こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国際連盟脱退後の委任統治領

第一次大戦後日本はドイツの植民地の一部を委任統治領として引き継ぎましたが、国際連盟脱退後法的位置づけとしてはこれらの地域はどうなったのでしょうか?

日本における法的位置づけはどうだったか、また国際法上はどういった位置づけだったのかが疑問です。

投稿日時 - 2014-07-11 08:18:03

QNo.8673480

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

https://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/bib01471.php



日本は、連盟脱退後も、連盟規約を含むベルサイユ講和条約批准国として
連盟規約を順守し、従来通り、南洋群島の委任統治をおこなうことを
連盟に通告、連盟総会も、これを承認しました。

※国際連合が、連盟の委任統治領を、信託統治領として引き継ぐまで、
国際法上は、日本に連盟から委任された委任統治領でした。

投稿日時 - 2014-07-11 09:37:11

お礼

どんぴしゃの御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-11 09:53:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問