こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

指揮者によって演奏が違う、というが本当か?

クラシックの演奏についてこんなやり取りをしているのをよく聞きます。
素人「指揮者ってさあ、何のために居るの? 指揮者によって違いが出るの? 正確なテンポを指示するだけなら音の出ないメトロノームでもいいんじゃないの?」
玄人「素人にはわからないんだよ、いいかい、指揮者ってのは、楽譜に掛かれたことを独自の見解で解釈して指揮を執るんだ、単に規則正しく指示棒を振ることが指揮者の仕事じゃない。
ためしに指揮者の●●氏と▼▼氏のレコードを聴き比べて御覧? 全然違うから」

素人と玄人が一緒に聴き比べる

玄人「ほーら、ごらん、全然違うじゃん」
素人「えーちっともわからないよー」
玄人「君は違いの判らない奴だな。僕は違いが判る男だよ」(古いギャグだな)

本当に指揮者ってのは楽譜を独自の解釈で指揮するんでしょうか?
それにしては素人には違いがさっぱり判りません。
「楽譜には書いてないことで、指揮者の裁量で足したり引いたりしても良いこと」
って具体的にはなんですか?

商業音楽では、いわゆるカヴァー曲ってのがありますよね。もっとも大きな違いは原曲とカヴァー曲では歌手が違う、ということですが、それ以外にも、使われる楽器の編成が違っていたり(もっとも最近では楽器なんぞ使わずに全部コンピュータ合成した音源でしょうけど)、リズムが違っていたり、謳い方にしても繰り返しの回数が違っていたり、タメをつくったり、原曲には無かったリフレインを入れたり、というように、かなり変えたものを出してきます。
もっとも元曲と同じ音源で歌ったら、単なるカラオケになってしまうので、当然そういった「いじくり」「アレンジ」をするわけですが、クラシックの「指揮者による演奏の違い」にはそこまでの違いが判りません。

CDを再生しながら玄人の方に
「違う、違う、ほら、違うじゃん!!! ここだよ、この音だよ!!」
と言われても、
「それってテイクの違いじゃないの、単なる失敗演奏、なだけじゃないの?」
と思ってしまいます。

本当に指揮者による演奏の違い、というのはあるのでしょうか?
単に玄人が玄人知識をひけらかしたいために、ありもしない差異があるかのように言っているだけではないでしょうか?

違いの分かる方、お願いします。

投稿日時 - 2014-06-30 21:01:38

QNo.8659856

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

この二つを聞き比べてちがいがわかりますか?

バッハ マタイ受難曲
冒頭合唱 来たれ、娘たちよ、われとともに嘆け (Kommt, ihr Töchter, helft mir klagen)

ウィレム・メンゲルベルク (最初の13分ぐらい)
http://www.youtube.com/watch?v=zayss_RBkj8

トン・コープマン
http://www.youtube.com/watch?v=M_LLFfFXaUA

これでわからないようならお手上げ\(・_・)/
音楽を理解するのは諦めてください。

これがわかるならまだ目はあるので、次これを。

モーツアルト ジュピター 4楽章

カール・ベーム
http://www.youtube.com/watch?v=zw6i9eTPL-o

カラヤン
http://www.youtube.com/watch?v=Ne440WeOq-E

上のは時代も隔たってるし、楽器もモダンとピリオドだから違って当たり前だったので、
今度は同じベルリン・フィルで割と近い時期の演奏を。
カラヤンは1970年と書いてありますね。ベームは録音日が不明ですが、ベームは1981年に死んでいるので、まあ10年以内の差かと。

きらびやかなカラヤンと滋味のあるベーム。
対極にある二人の指揮車だから、違いがわかりやすいと思いますが、どうですか?
5秒とか10秒とか聞いてもだめですよ。少なくとも半分ぐらいは聞いて比べてください。
同じ半分なら後半のほうが違いはわかりやすいかも。

>「それってテイクの違いじゃないの、単なる失敗演奏、なだけじゃないの?」

で、ここまで言うなら身銭を切って演奏会に行ってくれとしかもういいようはないですね。
録音じゃダメなんだから、ご自身の耳で生で聞くしかないですよ。

投稿日時 - 2014-07-05 12:13:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:12:28

ANo.17

    #16です。補足です。先ほど申し上げたのは、別に音楽の専門家でなくても違いは分かる例でした。

    同じ曲の下の二つの演奏をお聞きになってどうお思いになりますか。
    http://www.youtube.com/watch?v=JczZsLIDFO8
    http://www.youtube.com/watch?v=0FF4HyB77hQ

    僕は違いのあまり分からない方で、しかも分かったら如何ってんだ、と言う懐疑派なのであまり心配していないのですが、本番の前のお膳立てをご覧になると、リハーサルのやり方の違いがよく分かります。

投稿日時 - 2014-07-02 11:22:20

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:11:51

ANo.16

本当に指揮者による演奏の違い、というのはあるのでしょうか?

