こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不同視の人の、眼鏡とコンタクトの使用シーンについて

標記について、ネット上では調べてみたのですが、
また自分でもいろいろなパターンは試したのですが、
決定的な解答が得られませんでしたので、
目に関してお詳しい方、似たような境遇の方に質問させて頂きます。


自分の今の目の状態は、

・不同視持ち(コンタクトレンズの度数 右3.25 左8.50 で、左は矯正すると、1m先にある本の背表紙の文字がギリギリ見えるほどです)

・眼鏡の度数が、右が上記のコンタクトの度数より弱めに設定。左はほぼ最大の度数ですが、視界はほぼ、ぼやけて見えない。

・デスクワークがメインの作業(PC作業多め)

・年は20台中盤

になります。


それで質問内容ですが

1 不同視がある場合、長時間のデスクワーク作業は、コンタクトと眼鏡のいずれが疲労(将来的な意味でも)は少なくて済むか

2 もし、上記の解答が眼鏡、であれば、現状のような眼鏡の度数で問題ないか

3 眼痛疲労を起こしやすいですのですが、コンタクトか眼鏡かでそのおこりやすさに差異があるか

4 どちらかメインで(9:1くらいの割合)使用するならどちらか

以上4点です。
質問が多いのですが、自分の中で解決したい事柄なので、
是非、ご解答の程、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-06-29 09:01:05

QNo.8657660

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

実際は質問者さんしかわからないことが多いですので
難しいですが
一般的には

眼鏡

2 
ご自身にあっていればOkです

3 
質問者さんの度の開きが大きすぎることが原因の大きなひとつですので
どちらでも大差はないです


4 眼鏡
強度(近視かな?)ですのでコンタクトは負担が大きすぎます

投稿日時 - 2014-06-29 15:16:01

お礼

ご解答ありがとうございます。

基本は、眼鏡での生活だったのですが、
左右の視力差は少しでも縮めた方が(コンタクトにした方が)目に良いという意見を、
何度か耳にしていたのですが、コンタクトの負担は大きいものなのですね。

眼痛疲労とは、違う対処をしてゆき、
基本は今まで通りの方がよさそうですね。
貴重なご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-06-29 16:03:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問