こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

理解と受容

今まで幾人かの方々と、此処で会話をさせて頂いて来ました。

其のうちの何人かは、自己を自身で未だに捉え切れていない言動が目立ちます。

「守・破・離」

折角、先人が残してくれた物を活用しないのは勿体無いです。

斯く言う私も幼い頃は迷走していましたから、偉そうには言えませんがw


事実を理解では無く、正面から受け止める。

此れだけでも、結構キツイ修行です。

人は直ぐに「理解」したがりますから。

理解は自分の中に、「外」を取り込む行為です。

「外」にあるモノは「外」のモノです。

また、「他」から見た自己は、見たモノにとっての「外」です。

自己の「理解」を外に広げても、他の「理解」とは交わりません。

理解は解釈や分析と呼んでも良いでしょう。

投稿日時 - 2014-08-20 14:58:02

QNo.8723796

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(24)

ANo.24

0fool0様、こんにちは。


>「そりゃー、ない。

投稿はしているが、回答はしていないからw

暴言を吐いて、反省しない人間に何が出来るかw」


「回答なんて、してないじゃん、(所詮)出来ないことを」という意味ですね。
・・・どちらが「言論封殺」やら。
「日本で「0fool0」というのが、言論封殺をしようとしている」と見ますよ。


>「暴言を吐いて、反省しない人間に何が出来るかw」

こちらが、何度も、釈明を試みて居ることを一切受け入れず、
あまつさえ、それを「反省しない」と切って捨てる。
(さらには、「そういう人間に何が出来るか」とは、あからさまな「差別」ですね)

なんでもアナタ様の思う通りにはなりませんよ。

投稿日時 - 2014-09-11 16:12:47

お礼

>「日本で「0fool0」というのが、言論封殺をしようとしている」と見ますよ

面白い事を言いますねぇ~~~wwwww

投稿日時 - 2014-09-11 19:45:12

ANo.23

こんばんは。


>「凄いですねぇ・・・」

(ははは)これくらいで驚かれていては。
ここのカテゴリーでは、むしろ「ヤサシイ」というくらいかと。



>「一切、答えるつもりが無いのを、自慢する人間というのも珍しい。
で、「侵害しないでね」の発言の意味・意図は?
貴方は誤魔化す事のみに神経を注いでばかりです。」

そのまま、お返ししたいような文言です。




>「受容は困難なようですね。」

だから、ここは「Q&Aサイト」なんです。


アナタは、曰く「私も、愉しみたいのです」と仰います。

私は、ここで「「そりゃー、ないよ」というのを、なんとかしたい!」と思って、投稿させて頂いて居ます。


(1)「人権侵害」について、「最初から言うな、事後的に言ってくれ」
ということについては、参考になったと思います。

投稿日時 - 2014-09-04 17:57:01

お礼

>私は、ここで「「そりゃー、ないよ」というのを、なんとかしたい!」と思って、投稿させて頂いて居ます

そりゃー、ない。

投稿はしているが、回答はしていないからw

暴言を吐いて、反省しない人間に何が出来るかw

投稿日時 - 2014-09-04 20:47:32

ANo.22

こんばんは。


>>「で、「侵害しないでね」の意味は?」
意味は、固まってきた、ということです


>「コピペでも良いので、提示して下さい。
更にその「意図」は?」




では、以下に示します。ここの容量が、これだけ大きいことが、有り難いと思えるのは、初めてかな。
(ただし、「提示して」と言われたのは、0fool0様なので、以下を以って「ストーカー」と言われるのは、
当たりません。(むしろ、逆のように思えます))

(仏教)
http://nandemo.fruitmail.net/qa8685175.html
(Ano.13)「>人権を侵害しないでね。」この台詞の意図を説明して頂きます。」
(Ano.32)「で、「人権」発言の真意は?説明になっていません。」
(Ano.35)「私は単に、「人権の侵害はしないでね」についてのみの話しかしていないのですがね。」
(Ano.37)「「人権を侵害しないでね」の発言の意図を説明しなさい。」
(Ano.39)「私は無知な子羊である私に、説教して欲しいだけですよ。「人権の侵害をしないでね」の意味を。」
(Ano.40)「「侵害」の言葉の意味を聞いているのではなく、「侵害」した箇所を指摘して下さいと言っているのが判ります?」
(Ano.47)「もう一度聞きます。私に対して「人権を侵害しないでね」の発言は、正しいですか?」


(人権侵害)
http://nandemo.fruitmail.net/qa8728206.html
(Ano.5)「私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうかね?」
(Ano.6)「だ・か・ら私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうか?」
(Ano.7)「だ・か・ら私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうか?」
(Ano.9)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.10)「ん。で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.11)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.12)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.13)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.14)「ん、で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.15)「だから、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.16)「つまり貴方の、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.17)「執着?で、「侵害をしないでね」の意味は?」
(Ano.18)「で、「侵害しないでね」と私に発言した意図は?」


