こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ダウンロードとインストールの違いを教えてください。

 パソコン初心者です。

 インターネットでWindows9の検索をしてたら

 ベータ版のダウンロードと言うのを見つけました。

 ダウンロードしたら今使っているOSは消えてしまうので

 しょうか?

 ぜひダウンロードとインストールの違いを教えてください。

 宜しくお願いします。

投稿日時 - 2014-07-21 06:23:15

QNo.8686412

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

余談ですが、ダウン道路と言ったらアップダウンの多いサンフランシスコの坂道当たりが該当します。^^

投稿日時 - 2014-07-22 07:04:51

お礼

 あっはっは~おもしろいですね。

投稿日時 - 2014-07-22 07:45:27

ANo.7

ダウンロードとインストールの意味については他の回答者様の回答通りですが、・・・・インターネットでWindows9の検索をしてたらベータ版のダウンロードと言うのを見つけました。ダウンロードしたら今使っているOSは消えてしまうので しょうか?

もちろんWindous9のベータ版をダウンロードしてインストールしたら元のOSは削除されますのでリカバリーするしかありませんよまた無料ベータ版とはあくまでも試験的に個人ユーザーに無償で一定期間の間だけ使用できるOSを配布しているものでこれを一般ユーザーに使用してもらって色々な不具合が発生するのでその不具合をサンプルとしてマイクロソフトが入手して製品として不具合を一つ一つつぶして製品開発するための無償ベータ版ですから手を出さないことです。

投稿日時 - 2014-07-21 13:46:44

お礼

 ようするにベータ版はテスト用で不具合を

 発見してもらうためのサンプルソフトという

 ことですね。そしたら初心者の私にはこう

 いう作業は向いていないという事ですね。

 他の圧倒的な知識をお持ちである方向き

 なんですね。

 わかりました。ダウンロード諦めます。

 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-22 06:46:34

ANo.6

ダウンロード:ネット上のファイルをPC内に取り込むこと
解凍:圧縮されているファイルをPC上で使えるようにすること
インストール:PC上でソフトウェアを使えるようにすること

物によってはダウンロードしたらインストールまで全て行うものもあります。
例えばiTunesとかがそうです。

OSのダウンロードはISOイメージでのものが多いです。
従って、ダウンロードしたらPC上にISOイメージを取り込むだけであり、インストールは行われません。

ISOイメージからディスクを作成して、そのディスクをブートして初めてOSのインストールが始まります。
一般的には、評価版のOSのためにPCを1台用意することはなく、仮想PCを使うことが多いでしょう。
VirtualPC、VirtualBox、VMWareなどの仮想PCがあります。

ISOイメージを仮想ディスクとして定義し、
仮想PCへ光学ドライブとして渡し、
仮想PC上で仮想ディスクをブートしてインストールします。

仮想PCが動いている元のOSをホストOS、仮想PC内で動いているOSをゲストOSと言います。
ゲストOSでトラブルが生じても仮想PCが落ちるだけであり、ホストOSに影響を与えないのが強みです。

仮想PCを実行するには、CPU能力とメモリサイズがそれなりに必要です。
私は複数のゲストOSを同時に動かすために、デスクトップPCのメモリは32GBにしています。

投稿日時 - 2014-07-21 08:32:30

お礼

 ダウンロード、解凍、インストールの部分は

 分かったのですが、そのあとの説明が初心者

 の私には難しくて分からなかったです。皆さん

 相当知識がおありのようでこれでも分かりやすく

 説明してくれているんでしょうね。

 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-22 06:38:07

通常ではダウンロードはドライブに保存する作業。
インストールは解凍して実行ファイルにする作業。

通常ではそうなのですが一部のものはダウンロード後に勝手に解凍されてインストール作業に移るプログラムもあるから・・・なので今現在では簡単には区別ができません。*UACを有効にしておくことが大事です。

投稿日時 - 2014-07-21 07:19:38

お礼

 ちょー分かりやすい回答ありがとう。

 そういう意味だったんですね。

 あまりゴチャゴチャした説明ではなく

 簡単明瞭に説明してくれて

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-21 21:50:48

ANo.4

ダウンロードは、何かを上に存在するものとして解釈した上で
そこから、主にファイル形式でデータなどを引き出し取得し保存することを指します。

その上に位置づける存在は、一般的にはコンピューターですが
主従の関係は絶対的なものではなく、概念上のものです。



一般にはインターネット上にあるホストコンピューターからのものです。
ローカルにあるコンピューターでも、ダウンロードと呼ぶ場合はありますが
Windowsネットワーク上のファイルコピーはダウンロードとは呼びません。

