こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当の戦犯は、アメリカ合衆国だった。

本当の戦犯は、アメリカ合衆国だった。

日本との戦争の全ては、戦争に入りたいというルーズベルトらの欲望であった。

日露戦争後、マニフェストデスティニーに基づく西方侵略の終着地、巨大市場が見込めるシナを我が手にするため、 地理的にもその前に立ちはだかる日本を撃滅すべくアメリカ合衆国はオレンジ・プラン(共同謀議で策定された日本との戦争計画)を策定。

何度かの改定を経て、機が熟した昭和15年、話し合いによる平和的な解決を模索し続けてきた日本への資源輸出を止めたばかりか、

日本による度重なる抗議を黙殺して国際法では戦争行為となる軍事物資を大量にシナ国民党軍に援蔣ルートを使って渡し続けた。

それだけに止まらず、日本に対して宣戦布告をせずにアメリカ政府は、大量の空軍兵士と戦闘機をシナ国民党軍に派遣、シナ空軍に紛れて日本軍との戦闘を開始した。

あげくの果てには、昭和16年8月1日、日本の国家存続の生命線である石油のすべてを白人国家たちに謀って止めさせた上で、万全の戦闘態勢が整ったアメリカ合衆国は、昭和16年11月26日、戦わずして日本の敗北を認めさせるハル・ノートを渡すことで交渉を途絶させ、日本を太平洋戦争に引きずり込んだ。

太平洋戦争で、民間人の大虐殺を計画し実行したのは、実は、アメリカ軍であった。

日本の民間都市へのじゅうたん爆撃を計画し実行することで、ナチス・ドイツのホロコーストに匹敵する数十万人の民間人の大虐殺をおこなった。

生きたまま焼き殺された最大の犠牲者は、女性や赤ちゃんを含む子供たちであった。

虐殺された数倍の日本人・攻撃の対象にしてはいけないと国際法で規定されている非戦闘員である女性や子供たちが、重度の火傷や怪我で苦しみ続けた。

また、多額の予算をかけて開発した原爆による都市破壊実験及び人体実験を計画、じゅうたん爆撃をせずに残しておいた京都を含むいくつかの都市のうち、広島と長崎で実際に原爆を落とし、民間都市を一瞬にして破壊した。

日本人35万人を一瞬にして大虐殺、50万人以上の人々を放射能の後遺障害で苦ませ続けた。

その多くは、婦女子や赤ちゃん、子供たちであった。

人類史上、最大の大虐殺行為であった。

アメリカ合衆国は、この人類史上類を見ない大残虐行為を絶対に認めるわけにはいかず、悪の日本対正義のアメリカを世界に認めさせ続ける歴史の捏造を行ってきた。

などの情報・主張をどう思いますか。

投稿日時 - 2014-08-08 21:46:43

QNo.8709564

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

”日本との戦争の全ては、戦争に入りたいというルーズベルトらの欲望であった。 ”
     ↑
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。


”太平洋戦争で、民間人の大虐殺を計画し実行したのは、実は、アメリカ軍であった。”
     ↑
全くその通りです。
しかもルーズベルトは、日本人皆殺し作戦とも
いうべきダウンホール作戦も計画していました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%9C%E6%88%A6
ルーズベルトが死ななければ、実行されていたでしょう。
まさに悪魔のような国です。


”アメリカ合衆国は、この人類史上類を見ない大残虐行為を絶対に認めるわけにはいかず、
 悪の日本対正義のアメリカを世界に認めさせ続ける歴史の捏造を行ってきた。”
       ↑
負けると悪者にされるのは、何時の時代でも同じです。
そういう洗脳工作を
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(War Guilt Information Program)
と言いますが、問題はそれを信じてしまい、反日に
なる日本人が数多く存在していることです。
慰安婦にしろ南京にしろ、彼らが元凶になって起こした
事件です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
  

投稿日時 - 2014-08-09 06:58:02

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

米国悪でしょうか? 戦争の方法として、軍だけとの戦争で充分と思うのは当時の日本の勝手な解釈です。もちろん武士道的勝負ですから正当な方法にみえます。ただし戦争において、そこの国民がたとえば宗教だとか、死を覚悟するとか、ゲリラ行動で、最後の一人まであきらめない教育をされていれば、攻める方は国民全体が兵士とみて、大量殺戮になるしかありません