(テロリスト)
http://nandemo.fruitmail.net/qa8718296.html
(Ano.17)「だ・か・ら
私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうか?
貴方自身の発言ですよ。尋ねているのですがね?
どうして此処をはぐらかすのでしょうね?」
(Ano.18)「だ・か・ら
>「・・・つまり「因果応報」というお答えとは、無関係です」
「侵害しないでね」は何でしょうか?
貴方自身の発言ですよ。尋ねているのですがね?
どうして此処をはぐらかすのでしょうね?」
(Ano.19)「で、「侵害しないでね」の意味は?
私は単純に聞いているのですがねw」
(Ano.20)「だ・か・ら、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.21)「だ・か・ら、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.22)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.23)「なるほど、で、「侵害しないでね」の意味は?」
(Ano.24)「なるほど、では、「侵害しないでね」の意味は?ぼんやりでも良いですよ。」

以上、私の質問に寄せられた「Answer」の内容の一部(あるいは全部)です。


それから、0fool0様の本質問(理解と受容)
http://nandemo.fruitmail.net/qa8723796.html
において、
(No.17「お礼」)「だ・か・ら意味は?他人に「侵害しないでね」と忠告するのが挨拶だというならば、其の「意」を説明する義務がありますよ。」
(No.18「お礼」)「「侵害をしないでね」の意味の説明を、何故に其処まで避け続けようとするのです?」
(No.19「お礼」)「で、「侵害しないでね」の意味は?」
(No.20「お礼」)「固まって来たのならば、説明を 「侵害しないでね」の意味は?」
(No.21「お礼」)「コピペでも良いので、提示して下さい。更にその「意図」は?」


・・・以上です。
これくらい「用例」があれば、どうですかね。

「「で、「侵害しないでね」の意味は?」の意味(、さらに、その「意図」?)」については。

投稿日時 - 2014-09-02 01:31:50

お礼

凄いですねぇ・・・

一切、答えるつもりが無いのを、自慢する人間というのも珍しい。

で、「侵害しないでね」の発言の意味・意図は?

貴方は誤魔化す事のみに神経を注いでばかりです。

受容は困難なようですね。

投稿日時 - 2014-09-02 05:42:19

ANo.21

0fool0様、こんばんは。

「で、「侵害しないでね」の意味は?」
の意味は、固まってきた、ということです。

投稿日時 - 2014-08-30 02:24:01

お礼

>意味は、固まってきた、ということです

コピペでも良いので、提示して下さい。

更にその「意図」は?

投稿日時 - 2014-08-30 19:41:57

ANo.20

>「で、「侵害しないでね」の意味は?」

それはそれ、ですね。
(ここ一ヶ月くらいの間で、「それ」は固まってきたと思います)

投稿日時 - 2014-08-30 01:07:46

お礼

固まって来たのならば、説明を

「侵害しないでね」の意味は?

投稿日時 - 2014-08-30 01:22:03

ANo.19

こんばんは。


>「「侵害をしないでね」の意味の説明を、何故に其処まで避け続けようとするのです?
何故に私が「侵害しないでね」と言われる理由があるのでしょう。」

「それは有りません」


ああ、ちょっと待って、「受容」してみるか。





>「「守・破・離」
折角、先人が残してくれた物を活用しないのは勿体無いです。」

あまりにも専門的過ぎて、一般には判らないようです。




>「事実を理解では無く、正面から受け止める。
此れだけでも、結構キツイ修行です。」

(仏教的な「修行」と、同一視して、いいんですか?)



>「人は直ぐに「理解」したがりますから。
理解は自分の中に、「外」を取り込む行為です。
「外」にあるモノは「外」のモノです。
また、「他」から見た自己は、見たモノにとっての「外」です。
自己の「理解」を外に広げても、他の「理解」とは交わりません。
理解は解釈や分析と呼んでも良いでしょう。 」


「人は直ぐに理解したがりますから」を理解不能ではない、と読むと、
「理解の輪を広げよう」という可能性は、ありますね。

投稿日時 - 2014-08-29 01:49:37

お礼

で、「侵害しないでね」の意味は?

投稿日時 - 2014-08-29 01:58:53

ANo.18

>「だ・か・ら
意味は?
他人に「侵害しないでね」と忠告するのが挨拶だというならば、其の「意」を説明する義務がありますよ。」

それは、初耳でした。


(0fool0様語録)
「1 人権は権利です」
とともに、記録・記憶いたしましょう。

投稿日時 - 2014-08-28 23:21:16

お礼

「侵害をしないでね」の意味の説明を、何故に其処まで避け続けようとするのです?

