こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

土地を売った時の税額について

土地を売った場合、所得税と住民税が土地の所有期間によって「長期譲渡所得」になるか「短期譲渡所得」に税率が分かれますが、先祖代々の土地の売買の場合、相続してからの期間が対象になるのでしょうか?

お教え下さい。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-08-06 23:51:33

QNo.8707219

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>先祖代々の土地の売買の場合、相続してからの期間が…

【引用】
相続や贈与により取得したものは、原則として、被相続人や贈与者の取得した日から計算することになっています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm

ついでに言っておくと、そんな何十年、何百年も昔にいくらで買ったかなど分かるわけない、という場合の取得費は、売値の 5% を取得費と見なします。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-08-07 07:31:23

お礼

ご回答、ありがとうございました。
先祖代々の土地の一部を 父が相続して約十年所有し、3年前に父が他界し私と妹が相続した土地でした。

投稿日時 - 2014-08-07 07:44:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>「長期譲渡所得」になるか「短期譲渡所得」に税率が分かれますが、先祖代々の土地の売買の場合、相続してからの期間が対象になるのでしょうか

原則、被相続人(死んだ方)が不動産を所有していた期間と取得費を、相続人が引き継ぎます。相続直後に売却した場合、被相続人の所有期間を合算します。

取得費:土地の購入代金や仲介手数料、不動産取得税・登録免許税、購入後の設備費や改良費など

投稿日時 - 2014-08-07 05:29:57

お礼

ご回答、ありがとうございました。
たすかりました。

投稿日時 - 2014-08-07 07:37:49

あなたにオススメの質問