また相手側が、その操作の主体として送り込んでくるものも
ダウンロードとは呼ばず、プッシュ技術(ホスト側から押し出す)と呼んだりします。

外付けHDDは、コンピューターではありませんから
そこからのファイルの取得もダウンロードではありません。


部下や隣の部署から資料を持ってきてもらうことを、資料請求とは言わないでしょ?
でも、(同等以上の立場にある)別の会社から資料を得ることは資料請求とも言います。
ダウンロードは、そういった感じの概念の言葉です。



インストールは、日本語では導入と訳されます。
一般的にはソフトウェアについて使われ
(ハードウェアに対して使うこともあります)
一つのシステムの中に、新しい要素を追加し、利用可能にする作業をインストールと呼びます。

この場合の一つのシステムは、OSの導入においてはコンピューターそのものを指し
周辺機器のインストールも、対象はコンピューターそのものに対してのものです。

アプリケーションソフトやデバイスドライバーの導入の場合は
一つのシステムとは、OS環境のことを指します。


ですから、OSのダウンロードは、インターネット上のホストコンピューターから
HTTP,FTPなどを用いて、OSのインストールディスクイメージを取得することを意味します。
インストールは、そのイメージファイルから、OSが稼働できるように
コンピューターそのものに導入することを意味し
基本形としては、そのコンピューターに入っていた既存のOSを置き換えることになります。


ただしデュアルブートやマルチブートと呼ばれる運用方法では
コンピューターの電源投入直後に行われる
ブートローダーの実行の段階で
複数のOSを選択できるように導入することができます。

これは一般的に、一つのHDDの中に
複数のパーティションを作成したり
複数のHDDを使って行われます。


現在では、VirtualBoxのような無償で利用できるPC仮想化技術があり
一つのOSの上で、複数の異なるOSを動かすこともできます。

また、OSによってはインストール先としてUSBメモリーなどを使える場合もあり
インストールイメージを、DVD-Rなどの工学ディスクに書き込んで
DVD-Rから起動して動かすこともできます。
(ただし、これら記録媒体は読み書きが遅く、OS自体も動作が遅くなります)


なお、Windows9は未だ明確な情報がMicrosoft社から公開されていません。
したがって、一般ユーザーに向けた実行環境は公開されていません。
ベータ版の噂は出てきたことがあったと思いますが
実際にはダウンロードできるサイトは無いはずです。

ベータ版は、製品化する前のバージョンという意味で広く使われますが
Windows8の場合は、Windows 8 Consumer Previewと
Windows 8 Release Previewの二つが公開されていました。

CPは一般の人の意見とバグレポートを集めるために配布されています。
RPは、実際に発売される製品の仕様の確定を伝える役割があり
Microsoft以外でのマニュアル作成や、ソフトウェアの互換性の確認がRPの段階で可能でした。


当然ながら、バグ報告を行なうためには、Windowsの正常な動作
特殊な動作を行なうための設定や運用方法などを、充分に理解しておく必要があり
本当の意味の一般大衆にとっては、CP,RP共に利用すべきものではありません。


一部にこういったベータ版を、無償で使えるWindowsとして考える場合がありますが
期限付きであり、また異常動作のリスクもあり、推奨できるものではありません。


OSの無いPCを稼働させるための、無償のOSが必要な場合は
Linux系OSなどを利用することができます。

Linux系OSはオープンソースライセンスに基づくソフトウェアを中心に構成され
ほとんどのものが、無償で自由に利用できるOSとしてインターネット上に公開されています。

Windows用ソフトは基本的に動作しませんが
Firefox,ChromeなどにFLASH Playerを組み合わせて利用することはできますし
ThunderbirdなどのメールUAもありますから
いわゆる"インターネットしか使わない"という条件では、実用的な場合があります。

LibreOffice,Apache OpenOfficeのようなオフィススイートもありますし
Windowsネットワークとのある程度の互換性がありますから
一部企業や自治体では、Linux系OSへの移行を行なった事例もあります。

投稿日時 - 2014-07-21 07:19:26

お礼

 ん~なかなか難しい解説ですね。素人の

 私には専門書でも読んでる感覚でした。

 一部は理解できた部分もありましたが、

 全体的に難しかったです。私もこれから

 勉強しなければなりませんね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-21 21:45:14

ANo.3

まず、次バージョンのWindowsであるThreshold(スレッショルド)は、Windows9になるかどうかも確定していません。現時点では9ではなく、8.2となる可能性が高いとされています。
ただ、来年には投入されることが決まっています。この製品はまだ、αビルドの段階のはずで、一般がテストできるビルドには到達していません。

