こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家を売却時に翌3年は税金が免除

家を売却したときに、購入時の価値より下がっていれば、
翌3年は税金が免除されるのですが、
条件が厳しく、新しい住居には住宅ローンで購入しないといけないとの規約があります。

しかし、住宅を保持していて、住宅を買い替えるときに、住宅ローンが組める年齢ということは
ある程度限られてくるかと思います。

つまり、住宅ローンが組めない年齢の人(年金暮らしの人など)は、税金免除の対象外なのですが、
これは仕方ないのでしょうか?

投稿日時 - 2014-08-15 22:43:46

QNo.8718249

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>家を売却したときに、購入時の価値より下がっていれば、
いいえ。
土地はそうですが、建物は年がたてば必ず評価額は下がっていきますから、その減価償却分以上に下がったらということです。
なお、木造住宅の耐用年数は22年です。

>翌3年は税金が免除されるのですが、
いいえ。
免除ではありません。
譲渡にかかる赤字分について3年間は繰越控除でき、その年ごとの合計所得から控除(差し引く)でき、その分税金が安くなるということです。

>条件が厳しく、新しい住居には住宅ローンで購入しないといけないとの規約があります。
いいえ。
ローンを組む、組まない、住宅を新たに購入する、しないにかかわらず、この特例は適用されます。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/16.pdf

>住宅ローンが組めない年齢の人(年金暮らしの人など)は、税金免除の対象外なのですが、これは仕方ないのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。

投稿日時 - 2014-08-16 07:40:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問