こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当の友達としての国とは

自分が犬に襲われたときに、棒を持って一緒に追い払ってくれる人と
犬に向かって「襲うのをやめなさい」というだけの人のどちらを友達だと
思いますか?

私は棒を持って追い払う努力をしてくれる人が友達だと思います。
そして、犬畜生を説得しようとする人はバカだと思ます。
ですから私は、集団的自衛権の行使は当然のことだと
思っています。

それに反対している普通の人は、後者の「言うだけ番長」が良いと
思っているのでしょうか?バカな私にもわかるように説明してください。

投稿日時 - 2014-07-05 06:32:38

QNo.8665422

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

集団的自衛権ですか、実はこれは日本だけの問題なのです、世界中どの国も自国を防衛する権利は持っていますし、国連憲章でも認められています、この権利は集団的であるろうがそれ以外であろうが、防衛する権利であって集団的自衛権なんて、言葉で分ける必要性も無い物です、逆に集団的自衛権が無いのが日本だけ、隣の国は全部持っているのに、中国なんて、難癖付けて武力行使して、自衛権どころか侵略している国が、何言っているのです。
ですから、日本以外のどの国も当然のごとく持っている物だから、中韓の訳判らない連中以外は、その事についてクレームなど付けられませんし、中韓が騒いでも、それに同調しません、国である以上当然の権利ですから。
判りやすく言えば、日本は戦争に負けた統治されたため防衛する権利に制限がかけられ、復権した時に本来なら直すべき法律を直さなかったために、自国を防衛する権利の1つが無かった日本が、それを持つことに、中国や韓国は反対しているという事で、他の国は基本的権利ですから、もっていて当たり前の事で、それに反対する事は自己否定するような物ですから、普通になったね!と言うだけです。

投稿日時 - 2014-07-05 07:34:32

お礼

ありがとうございました。まったくそのとおりですね。

投稿日時 - 2014-07-05 08:57:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

他国の為に一緒に戦ってくれる国は無いでしょう。
日本だってそうです。
メリットがあるからこそ助ける訳ですから…

国と国の間に友情なんて存在しません。
戦ってくれるではなく一緒に戦わねばならん状態を作るのです。
これが国策です。

投稿日時 - 2014-07-05 15:35:34

お礼

ありがとうございました。

貴方にはそういう友達しかいないのですね。
可愛そうな人です。

投稿日時 - 2014-07-05 19:27:14

ANo.9

国家の本質が国益の追求にあるとすると(今までの歴史を振り返る限り、かぎりなくそうかと思います)、「お互いに相手を利用しあう」ために、同盟を結ぶというのが本質でしょう。まあ、戦前の日英同盟なんかは露骨にそうでしたし。


しかし、それはそれとして、互いの国の価値観が極めて近い場合、その価値観を共有することで信義を強めるという側面もあるかと思います。

例えばアメリカですが、アメリカには欠点も多々あるとはいえ、「公平」と「誠実」であることを貴重視するという点では、日米の価値観は割りと一致します。

ですので、互いに誠実な行動を積み上げていけば、互いの国民の評価も好転していきますので、より同盟関係が強固なものとなるでしょうし、現に今の日米関係がそれを現していると思います。


戦前の日英同盟でも、「一度約束(英国からは契約)を交わした内容は、裏切らない」という点では、日英の価値観は共通していました。
第二次世界大戦で日英が戦って、日本は負けたものの結果として英国の植民地を大量に減らしたために、英国の評価はガクンと下がりましたが、現在ではその評価もだいぶ持ち直しています。

投稿日時 - 2014-07-05 11:24:33

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-05 19:26:26

ANo.8

”本当の友達としての国とは ”
   ↑
そんな国は、世界中探しても、どこにも
存在しません。

どこの国も、自国の利益を図るために権謀術数の
限りを尽くすのが国際関係です。

そんな国際関係にあっては、あらゆる外国が仮想敵国
です。
友達なんてあり得ません。

まして米国です。
米国は、かつて中国と手を組んで、国連から台湾を
追い出した前科がある国です。
人体実験として、原爆を落とした国です。



”私は棒を持って追い払う努力をしてくれる人が友達だと思います。
そして、犬畜生を説得しようとする人はバカだと思ます。
ですから私は、集団的自衛権の行使は当然のことだと
思っています。”
   ↑
国際関係を個人の関係で例えようというのが、そもそも
問題です。