また、プレリリースも行っていませんので、もしそれがWindowsの名称で提供されているのであれば、ウィルスなどの混入した8.1といった可能性があるので、絶対にダウンロードしてはいけません。


次に、ダウンロードについてです。
Downloadは、Uploadの反意語です。上流のネットワークサーバから必要なデータを自分のコンピュータ(クライアント)に移動させることをダウンロードといいます。それに対して、アップロードはサーバーにデータを送る(または預ける)ことを意味します。

インストール(Install)は、コンピュータに当該のソフトウェアを導入し、使える状態にすることを意味します。ダウンロードしただけでは動かないソフトを、インストールすることで使える状態にするのです。
なお、インストールしなくとも動作するソフトウェアもあります。

インストールが必要なソフトは、多くの機能を必要とするソフトに多く、Install ShieldやWindows Installerなどを用いてデータを圧縮しアーカイブ化しています。またインストールの際には、どこに何を入れるかを登録した順番に確認しながら処理が行われます。インストーラーで導入したソフトは、「プログラムと機能」にインストール済みソフトウェアとして登録されます。


最後に、Windowsの最新版をインストールすると過去のOSは消えるのかについてです。
当該のバージョンは現時点で、提供されていないため、どういう動きをするかはわかりません。
まあ、少なくともWindowsの正規最新版の場合は、インストール時にどういう入れ方をするかを確認されますので、残すことも可能になるでしょうが、α、β、RC(リリース候補)のビルドは基本的にインストールテストをメインのコンピュータで行わないよう注意喚起がされます。

テスター用のOSは正規版ではなく、正規版に向けて利用者にトラブル報告を行ってもらうために、提供されるものです。そのため、前のバージョンには戻せない。クラッシュによってデータが消えるなどの障害が報告されることもあります。

投稿日時 - 2014-07-21 07:19:06

お礼

 ダウンロードするのは止めときます。

 なかなか難しい説明で私には半分ぐらいしか理解

 できませんでした。ダウンロードは分かりましたが

 インストールは半分ぐらいしか理解できません

 でした。あと、Windowsをインストールすると過去

 のOSが消えるかについてですが、説明が専門的

 で初心者の私にはあまりよくわかりませんでした。

 感覚的にはこんな感じなのかなぁ~ってのはあり

 ましたけど。

 とにかく詳しく回答をしていただきありがとうござい

 ました。

投稿日時 - 2014-07-21 21:25:30

ANo.2

>ぜひダウンロードとインストールの違いを教えてください。

ダウンロードは自分のPC等にファイル(文書ファイルやプログラム他)を保存すること

インストールはプログラムを使える状態にすること


ダウンロードするプログラムはデータ量が多いため、通常圧縮されています。
ダウンロードしたファイルをクリックすると解凍(圧縮されたものを元に戻す作業)が始まり、
場合によってはそのままインストールが始まります。


>ダウンロードしたら今使っているOSは消えてしまうので しょうか?

どこかに消えるのか、消えないのかが記載されているはず。

いずれにせよ、初心者は手を出すべきではありません。

投稿日時 - 2014-07-21 06:58:28

お礼

 ダウンロードとインストールの違い良く

 分かりました。

 しかし、初心者は手を出さない方が

 無難なんですね。良くわかりました。

 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-21 09:52:49

ANo.1

基本的にダウンロードはサーバー上にあるデータを
自分のパソコンの記憶媒体(ハードディスク)に
コピーするまでの作業です。

インストールは、どこかにあるインストールのための
ソフトをパソコン上で動かし、目的とする用途で
使えるように内部のデータなどを書き込むことです。

ですから、ダウンロードしただけでは何も起こりません。
ただ、一部のソフトではダウンロードとインストールを
一貫して行うこともあります。

投稿日時 - 2014-07-21 06:56:26

お礼

 簡単に言うと、

 ダウンロードは自分のパソコンのHDDにコピー

 するという作業のことですね。

 インストールは、インストールのためのソフトを

 PC上で動かして目的とする用途で使えるように

 内部のデータを書き込むことと理解して良い

 んですね。

 それで、ダウンロードだけでは何も起こらなく、

 ダウンロードとインストールを同時に行うソフト

 もある、このように理解すれば良いでしょうか?

 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-21 09:46:00

あなたにオススメの質問