こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当に困ってます(長文)

36歳女性です。20歳から生命保険を掛けてます。最初は養老保険でした。27歳の時、その保険会社の営業の人が何度も尋ねてきて書換を勧めました。私は保険の知識が全くなく説明を100%理解できないまま、根負けしたような感じで書き換え(今まで掛けてた保険は下取り)しました。
書き換え後は月14000円弱の払い込み額となり、今までと同じような貯蓄タイプだと思っていました。
最近分かったのですが、私が今現在加入している保険は
終身保険で5年毎に20万円生存給付金が出る。が、60歳の払込終了時に満期金はないものと分かりました。
保障内容は、終身保険金が約350万円
死亡保険金が、病気・・約1850万円
       不慮の事故・・約2100万円
特約は    疾病入院特約 7800円
       手術特約   10万円
       災害入院特約 8千円
       成人病特約  4600円
       傷害特約   300万円
       定期保険特約 1500万円
       生存給付特約 20万円
私は婚暦なしの独身です。受取人の親が先に死亡する可能性は低い。これでは今迄毎月お金を捨てていたようなものでした。今度の給付金の受け取り後解約したら約74万円(破綻した保険会社の商品なので16%の解約金減額で)。全払込は概算で270万円です。今まで一生懸命働いて多くない給料の中から納めた保険料のことを思うと涙が出て途方にくれています。よく分からないまま保険を書き換えてしまった自分が悪いのですが、書き換えを勧めた保険会社の人がきちんと説明してくれてればこんな書き換えはしなかったはずです。
この保険の再びの下取りはは無理とのことでした。
今後の方策としてよい方法があれば是非教えてください。
保険に求める優先順位は1.貯蓄性 2.老後の生活費 3.長期入院時の保障です。

 

投稿日時 - 2004-05-27 08:04:46

QNo.871884

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。こういうトラブルは生命保険につきものです。常に確認をする必要があります。
ところで、あなたのご希望をみると、貯蓄性とありますが、そもそも生命保険に貯蓄性を求めるのは無理があります。保険料には保険金の支払に充当する危険保険料の部分があり、更には保険会社の経費にあたる付加保険料も織り込まれています。従って、配当金がほとんどないこのご時世では、貯蓄をするなら、やはり預貯金(今はこれも利子はほとんどないが)系で、銀行・証券さんにお願いすることです。次に老後の生活費ですが、年金保険ならこれを満足できそうです。年金保険は、類似のものが他の業界から出ていますが、終身年金は確か生保だけですので、メリットがあります。ただ、途中で生保が破綻するというリスクがありますね。最近は変額年金なんかも扱っていますので、参考にしてください。保険に求めるのは本当は、
(1)死亡保障(2)入院保障といえると思います。
あなたが、書き換え(転換)したのは、11年前ですので、H5年ころですか?生保はS62、3頃から定期(保険特約)付終身保険を主力商品にして、かつ養老保険や終身保険をこれに転換するのをすすめていて、この時期もまだ力を入れてやっていた時期なので、話になってしまったのですね。そこで、
対策ですが、保障がいらないのであれば、主契約(契約本体)を減額したり、定期保険特約を解約したりすればよいのです。これを内容変更といいます。ただ、これをすると
入院特約の日額や生存給付特約の額も変更しなければならなくなります。これは会社によって違うので、加入している会社に相談してください。相談するときは会社の支社などで相談した方がよいです。支部や営業所は避けたほうが良いでしょう。ただ、気になるのは、破綻した会社の契約ということですね。もしかしたら変更するのにも制限があるかもしれません。(とにかく、相談する必要あり。)
制限期間が過ぎてから内容変更する手もあります。(あと
何年?)
次に考えられるのは、解約です。損をしたことはあきらめて、いままでを保障してもらっていたと思って、こんな信頼できない会社の契約は、すっぱりとやってしまう方法です。生保は他にもあるし、入院保障や死亡保障だけなら、
外資系で安くて仕組みも簡単なのがあります。
あと考えられるのは、継続することです。これからご結婚もなさると思うし、契約の内容からすると、特別過大な契約金額でもなさそうと思います。独身で収入がある間は、定期特約付で死亡保障を増やしておいてもいいと思います。14000円の保険料を払い続けられれば・・・・
あなたの気持ち次第ですが。
以上思いつくままに書いてみました。参考になればと思います。もし私の書き方で気分を害するようなところがあったら、ゴメンナサイ。

投稿日時 - 2004-05-27 09:21:26

お礼

丁寧なご説明ありがとうございました。教えていただいたように、「内容変更」と「解約して他の保険に入る」の二つの観点から検討していこうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 15:00:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