はい、あるらしいです。「らしい」と言ったのは僕のことではないからです。

     僕はド素人ですが、ある交響曲に凝って色々なレコードやCDを集めていたことがあります。ある日新しいのを買ってきて聞いていると4つになる次女が What is this? (これ何?)(済みません在米なもので)聞きます。

     僕は、「いつも聞いているあれさ」と言ったのですが、Strange (おかしいよ)とか言って行ってしまいました。指揮者による演奏の違いってあるものなんですね。

投稿日時 - 2014-07-01 13:12:55

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:11:15

ANo.15

テンポやタイミングだけではなく、各パートに対して個別に音量や音色の指示も出してるので(その他にもあるのでしょうけど)、
当然、指揮者が変われば、演奏も変わるのが自然だと思います。

投稿日時 - 2014-07-01 12:50:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:10:32

ANo.14

中高生など対象で、吹奏楽や合唱のコンクールがあります。
指導される先生が違うと演奏がまったく違うものになるので、良い先生の綱引きが起きているのは、野球などと同じです。
プロのオーケストラでも指揮者が指導する時間は短いですが、これと同じことです。

質問者さんが信じられないならそれでいいですが、ありえないこととして全否定まですることはないんじゃないですか?
私の場合、(こればかりじゃあありませんが)この違いがわからないくらいなら、聴かないほうがマシですw

ウィーンフィルはお正月に毎年ニューイヤーコンサートを開きます。指揮者はほぼ毎年変わります。興味あれば、お正月の夜にNHKを観てみて下さい。

確かに、クラシックは、何百年も前に遠い国で作られた曲を、なるべくオリジナルを尊重して演奏するだけ、というのがほとんどですね。もっと現代の作曲家の曲も演奏され聴かれるべきと思います。

投稿日時 - 2014-07-01 12:07:16

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:10:11

ANo.13

松崎しげる氏の
「愛のメモリー」全てのバージョンの違いが分かるかどうか
と同じでは?

私にとっては彼の愛のメモリーはどれも同じです。
しかしファンにとっては全然違うものなのでしょう。

好きな人にだけ分かればそれでいいじゃないですか。
分からない人はその程度の興味しか持てないのですから
分かったところで面白くも楽しくもありません。


指揮者の練習時の指示など
大物になるほど弟子がやっているものです。
大物は本番の前しか現場に来ません。

一方実力のある楽団だと妙なことする指揮者など無視されるそうですよ。
実は弟子のほうが練習時にコミュニケーションが取れているし
弟子にどれだけ支持を出させても見慣れてない指揮者からは
指示を受け取るのも難しいものです。

だから厳密に言えば指揮者が違うからではなく
「演奏者が違うから」のほうが大きいと思います。
同じ指揮者でも別の楽団で振ればやっぱり同じ演奏にはなりませんよ。

ただ、指揮者ってのは責任者なのです。
演奏が良くても悪くても責任は指揮者にあるのです。
上手くいけば楽団と指揮者の成果
失敗すれば指揮者のせい!
と思うのです。

スポーツの監督と一緒でしょう
ルールの中でプレイをするのが基本だけどその中にスパープレイを求めるでしょう?
楽譜にあることを無視はできない。けど範囲を出ない中で個性は無くてはね。

でもいずれにしても好きな人だけ楽しめばいいものですから
分からない人はそれでいいのでは?

