こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

手持ちビデオカメラのHDDの仕組みについて

パソコンのハードディスクって、例えばポータブル製品であっても、
稼働中に動かすのは厳禁とされています。

なのに、手持ちビデオカメラ・・・まぁ、ハンディカムの事なんですが・・・HDD録画ができるタイプでは、
結構揺らしたりしても壊れもしませんし、録画画像が乱れたりもありません。

各社、凄い技術で作られているのだろうと思いますが、手持ちビデオカメラのハードディスクって、基本的にはパソコンのものとは違う構造なのですか?

私はあまり詳しいことは知らないので、仕組みが違うか同じか、また同じなのであればなぜ壊れにくいのかを教えて頂けると助かります。

どうぞ、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-08-19 09:34:51

QNo.8722278

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大きさ的に3.5インチや2.5インチといった普通のHDDは入っていません。
1.8インチなどの小さなHDDやSSDが入っています。
また、HDDの場合は3.5インチや2.5インチよりも衝撃や振動に強い設計になっています。

たとえば、このようなHDDがそういった目的で作られています。
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2011_01/pr_j2501.htm
内部はこんな感じです。
HDDを分解する。 その6 (1.8インチ編)
http://blogs.yahoo.co.jp/ashiyura_kei/24173253.html

投稿日時 - 2014-08-19 10:45:40

お礼

そういった小さいHDDっていうのが存在しているのですね、知りませんでした。

1.8インチのHDDで、外形寸法
5.4cm × 7.1cm × 0.5cm
こんな小さくても容量は220ギガとか、凄いですね。

うちのビデオカメラの容量は120ギガだったと思います・・・もう7年も前のカメラになりますが、未だにキビキビ動きます・・・ただまぁ、この7年での技術の進歩なんでしょうね、容量は格段に上がってます。

最近のカメラの性能って凄いんでしょうね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-20 09:30:48

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ハードディスクそのものの基本的な構造は同じ。

で、何が違うのか?というと・・・
ハードディスクにも「慣性の法則」は通用する・・・小さければ小さい(=慣性重量が軽い)ほど、外部エネルギーの影響を受けにくい=振動や衝撃に強い。

ということで、デスクトップパソコンや据え置き型外付けHDDに使われる3.5インチHDDよりノートパソコンやポータブルHDDに使われる2.5インチHDDの方が、また、より小型のポータブルHDDに搭載される1.8インチHDD、更に、ビデオカメラに搭載されるHDDは1インチHDDが耐衝撃・耐振動性能が高くなっている。
加えて、#1さんの回答にもあるマウント方法の進化(HDDが小さい方がマウントの選択肢も増える)もあって劇的なまでに耐衝撃・耐振動性能が向上している。

ワタシ、13年モノの340MBのIBM製マイクロドライブ(CFタイプ2サイズ1インチHDD)を持っていて、特に振動対策を考えたコトもありませんが、今でも動きます(まあ、ここ5~6年は”惰眠を貪っている”状態だけど)。
また、8年くらい前に買ったノンブランドのUSB接続1インチ外付けHDDも、先日、ついに認識できなくなったので、バラしてみたらコントローラ部の断線で、中のディスクを直接CFスロットに接続したら、普通に認識しました(コイツは、安く買えたこともあって、結構雑に扱っていたけど・・・)。

投稿日時 - 2014-08-19 11:02:39

お礼

パソコンのHDDと構造は同じなのですね。

ほー、なるほど、慣性の法則なのですか、
小さければ小さいほど外部エネルギーの影響を受けにくい、
ご説明により、瞬時に理解できました。

ビデオカメラには、1インチというHDDが採用されいているのですね。
・・・というか、USBの外付け1インチHDDなんてあるのですね!
知りませんでした。
どれどれ・・・調べてみました・・・なるほど・・・ちょっと、これは買わないかなぁ・・・(笑)
これならSDカードを買った方が賢そうですね。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-20 09:37:54

ANo.1

基本は同じものです。なんたって、HDDを作っているのは世界中に
数社しかない、ノウハウがぎっしり詰まった製品ですからね。日本の
家電メーカーごときじゃあ、作れないんですよ。

なので、そういう汎用品をカメラに使うために、カメラに装着する部分に
衝撃吸収の工夫がしてあって、多少の振動は吸収するようになって
いるんです。PCのHDDはコストの問題もあって、筐体に直接ねじ止め
ですからね。同じショックを与えても、影響が全然違うんです。

もっとも、そこまでやっても壊れるモノは壊れますので、最近ではより
衝撃に強いSSDを使ったカメラもありますよ。

投稿日時 - 2014-08-19 10:01:22

お礼

HDDって、世界でもあまり多くの会社が作っていないのですね。
数々のパソコンが売られているので、そこはHDDを作る能力があるのだと思ってましたが、そんな簡単なものではないのですね。

コスト的にも、HDDは別会社から買った方が簡単だし安価なのかなぁ。

ほー、なるほど、パソコンのHDDはコストを抑えるために、そんなに衝撃に強い構造にはなっていないのですね。
知りませんでした。

SSDのカメラ・・・何か速そうな気がします。(笑)
へー、最近ではSSDのカメラなんてのもあるのですね。
これも、知りませんでした。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-20 09:50:42

あなたにオススメの質問