

追加情報ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 18:21:14

ANo.10

サイパンのビクトリアホテルにありました。1階の島の幸ひろでも使っているロビーのトイレです。
部屋も一部ウォシュレットになっていました。サイパンではここだけだと思います。高級ホテルのHtattでも一か所も
ありません。

投稿日時 - 2014-06-16 05:39:19

お礼

サイパンではそこのホテルと、マリアナリゾートにもあるらしいですよ。

まぁホテルに設置されていてもそれほど興味は無いですが。

サイパンでの普及もしばらく期待できそうにないですねー。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 18:12:30

ANo.9

アメリカ本土でも日系ホテルならウォシュレットの設置があるところはあります。
米国トヨタ本社おひざ下のトーランスという町にある「都ホテル」にあることは確認済み。ここは日本式のお風呂(英語ではdeep soaked bathと言います)もあるし、日本人にはなかなかよいホテルでした。

ヨーロッパでもあると思いますよ。来週日系企業の欧州拠点が多数集結しているドイツのデュッセルドルフに出張予定で、やっぱり日系ホテルに泊まるので見てきますよ。

ウォシュレットは米国で市販されています。お店でも売られているところを見たことがあります。

私は米国で数年暮らしましたが、自分の住むタウンハウスにも取りつけようとして家主(日本在住)と交渉、OKを取りつけたんだけど、いざウォシュレットを取り付けようとしたら便器の周囲に電源コンセントが全くないんですよね。

まさか借家で電源工事までするわけにはいかなかったので諦めましたけどね。

ということなので、米国には全くないわけではなくて、知っている人は知っている、という状況なのだと思いますよ。ちょっとずつ浸透していっているところなんじゃないかな。日本に行ったことがあるお金持ちなら採用してもおかしくないものだと思います。

なお公共施設だと日本以外ではまずお目にかかることはないでしょうね。海外の公共施設のトイレは基本壊されるものですから、あのような装置は取り付けられません。

投稿日時 - 2014-06-16 04:55:58

お礼

そうですかぁ、公共施設では見なかったですかぁ。

「壊される」というのは、取り外して売りさばく人がいるってことですかね?貧困だから。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-16 17:55:45

ANo.8

#6です。
民家を見ていませんが、韓国のウォッシュレット普及率は高くないと思います。残念ながら販売価格を見るの忘れてました。
貧富の差が激しいようですし、ホテルに備えられている一方で、紙を流さず便器横のくずかごに入れる習慣があるのですから。
あと、シンガポールのトイレは、マレーシアと同じく手動式のハンドシャワーは結構ついているように思います。

投稿日時 - 2014-06-15 22:09:09

お礼

つまり、韓国は民家(多くの貧困層や中層)への普及率はまだ低いが、
大きな店や公共施設では増えてきてる感じなんですかね。

追記ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 22:58:25

話がちょっと脱線しますが、ヨーロッパでは逆に日本にはないビデがありますね。使ったことありませんがw
足を洗うこともあるんだそうで、昔のフランス映画で外出から帰って来た人が足を洗っているシーンを見た記憶があります。

http://blog.goo.ne.jp/chicco-baffy/e/86ffd24dd034caf7213a5c391420da60

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091133255208.html

最近はあまり使わない人も増えたとかいう話も出ていました
http://cazorla.exblog.jp/4640846


マレーシア、インドネシアなどはトイレにホースが備え付けです(桶やバケツのところもそうですが)。こういう地域だと、あえてウォシュレットを導入する意味はないかもしれません。

http://tsukuba.utari.net/03labo/toilet/toilet.cgi?country=MY

http://www.1010uzu.com/travel/malaysia/toilet.html

参考URL:http://tsukuba.utari.net/03labo/toilet/

投稿日時 - 2014-06-15 17:15:22

お礼

おぉー、ビデや、ホース式+紙の国なら
少し不便なだけでウォシュレットと同等の効果ですね。

昔からこういう仕組みの国があったことを知れて良かったです。

分かりやすいリンクもありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 18:40:17

ANo.6

お隣の韓国には結構あると思います。
龍山の電気街には韓国メーカー製のウォッシュレット(正確には違う名前ですが)を売っていますし、案外リーズナブルなホテルでも設置されていました。
シンガポールではお店、バーですが、にありました。TOTO製、まさしくウォッシュレットでした。
あとホテル、しかも部屋のトイレではなく、公共スペースにあるトイレに設置されていました。残念ながらホテル名を忘れてしまいましたが、高級ホテルでした。
ハワイですとロイヤルハワイアンのタワーの部屋には設置されています。
アメリカのセレブには人気らしく、あのマドンナも買って帰ったそうですよ。
欧米はバスとトイレが並んでいますし、シャワーだけってのも結構ありますから、防水の点で設置しにくいと聞いたことがあります。
もっとも、日本のビジネスホテルなんかも同じ事情で、それ用のウォッシュレットを設置していますから、技術的には解決はされているのでしょう。
それにこう書いていて思ったのですが、トイレの横がシャワーですから、家やホテルはおしりが気になったらシャワー浴びれば済みますからね。

投稿日時 - 2014-06-15 14:46:34

お礼

そういえば韓国って日本みたいなものでしたね。

もしかして韓国も日本と同じく
民家やコンビニや公衆トイレも普通にウォシュレットトイレですか?