投稿日時 - 2014-07-01 08:21:17

お礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2014-07-15 07:09:49

ANo.12

>もっと劇的な違い、たとえば、「エリーゼのために」が「キッスは目にして
>」に変わるぐらいの違いになるなら、

う~ん、ここまでくると、クラシックの場合、編曲or変奏になってしまって、普通は指揮者(演奏家側)ではなく作曲家側の仕事なんですね。

ただ、古楽(おおむね16世紀以前)まで遡ると、演奏家によってまったく違う曲になることはあります。その頃は記譜法が発達していないので、楽譜に記載されているのはメロディーラインのみで、それ以外の和声やテンポや表現は演奏家の方で考える必要があるからです。

下記の演奏は、どちらもイギリスの16世紀の作曲家プレイフォードの「Daphne」と言う曲の演奏ですが、「エリーゼのために」と「キッスは目にして」ほどではないかもしれませんが、イントロ部だけ聞いても同じ曲とは思えないレベルです。(後の方が比較的トラディショナルな解釈。前の方は斬新ですね。)

http://www.youtube.com/watch?v=yVzVTaSoTeA

http://www.youtube.com/watch?v=azvnoGkKB74

投稿日時 - 2014-07-01 07:13:55

お礼

ご回答ありがとうございます。

おお、このぐらいの違いなら、私にも違いが分かりますね。

投稿日時 - 2014-07-01 20:05:49

ANo.11

私を含めて、凡人にはわからないことです。

わかる人はわかるんですよ、それしかないでしょう!

投稿日時 - 2014-07-01 06:10:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

私もあなたも凡人ですね。

投稿日時 - 2014-07-01 20:04:50

ANo.10

ありますけれど、実際のところは、こうだと思っています。

クラシックファンの多くは、『はじめて感動して何度も聞き込んだ曲(指揮者同じ)』があり、これが刷り込みになっているのです。実際に、リズム・テンポ・レガート等、微妙に違う訳ですが、この違いとは、『刷り込まれたものとの違い』であり、絶対的に何か正しいものがあるのか?って言うと、どうでしょ?。

これがピアノのように、演奏者が自作自演し、かつ録音技術が出来た後の作曲家だと、自作自演が残っています。ピアニストの中には、作曲家に忠実に演奏するべき!と言う人がいるけれど、実際、録音どおりに弾こうとするのか?って言うと(笑)そんなことないです。ですから『違う演奏』になっています。

要は、指揮者にせよ演奏家にせよ、やはり個人の美感がありますし、美しい演奏をしようとすると、やはり自分の美感を頼らざるを得ません。ですから結果的には、微妙に違うものになって表現されてくる訳です。但し!目隠しテストをやって誰が指揮しているのか分かるのか?って言うときわめて怪しいです(笑)

ということで!能書き垂れるのが好きな人達がいたので、では『君が最高だって言ってる指揮者は、次の10曲のどの演奏だい?』とブラインドテストすると、全く当てられませんでしたね。非常に特徴的な部分があるにも関わらず、判別できませんでした。じゃあ、何を聴いているの?ってことですね。

但し!『何度も聴いて刷り込まれた曲』に関しては、判別できることが多いですね。交響曲だと凄く長いから、刷り込まれるほど聴くのはわずかでしょう。しかしピアノ曲のように4分程度の楽曲であれば、物凄い回数を聴いていることもありますよね。このレベルだったら判別できる人もいますよ。

ただ!そうであっても、かなり特徴的な演奏でないと判別できません。ということで、結論としては、貴方の見立てどおりであり、玄人がひけらかしているだけに過ぎません。差異はあるけれどね。


ちなみにですね、最近、脳科学が進歩してきたのはご存知だと思いますが、楽器を弾ける人と弾けない人では、楽器の音の聞こえ方が異なっていることが神経レベルで理解されています。ピアノが弾けない人は、弾ける人のように音楽を聴くことは事実上できないのです。神経解説はしないけれど・・・

能書き垂れているのなら楽器弾けるか聞いて見ることです。ロクに弾けないのなら、もう聴けないってことですね(笑)

投稿日時 - 2014-07-01 05:12:58

お礼

ご回答ありがとうございます。

通ぶるためのセリフなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2014-07-01 20:04:16

ANo.9

>本当に指揮者による演奏の違い、というのはあるのでしょうか?

