こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚を考えてしまいます。

閲覧いただいきありがとうございます。
夫婦のあり方についてご相談させてください。
今真剣に離婚を考えています。
色々あってとりとめもなくなるのですが、お付合いよろしくお願いいたします。

結婚2年目の20代後半共働き夫婦で、私はデスクワーク、夫は営業職です。子どもはありません。
家事はペットのごはんと台所の洗い物が夫、あとは私です。家計は貯金の3万円夫負担、残り折半。
私はボーナスなし、夫のボーナスは半分を貯金、残りの半分は夫のお小遣いになり、そこから私にも夫からのお小遣いとして頂いています。

まず、日々の生活についてなのですが、私は定時きっかりに会社をでれる仕事ですが、夫は営業ですので仕事関係の飲み会がものすごく多いのです。非常に仕事熱心に頑張っており、家で食事をとるのは平均して1、2日です。

なので、家で二人でゆっくり食事が出来る日くらいはと、会社帰りにリクエストを聞いて買物をし料理していました。
けれど、夫が今晩は飲み会の予定がないので家で食べると言っていても、料理を始めてから、帰りがけに飲み会が入ったと連絡があったりしてよく揉めていました。
しかし、仕事だからしょうがない自分だって帰りたいんだと言われれば何も言えず、何度か揉めた後、夫からもう食事は作らなくて良いと言われました。理由は作ってもらうのに飲み会が入った時など悪いと思うから、と。
私もフルタイム勤務後に買い物・料理はしんどかったのもあり、揉め事の種になるくらいならと了承。
そのかわり、夫が帰宅できる日は待ち合わせて外食をして帰ることになりました。そう決まったのは今年の始め頃です。
しかし、毎日夕食時になると今日はどう?と私から伺いがあり、飲み会がなければ私と必ず食事しなければいけない状況が重いと言われ、現在は夕食は完全に別となりました。
夫の「気が向いたらお誘いします」との言葉に今でもむかむかします。

同棲が長かったので、ある程度飲み会が多いというのは覚悟していたのですが、まさか夕食完全別になるとは思っていませんでした。
夫は、作ってくれるのは嬉しいから自分が帰らなくても2人分作れば良いじゃん、飲んで帰っても翌日の朝食べれたら食べるし、弁当に詰めてくれたら良いのに、と言われましたが私にとってはそういう問題ではなかったのです。しかし夫の健康を思えば、そのようにするのが出来た妻なのでしょうね。書いていて反省します。
とりあえず、夕食は二人で食べたいという私の希望は負担だったようです。

そして今の季節、夫は毎年なのですが私と過ごすのがしんどいといって実家に帰ったり飲み会が増えたりと家に寄り付かなくなります。
これについては少し時系列がズレるのですが、去年も同じように一緒にいるとしんどいから私と離婚したい、私との間には子どもを持つ気になれないし、一緒にやっていく気にならないと離婚話を出されました。
夫がそこまで思い至るには、私が結婚前から患っていた持病に付き合ってきてくれた過程があったので、これはもう私は夫にとって負担にしかならず関係は修復不可能だと思いました。話合いで離婚しようと決まり、私は一旦実家に帰ったのですが夫から後日もう一度やり直そうと提案されて元鞘になった事がありました。
夫曰く、結婚は親にせっつかれて覚悟もなくしたが、これからは腹を決めて簡単に離婚などとは絶対に言わない、夏に不安定にもならないと言っていたのですが、やはり今年も夫は私を拒絶しています。
申し訳ないけど、そっとしておいて欲しいと。
ただ、去年とは違い離婚したいといわれた訳ではないし、申し訳ないと謝る夫に少し羽を伸ばしてしてもらいたい思いました、

で、そっとしておいた結果・・・今月の平日は家にまっすぐ帰ってきたの4は日のみ、あとは全て飲み会でそのうち半分近くが朝帰りです。
無断外泊も多く、心配するからどんなに遅い時間でも、一言どこに泊まるかだけ連絡をいれてくれと今まで再三頼んでも直っていません。
事故かも、浮気かも、なんて心配するのがあほらしくなりました。
三連休は実家に帰りで友達と海に温泉、この土日も金曜の飲み会からの無断外泊から一日リビング占領で横になってそのまま就寝、今日は趣味で外出。
羽伸ばしすぎだろ・・・。もういろいろ笑っちゃいます。

夫は普段から自分が好きにしている分、私も好きなことをしたら良い、やりたい事があるのなら家計をやりくりしてやってくれて良い、応援すると言いますが、そんなバラバラな生活をしだしたら結婚生活っていうのだろうか?と疑問に思うのです。
それに好きなようにっていっても無断外泊なんて絶対にしませんし、趣味や友達と会ったり等なにも我慢していないので・・・ないものを求められているというか、自分の免罪符としたいのかわかりませんが夫にとってのパートナーに対する理想像を押し付けられる不快感があります。

