こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「暑」という漢字の出どころ

ふと疑問に思ったので、ご存知の方がいらしたら教えてください。

日本語の「暑い」と「熱い」は同じ読み方ですから、「アツイ」という日本語に中国由来の漢字を当てはめたときに「暑い」「熱い」に分かれたのかな、と思っていました。

ところが、調べてみると、中国語では「暑い」も「熱い」も「热」(熱に似た字)で表すそうです。

とすると、「暑」という漢字はいったいどこからやってきたのでしょうか。
日本でできた漢字なのでしょうか?
だとすると「暑い」と「熱い」を区別する発想は日本に源流があるということでしょうか?

それとも私が調べ足りないだけで、中国語で「暑い」「熱い」は明確に区別されているのでしょうか?


英語でも「暑い」「熱い」はhotで事足りますし、そもそも両者を明確に区別する言語ってあるのか?どうして日本語では読みは同じで文字だけが違うのか?と素人ながら不思議に思っています。

投稿日時 - 2014-07-04 02:35:10

QNo.8664135

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

両方とも漢語由来だと思います。

暑ーーー天候に対して。太陽の下の柴(燃えやすい小枝)  日本語の者の意味と異なる。反対語=冷
熱ーーー温度に対して。そのもの自体があつい       反対語=寒、冷
漢字を借りて日本語を使えば、必ず境界線が出てくるので、長い間には漢語の本来の意味から逸脱した使用法も現れます。やまと言葉に両者に匹敵する単語(表現)があったのかどうかはわかりません。

スペイン語では一般にcaliente (カリエンテ)=hot ですが、暑い気候、暑い日、にはcaluroso(カルローソ)=hot, warmも使います。 気候の場合は地域による住民の温度感覚が影響してきます。エスキモーのhotは摂氏5度ぐらいかも・・・   

投稿日時 - 2014-07-04 11:26:25

お礼

「暑」という字は漢語にもあるけれど、日本語の「あつい」に充てる際に少し意味がねじれてしまったというわけですね。
なんだか今の日本語のカタカナ英語のありようと似ていますね。
スペイン語の例示も大変勉強になりました。
まさに知りたかった回答でした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-04 13:06:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

暑いは、日の下にいる者は暑い
熱いは、下から火を炊いているというようにききましたが。

中国語は不明です。

投稿日時 - 2014-07-04 03:04:48

お礼

なるほど、「暑」「熱」は由来からして意味が違っているようですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-04 13:04:15

あなたにオススメの質問