これはあります。 だから、クラシック音楽ファンの人は(全部じゃないけど)、同じ曲目のCDを演奏家別にそろえたりするんです。 好きな指揮者になったら、海賊版を含めて、違う日の同曲演奏10枚以上を集めたりすのはよくあることです。

同じ人でも、日によって演奏が結構変わりますから。

>商業音楽では、.・・・・・・・・・・・・・・・・・もっとも元曲と同じ音源で歌ったら、単なるカラオケになってしまうので、当然そういった「いじくり」「アレンジ」をするわけですが、クラシックの「指揮者による演奏の違い」にはそこまでの違いが判りません。

その通りです。クラシック音楽にそこまでの違いはありません。 楽器も編成も一緒、ちょっとテンポが違うかな?位、クラシック音楽に興味の無い人には、そう感じるでしょう。ほんのちょっとしか違わないじゃないか! 
しかし、そのちょっとの違いがとても重要に感じるのがクラシックファンです。

だから興味の無い人には、分かりずらいと思います。 聴いて違いが分からないのに、言葉で違いを分からせるのは無理だと思いませんか? だって音楽ですから。


他の回答者へのお礼の中から

>もっと劇的な違い、たとえば、「エリーゼのために」が「キッスは目にして」に変わるぐらいの違いになるなら、
「おお、●●指揮者のコンサートか! これは万難を排しても会場に行かねば!」
となりますが、そうでないなら・・

あなたにとっては、そうかもしれません。 しかし、クラシック音楽ファンとっては、上記にあげたような小さな違い(私たちにとっては、とてつもなく大きな違い)だけの理由で、万難を排してコンサートに行くのです。

もう、かなり前になりますが、すごく好きな指揮者がいました。 ヨーロッパのオーケストラの音楽監督だったので、日本にはたまにしか来日しませんでした。 私が好きになった時は、もう晩年だったので、あと何回この人の演奏が聴けるだろうか? と思い、年に2回ほど、ヨーロッパに演奏を聴きにいっていました。 それが4年ほど続きました。 観光もせずに、聴いたらとんぼ返りです。 

違いが分からなくても、全然問題ないでしょう。 興味もないのですから。 私にだって、どうでもいいことはいくらでもあります。 でも、私が気にも止めないことに、興味を抱く人もいます。 人それぞれだと。

投稿日時 - 2014-07-01 01:52:02

お礼

ご回答ありがとうございます。

違いが分かる人には楽しいんですね。

投稿日時 - 2014-07-01 20:03:19

正確なテンポの演奏って?
そんなの聞いたこともありませんし、聞きたくもありませんが。
でも多分、出来る人もいないと思います。

指揮者による演奏の違いですか?
それは、演出家による舞台演劇の違いみたいなもんです。
同じ脚本で、同じ舞台セットで、同じ役者でも。

投稿日時 - 2014-07-01 00:56:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

>指揮者による演奏の違いですか?
それは、演出家による舞台演劇の違いみたいなもんです。
同じ脚本で、同じ舞台セットで、同じ役者でも。

うーん、なんとなくわかったようなわからないような・・・

投稿日時 - 2014-07-01 20:02:21

#3です。おまけです。

>「指揮者ってさあ、何のために居るの? 指揮者によって違いが出るの?
>正確なテンポを指示するだけなら音の出ないメトロノームでもいいんじゃないの?」

今は亡き山田一雄が聞いたら怒るだろうなあ・・と思ってYou Tubeを調べたら、ちゃんとアップしてくれている人がいました。

正確なテンポを指示するだけではおさまらない指揮者の筆頭 山田一雄
(あまりに興奮して、演奏途中に指揮台から転げ落ちたというエピソードが残っています。

マーラー 交響曲第一番「巨人」より 第四楽章の最終部分
http://www.youtube.com/watch?v=VNgPsGC71yY

投稿日時 - 2014-07-01 00:01:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

ご提示のURLを参照して勉強しますわ

投稿日時 - 2014-07-01 19:42:20

ANo.6

指揮者によって演奏が変わるか。
答えは、YSEです。
この曲って「ボサノバ」なんだけど・・・。「スイング」になってる。とか。
細かな指示ですが、クレシェンドしていく場合に、どこの音からクレシェンドを初めてどこの音でMAXにするか。そのMAXの状態を維持するか、すぐに落とすか。様々な細かい指示が積み重なると、曲として組み上げた時にそれぞれの指揮者の持つ個性が音楽と言う表現で変わってきます。
管楽器の基礎練習の1つの方法なのですが、これを曲として見立ててみます。

必要な物。小学生が使うリコーダー。(息を使う物なら何でもOKですが)