当時の日本はまさに同じ状態だったはずです。最後まで諦めない教育をされた戦争はほかにもありますが、民間人が犠牲になるのは、国民全体が兵士だからです。とくに日本のような神風特攻を行った国は当時としては、特異な国家なんです。

そんなヤバイ、自国民からはなにも改革できない独裁国家に平和憲法(平和すぎるのは当然)をくれた事を、すっかり忘れるようでは、日本人らしくないと思います。

ここの回答者のほとんどが、反米を煽る意図での書き込みでないことを祈るだけです

投稿日時 - 2014-08-11 09:58:45

ANo.15

貴方の考え方は、真っ当な考え方です。

日本人は、「太平洋戦争では日本人が悪いことをやった」と洗脳されているからこんなことは言えないのです。
また、左翼やマスコミが親ソ戦略をとるときにも都合がよかったので、このような考えは隠しているのです。
アメリカの専門家ではこんなことは常識以前なのです。証拠を上げていきましょう。

「パールハーバーはルーズベルトの罠であった。」
ではなぜ罠にはめたのか?
ヨーロッパがナチスドイツの手に落ちそうであったが、アメリカは反戦法なんて法律ができてしまって参戦できない状態にあるので、外交音痴の日本人をけしかけて、窮鼠猫を噛む方法を取ることにした、ということです。

ABCD包囲網もハルノート、日本を追い込む為にやったことです。
(ハルノートは、ソ連のスパイが書いたものであることが明らかになっています。そう、日本とアメリカを対戦させて漁夫の利を得ることが目的です)

ハルノートなんかは、東京裁判でも問題になっています。
(「こんなことを突きつけられたならば、モナコかルクセンブルクでも戦争を仕掛けてくるだろう」という証言があります)

東京裁判なんか茶番劇であることは、日本以外では常識です。(何しろ、事後法により裁くという、とんでもない常識外れをしているのですから)
そう、正しい判決(全員無罪)をしたのはインドのパル判事だけです。

また、「太平洋戦争は日本にとって自衛のための戦争だった。」と言った人物がいます。他でもないマッカーサーです。
(帰国後に、上院でその証言をしています)
彼は、アメリカが勝ったからこそ英雄であり、負けたら一番の戦犯であることはわかっていたのでしょう。
(笹川良一に諭されただけという説もあります)

こんな話をすると、左翼は「お前は戦争を肯定しているのか?」と反論されそうですが、質問者も僕も戦争反対であることには違いないはずです。ただ、本当に正しいことを見つめなおす必要があることだけは、強調しておきます。

投稿日時 - 2014-08-10 18:44:35

ANo.14

オバマ大統領は、本当にアメリカを良い方向へと変えようとしているが、軍隊、国防、諜報機関等のトップからの圧力により、仕方なく承認している案件が多くあるのではと思います。

投稿日時 - 2014-08-10 16:56:57

ANo.13

人類史上、どの時代、国、原因・経過によらず、戦犯となるのは敗者。

投稿日時 - 2014-08-10 12:52:55

ANo.12

大同小異。
同じ穴のムジナ。

投稿日時 - 2014-08-09 19:00:48

ANo.11

なるほど、
で、
騙された、乗せられた 奴は 無罪なの?

ミッドウエー以降 嘘の発表してたやつも、無罪?

油が無くて、戦艦満足に動かせなくても、竹やりで 神風も吹くって 言った奴も 無罪?

