こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オシロスコープ初心者

オシロスコープの1倍プローブがpp80Vとなっています。

ダミーロード抵抗を直列に挟んで電圧降下させればコンセントのpp288V交流波形とかも調べれるんでしょうか?(耐圧オーバーで壊れないか?)

投稿日時 - 2014-07-10 16:52:40

QNo.8672591

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

何か誤解があるようですが、
> はい。初心者なんで申し訳ありません。
> もっと知識があれば聞かなくて済むんですが。
知識のある人ほど、よく聞きますよ。
知識があっても限られた分野だけだから、他分野に関しては訊いた方が速いです。
問題は、回答がどこまで理解できているかわからないことです。

「DSO Nano v3」の回路図見ると、
http://www.seeedstudio.com/document/pdf/DSO%20NANO%20V3.0schematic.pdf
入力抵抗は513.3kΩ~1.02MΩの範囲でレンジによって変わります。
従って、市販の10:1プローブはアダプタ付けようが使えません。

簡単に作りたかったら、下図のような分圧器が良いでしょう。
抵抗はこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-03517/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-03406/
基板はこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03229/
作った後、使ってないランドは半田ごてを当てて剥いでおきます。
また抵抗がぐらぐらしないようにしっかり取り付けて、チャンと距離を取り、絶縁に注意して作ります。
20kΩの抵抗に「DSO Nano v3」の入力抵抗が接続されるため、分圧比は100:1よりも少なくなりますが、正確な分圧比が知りたければ、使用レンジから計算して下さい。
ここによれば、使うときピリッと来るかも知れませんが、心臓に直接電流が流れないんで安全でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E9%9B%BB
使うときは「DSO Nano v3」とパソコンはUSBで接続しないで波形をメモリし、
そのあと分圧器から外してパソコンとUSBで接続します。
使うとき「DSO Nano v3」とパソコンをUSBで接続すると、パソコン電源のノイズフィルタの影響で正しい測定はできない可能性が高いです。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2014-07-17 16:47:15

お礼

ここまでしてもらい、大変ありがとうございました。
図を参考に作ってみようと思います。まずは部品集めします。

投稿日時 - 2014-07-17 17:22:07

ANo.10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.9

> この2つのプローブの違い(1倍か10倍か)を調べる方法分かりますか?
信号発生器内蔵なんで、そこにつなげればわかるでしょう。
でも、写真で見る限り2つとも1:1のようです。

なぜAC100Vの波形観測にこだわるのかわかりませんが、危険なことは物の理屈がわかってからにした方が良いですよ。

投稿日時 - 2014-07-15 22:54:03

お礼

はい。初心者なんで申し訳ありません。もっと知識があれば聞かなくて済むんですが。

投稿日時 - 2014-07-15 23:59:23

ANo.8

> 10倍プローブ買ったほうがいいと思います。
残念ながら、市販されている10倍プローブは、入力抵抗1MΩのオシロ用です。
「DSO Nano v3」のように入力抵抗が>500kΩでは使えません。

> 10倍プローブなら耐圧800Vだからコンセントのpp282V問題ないですよね?
これも一般に市販されている10倍プローブは耐圧600Vです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00239/
pp282Vは問題ないんですが、コンセントの電圧はpp282V±何Vだかわかってますか?
前にも書いたとおり、感電事故に注意が必要です。
また、測定の時にパソコンをつなぐと、大変なことになる可能性があります。
ANo.7のコンデンサは交流電流を通すから、トラ技の旧記事を探すことを薦めます。

測定ケーブルが50Ωとかゆう話もあるようですが、オシロの測定ケーブルは全然違います。
10倍プローブ先端に9MΩ+測定ケーブル+入力抵抗1MΩで測定ケーブルが50Ωだったら、インピーダンス・マッチング取れないから反射しまくって波形観測なんかできないことは、電気初心者でもわかると思います。
その点に関しては、ここのBBSの「オッシロプローブ用線路の特性計算」が参考になるでしょう。
https://bbs.ednjapan.com/ADI/index.php?bid=4&v=1298973393ZnBKHk

投稿日時 - 2014-07-15 10:30:00

補足

この製品、箱の中に説明書入ってないんでどっちが10倍かわからないんですよ。

投稿日時 - 2014-07-15 22:38:52

お礼

ありがとうございます。
DSO Nano v3 の箱の中にプローブが2セット入ってました。テスター使ってこの2つのプローブの違い(1倍か10倍か)を調べる方法分かりますか?単純に入力と出力の抵抗値で10倍かどうかわかりますか?

投稿日時 - 2014-07-15 21:36:49

ANo.7

高抵抗高精度の抵抗分圧でしょうが周波数成分も含めて考えるとプローブ買った方がよいのでは。
高抵抗高精度でショートして必要な電圧部分から取り出す。

測定時のアースライン関係による故障もあるらしいのでオシロの特性をつかんでください。(Cを入れるなど)

投稿日時 - 2014-07-14 10:08:47

お礼

はい。10倍プローブ買ったほうがいいと思います。
ところで、10倍プローブなら耐圧800Vだからコンセントのpp282V問題ないですよね?

