こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

訳をお願いします

article
http://washington.cbslocal.com/2014/06/25/couple-sues-after-flying-to-grenada-not-granada/
の最後の部分
The lawsuit was filed in Superior Court in Washington in March and asked for $34,000 in compensation plus court costs and other expenses. In early June, a judge denied a motion by the airline to dismiss the case.
The lawsuit said they weren’t the only passengers misrouted. When they arrived in the Caribbean, a member of the ground crew told them that “the exact same situation” had happened the week before, the lawsuit said.

a judge denied a motion by the airline to dismiss the case.
裁判官が事件の却下を求める航空会社による申立てを却下した。

なぜ裁判官は却下したのでしょうか?前文から賠償が大きいので、航空会社は賠償を小さくするために控訴するのが普通と思ったのですが・・・

The lawsuit said they weren’t the only passengers misrouted. When they arrived in the Caribbean, a member of the ground crew told them that “the exact same situation” had happened the week before, the lawsuit said.

「航空会社は以前にも同じ失敗をした」と言っているのだと思うのですが、それがどのような影響をもたらすでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2014-06-27 15:04:56

QNo.8655494

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

d-y

ごめんなさい。間違いました。
(2)
「しっかり見て間違いに気づかなかった被告が悪い」と主張されると、結構原告が不利だと思います。
これは間違い。

正しくは
「しっかり見て間違いに気づかなかった原告が悪い」と主張されると、結構原告が不利だと思います。

正しくは「原告が不利だと思います」でした。

投稿日時 - 2014-06-28 02:04:40

ANo.2

d-y

(1)
被告がどんな申し立てをしたか、詳しいことは何も書いてないわけですから、却下の理由を想像するのはなかなか難しいと思います。

勝手な想像でよければ、おそらく、本格的な審理に入る前の前哨戦として、被告が手続き上の不備か管轄違いを主張したが、裁判所は認めなかったということじゃないでしょうか。

いずれにしろ、ニュース全体の主旨は「訴訟が提起された」ということ。
被告が訴訟の門前払いを求めたが、裁判所は認めなかった。だから、これから本格的な争いが始まる…という含みです。

(2)
こういうのって、「ちゃんとチケットを渡して確認を求めているのだから、しっかり見て間違いに気づかなかった被告が悪い」と主張されると、結構原告が不利だと思います。

でも、過去に同じ間違いがあったということなら、「通常の注意を払っていても、旅客がチケットの間違いに気づくとは限らない」「他方、そういう間違いが起こる可能性を認識していながら、何も対策を取らず間違いを再発させた被告の過失は重大だ」となって、俄然原告が有利になってきます。

投稿日時 - 2014-06-28 01:54:07

ANo.1

1。 なぜ裁判官は却下したのでしょうか?

詳しくは判決文にあるのでしょうが、以前にも同じことがあれば、構造的な再検討が必要で、航空会社に落ち度がある、と見たからでは無いでしょうか。

2。  「航空会社は以前にも同じ失敗をした」と言っているのだと思うのですが、それがどのような影響をもたらすでしょうか?

    何か再発を防ぐ警告が無ければまた起こる、と考えられたのではないでしょうか。

投稿日時 - 2014-06-27 15:35:56