こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

NISAについて

先日、ある金融機関に用事で行ったときに、NISAの簡単な宣伝パンフレットを渡されました。新聞や雑誌などでもよく見かける言葉だし、結婚を機に財テク(というほどではありませんが)も考えないと、と思っています。それで、興味はあるのですが、実際のところ、どうなんでしょうか?

例えば、最初の1年の100万円のみ購入して、毎月配当だと、いくらぐらいの配当が見込めるのでしょうか。その場で、金融機関の方にもお伺いしました。それは、どんな銘柄に投資するかによって変わると言っておられて、それは理解しているのですが、本当に始めようとする前に、大体の予想というか、そういうものが分からないと、先に進めないと思うのです。例えば、月500円~5000円ぐらいの可能性ぐらいまでの可能性があるよとか、、ざっくりでいいので。

そもそも投資信託や株等を理解していない部分も多々あるので、質問自体がずれているかも知れませんが、その辺りが分かる方に教えていただきたいです。

投稿日時 - 2014-06-18 12:46:26

QNo.8643228

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>どんな銘柄に投資するかによって変わると言っておられて

まず、全国内の投資信託は5000本以上です。ここから、お好きな投信を自分で選択します。

>大体の予想というか、そういうものが分からないと、

各証券や各銀行で、各投資信託の目論見書というものがあります。
これに、目論見(運用内容や利益目標、過去の配当の分配率など)が書かれていますから、いくつかピックアップしてこの目論見書をよく理解したうえで買い付け注文をすると良いでしょう。

>例えば、月500円~5000円ぐらいの可能性ぐらいまでの可能性があるよとか、、ざっくりでいいので。

100万なら、その程度の配当はよくあるレベルです。
しかし、配当が高くても、各種手数料が高かったり、基準額が買った時よりも下がれば、配当よりもはるかに損をしてしまうこともあります。
ですから、安易に「ざっくり」程度の感覚で、購入すれば儲かるというものではありません。

株式をご自身で売買される方は、あまり投資信託はされない方が多いです。
なぜなら、手数料や解約時の損、資金拘束など数々のリスクを考慮すれば、自分で株式売買をしたほうがよほど効率も良いからです。

まずは、投信について、各証券や各銀行の投信サイトをご自身で読まれて理解されると良いでしょう。
毎月1万円程度から始められる積立型の投信もありますから、少額から始められて、理解を深めてゆくと良いと思います。

投稿日時 - 2014-06-18 13:04:09

お礼

→株式をご自身で売買される方は、あまり投資信託はされない方が多いです。

→毎月1万円程度から始められる積立型の投信もありますから、少額から始められて、理解を深めてゆくと良いと思います。

なるほどですね。簡単に始められるNISAみたいな宣伝されていますが、やはり投資はちゃんと理解していないとダメですよね。勉強になります。簡単なものから始めて、理解を深めていきたいと思います。
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-06-18 13:51:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは

まず、NISAという投資方法があるわけではありません。
NISAつまり『少額投資非課税制度』を利用して投資信託や株式投資を行うことで資産を運用します。
なので、リスクの高い株なんかを購入すればリターンは大きいです。
逆にリスクを極力抑えて投資信託などで運用すればリターンも小さいです。
月々いくらの利益を出すかは質問者様次第です。
これは回答のしようがありません。

NISA制度を利用するメリットは
・年間100万円までの運用には非課税(×5年間で最大500万円)
・6年目に1年目の運用実績を繰り越し運用すれば最大10年間は運用に対して非課税枠が設定されている。

デメリットは
・他の運用利益・損益と通算することができない。
=NISA制度で発生した損失は他運用で生じたプラス利益と相殺できない。
・外貨や公社債など適用できない場合がある

これから財テクを勉強されるおつもりならリスクを抑えてご自信で株式投資されるのもいいと思いますし
投信で運用会社に運用してもらうもいいと思います。

参考意見

投稿日時 - 2014-06-18 13:10:43

お礼

ご回答ありがとうございます!

→NISAという投資方法があるわけではありません。

そうですね。説明では理解しているつもりでしたが、頭の中で混同してる気がしてきました。もう一度、ちゃんと整理して、根本的なところから理解するようにします。

投稿日時 - 2014-06-18 13:44:43

ANo.2

 
投資信託の毎月配当を利益配分と勘違いしたらダメですよ
大部分の投資信託は購入資金の払い戻しです
100万円を貯金して毎月5000円おろしてる様なもの

投資信託を買うなら、利益再投資の物を選びましょう
これなら、利益は投資信託の元金に組み入れられるので翌年は投資金額が増え利益も増えます

年間利益率5%と仮定して(かなり大雑把な計算)
利益配分型の場合
100万円から毎月5000円分配するので1年後の元本は94万円、これに利益5%が付くので987,000円
翌年は、987,000円から配当60,000円を引いた927,000に利益5%で973,350円
つまり973,350+60,000+60,000=1,093,350

利益再投資型なら
100万円に利益5%が付くので1年後は105万円
翌年は105万円に利益5%が付くので、1,102,500円

僅か2年で1万円(1%)も財産が変わります

なお、利益配分型の配当60,000円はもともと非課税なのでNISAの効果はありません
 

投稿日時 - 2014-06-18 13:04:54

お礼

→投資信託の毎月配当を利益配分と勘違いしたらダメですよ
大部分の投資信託は購入資金の払い戻しです
100万円を貯金して毎月5000円おろしてる様なもの

この辺り、全然理解していなかったのと、簡単な口頭説明でも、教えていただかなかったです。簡単な仕組みではないのですね。(私にとってはですが・・。)手数料なしで簡単にできるNISAみたいな触れ込みですが、ちゃんと理解が必要ですね。ご回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2014-06-18 13:48:01

あなたにオススメの質問