確かに学びなおして就きたい職業はありました。でも、それらは結婚時にに家庭に入ることと天秤にかけて諦めた事だったのです。後悔もありません。

しかし、夫的には私が家庭のみを優先している生活が負担なのでしょう。
そう言われてしまうと、結婚生活を円滑に続けるには私は無理にでももう一度何かを目指さないと、という気持ちにもなります。
でもこのような宙ぶらりんな生活の中からの逃げ道として一度諦めた夢を追うのは違うよなあと思うのです。

また、ここ数年夫拒否のセックスレスぎみだったのが、離婚話から元鞘になってからしばらくは夫は子どもが欲しいと積極的でした。が、現在は半年近くまともにありません。
私は結婚当初から子どもはずっと望んでいたので、夫の心境の変化に一喜一憂し、もう心も搾りかすのようになってしまいました。女性としてもみじめになり、夫を憎くも思います。

このままの生活を続けても子どもももてそうになく、夫婦としても破綻寸前。
しかし結婚2年目、結婚式も挙げたくさんの人に祝ってもらっておきながら離婚を考えてしまうのはまだまだ甘いのでしょうか。
しかし乗り越え方が分からず完全に八方塞です。
現在そっとしておいて欲しいといった夫に対してもどうして接していいのかわからないので、とりあえずひどい状態の彼への小言を最小限に我慢し、母親のような気持ちで色々と目をつぶって身の回りの家事をしています。が、そろそろ限界。

どのような厳しいお言葉でも構いませんので、どうぞアドバイスよろしくお願いいたします。

ものすごく長くなってしまった上に読みにくくてすみません。

読んでくださって本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-27 17:15:24

QNo.8694497

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

文書を拝見して感じたのですが、あなた方ご夫婦は夫婦としての体をなしていません。形式のみのご夫婦です。当たり前のことですが夫婦は、夫婦としての生き方、それに関するものの考え方を共有しますので、目の前にいない相手であっても今頃どこで誰と何をしているのか、こういうことが分からなければなりません。これが分からないと待つ方がいらざる不安に襲われます。

また、家庭とはどういうものかについてもご夫婦で認識されていないように思います。特にご主人です。うっすらとでも良いのですが健全な家庭がイメージできないようです。ご主人、飲み会が多すぎます。必ず出席しなければならない飲み会ではないはずです。これは、常識の問題です。それを何かの理由をつけて放置されてきたあなたにも問題ありなのです。ご主人の思うように好きなようにさせてあげるのがいい妻ではありません。家の中はあなたが主導する場所です。その家の中で夕飯を食べないご主人は大問題です。

どの様に大問題なのかというと、あなたによって身体が生かされていると思わないのです。従いまして、どこで夕飯を食べよう問うどこで寝ようと好きなことが出来るのです。夕飯を夫婦で摂る意味は非常に大きいのです。妻の作った夕食を食べなくなると今度は家に帰りたくなくなります。その帰結として夫婦の性の関係は義務的なものになったり遠ざかったりします。つまり、体も心もあなた主導の家庭では生かされていない、ということをもの語っています。大急ぎで申し上げますが、あなたに全責任があるという意味ではありません。どちらかというと、ご主人の結婚観の欠如なのです。

あなたのご主人、妻の作った夕飯はほとんど食べない。夫婦の性の関係は最近無い。ご主人の小遣いの把握は出来ない。この三拍子そろった夫婦はまともな夫婦ではありません。夫婦の内容は崩壊しています。ご主人は特定不特定は別にして女関係はある。と、考えた方が良いでしょう。間違いないものと判断します。

夫婦としての内容(中身)がない夫婦は、かろうじて形式的に保たれるでしょうが、やがてそれも崩壊するでしょう。夫婦の価値観は夫婦の数だけある。なんていう人がありますが、そういう言葉はあなた方ご夫婦のような場合にいう言葉ではありません。夫婦の形式も内容もまずまず保たれている中で、何かの行動をする場合の違いについての評価を下す場合に、夫婦それぞれの価値観がありますので・・・、となります。あなた方はそれらの域きを遙かに超えています。臨界点に達しています。

乗り越え方は、ご夫婦で現状の夫婦のあり方を反省できるのか、どうかです。あなたは今までの夫婦の生き方はダメだと判断されているのですから改善策を提案されるべきです。一方、ご主人は今の夫婦の生活を改善する必要があるとお考えになっているかどうかです。ひとつずつの生活の場面場面について疑問に思われる点について書き出して、どの様に改善するのが理想なのかをまとめましょう。そして、それをたたきだにしてご主人に相談してみましょう。