271人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

私であれば、貯蓄性もある終身保険と、入院保障の疾病入院特約・手術特約・災害入院特約を残して他の特約は解約いたします。
ただ入院給付金の日額には死亡保険金の何%までという制限があるようなので、定期保険特約を解約すると入院の保障額をキープできないかもしれません。
その場合は、終身保険だけ残して、入院保障は特約タイプではなく、医療保険に入るという手があります。
ただし「1入院あたり何日分までしか支払いません」という制限がありますので、長期入院時の保障が目的であれば180日ぐらいは欲しいところ。
また払済保険といって、保険料の払い込みを中止して、そのときの解約返戻金で一時払いの保険(主契約のみ)に変更する制度があるはずです。保険金額は解約返戻金分で買える額までになるので、かなり減額されると思いますが、終身保険のそれなりの貯蓄性は引き継がれます。
もし定期保険特約等を解約したことにより入院保障の額をキープできないようなら、終身保険を払済保険に変更し、長期入院保障は医療保険に入る。貯蓄や老後の生活費は、減った保険料分を投資信託や外貨預金に回したらいかがでしょうか?

投稿日時 - 2004-06-05 22:36:38

お礼

ありがとうございました。
払済保険と言うのは知りませんでした。勉強になりました。
わたしは今、時々病院にかかってるので、そのへんのとこも考えてみます。

投稿日時 - 2004-06-06 09:47:47

ANo.9

こんにちは。

現在の保険でも貯蓄性がある部分があります。それは主契約である終身保険部分です。生存給付金受取後の解約返戻金は主に終身保険部分によるものです。
基本的には「特約」は取外しができるはずなので、主契約だけ残して特約を全解約してみましょう。
これで貯蓄として現在の契約を見る事ができます。
他の回答では保険に貯蓄を求めないほうが良いというのもありましたが、決してそんな事は無いと思います。
平成7年当時の終身保険ですよね。この頃は2.9%位の予定利率だったと思いますが、破綻してしまったので予定利率は引き下げられています。直近破綻の東京生命は2.6%ですから現在販売されている1.5%~2.0%のよりも有利な条件です。(仮に大正生命や第百だと考え直しますので補足してください。)
基本的には解約控除が適用される期間中の全解約はお勧めしません。
14000円の保険料中、これで幾ら浮きましたでしょうか?10000円位は浮きませんか?
36歳であれば日額5000円の終身医療保険(120日型)で月々3000円位からあります。(長期入院を希望するなら120日型以上が良いでしょう。)
残りの7000円を別途貯蓄していっては如何でしょうか。
保険の中にも銀行の定期積金よりも利回りが上回るものもあります。1%相当の定期積金に相当するものもあります。(銀行だと良くても0.3%位でしょうか。)減ってしまっては下も子もありませんが、金融商品として見れる保険も存在しています。

投稿日時 - 2004-05-27 20:41:45

お礼

お礼がおそくなってすみません。
丁寧なご説明ありがとうございました。
こういう考え方、方法もあるのかと目をみはりました。
特約を全部解約すると一万円ちょっと浮きます。
ただ、この質問をさせてもらった後、保険について勉強してて「告知」というのを知りました。わたしは現在、ここでひっかかるであろう状態です。なので新たに保険に入るのはひょっとしたら不利かもしれません。調べてみます。
たいへん参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 15:32:27

ANo.8

先程意見を書かせていただいたものですが、
再度補足を述べさせて頂きます。
生命保険の減額の件ですが、よくファイナンシャルプランナーなどの方は、「保障額が少なくてすむ時期になったら減額を」と言われますが、私が以前勤務していた某大手生保会社の生命保険は、減額は一切不可でした。
満期になったときに定期保険部分を更新しないことによって(あるいは定期保険特約部分を解約して)受け取る保険金額を減額させるようにすることは可能ですが、例えば1500万の定期部分を500万に減額する、や終身部分を350万から100万に減額することはできなかったように記憶しています。
(増額することはもちろん可能です。そうすれば生命保険会社は儲かるからです)
減額の場合は、下取りによる契約転換と同じ扱いにしますが、それは一度に限り有効です。
(保険料の計算方法が加入時にさかのぼれる、ということ。昔の方が、安い保険料で大きい保険に入ることができました。昔の保険を解約して、今の計算方法で同じ保険料を払っても、保障は昔よりずっと小さくなります)
今は制度が変わっているかもしれませんし、生保会社によって扱いが異なるかもしれませんが、私は「同一の会社で同一の保険を減額する」という扱いは、理論的には可能(理想)でも、現実的に不可能と考えています。
蛇足ながら述べさせていただきます。

投稿日時 - 2004-05-27 12:30:47

お礼

そうなんですか。分かりました。いずれにしても現在加入している保険会社に問い合わせて減額可能かどうか聞いてみます。たびたびご丁寧に本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 15:19:48

