こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国の公式地図で尖閣諸島が日本領になっている件

題名の件を日本の外務省の公式サイトの尖閣諸島の領有権を訴える動画と一緒にきちんと発信したら、中国はどうこたえるのでしょうか?

中国の公式な地図と中国の尖閣領海侵犯を時系列で並べるだけで中国の武力侵略は明らかですが、やはり日本のねつ造だとかなんとか言ってくるのでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-04 12:34:07

QNo.8664488

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>……きちんと発信したら、中国はどうこたえるのでしょうか?……やはり日本のねつ造だとかなんとか言ってくるのでしょうか?


その通りでしょう。……そういう国ですので。

日本人も尖閣諸島については殆ど知識がありませんので、質問が後を絶たず、回答者も質問者を納得させられるだけの知識を持ち合わせないのが現状だろうと思います。

ましてや中国は「厚顔無恥」や「居直り強盗」を堂々と表明することから「息をするように嘘を吐く」とまで言われる性格の国民性がある国ですので「中国が捏造しておきながら『日本が捏造している!』と主張する」など「当たり前の戦略行動」です。

1ヶ月以上前の話なので検索する気が起きないのですが(汗)、Asia 安全会議で中国の外交官が「我が国は建国以来ただの一度も他国を侵略したことがない平和な国家であるが……」と切り出して諸外国の出席者から失笑が湧いたにもかかわらず、平然と頓珍漢な主張を続けた記事がありました。

尖閣諸島問題の資料については

http://en.wikipedia.org/wiki/Senkaku_Islands_dispute#Territorial_dispute

から左側の日本語 Page と中文 Page も開いて見較べてください。

各章の配列はほぼ同じですので中国語が解らなくても漢字と年号数字から英文と日本語文、中文の資料に齟齬があることが見てとれるでしょう。

因みに御質問者さんが仰る「中国の公式な地図」とは「中国の中学高校期に用いられる社会科の教科書及び参考資料の地図」が有名で「1970 年代に尖閣諸島を中国領とする地図に改訂する以前の地図は抗日戦争以前の資料に基づいて作成されたものであることから中国政府の代表したものではない」というような理由で中国が否定していることも、この手の問題に興味がある者にはよく知られている話です。

現在の中国は毛沢東主席からの共産主義政府による中国であり、毛沢東の敵であった蒋介石の政府はもとより、それ以前の政府とも何の繋がりもありませんので、清国が何を決めていようとも今の中国政府にとっては全て「認められないこと」「嘘や捏造」で片付けられるものです。……中国に於いて歴史は事実を明らかにすることではなく、いつの時代でもその時の政府が主張することこそ歴史であり真実となるのですから……まぁ朝鮮も同じですし、戦前の日本もそうであったように「歴史は事実を白日の下に曝すこと」という近代国家の考え方がに達していない国に「事実を明らか」にしてみせても効果はありません。

Wikipedia 日本語 Page は中国の主張を否定する論拠まで解説していますので、その考察も比較的信頼性の高いものではないかと思えますが、領有権は歴史的事実だけでは収まらないものであり、特に上述の近代国家としての歴史観を持たない国では結局のところ無力に裏付けられた実効支配しか領有権など認められないというのも事実でしょう。

そのため、日本としては中国の武力侵攻を生じさせないための防衛力を維持することだけが確実な防衛戦略であり、動画配信などがどれほどの威力を持つものなのか甚だ疑問です。

既に情報に関しては上記 Wikipedia でも民間の研究者が大量の資料を配信しており、各国の政治的背景を考慮して見較べる Literacy を有する者であれば「不充分な資料しか提示できない限られた時間内で紹介せざるを得ない Video など、政治的宣伝工作以上のものではなく、大した効果を得られるものではない」と看破してしまうでしょうね。

尤も、そうした限られた資料しか示すことができない不充分な情報だけで国民を誘導、煽動するのが Mass Media ですので、Mass Media 式の情報操作を有り難がる国民が大騒ぎするほど Mass Media は儲かるし、国民が Mass Media に踊らされて幾ら騒いだところで何の解決にもならないのですが……。

再答しますが「情報をきちんと発信」したところで「捏造だ!」と言われるだけのことであり、当事国以外は詳細な資料を検証して判断する気などさらさらありませんので、何の解決にもならないばかりか状況を好転させる進展にもならないだろうと思います。

本気で状況を進展させようとするのであれば、消極的な「資料公開」などに期待はせず、諸外国を実利に繋がる当事国に巻き込むことしか方法はないでしょう。

尖閣諸島周辺に石油が埋蔵されている可能性があると判った 1969 年、中国は石油開発権を米 Gulf 社に与えて社会科教科書地図を改訂しています。

当時の沖縄は米軍の施政下にあって日本に返還されていませんでしたので、日本としては「米国が日本政府との協議の下で掘削権を主張するのであれば兎も角も、中国政府が Gulf 社に開発権を与える権利はない」と抗議して米国を利益誘導するのが戦略的常識であろうに、琉球政府に領有権を主張させるという消極的な対応しかしていません。

まぁ 1972 年の日中国交正常化に向けての時期でもあり、日本政府筋も積極的な対抗戦略を立てられない情勢下にあって、中国の戦略に対して後手に回った感があるのですが……。

まぁ、まともに考察しようとすれば、地理学上の歴史的資料なんてものだけはなく、各々の時点に於ける政治的背景や社会情勢に至る膨大な資料を漁らねばならない問題ですので、迂闊な提案などはできない問題だろうと思います(^_^;)。