投稿日時 - 2014-08-09 19:00:40

ANo.10

アメリカこそが、世界1の悪の枢軸であります・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2014-08-09 16:59:38

ANo.9

それがアメリカのやり口でしょ
自分たちの非を他国のせいにしてその国を裁く

昔からアメリカの常套手段です

投稿日時 - 2014-08-09 16:46:00

ANo.8

全くその通り。

安倍も今はルーズベルト化してますね。
原爆投下も焼夷弾投下もヒトラー以上の大虐殺です。

投稿日時 - 2014-08-09 12:23:15

ANo.6

東京空襲、2発の人類初の原子爆弾投下と人道的に許されない行為ですが、それでも時の天皇陛下は「耐え難いことも耐え、忍びがたいことも忍び」とおっしゃたのは、きっと不条理な事はあるけれどこの国が残っていれば又立て直せる、だから今はどんな事が有っても耐えて行こう!
と言うような意味合いではないでしょうか?過去の事に拘ってずっと根を引いていたら、どこかの朝鮮大陸のようになってしまう方がある意味脅威に感じます。
サンフランシスコ平和条約調印により各国への賠償責任は済ませて有るのですから、戦後生まれ3世4世の日本人は、戦前、戦後に囚われず、何が正しくて何が間違っているのかを見極め出来る日本人を育てて行きましょう。
過去の出来事を現在の水準で見直せば許される事は少ないと思えますし
核兵器を持ってるかも?と疑われ2度も攻撃を受けたイラク戦争や何のために兵士を失ったのか解り憎いベトナム戦争等々過去を振り返れば喧嘩(戦争)なんて不条理な事ばかり、
ただ何のために闘い何を守るために争うのかを考えれば、生物が生き抜くにはどうするべきかの判断をどう下してどう行動するかはその時の判断で有って、後に見直した時どう行動するかは、その時の生物が下すべきだと思ってます。

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=vlPrtkI0U6c

投稿日時 - 2014-08-09 03:36:54

ANo.5

>太平洋戦争で、民間人の大虐殺を計画し実行したのは
最初から、民間人の大虐殺を計画していたか
どうかについての断定は保留しますが、アメ
リカが、参戦する為のきっかけを欲しがって
いたのは確かだと思います。

ドイツとイタリアがヨーロッパで有利に戦い
を進めている中で、イギリスやフランス他の
劣勢を強いられていた国々はアメリカの参戦
を待ち望み、アメリカ自身も自国領土が戦場
にならずにすみ、且つ戦争特需による好景気
も期待できるという一石二鳥三鳥の美味しい
話が待っていたのですから。

結局、日本の真珠湾攻撃がきっかけとなって
ヨーロッパ戦線への参加の大義名分を得る事
ができた訳ですが、それにしても相手に先に
銃を抜かせてから、得意の早撃ちで返り討ち
にするという西部開拓時代からのアメリカの
伝統芸。

投稿日時 - 2014-08-09 01:41:44

ANo.4

インディアンを大殺戮した人達ですからそんなものでしょう。何処の国も危ないのです。現住民殺戮は、罪の意識が無いのです。

投稿日時 - 2014-08-09 01:04:46

ANo.3

全面的に賛成です。しかし新説ではありません。

投稿日時 - 2014-08-09 00:55:33

ANo.2

盲信はしたくないけど、この主張僕にはしっくり来ます。

この島国はまるで米国の属州のようです。愛国、愛すべき自国はいずこか。

愛国と打つと、変な嫌韓団体が出てきて、余計恥ずかしくなった。

投稿日時 - 2014-08-08 22:45:13

ANo.1

そのとおりだと思います。

中国は、権力者が交代すると、前権力者一族を皆殺しにして、歴史を書き換えてきたといいます。
私は、「日本は、前権力者一族郎党を皆殺しって、やってないし、歴史の書き換えもやってない。中国や韓国はそれをやっている酷い国だなあ」
なんて思っていたのですけど、日本も明治以前の歴史は、書き換えをやってないかもしれないけど、明治以降、日露戦争から、大東亜戦争での敗戦までの歴史は、GHQの検閲制度によって、日本の歴史の書き換えが行われ、「連合国は全て善、日本国は極悪国家だった」という洗脳教育が行われ、今に至っていると思います。

そのときの検閲制度が、いまだに日本のマスコミや教育界に影響を与え続けているから、集団的自衛権に反対したり、核武装に否定的な考えの人たちが日本に多いのだと思います。

投稿日時 - 2014-08-08 22:18:05

あなたにオススメの質問