ANo.7

>この保険の再びの下取りはは無理とのことでした
今の保険はその保険会社の主力商品と思います。
給付金金付きの定期付終身保険ですね。

保険会社によりますが養老保険などの非主力商品から主力の定期付終身保険の転換は出来ますが、それからまた元の養老保険などの非主力商品へ転換は不可の場合が多いです。

この保険は自分のニーズに合っていないと言う事ですね。
でも解約したら払い込んだ保険料の元本割れはします。
でも保険はそう言うものなのです。
ではどうしたかのアドバイスは、減額や不要な特約を止める事です。
保険会社は解約されるよりマシなので比較的解約手続きよりスムースに出来ると思います。

終身保険金が約350万円
死亡保険金が、病気・・約1850万円
これは、今定期特約の1500万円と終身が350万を足した金額で1850万です。

定期保険特約 1500万円は、100~500万円位で良いと思います。これは掛け捨て部分と考えて下さい。
終身350万は、貯蓄部分です。
貯蓄部分の保険料は定期保険に比べ少し高くなっています。

死亡保障が独身女性でそんなに要らないと言っている方に対しては少し高いと思う反面、傷害特約 300万円はどうかな?と思います。
これは、所定の怪我などで障害をもった場合(指切断・足切断)等級により支給されます。
これは、30万~300万円の範囲内って事です。
多くの保険会社は規定で100万~1000万円の範囲で付加できます。大きな金額の方が良いと思います。もう少し上げても良いかと。
極端な話Aさんは両手足を失った満額の1000万円もらえますがBさんは同じように両手足失ったでも300万円の特約の為限度額300万しかもらえません。

解約しないで減額の方法をとるとニーズの変化で増額や特約の変更も可能です。
今回減額で死亡保障を500万円にしても後から増額して700万などにすることも可能です。

>保険に求める優先順位は1.貯蓄性 2.老後の生活費 3.長期入院時の保障です。

生命保険で貯蓄は今の時代少しリスクが高いと思います。
貯蓄は銀行系の方がよろしいかと思います。
銀行も信用が出来ないかもしれませんが。

死亡保障は全く不要と言う考えなら入院保険や傷害保険等単独で入れる損保系や外資系が多く出ていると思います。
昔ながらの大手生保の場合は死亡保険とセットで入院特約が付く保険が多いです。

保険の仕組みで 死差益
予定していた亡くなる人が多いか少ないかで出る利益。

費差益
保険会社の経費・人件費など予定していたものより多いか少ないかの利益。

利差益
株式の運用等によって出る利益。

保険料にはそれらが含まれています。ですから年数が少ないと掛けた保険料が解約した時に戻りが少ないのは当然です。

保険は万が一の安心料・貯蓄は銀行等と割り切って考えると言う事もあります。

今後の対策は説明がわからなかったら自分にわかるような説明をしてくれる人連れて来いと言いましょう。

また自分でも少し勉強をした方が良いと思います。

投稿日時 - 2004-05-27 09:59:56

お礼

お礼が遅くなりすみません。丁寧なご説明ありがとうございました。

>今後の対策は説明がわからなかったら自分にわかるような説明をしてくれる人連れて来いと言いましょう。

分かりました。今まで、説明が分からないと「自分の理解力がないのかな」などと思っていたのですが、たとえそうであったとしてもそんな弱気じゃだめですね。
これから保険について勉強します。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 15:16:31

ANo.6

まず、「保険は万一の時のもので貯蓄性などない」と
思わなければならないと思います。
生命保険は、全て掛け捨てです。
養老保険や年金保険というのは、生きている間に受け取る金額は、保険料の中から積み立てられますので
「銀行に預けるお金+保障に回すお金」を同時に一箇所に払っている、とお考えになればよいと思います。
つまり、積み立てる分は保険料の中に入っているのです。金利も通常の貯蓄商品とほぼ同じだと思えばいいでしょう。
したがって、生命保険会社の年金保険や養老保険は、
保険料がものすごく割高です。
貯蓄をお考えなら、貯金に回されるのが一番確実です。
また、どこの保険会社でも下取りは一度しかできません。契約の更新か、付加は可能なようですが。
ご質問の中にありました1,2に関しては、貯蓄や投資(株式投資、信託)などを考慮されるべきだと思います。もちろん、投資に関してはリスクもありますが、そちらは私は専門外ですので詳しいアドバイスはできません。
3に関しては、外資系の入院保険などがよいのではないでしょうか。企業の安定性には欠けるかもしれませんが、掛け捨てだと割り切れば保険料はおさえられます。
国内の生命保険会社がオプション(特約)としてつけている入院保障は、終身保険部分の金額によって付加できる日額が決まってきます。
死んでから受け取る金額は少なくてもいいなら、終身保険単体に入院特約だけをつければ今の保険料よりも若干安くなると思いますが、保険料は終身保険部分の大きさでほぼ決まりますので(病気の時いくら、交通事故のときいくら、というのも一種のオプションで、それ自体の保険料は安いと思います)今とあまり代わらないかもしれません。
終身部分にいくらの保険料で、オプション部分にいくらの保険料を払っているかの明細は保険証書や保険会社から送られてくる「契約内容のお知らせ」などに掲載されていると思いますが、保険会社に問い合わせれば調べて答えてもらえると思います。
ご自身の保険の内容について、関心を持たれたことはいい機会だと思いますので、じっくりと検討された上で、今のご自身の生活に合ったものをお考えになられればいかがでしょうか。