投稿日時 - 2014-07-04 21:30:26

お礼

ご回答ありがとうございます。そもそも尖閣と言うのは結構歴史的にも複雑だというのは知っているつもりです。

おっしゃる通り他国の事なんてだれも興味持たないだろうと思います。

やはりベトナムが中国と衝突したとか事件が起こった時に合わせてこちらも中国の地図なんかを紹介して中国の侵略行為だと騒げば、ベトナム側でも都合がいいから引用してさらに騒いでくれるだろうし、そういうイベントを狙って話題作りするのが一番なんでしょうね。

投稿日時 - 2014-07-04 21:38:30

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

正直言って、そんな昔の地図なんて役に立たないだろう。
オスマントルコの時代、ローマ帝国の時代、近隣諸国の地図はそうなっていただろうし、、今、トルコもイタリアもその地図を元に「我々の領土だ」なんて言わない。

また、日本は「閣僚会議で領土確定した」わけだが、その深夜の会議の存在があきらかになったのは、その何年も後のこと。加えて、「事前に領有権の有無を調査し、閣僚会議後に近隣諸国へ通知した」とあるが、ではあの時代どんな手段で通知し、近隣諸国の回答はどうだったのか?外務省のHPにも書いてない。
日本の主張だって怪しい部分はある。

さて、領有権問題は、昔の文献や資料ではなく、最新の条約、つまりサンフランシスコ平和条約が根拠となる。そして、尖閣の施政権を米国は日本に返した。これで充分。

サンフランシスコ平和条約締結後、時の吉田茂総理は「日本は再び独立した」と国民に報告した。国民は大いに喜んだわけだが、、英語原文には、independentやindependenceという単語は一度も使われていない。国連憲章にはまだ敵国条項があるし、、公式文書で日本は本当に独立しているのだろうか?疑問だ。

投稿日時 - 2014-07-04 14:30:57

お礼

昔の地図と言ってもサンフランシスコ平和条約以後に現在の中国の公的機関が発行した公式なものなので、むしろサンフランシスコ平和条約を追認する効果を持つのではないでしょうか。

そもそも中国はサンフランシスコ平和条約に参加していない(その時は中華民国)のでそんなの知らないと言ってませんでしたっけ。

独立って詳しい定義を知りません。そもそもそこまで厳密にいうのならアメリカって独立国なのでしょうか?自分で独立したと言って独立記念日まで定めていますが、根拠となるものがなんであるかはわかりません。

投稿日時 - 2014-07-04 15:27:20

ANo.4

噂ですが
尖閣を日本政府が買い上げた時に
中国が猛反発して、もともと尖閣は
中国領だったと発言。その後
日本国内の古本屋で古地図を
中国人が買い漁っていたとか。

その買い漁っていた地図は
過去に中国が発行した地図で
尖閣が沖縄県との記述のものばかりとか。

日本の国会図書館にも
そのような地図があると思うし
個人所有の古地図もあると思う。

今後の中国の行動で、
そのような物証(古地図)を公表できる・・・かな。

投稿日時 - 2014-07-04 13:33:42

お礼

ご回答ありがとうございます。中国って韓国程じゃないけれど本当に爆笑ですね。せっかくだから一杯発行して売りつけてしまえばいいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2014-07-04 15:21:58

ANo.3

尖閣諸島は日本にとっては日本の領土
中国にとっては中国の領土
台湾にとっては台湾の領土

お互いが自分の領土だーと主張するのは当然です

投稿日時 - 2014-07-04 13:06:01

お礼

その中国は公式に日本の領土だと考えていた証拠が残っているようですが。ウソばかり喚き散らして戦争を仕掛けてくる精神障害のような政府には困ったものです。

投稿日時 - 2014-07-04 13:09:28

ANo.2

>中国の公式地図で尖閣諸島が日本領になっている

どの時代の「公式地図」だろう?

中国は「ねつ造」などとは言わないでしょう。

厚かましく「地図作った奴が間違えたんだろう」って言うでしょう。

奴らは、地図なんか「単なる絵」としか思ってません。

奴らは、地図に書かれた国境線を見ても「これは便宜的に書かれた『ただの線』であって、我々政府が公式に認めた国境線とは何も関係ない」って言いますよ。

奴らの「国境線」って「軍が駐留、侵攻しても撤退せずに持ち堪えられる限界線」だからね。

>やはり日本のねつ造だとかなんとか言ってくるのでしょうか?

「ねつ造」がお得意なのは「半島」の方ですよ。

中国の十八番は、ねつ造ではなくて「武力で既成事実を作り上げる」ですよ。

投稿日時 - 2014-07-04 12:54:34

お礼

>地図作った奴が間違えた

なるほどそう来ますか。中国の公式の地図が間違ったまま公開されているのならば、中国の北京も上海も中国領ではないのに間違って中国領と記載されているという事にしときましょうか。固定資産税とか課税しないと。

投稿日時 - 2014-07-04 13:17:01

ANo.1

世界の地図をTVで紹介していましたが、
北朝鮮の地図は朝鮮半島全体が北朝鮮、
韓国の地図は朝鮮半島全体が韓国、
ロシアの地図は北方領土はロシア、となっているそうです。

まぁ、日本政府は日本領と教育し、中国政府は中国領と教育しているだけのことで、
なにも日本の教育が世界標準ではないのです。

日本政府の言い分しか知らないのではなくて、中国政府の言い分も聞いた上で
どちらに分があるか判断しなければならないのです。

投稿日時 - 2014-07-04 12:39:35

お礼

その中国政府の言い分を表す中国の地図にはっきりと日本領の尖閣諸島と書いてあるわけですので、その言い分は聞いたつもりですが。

投稿日時 - 2014-07-04 13:13:38

あなたにオススメの質問