中国の軍事費は日本の三倍もあります。
このままだと中国が戦争を仕掛けてくる可能性があります。
戦争にならないようにするためには、
日本の防衛費を数倍に増やす必要があります。
核武装も必要です。

しかし、それは諸般の事情があって出来ません。
だから、米国と組む、というのが集団的自衛権です。

米国は米国で、中国に対する防波堤として日本を
利用しようとしているだけです。
友情などではありません。
米国の利益になる、という判断があるだけです。


”それに反対している普通の人は、後者の「言うだけ番長」が良いと
思っているのでしょうか?”
   ↑
反対している人は、米国と距離を採り
中国に接近すればよい、と考えているのです。
韓国の様にデス。
どちらが日本の利益になるかは難しい問題ですが
現在では、米国についた方が良いでしょう。
それだけの話です。

投稿日時 - 2014-07-05 08:35:26

お礼

あなた友達いないんですね。
可愛そうな人・・・

投稿日時 - 2014-07-05 08:55:44

ANo.7

犬畜生を煽り立てる捏造朝日を退治してくれる桃太郎が本当のトモダチだと考えます。

投稿日時 - 2014-07-05 08:32:19

お礼

そうかもね。ありがとう。

投稿日時 - 2014-07-05 08:56:14

質問者さんが、

「日本人は崇高な生き物だけど、日本人以外は"犬"と大差ない」とおっしゃっているのならば、犬に対して何を言っても通じるわけがないので、その通りだと思います。

でも、まともな人間ならば、相手も「人間」として考えるものです。
対話の重要性を考えられない日本人。
だから、日本人こそが"犬"と同程度にしか扱われないのだと思いますけどね。(笑)

投稿日時 - 2014-07-05 08:00:26

お礼

犬と人の区別もできないなんてかわいそうな人ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-05 08:57:01

ANo.4

年中棒を持ち歩いて街中をフラフラ歩いている人間の方が怖い
目をギラギラさせて

周囲からしたら、何を考えているのか分からず関わり合いを持ちたいとは思えない


これ誰のことだと思う?

今の中国かも知れないし
近い将来の日本かも知れない

自分達だけは特別で、正義があると思い込むほど怖いモノはない

それは中国にも言えるし、今の日本の○○にも言えること

投稿日時 - 2014-07-05 07:29:55

お礼

自営の話ですが・・・あなたも友達いない人ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-05 08:58:44

ANo.3

すごく難しい問題ですよね。
自分の友達が犬に襲われていたら助けようとすると思います。でも襲っているのがナイフを持った人間なら…分かりません。
犬でも自分の子供がたすけようとしていたら止めてしまうかもしれません。
考えすぎかもしれませんが集団的自衛権で危険な地域に行くことで自衛隊のなりてが激減して徴兵制になったらって思うと賛成とは言い切れないです。必要なことと理解もできるので反対もできません。
3人の息子がいますが自衛隊になると言ったら反対すると思います。
自分のことしか考えてないと批判されるかもしれませんが回答させて頂きました。

投稿日時 - 2014-07-05 07:15:54

お礼

徴兵制なんかそれこそ憲法でできません。
そんなことできるなら、ニートをはたらかせます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-05 09:00:04

ANo.2

うーん…
噛んだりとかトラブルを考慮して犬なんか最初から飼わないのが本当の友達です

投稿日時 - 2014-07-05 07:06:08

お礼

自分の犬は可愛いですが、野良犬は怖いですし、
怖い人の犬も怖いです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-05 09:01:01

ANo.1

マスコミや左翼集団の騙る中国や韓国は、ドラえもんのジャイアンやスネオという判断です。

ですので「話せば分かる友達」だと思っています。

だから殴られたり蹴られたり、嫌味言われたり虐められたりは、どうってことないと勘違いしています。
自分達に身の危険が及ばないと思っているくせに、戦争になったら戦死する兵士が~と叫びます。
そういう問題じゃないのにね。

投稿日時 - 2014-07-05 06:50:04

お礼

ありがとうございます。おかしいですよねやっぱり・・・

投稿日時 - 2014-07-05 06:52:56

あなたにオススメの質問