こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人情報漏洩に対するメール

私は、あるサイトに嫌がらせを受けています。
内容は
メールの送信拒否
メールを送ったことがあり個人情報がばれてしまいました。
その事で私は何もしていないのに意味不明なアクセス制限を
くらいました。
この件が起きてから友人とのメールのやりとりや、今まで
好きだったサイトが見れなくなってしまいました。
今、現在そのサイトに行った頃、アクセス制限が
解除されていました。
いったいこれは何だったのでしょうか?
メールアドレスからの個人情報漏洩(ハッキングかも)
しれません。
ウイルス対策ソフトは入れています。
メールから個人情報が漏れてしまったかもしれません。
アクセス制限は忍者ツールが使われておりました。
こういった場合、どうしたら個人情報漏洩を消去したり
どうゆう対策をしたらよいでしょうか?
パソコンはVistaを使っています。
私が偶然出会ってしまったサイトは、悪質だったのでしょうか?
最後に、質問に対する疑問形が多くなりましたが
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-06-27 19:50:21

QNo.8655784

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

正直、この内容で質問されると、きっと被害妄想ではないかという回答になります。
もし、現実にそういう状況になったとすれば、それはWebサイトより、むしろ今利用しているコンピュータが本当にウィルス(マルウェア)感染していないのかを検証した方が良いでしょう。

メールから個人情報が漏れるとすれば、メールアドレスに個人を特定する名前などを含んでいる場合などに該当することがあります。例えば、オーケー太郎さんという人が、ok.taroという名前でアドレスを持てば、それに加えてアクセス解析などをされ、尚かつ地域にok.taroという人がその人しかいなければ、それだけで相手を特定できる恐れがあります。
これは、別にそのサイトの管理者云々ではなくとも出来るかも知れません。


ただ、一般にそこまでするとすれば、よほど情報を取得したい場合に限られます。単なる嫌がらせだとすると、よほど執念があるか、相手の怒りを買ったと思われるやりとりがあるでしょう。それがあるなら、質問者様ご自身で、問題点は分かるでしょう。

それに対して、訳がわからないが、その頃からおかしな動きや制限が生じるというのであれば、たいていは、現象が起きた時期に別の場所またはその場所からマルウェアを貰った恐れがあります。新種のマルウェアであれば、たいていはウィルス対策ソフトは全く意味をなしません。
そして、下手をすると今は大丈夫と思っていても、感染は継続しているかも知れません。

もし、怪しい動きや操作に変な兆候が見られるなら、一度リカバリ(パソコンを購入時の状態に戻すこと)をされた方が良いかも知れません。


最後に、対策についてですが、
一般には危険な可能性のあるサイトには近づかないこと。
後は、セキュリティソフトをインストールしてもあくまで既知(既にマルウェアと分かっている)のマルウェア以外は検出できないことを理解すること。
そして、セキュリティソフトやウィンドウズアップデートだけではなく、JAVAやAdobe Reader、Adobe Flash Playerなどのアドオンソフトウェアは手作業で更新が必要だと知っておくことです。
得にインストールされているならJAVAとFlashは、更新必須です。
https://java.com/ja/download/
(JAVAダウンロード)
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/
(Adobe Flash Playerのバージョンテスト、バージョンが下に記載のブラウザ対応バージョンより低い場合は、ダウンロードセンターをクリックし、アップデートを行ってください)

投稿日時 - 2014-06-27 20:09:07

お礼

回答ありがとうございます。
ウイルス対策をやっていますが
回答者様の言うとおりマルウエアを
貰ったかもしれません。

投稿日時 - 2014-06-29 02:33:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

考えすぎもしくは、被害妄想

メールから分かる情報
あなたが送信したメールアドレス
送信したISP名とあなたのIPアドレス(IPアドレスは、載らない場合がある)
あなたが、メールに記載したなら、その記載した情報の住所や電話番号や名前など。
もし、あなたが、住所など記載していないなら分からない

ISPには、契約者情報が分かるが、警察の捜査協力や裁判所の命令がなければISPは契約者を公開しない


サイトの管理人がアクセス制限をかける場合があるが、それは、何らかの意図をもち、アクセス制限をかけています。 不特定多数にみられると困るから、アクセス制限をかけている場合がある。
荒らしに対するためにアクセス制限をかけた。(あなたが巻き添えを食らった)
広範囲にかけたせいで緩めた場合もあるし、荒らしがいなくなったから、やめたって場合もある。


まずは、冷静に物事を考えてみましょう。
ウイルスのことを、心配するなら、
セキュリティーソフトでフルスキャンを行う。 出来れば、オフラインにしてフルスキャンを行うのが本来のマナー(クラウド型だと、オフラインにすると、スキャン能力が落ちるから、オンラインで行うしかない)
さらに心配なら、違うセキュリティーソフト(常駐しないフリーのソフト インストール不要のものあり)で再度フルスキャン。それで、問題ないだとウイルスに感染していない


サポートのあるソフトウェア(OS含む)を利用する
プラグインなどを最新の状態にする
ソフトウェア(OS含む)を行い最新の状態にする
セキュリティーソフトを有効にして利用する

以上のごく当たり前と思えることを行うだけで、ウイルスに感染する可能性及び脆弱性をついた攻撃を受ける可能性がかなり回避出来ます。

投稿日時 - 2014-06-27 21:43:54

お礼

回答ありがとうございます。
ウイルス対策は万全ですが
本名でメールを送ってしまいました。

投稿日時 - 2014-06-29 02:40:34

あなたにオススメの質問