では、楽譜はここにかけないので・・・。

1オクターブの音階。

ドレミファソラシドドシラソファミレド  これを3回繰り返します。

その1
この音階を音が高くなるにしたがってクレシェンドして下がるにつれてデクレシェンドして下さい。

その2
音階が高くなるにしたがってデクレシェンドをして下がるにつれてデクレシェンドして下さい。

その3
1回目の音階でクレシェンドして2回目そのまま維持3回目でデクレシェンドしてください。

実際には強弱記号や楽典によっての奏法がありますが、楽譜上に全く指示がなく、かつ楽典を無視して3人の指揮者がこのような演奏指示を出してきた場合、こんな事もあり得る。で書いてます。
同じ1オクターブの音階を3回繰り返すだけですが、実際に音を出して自分の耳で聞くと「違いがわかる」かもしれません。

ちなみに、指揮者の師弟関係を見ながら演奏や指揮を見ると曲の作り方や、指揮棒の振り方が似ている等細かい所まで見るとおもしろい発見があったりします。

ブラバンとかオケで実際に楽器を演奏している人とかでないとわかりにくい事も多いので、専門的ではなく音楽にあまり詳しくない人でもわかる入門講座編みたいに書いてみました。

いかがなもんでしょう?

投稿日時 - 2014-06-30 23:37:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

いかがなもんでしょ、と言われても私の頭の中で再現することはできませんでした。


>指揮棒の振り方が似ている等細かい所まで見るとおもしろい発見があったりします。

質問とはぜんっぜん関係ないけど、いわゆる応援団のリーダー(詰襟着た団長とか)が校歌などの斉唱時に前に立って手を大げさに振るサマは、オーケストラの指揮者を模したものだそうです。
ま、応援団なら手の振りもパフォーマンスになりますが、オーケストラは指揮者を見るために聴いてるわけじゃないしね・・・

投稿日時 - 2014-07-01 19:41:28

#3です。

先ほどの回答で、速い方はとりあえずカルロス・クライバー(演奏時間7分20秒)で出しましたが、もう少し調べてみると下の指揮者の方が速いですね。演奏時間は6分15秒。提示部を繰り返している演奏としては驚異的な速さだと思います。(ただし、解釈としては、私はあまり好きではありません。)

指揮:ノリントン シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.youtube.com/watch?v=QDgUJDxKgKs

遅い例で出したクナッパーツブッシュの演奏時間は9分50秒です。テンポが遅い指揮者と言えば真っ先に名前がある不世出の大指揮者。おそらく世に知られている演奏で、これより遅い例は存在しないでしょう。

他にも「運命」の演奏はYou Tubeに山ほどアップされてますので、ぜひいろいろ聞き比べてください。
絶対に、「好きな演奏」と「う~ん?と思う演奏」が出てくると思いますよ。

投稿日時 - 2014-06-30 23:07:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

ですから速い遅い、はもういいです。
単に速さがちがうんでしょ?(玄人にはそうではなくても素人には単に速さの違いにしか聞こえない) 

速く指揮したときは会場の借り賃の問題で早めに退出したかったのでは?
あるいは前が押したために、観客の終電の時間を考慮したとか。

もっと劇的な違い、たとえば、「エリーゼのために」が「キッスは目にして」に変わるぐらいの違いになるなら、
「おお、●●指揮者のコンサートか! これは万難を排しても会場に行かねば!」
となりますが、そうでないなら・・・

投稿日時 - 2014-07-01 00:13:30

ANo.4

演奏会での指揮者は、誰がやってもそんなに変わりません。

演奏会前の練習に意味があるんです。
練習で、事細かく各パートに指示します。
その時に、各指揮者の個性や、曲への捉え方が出ます。
例えば、同じ曲でも、指揮者によって、バイオリンを強くしたり、弱くしたり、弾き方が変わってきます。
それで、その指揮者の曲にしていきます。

全体的には、同じ曲のように聞こえますが、指揮者のよって全然捉え方が違うので、曲の雰囲気が変わってきます。

投稿日時 - 2014-06-30 23:00:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

>例えば、同じ曲でも、指揮者によって、バイオリンを強くしたり、弱くしたり、弾き方が変わってきます。
それで、その指揮者の曲にしていきます。

うーん、そういわれてもなあー
結局、クラッシック、オーケストラ、という枠の中からは抜け出せないわけでしょ?
出来る範囲で工夫している、頑張っている、それがわかる人にはわかる、と言い張られても、
わからん人にはわからんのですよ。

「バイオリンを強くしたり」って言いますが、
「おい、俺の解釈ではここの部分はもっとバイオリンンを強くすべきだ、しかしもはやバイオリンの音量では無理だ。よってこのパートのみ、バイオリンを10名増やす。別の楽団から連れてこい!」
とか
「ここ、バイオリンを際立たせたいから、バイオリンのソロ、ってのはどうだい? ユニークだろ。ほかのメンバー休んでて良し! これが俺の楽譜解釈だ! わはははは」
とか、やらんでしょ?