投稿日時 - 2014-07-14 21:02:32

ANo.6

直列ではなく、抵抗分割してやればよいだけです。

オシロのスペックリストにある内部抵抗の1/10程度の抵抗で分割してやればよいです。
ただし、測定電源のインピーダンスが高い場合には、難しいです。


オシロの内部抵抗が、50オームと書かれている方はちょっと勘違いされている部分があるようですね。
それは、測定プローブのケーブルが持っているインピーダンスのものであって、そのままの抵抗じゃありませんので。

抵抗で電圧を分割してやれば、その電圧しか出ませんので、耐圧もそこにおさまっていればよいだけの話です。

直列に入れるのは、駄目ですよ。
測定するもののインピーダンスや、オシロのインピーダンスなども絡んできてしまい、思っているような数値にはなりませんので。

投稿日時 - 2014-07-13 00:55:37

お礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日時 - 2014-07-13 03:44:34

ANo.5

80vpp は x1 の場合ですね(付属品)。x10のプローブもあるはず。
千石とかに問い合わせては?

投稿日時 - 2014-07-11 12:17:43

お礼

問い合せました。純正品はないようです。他のメーカーのを変換アダプタ2段重ね(本体に差す所)で使わないといけないようです。

投稿日時 - 2014-07-11 15:03:10

ANo.4

「DSO Nano v3」の仕様を見たら、入力抵抗が>500kΩになってました。
ケースが金属製だから感電する可能性が高いです。
入力抵抗が不明だから、ダミーロードを直列に入れるのは難しいでしょう。
不可能ではないけれど、他に測定器が必要になります。

以前の雑誌「トランジスタ技術2002年6月号」p.238~に「安心して商用電源波形を観測できる…オシロスコープ・アダプタの製作」とゆう記事がありました。
図書館で調べて作って見たらどうでしょうか?
多分、1~3000円(手持ち部品による)でできるはずです。

投稿日時 - 2014-07-10 21:23:22

お礼

ありがとうございました。その本手に入ればやってみます。

投稿日時 - 2014-07-10 21:31:06

ANo.3

内部抵抗50Ωのオシロスコープって、こんな風に50Ω/1MΩの切り替えスイッチが付いてます。
http://jp.tek.com/sites/tek.com/files/media/media/resources/DPO7000C-Oscilloscope-Datasheet-JA-JA-12.pdf
コンセントの電圧は低周波なんで、入力抵抗を1MΩにしてこーゆープローブ使って観測します。
http://jp.tek.com/oscilloscope-probes-and-accessories/differential-probe-high-voltage
普通(シングルエンド)のプローブ使うと、感電したり、漏電ブレーカが落ちます。
以前、部屋でパソコン使っていたら、新人が普通のプローブでコンセントの電圧を観測して漏電ブレーカを落とし、数時間分のファイルが消えたことがありました。

安価な普通のプローブ使ってAC入力電圧を観測したかったら、入出力が絶縁されたここの「SD-3010WM」使い、
http://www.matsunaga-mfg.co.jp/newpage8.htm
ここで売っている「高圧オシロスコーププローブ 100:1 250MHz TX3125」使うといいです。
入力抵抗も100MΩあり安心です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01176/

投稿日時 - 2014-07-10 20:08:04

お礼

DSO Nano v3 っていう安オシロです。
多分付属品は1倍だと思います。1倍プローブ使用時pp80Vって商品説明に書いてるんで。ところで、高耐W抵抗直列で1倍プローブがコンセント測定に使えるのかも教えてもらえないでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-10 20:45:21

ANo.2

こんばんは

オシロスコープで1倍のプローブは特別な高インピーダンス低容量の高機能なプローブです。

通常は汎用の10対1のプローブが標準の付属品になっていますので、こちらを使えば数百ボルトの耐圧があるはずです。

またオシロスコープの入力端子のインピーダンスは1MΩが一般的とおもいます。

投稿日時 - 2014-07-10 20:00:34

お礼

DSO Nano v3 っていう安オシロです。
多分付属品は1倍だと思います。1倍プローブ使用時pp80Vって商品説明に書いてるんで。ところで、高耐W抵抗直列で1倍プローブがコンセント測定に使えるのかも教えてもらえないでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-10 20:45:38

ANo.1

 理論上は、オシロスコープの内部抵抗は50Ωなので、150オームを直列に分圧抵抗をつなげは見れますが・・・但しオシロスコープに過大な電流が流れて壊れてします。

 したがって、ハイピーんダンスのプローグで10:1の物を使えば、電流が抑えれれ波形を見ることにが出来ます。

 

投稿日時 - 2014-07-10 17:20:56

補足

コンセント約280Vでした。間違いました。

投稿日時 - 2014-07-10 17:47:18

お礼

なぜ壊れるんでしょうか?オシロだけの時は最大80Vの時、
1.6アンペア流れますよね。(80/50)
で、150Ωダミー抵抗挟めば(288/150+50)で、
1.44アンペアしか流れないんじゃないですか?

投稿日時 - 2014-07-10 17:45:16

あなたにオススメの質問