こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

解約金がかかる場合

次の場合は解約

(1)契約者が解約を申し出た場合はその前日をもって解約
(2)契約者が死亡した場合はその前日をもって解約
(3)契約者が国内に住所を有しなくなった場合はその前日をもって解約
(4)刑事施設に収容された場合はその前日をもって解約
前3項についてはたとえ、ばれずに基本料金などを支払していても、該当日にさかのぼって解約扱いしすでに支払った料金は返還しない

契約の取り消しという項目にも
暴力団員とか氏名・住所・生年月日を偽った場合は契約を取り消すことができる。
前項の場合も解除料金の支払いを免れることができず、すでに支払った事務手数料、月額利用料、通話料・通信料・コンテンツ料などは返還しませんとあります

投稿日時 - 2014-06-23 19:59:55

QNo.8650538

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

質問文の通りです。
契約解除に該当する状況にも関わらず契約相手に通告しなかったとしても契約相手がそれを感知した時点でその期日までさかのぼって契約は解除され、それに伴う契約解除金の支払いは免れないということです。

投稿日時 - 2014-06-23 22:06:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

で、質問は何ですか?

投稿日時 - 2014-06-23 20:08:27

あなたにオススメの質問