こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Windows Updateが出来なくなった

はじめまして。
先日、ノートパソコンのハードディスクの換装を行ったのですが、windowsUpdateが出来なくなってしまいました。セキュリティ保護のこともあり、非常に困っております。改善策をお知りの方がいらっしゃりましたら、ご教示下さいますようお願いします。

SONY VAIO VGN-FZ51B(vista32bit)のハードディスクを150gb非AFTから1tbAFTに換装しました。

非AFTからAFTハードディスクへの換装にあたっては、windows update等において不具合が報告されていたため、回避すべく最新版のIntelラピッド・ストレージ・テクノロジーのインストールをしたかったのですが、「必要最低限の仕様を満たしていません」というエラーが出たため、Intelサポートの方にも相談して、windows vista32ビットに対応しているIntelマトリックス・ストレージ・マネージャーをインストールして(インストール出来ました)、EaseUS todo Backupでクローンを作成してハードディスクの換装を行いました。クローン作成の際、SSDの最適化、セクタバイセクタ方式のクローン作成のいずれにもチェックは入れていません。

・OSはwindows vista SP2でAFTハードディスク対応とのこと
・チップセットはintel PM965expressでRSTがサポートしてるチップセットのはずなのですが・・
・コントローラーは、intel(R)ICH8M-E/M SATA AHCI Controller(これもRSTサポートのはず)
・元のハードディスクは、toshiba mk1637gsx SATA/150で非AFT
・交換したハードディスクは、toshiba MQ01ABD100 1TB AFT

不具合症状ですが、最初は
■windows mailが起動しない、■windows UPdateが出来ない、という症状でした。

インターネットにも無事接続出来ており、その他のoffice関係ソフト、インストールソフトも今のところ問題なく使用できます。
まず、windows mailが起動しないということで非常に焦ってしまいました。

その後、これもintelのサポートの方から教えていただいた、ラピッド・ストレージ・テクノロジーのファイルですが、
STOR_allOS_9.6.0.1014_PV.exe をインストールすることによってwindows mail が復旧しました。
しかしながら、windows UPdateが出来ないままです。
「現在、サービスが実行されていないため、windows UPdateで更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。」というエラー表示です。

どこまで関係があるかわかりませんが、システム情報から、
最初のパーティション開始オフセットは1,048,576バイトで4,096の倍数、他のパーティション開始オフセットも7,809,794,048バイトで4,096の倍数にはなっております。

最新版のintelRSTが無事インストール出来れば、おそらく解決すると思うのですが。

ネットの関係ありそうな情報を見よう見まねでハードディスク換装にトライしたのですが、パソコン関係の予備知識はほとんどありません。
RAID、AHCI、IDE・・・といろいろ出てくるのですが、ちょっとそこまでは理解不能です。

これもネット上で見つけたのですが、下記のような方法が、この場合の改善方法として有効でしょうか?
A案 バッチファイルを実行する
http://blog.goo.ne.jp/touchofgrey/e/87090cadd222eac7528982dd38b7af40

B案 SATAをIDE互換モードにしてしまう
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n31198
こっちの方は、リカバリしなければいけないので、敷居が高そうですが・・。

セキュリティ保護の点からも非常に困っております。どなたか改善方法をお知りの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただきますよう、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-08-09 02:13:14

QNo.8709813

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

No.2 です。

Logs フォルダを削除すると、Windows Update の履歴がなくなります。
ただし、それまでに適用した更新プログラムが再インストールされることはありません。
Logs フォルダを削除しても、再構築されます。

Windows が起動しなくなるようなリスクはありません。ご心配なら、Logs フォルダをどこかに退避させておくといいと思います。

投稿日時 - 2014-08-09 21:24:23

補足

m and dmp様
バッチファイルの実行でwindows updateが復旧しました。
ご回答いただいた方々にお礼が遅れてすみません。
2週間ほどは調子が良かったのですが(起動時画面に白い粒粒が現れていました・・)、その後、起動時に(通常は真黒ですが)白い粒粒の点が大きくなり、帯状の筋がかかるようになりました。
PC使用時にも安定しなくなり、不意に画面が真っ黒になったり、止まったりするようになりました。
一旦windowsが立ち上がると何とか使用出来ていたのですが、ついに、画面が真っ黒になったまま動かなくなってしまいました。強制終了して、(ネットで調べた方法ですが)セーフモードで起動して再起動すると、起動時に白い帯状の筋や粒粒が現れるものの、普通に使用可能になりました。

起動するたびに、また、白い帯状のエリアや粒粒が多くなっている感じがします。
今後、どういう措置をとったらパソコンを救済することが出来ますでしょうか。
まだ何か方法が残ってましたらご教示下さいますようお願いします。
この症例はHD換装と関係ありますでしょうか?

投稿日時 - 2014-09-06 19:49:06

ANo.2

Intelラピッド・ストレージ・テクノロジー は関係ないと思います。
次のフォルダ[Logs]を削除してみてください。
C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore\Logs

投稿日時 - 2014-08-09 10:40:02

お礼

m and dmp 様

早速ご回答いただきどうもありがとうございます。
即座に対処案をお示しいただき、とても感謝しております。
自分では到底考えの及ばない領域ですから。

上記フォルダ[Logs]の削除もパソコンには、何かリスクと言うようなものはないのでしょうか?
非常に簡略な方法で魅力的なのですが。

投稿日時 - 2014-08-09 17:42:56

ANo.1

非AFT仕様HDDのVista搭載機からAFT仕様のHDDにディスククーロンする場合
http://hotaru-zatuki.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/afthddvistaafth.html

検索すると上記などでもバッチファイルの実行で改善したとありますね。

Windows Update または Microsoft Update を使用して更新プログラムをインストールしようとすると、エラー コード 0X80248007 が表示される
http://support.microsoft.com/kb/958046/ja
とマイクロソフトでも同じ内容のバッチファイルを紹介しているものがありました。


バッチの内容を見る限りWindowsアップデートの履歴等を保存したSoftwareDistributionフォルダのファイル類を一から作り直させるような内容なのでこれはXP時代からWindowsアップデートの調子が悪くなった時によくやる対処法の一つなのでA案は試してみる価値はあるかも知れません。

投稿日時 - 2014-08-09 07:42:06

お礼

121CCagent 様

早速ご回答いただき本当にありがとうございます。
このバッチファイルはマイクロソフトもサポートで紹介してるということと、ファイルの内容についても、理解しやすくご説明いただき、とても安心しました。

A案のバッチファイルを試してみようと思います。
どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-09 17:31:49

あなたにオススメの質問