相談の結果、ご主人が変更の必要性を自覚されていないのであれば、迷わず離婚を選択すべきです。理由は健全な人生を送るためです。離婚して人生をやり直すなら出来るだけ早いほうが良いでしょう。心を未練に合わせるのではなく、これから先の計り知れない未知の人生に心をときめかす方が余程健全です。ロクでもない生き方を善とする男に、暗黒の人生に引きずり込まれないようにしましょう。

投稿日時 - 2014-07-28 13:50:07

お礼

ご回答ありがとうございます。

夫婦の体をなしていない、まさにその通りです。
飲み会に関しては幾度となく減らすよう頼んできました。
理由もさまざまに四方八方から訴えてみても仕事での人間関係が生きがいの夫には届きませんでした。

しかし、それを放置してきた私にも責任があるという言葉にハッとさせられました。
どんなに訴えても夫は変わってくれないという被害者意識に逃げ、生きがいを奪ってしまうのは人生のパートナーとして理解がないのではないかという理由をつけて夫に嫌われたくない、良い顔をしたいという保身の為に、夫婦としての現実から目を背けていました。
臨界点という言葉がとてもしっくりきます。
もっと真剣に彼と向き合い、自分とも向き合うべきだった。

家庭を最優先で大事にしていたつもりでしたが、今考えるとすごい思い違いですね。駄目にしていただけでした。


昨晩、夫と話をしました。
今考えれば当然ながら、もはや妻としては必要とされていませんでした。
人としては好きだが女性として思えず、妻という存在では違和感があると。

私からは関係の建て直しを申し出ましたが、もう無理との事です。
非常に寂しく悲しいですが、今まで現実から逃げてきたツケでしょう。

心境はまだかなりつらいですが、ここで腐らずに今度こそしっかり現実と向き合い、自分の人生を生きてみたいと思います。

親身なご回答を頂き、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-28 20:36:49

ANo.3

eby

地元ではないのにこの状況は寂しいですね

私も家庭環境が悪い中育ってきたので、自分で家庭を作った時にはこうしたいという理想があって、難しいなあと思いました

理想って皆持ってると思うんです
幸せな家庭で育った人は親と過ごした実家が理想になるだろうし、そうでないおうちで育てば半分妄想になる場合もあります

お互いに何が理想なんでしょうね

なんて所はお互いを理解する時のヒントになるかもしれません

あとはほんと余った時間で何かしましょう

新しい事にチャレンジしたくても時間がなくて出来ない人は沢山います

でもあなたは時間があります

羨ましいです

離婚する前に離婚してもガッチリ一人で生活できる強さやスキルを身に付けて下さい

たぶん、いい方向にいくと思います

旦那様にとっても他人にとっても素敵な女性を目指しましょう

私も子供3人いて勉強中です
頑張りましょう

投稿日時 - 2014-07-27 23:34:40

お礼

ご回答ありがとうございます。

私は毎日家族で団欒がある家庭が理想です。
中学のとき共働きだった両親が離婚し親子兄弟見事にばらばらになった家庭で育ったので、憧れています。

今になって夫の理想の家庭とはなんだったのかとわからないのです。情けないですね。
度々主張がぶつかる度にすり合わせをしてきたつもりだったけれど、結局はぶつけ合っていただけなのかもしれません。
結果、生活していくだけでお互いが疲弊してしまう。

そうですね、時間があってラッキーくらいに思いたいです。
無駄な時を過ごしたと後悔はしたくないので、この先どのような人間でありたいか真剣に考えたいと思います。

元気の出る回答をありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-28 20:04:27

言いたいことは理解できます
あなたの気持ちも よく解ります
ですが・・・

>夫にとってのパートナーに対する理想像を押し付けられる不快感があります。
逆に言うなら
あなたにとっての”パートナーに対する理想像を押し付けようとしている”
と・・言えませんか?

