こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中露連携の有無と、中国は本当に大国なのか?

2点、タイトルに挙げさせて頂きましたが、要するに中国のみですが、最近は大人しいのか?それとも日本国内が、『集団的自衛権』に振り回され、続け様に北朝鮮との交渉等で、話が逸れているだけなのか?南シナ海での、中国の暴挙が話題にもなりませんが、要するに中国は、太平洋の半分を我が物としたいが為、それでいて、やはりアメリカと戦争になれば、正直『勝てない』とのジレンマに陥り、共存する『二大大国』を、しきりに持ち掛けているようですが、先日の東シナ海で見られたように、ロシアとも、連携を深めようと画策しています。さすがにロシアが中国側に立てば、脅威以外の何物でもありませんが、一方で中国は、完全にロシアなど相手にしていないかのような米中連携(連携と言うより、最早、中国も大国なのだから、簡単に勝てると思って出て来るな!)を口にしています。中国側の現時点での評価は、完全に『ロシアには勝てる』と踏んでいるような気がするのですが、果たして中国は、ロシアに勝てるほど強くなっているのでしょうか?当方自身は、アッと言う間に殲滅されると思っています。これは、同様に、尖閣諸島で有事が起きた場合、恐らく中国は、いとも簡単に自衛隊により、蹴散らされ、南シナでもアメリカが回帰すれば、同様です。こんなにも弱く、勝てる見込みの無い国が、本当に大国なのでしょうか?武器装備は一応十分過ぎる程、あるのかも知れませんが、やはり逃亡癖、人間的に弱い集まりの中国が、大国と言えるのか?疑問で仕方がないのですが?

投稿日時 - 2014-07-07 05:28:06

QNo.8668180

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中国は過去200年(アヘン戦争以降)欧米や日本に良いようにされて来た恨みつらみが鬱積していると見るべきでしょう。最近の経済発展でいよいよその仕返しが出来る時期が来た、と軍部中心に感じ始めているようです。それが南シナ海などの動きに現れています。

この海域で海軍を中心とした軍事基地を強化すれば(東南アジアから台湾にかけてのいわゆるシーレーンで)米国とも十分対抗(凌駕)出来る勢力になると分かっているからです。(東シナ海は日米同盟が強いので当面は南シナ海重視です)

最近のロシアとの提携は反米の利害でつながっているだけです。ロシアとは仲が悪かった時代もありました。

投稿日時 - 2014-07-07 09:57:37

お礼

ありがとうございます。まだまだ百年早い事を、再教育せねばなりませんね。そして、未来永劫そんな日は来ない事も。

投稿日時 - 2014-07-07 14:58:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>>◇中露連携の有無

これは、実現しても、極く一時のものでしょう。
ロシアは、歴史的にも、中国を信用していませんし、敵視していますからね。
中国人も信用していないはずです。

>>◇中国は本当に大国なのか?

「大国」の定義にもよりますが、少なくとも、アメリカのような、文化的内実を伴った大国ではないですね。
「張子の虎」ですよ。
「世界の大国」には、ほど遠いですね。
言わば、教養のない、腕自慢のヤクザ者に過ぎません。
その腕(軍事力)も、日米の連合には歯が立ちませんし・・・。
精々、東シナ海でいたずらをする能力しかありません。
で、そうしている間に、共産中国は崩壊するでしょう。ヾ(^ω^)  

投稿日時 - 2014-07-07 11:28:29

お礼

ありがとうございます。互いに敵同士ですからね。当方も、そう思います。また、中国に関しても同様で、張り子の虎をやって来たソ連を見ていたが為に、そう言った手は、お手のもののようですが、今度は、消えて貰う時ですね。

投稿日時 - 2014-07-07 15:02:42

ANo.3

回答の追加。
中国がロシアに勝てると思っているのでしたら、それはただの勉強不足です。

中国の兵器は基本ロシア製。コピー兵器もありますが、高度な部品。例えば、戦闘機のエンジンは製造どころか整備すらできず、すべてロシア依存。

こんな状況で、どうやって勝てるのでしょう?

核でもロシアの方が質、量ともに圧倒的にロシア優勢です。

投稿日時 - 2014-07-07 09:32:25

お礼

ありがとうございます。その通りと思っています。

投稿日時 - 2014-07-07 14:55:51

ANo.2

核をそれなりの数だけもっているので、十分脅威ですよ。

投稿日時 - 2014-07-07 09:15:46

お礼

ありがとうございます。まともに飛べばの話ではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-07 14:54:38

ANo.1

”こんなにも弱く、勝てる見込みの無い国が、本当に大国なのでしょうか?”
    ↑
中国は朝鮮戦争で米国に勝利した、という
認識を持っています。


”武器装備は一応十分過ぎる程、あるのかも知れませんが、
 やはり逃亡癖、人間的に弱い集まりの中国が、大国と言えるのか?”
     ↑
朝鮮戦争では、中国はお得意の人海戦術で
米国軍を大いに悩ませておりますが。
撃ち殺しても撃ち殺しても、次から次へと
突撃してくる中国人民解放軍の兵士達。
発狂する米兵が続出したと記録されています。

ウエストポイント始まっていらいの成績で卒業した
マッカーサーも、これにはお手上げでした。
こんな戦術は米国では習わなかった。

中越戦争では、同じ事をベトナム兵が供述しています。
もっとも、この戦争で中国軍も大きな被害を受けており
これをきっかけに軍の近代化を図るようになった
と言われています。

ああいう人権無視国家は怖いですよ。
天安門事件で、鄧小平曰く。
百万ぐらいだったら殺してもいい。

数千人が殺されただけで大騒ぎし、厭戦気分が
盛り上がる米国とは違います。
自衛隊員に犠牲者が出るから、集団自衛権を止めろ
という日本とは違います。

投稿日時 - 2014-07-07 06:26:38

お礼

ありがとうございます。米に勝ったというのは、錯覚だろうと思っています。おそらく疲弊してたんではないでしょうか?中国の人海戦術は理解出来ますが、それは、米が、まんまと罠に嵌まり、深入りし過ぎた為と聞いた事があります。いずれにしろ、米は次回訂正が効く失敗ばかりですので、二度目はありません。ましてや、ゲリラ戦まで行かない手法で行くと思っています。

投稿日時 - 2014-07-07 14:53:19

あなたにオススメの質問