がんじがらめの中で「変えてます」「努力してます」「解釈が違います」って言われてもなあー
もっと斬新なことやってください。

投稿日時 - 2014-07-01 00:06:38

もちろんあります。
演奏を聴いただけで指揮者を当てられる人もざらにいます。

一番客観的な指標としてわかりやすいのは、演奏時間でしょうね。
同じ曲なのに、指揮者によって千差万別です。

有名な「運命」で比較してみましょうか。

指揮:クナッパーツブッシュ ヘッセン交響楽団 1962年
http://www.youtube.com/watch?v=W2ECGXoLPpA

指揮:カルロス・クライバー ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
http://www.youtube.com/watch?v=_kBiT3YBNeI

投稿日時 - 2014-06-30 22:37:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

ご提示のURL参照しましたが、速さの違いしか判りませんけど。

いまどきのデジタルオーディオプレーヤーなら速度調整機能ついてますから、僕はそれで結構です。

余談ですが昔はLPレコードをEPモードやSPモードで再生して遊ぶ、ってのやりましたよね。
あ、若い人にはわからんか・・・

投稿日時 - 2014-06-30 23:35:39

ANo.2

>本当に指揮者による演奏の違い、というのはあるのでしょうか?

あります。
オーケストラは一個の大きい楽器です。指揮者はその大きい楽器の演奏者です。自分では音を出さないが、オーケストラと言う一個の楽器を弾いているわけです。同じ楽譜を見て弾いても、演奏者(この場合は指揮者ですね)が違えば、ちょっとしたところの弾き方が違ってきます。

単体の楽器、たとえばピアノならピアノ一台、で演奏される曲のほうが演奏者による違いが、日頃クラシック音楽に耳が慣れていない人にとっては、より分りやすいかもしれませんね。オーケストラのような色々な楽器の複合体で一つの楽器、というのは耳が慣れないうちは聞き分けるのが大変かもしれません。

もっと違うたとえで言えば、同じ小説を違う俳優さんが朗読すると違う感じに聞こえる、ようなもんです。ちょっと乱暴なたとえですが。


>単に玄人が玄人知識をひけらかしたいために、ありもしない差異があるかのように言っているだけではないでしょうか?

素人にだって差異はわかりますよ。まあでも本当にオーケストラの音楽が好きで良く聞いている人でないと微妙な違いは聞き分けにくい、ということはあるかと思います。でも素人は差異が分らないなら分らないでもいいと思います。分る範囲で楽しめばいいのですから、音をね。

CDでもいろいろ聞けますが、やはりホールでのライブ鑑賞が本道です、興味があるならぜひホールで生の音を楽しんでみることをお勧めします。

投稿日時 - 2014-06-30 22:06:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

>ちょっとしたところの弾き方が違ってきます。

具体的にはどんなところですか?
というか喧嘩を売るわけじゃないですが、数十人からなるオーケストラで数十分の演奏において、
ほんの一部分がちょいと変わっただけで、違いを聞き分けられません。

たとえば、
「この曲はオーケストラ編成で演奏するのが通常だが、俺はこの曲は吹奏楽が向いていると思う。
 誰が何といおうと、俺は今後一生、この曲は吹奏楽でなきゃ指揮しない」
ぐらいの違いならよくわかりますが。
そこまで突飛な指揮者は居ないでしょ?

マニアにしか違いが判らないんじゃないかなあ?

投稿日時 - 2014-06-30 23:32:45

ANo.1

こんにちは
 指揮者に指揮をして貰う演奏者として…
 指揮者によって音楽が全然が変わります(^-^; 人柄も大きなファクター
 最もクラシックの場合は、ポップス好きの方から見れば五十歩百歩と受け取られるかもしれない程度の変化ですが演奏者当人たちのテンションは指揮者によって全く変わります。

 何度も取り直しが利いて演奏データ差し込みすら出来る模範演奏的なCDよりもノリ重視のクラシックのライブを聴きに来て欲しいですm(^^;m

投稿日時 - 2014-06-30 21:36:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

そのテンションの違いが演奏の違いになって聞こえてきません、素人の耳には。

投稿日時 - 2014-06-30 23:26:10

あなたにオススメの質問