夫婦とはこうであるべきだ

とか・・・たった一つの形に決めつけることはできません
10組の夫婦がいれば、10通りの夫婦の在り方があり
100組の夫婦がいれば100通りの在り方が存在します

赤の他人が夫婦になった以上
御互いの考え方が違うのは当たり前で
そこから自分たちに合った”夫婦の在り方”を造り上げていかねばなりません

どちらかが・・または両方が
自分の考えだけが正しい・・・と主張してしまうと・・・
話し合いも何も成立しません


かといってどちらも大人
長年培ってきた考え方は、簡単には変わりません

旦那様は
一見、あなたの考えを尊重しているように見えて
自分の考えは絶対に変えない

あなたは自分の考えが正しいのだから
従わない旦那が悪いのよ

>無断外泊も多く、心配するからどんなに遅い時間でも、一言どこに泊まるかだけ連絡をいれてくれと今まで再三頼んでも直っていません
>事故かも、浮気かも、なんて心配するのがあほらしくなりました。

どちらかと言うと、浮気の心配の方が大きいのでは?
>どこに泊まるかだけ連絡をいれてくれ・・・

これは完全に浮気の心配ですよね

いまどき、携帯を持っていればいつでも連絡できるのに
居場所をいつも知らせろ・・ってのは

心配と言うより、旦那様の日常を常に自分が管理したい

という押しつけになってしまうし
浮気の心配をしていると旦那様に堂々と言ってしまっているようなもの

未成年の子どもじゃあるまいし
さんざん親に管理されてきて今度は妻に管理される?


という旦那様の心境も理解できてしまいます。


そして、旦那様の居場所を常に把握し管理していたい
でもそれができないと、不快になる、不満をいだく

こういったタイプの女性は
子どもができると、子供に対しその気持ちをぶつけてしまう傾向があります
子どもを異常に管理し束縛し、成人しても子離れできない

>確かに学びなおして就きたい職業はありました。でも、それらは結婚時にに家庭に入ることと天秤にかけて諦めた事だったのです。後悔もありません。
>でもこのような宙ぶらりんな生活の中からの逃げ道として一度諦めた夢を追うのは違うよなあと思うのです。

諦めたことに後悔があるかないか・・・ではなく
逃げ道の為でもなく
自分自身の為に、しいては家族の為に
何かを始めてはどうですか?

旦那様以外に何か目を向けるものが無ければ・・・
何も解決しないと思いますよ

長い人生の中に
趣味の時間の無いことは・・・何度もトラブルの素になってしまいますよ。

投稿日時 - 2014-07-27 18:06:26

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに私も自分にとっての理想像を彼に求めていますね。
反省します。

おっしゃるような、全ての夫婦の手本というものはないのだというのも理解できます。
十人十色で他人同士が一緒に暮らすのだから、その在り方もそれぞれで正も不正もないのだと。

頂いた回答からいろいろ不満に思う原因は、お互いの希望のすり合わせがうまくいっていない事に原因があるのではと思い至りました。
・夫→好きに飲んでかえりたい
・私→夜は一緒に食事がしたい
というお互いの主張に対して、幾度となく話し合ってきましたが、夫は「飲みや朝帰りは改められないが私の気持ちも理解しているので問題ナシ、一言連絡はする」私は「飲み会は好きに行って良いし食事も別にする」と約束するのですが、いざ連絡がない時にはそれに対して私は結局彼はなにも譲歩してくれていないではないかといった不満がでます。

おそらく夫は連絡せずとも私はわかっているだろうという思いから連絡がないのだろうと思うのですが、約束をした手前、それを反故されたといった事実に腹が立つのです。

結局はこういった価値観のすれ違いが多いのではと思いました。


夫も私も地元から出てきて根無し草で生活をしている為、職場関係と家庭しか身近なコミュニティーがないのも問題なのかもしれないですね。
新しく何かを始めてみてはとの提案、考えてみようと思います。

お時間割いていただいて本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-27 19:14:07

ANo.1

 甘えています。ご主人が浮気したわけでもなく仕事を一生懸命にしているのでしょう?
それを支えるのが妻だと思います。言いたいことは紙に書いても良いじゃないですか?愛情を込めてお弁当を作ってください、そこに一言手紙を書いておけばいいじゃないですか?
 とにかく思いを伝えるべきです。私の従兄弟は20年も単身赴任していますけど今でも愛し合っていますよ。
 そんな気持ち別れたらバツイチ・バツ2でシングルマザーになるか、独身で老後を迎えるかだと思います。
 私はしっかりしているご主人だと思います。

投稿日時 - 2014-07-27 17:42:28

お礼

ご回答ありがとうございます。

妻は夫を支えるべき、ごもっともだと思います。
今、唯一尊敬できるのが仕事への姿勢です。

しかし浮気はせずともキャバクラやスナック等仕事かどうかのグレージーンも多く不信感は拭えませんし、金銭的・精神的にも夫を支えにしない生活に慣れてしまい、彼を支えた先には何もみえないのです。
夫も同じ気持ちなのかもしれませんね。
もう少し頭が冷えたらおっしゃる手紙でも書いてみようと思います。

お時間頂きまして本当にありがとうございました、

投稿日時 - 2014-07-27 18:33:35

あなたにオススメの質問