投稿日時 - 2004-05-27 09:34:24

お礼

お礼が遅くなりすみません。
丁寧なご説明ありがとうございました。

>保険料の中から積み立てられますので
「銀行に預けるお金+保障に回すお金」を同時に一箇所に払っている

という説明、よく理解できました。それだったらみなさんもおしゃってくださってるように、保障部分は掛け捨てで保険をかけて、貯蓄部分は普通に預金するというのもいいですね。ただ、自分は今新たに保険に入るとなると告知でひっかかるかもしれないので、それと合わせていろいろ検討&勉強していこうと思います。この「告知でひっかかるかも」っていうのも、このサイトを読んでてつい最近知ったくらい知識がなかったのです。もっとよく勉強します。

投稿日時 - 2004-05-29 15:10:54

ANo.5

私も以前民間の保険に加入していましたが、何年か経ってから『特別メニューで保険金支払いが生じた時点で掛け金が免除されるのがあるけど、審査の結果あなたはこのメニューに特別書き換えられるけど・・・』といわれ、即座に書き換えました。
それから少し経ってから保険外交員をしている友達にその事を伝えると『書き換えは絶対したら駄目よー!保険会社も解約金払いたくないからあれこれ策を練って別メニュー勧めてくるのに』といわれ、愕然ときました。

今は貯蓄性はないけれど、掛け金が安くて保障が信頼できる県民共済等(営利目的でない保険)に掛けています。お陰で帝王切開で出産したときには50万もの保険金いただいてとっても助かりましたよ。

保険にあまり貯蓄性は求めない方がいいかもしれませんね。確実に貯蓄を考えるならそれはそれで自分で預金していき、保険はあくまでも何かあったときだけの保障と考えた方が無難かもしれません。

投稿日時 - 2004-05-27 09:30:33

お礼

お礼が遅くなりすみません。
「共済」は聞いたことはあったけど、どんなものか知らず、意識にありませんでした。そういうのもあるんですね。勉強させてもらいます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 15:02:50

ANo.3

保険会社はたくさんありますのでどこがいいとは言えません

失礼ですが 現在独身とのことですが 将来結婚するかで
内容が変わってくると思います
もし 独身でいくならば死亡保険金額は少なくてもよく
結婚する場合は 旦那さんの保険内容にり見直すとよいと思います

貯蓄を重視するならば 保険でなくてもいいと思います
例えば 5,000円/月で 5年で300,000円も貯めることができますからね

いろいろな保険を比較して 判断しましょう
http://www.hokende.com/index.html

参考URL:http://www.hokende.com/index.html

投稿日時 - 2004-05-27 09:12:45

お礼

お礼が遅くなりすみません。
この先結婚するかどうかは分からないので、「結婚しない」ということで保険のプランはたてておこうと思います。紹介していただいたHP、いろいろ勉強させてもらいます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 14:49:34

もし、保険会社を変更される場合があるのでしたら
TVのCMなんかに騙されないで自分自身で
評価をしらべた上で変更してください。

ここでは特定保険会社を名指ししませんが
「誰でも終身保険には入れるが、最後はいちゃもんつけられて保険金は出ない」事でトラブルが多いようです。

投稿日時 - 2004-05-27 08:40:08

お礼

お礼が遅くなりすみません。
会社の評価ですね。分かりました。評判にまどわされず、きちんと調べるようにします。
会社の信頼度とは、財務状況(倒産の恐れ等)だけではなくて、そういったトラブル度も調べないといけないんですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 14:46:36

ANo.1

私もやられました。

良く聞く話です、書き換えを薦める勧誘員は新人さんが多く、会社からそう指導されるそうです。
良くわからず会社から言われた通り薦めるらしい。

終身保険に特約で病気の保障を付けるのがご希望のタイプです。
(今の時代は昔と比べ損なんです)

投稿日時 - 2004-05-27 08:24:02

お礼

お礼が遅くなりすみません。
少しでも分からないことがあるときは、絶対に首をたてに振ってはいけませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 14:43:56

あなたにオススメの質問