それとも、理論上可能でも、予算の関係で
まだ言うほど普及してない(これから増える)感じですか?

詳しく分かればまた教えてください。


流石シンガポール、清潔な国なら多少は導入してる場所があるんですねぇ。

あ、確かに海外の一流セレブ達は既にウォシュレット愛用されてますね。
私も聞いたことがありました。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 15:46:47

ANo.5

サイパン、グアム、ハワイなど観光客の多くを日本人が
占める地域では、ホテルによっては設置されています。
「上記の地名 ホテル ウォシュレット」で検索してみてください。

アメリカ本土やヨーロッパでは見たことがないです。

投稿日時 - 2014-06-15 13:07:22

お礼

まぁ、日本人向けの宿泊所なら経営者的に当然設置しますよねぇ。
(根本的な事情でムリじゃない限り)

やはり宿泊所以外では相当珍しいみたいですね、
だからこそ、そんな珍しい場所があるなら知りたいですが。

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-06-15 14:04:14

ANo.4

トイレに電源が設置できないわけはありませんし、コンセントがある洗面台は普通です。
普及しない理由のひとつは水質です。
硬水である国や地域ではカップやポット、シャワーヘッドの孔にも石灰がこびりつき固まってしまうのでスーパーには目的別に石灰除去剤が並んでいます。
そんな所でウォシュレットのノズル孔などすぐに詰まってしまいそれに対する対策なしでは普及は困難ですが、普及しない二つ目の理由である日本のように清潔に対する観念が大きくなくお尻など拭けば十分だと思っている国でノズルが詰まらない対策など講じる必要性などさらさらないでしょう。
日本で体験した、あるいは日本以外で体験し日本製であることを知っている、話に聞いたことはある人を含めてウォシュレットトイレなるお尻を洗ってくれるトイレがあることを知っている人は海外にはたくさんいて、いいね、凄いねと感心はしますがお金を出して設置したい人はほとんどいないです。
痔持ちの英国人にハンディタイプの携帯用ウォシュレットを送ったことがありますが、当初は喜んでくれたものの面倒さが勝ち今では使っていないようです。
日本人客が多いグレードの高いホテルの一部の部屋やお金があるに任せて設置する施設がないわけではありませんが。

>どこどこの国のこんな場所にウォシュレットトイレがあった、みたいな
東南アジアやインドなどではトイレには貯め水や水が出るホースがあり排便後に直接水で洗います。
暑い気候なのですぐ乾きます。
日本よりずっと先駆の歴史あるウォシュレットトイレだといえるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2014-06-15 12:38:00

お礼

なるほど衛生観念ですか。

衛生観念なら時が経てば実際日本のように変わっていくことも多いでしょうけど
水質って改善が非常に難しい問題ですね。


>日本よりずっと先駆の歴史あるウォシュレットトイレだといえるのではないでしょうか
そういえばそんな地域もありましたね(笑)
水さえ綺麗ならそれでも問題無いのかもしれません。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 13:49:24

ANo.2

どんな水が使われているか気になりませんか?
変な菌がおしりから入ったら・・・こわいですよ。

投稿日時 - 2014-06-15 10:44:37

お礼

確かに水が汚い国もありますよね。

やはり水質の約束された国こそ活きる設備なんですねぇ。

それと国によっては水の中に含まれるミネラル分が固まって
すぐ水詰まりを起こすため使えない地域もあるらしいですね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 13:25:22

ANo.1

アメリカで発明されたものですが、現在日本企業以外、製造開発していませんので。
20カ国くらいは行きましたが遭遇したことはありません。

世界的普及に課題があるのは、水回りなので日本以外のトイレには電源がないのです。トイレ自体を新造しないと設置できない。
世界の公共トイレの多くが、水かけて丸洗いしちゃうので。便座すら金属製が多い。
日本の100V電源は世界で一番電圧が低く、世界の主流220~230Vはもっと命がけで感電に危険意識が高い。足元濡れているトイレに電源なんてあり得ないのです。

投稿日時 - 2014-06-15 10:04:33

お礼

おお、20カ国とは凄まじいですね。

なるほどそうですか、
世界の主流がそれでは根本的に今更もうムリなんですね。

日本の電柱、電線事情みたいですね、今更埋設できない、的な。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-15 13:16:24

あなたにオススメの質問