こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

賞金の財源(囲碁のプロ試合やノーベル賞)

囲碁、将棋、麻雀のプロ試合に出場すると、プレーヤーにファイトマネー(参加賞)が支払われます。優秀な結果を出せば、賞金が上乗せされる事もあります。高額で、億単位の場合もありますが、このお金は何処から出ているのでしょう?

お金持ちの人が居て、その人の貯金から出ているのでしょうか?そんな金があれば、私なら高級寿司屋に行って大トロを食べます。それでも余れば、プライベートジェット買って、それでカスピ海に行って、チョウザメを釣って、キャビアを食べます。つまり、お金をどれだけ持ってようが、他人に渡すのは変な感じがします。囲碁の棋士は赤の他人であって、自分の貯金を崩して支払う趣味なんかありません。投資家が誰かにお金を支払うときは、利子や債権など見返りになるものを残しておくでしょう。失効するリスクはありますが。

お小遣いとかお年玉なら少し理解できます。でも、せいぜい1万円です。

野球やボクシングなど、スポーツなら、ファイトマネーの出所は分かります。ズバリ入場料です。興行のビジネスモデルが成立しています。だけど、囲碁の対局って密室でしょ。囲碁の試合を催して、プレーヤーにファイトマネーを支払って、運営者は損するだけなのでは?ハイレベルな対局をモニター越しに観戦して楽しんだから、その対価としてファイトマネーを支払っても満足なのでしょうか?

ノーベル賞も気持ち悪いです。賞金の財源はダイナマイトで稼いだノーベルの遺産ですが、スウェーデンの国民なら遺産を全額没収して国家予算に回して減税して欲しいのでは?国家予算は税金で賄って、ノーベルの遺産は意味不明な論文を書いた外人の学者に渡すって、馬鹿馬鹿しいのでは?スウェーデン国の金が外に流れ出るのだから、ノーベル賞に文句のあるスウェーデン人は多いのでは?せめてスウェーデン人の学者に制限するべきでしょう。賞金の財源(囲碁のプロ試合やノーベル賞)

投稿日時 - 2014-07-05 20:36:56

QNo.8666287

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>野球やボクシングなど、スポーツなら、ファイトマネーの出所は分かります。ズバリ入場料です。

いうほどスポーツも入場料収入だけではペイしないんですよ。プロスポーツも含めたそういった興行が成立しているのは、スポンサーがお金を出してくれるからです。例えば囲碁、将棋などでは主催者の名前がついて、NHK杯とかドコモ杯とかありますよね。
サッカーの日本代表が外国代表とやるキリンカップなんてのは、飲料メーカーのキリンがスポンサーになって外国のチームを呼ぶお金や競技場を借りるお金なんかを出してくれるわけです。

そんなことよりプライベートジェット?
ええとですね、お金を出すのはお金持ち個人のポケットマネーじゃなくて、企業(法人)から出るお金です。プライベートジェットでキャビアをカスピ海まで行って食えるほどのお金持ちはどっかの会社の社長になっていることがほとんどですからね。
社長のポケットマネーじゃなくて、会社名義でお金を出す理由は、ずばり「税金対策」です。会社は儲かっていると容赦なく税金を取られます。企業にとって、税金は何も会社に対してプラスに作用しないので1円だって払うのは惜しいのです。
ところが、もし1000万円税金払わなければならないとするなら、それをスポーツ大会のスポンサーになればそれは経費として計上できるんですね。同じ金額なら、税金として払うより、広告費として使ってしまった方がいいのです。世間一般に知れ渡って企業イメージもアップしますし、スポーツニュースに取り上げられればテレビCMをしたようなものです。
スポーツチームのユニフォームやらなにやらにやたらとスポンサーのロゴがベタベタ貼ってあるのはそういう理由です。

ノーベル賞みたいなのは、財団を作ってその財団が得た資金を運用している場合が多いです。その財団はどこから資金を得ているのかというと、企業からスポンサー資金を得たり、お金持ちの寄付を受けたりです。お金持ちは、そういう財団に寄付をするとその寄付金の分は税金にとられないのです。お金持ちは寄付することで社会的名声を得るわけです。下世話な言い方をすれば、名声を買っているともいえますね。

投稿日時 - 2014-07-05 23:39:57

ANo.1

ノーベル賞は、ノーベルの遺産を「運用した利益」で賞金を出しています。ですから、没収されると、金を産まないものになりますし、そもそも1億円/年の財源を感情で潰してまでノーベル賞を国王から授与する機会を奪うほど、スウェーデン人は愚かではありません。

囲碁や将棋については、新聞社が協賛して優勝賞金を準備しているものがほとんどです。そのかわり、棋譜を新聞に掲載できるのはその新聞社だけ、となります。

投稿日時 - 2014-07-05 21:35:52

あなたにオススメの質問