何故に私が「侵害しないでね」と言われる理由があるのでしょう。

投稿日時 - 2014-08-28 23:26:52

ANo.17

こんばんは。


>私は「人権は(訂正)侵害しないでね」という表現は、しましたが、それは、「因果応報」についてではありません

では、何で?

・・・「人権は(を)侵害しないでね」とは、「ご挨拶」であり、
当該スレ(仏教http://nandemo.fruitmail.net/qa8685175.html)本論についての内容に関するものではありません。


0fool0様は、当該スレで、私が回答を選り好みしている、とお思いですか。
(具体的に、思うところがあれば、ご指摘ください)

投稿日時 - 2014-08-28 23:11:46

お礼

だ・か・ら

意味は?

他人に「侵害しないでね」と忠告するのが挨拶だというならば、其の「意」を説明する義務がありますよ。

投稿日時 - 2014-08-28 23:14:23

ANo.16

こんばんは。


>「“他者を侵害”と“他者が侵害”の違いが判ります?」

主張されるほうが、ご説明ください。



>「私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうかと、私は尋たのですが、其れに対して貴方は「自由・平等・博愛」と答えただけです。

・・・はぁ・・・・」

明確に、違います。
私は「人権派侵害しないでね」という表現は、しましたが、
それは、「因果応報」についてではありません。

全般に「勝手」が過ぎるようですよ。
それで「踏み潰す」とか「叩き潰す」とかでは、
どうも、最初から「それ」があってのことのでしょう。




>「此処での運命論と一神教の看板は意味が在るのですか?
看板が運命論や一神教だと、内容も変わるのでしょうか?
貴方は寿司屋の暖簾さえ揚げていれば、ビビンバでも寿司だと云えるのでしょうかね?
真髄とは無関係な事ばかり。」

アナタには、「仏教の真髄」とは、ご回答はあっても
理解は無理と思います。
例えば、「メタ仏教」ということについて、どうお考えになりますか?



>「貴方が欲しているのは「真髄」等では無く、賞賛者か頭を撫でてくれる保護者です。
ま、日本語が不自由な様なので、私が何を云っているかも理解不能なのでしょうが・・・

日本語が不自由で、すみません。

投稿日時 - 2014-08-28 21:38:20

お礼

>私は「人権派侵害しないでね」という表現は、しましたが、それは、「因果応報」についてではありません

では、何で?

投稿日時 - 2014-08-28 22:20:09

ANo.15

0fool0様、こんばんは。


>>「すなわち「受容」とは「侵害(さえ)を「評価」するもの」ではない」

>「私の言う「受容」は全てを受け入れる事であって、「評価」する行為ではないですよ。」

なるほど。

私が学んだところでは、
「他者を侵害する行為までは、認めてはならない」ということでした。





(閑話休題)

>「好きな回答だけ選んで、嫌な回答は無視する行為が、「真髄」を求める行為だと思いますか?」

えー、小生の終わったスレ
「仏教」http://nandemo.fruitmail.net/qa8685175.html
についての言及ですか。


>「貴方は持っていない、私は持っている、だから私は教示したのですが、
貴方が「真髄」を求める、又は得ているならば、正面から私を論破すれば良いだけです。

駄々を捏ねるのが修行になりますか?」

0fool0様は、ご回答7番で
「苦しみには原因がある
原因は除く事が出来る」
と、ご回答されました。

さらに、ご回答8番で
>「あまり言いたくなかったけど、「因果応報」です。
こう言うと教えの一部と捕らえる方が多いので。
此れが仏教の本質です」
と、ご回答されました。

「真髄」についての問いに、「本質は「因果応報」」とのお答えでした。



それでは、理解を進めるために、逆質問をさせて頂ければ、と思うのですが、

「(Ano.8)因果応報」
「(Ano.7)苦しみには原因があり、原因は除く事が出来る」
これが、仏教の本質であり、真髄である」

と、回答を頂いた場合、
(1)「因果応報」とは、「運命論」か?
(2)「苦しみの原因を除く」とは、仏教というより、むしろ一神教の香りがしないか?
という、2点です。

投稿日時 - 2014-08-28 19:49:45

お礼

>私が学んだところでは、「他者を侵害する行為までは、認めてはならない」ということでした

事此処に至って思う事は、どうも日本語が不自由な様ですね。

“他者を侵害”と“他者が侵害”の違いが判ります?


私の発言の「因果応報」に対しての「侵害しないでね」は何でしょうかと、私は尋たのですが、其れに対して貴方は「自由・平等・博愛」と答えただけです。

・・・はぁ・・・・


此処での運命論と一神教の看板は意味が在るのですか?

看板が運命論や一神教だと、内容も変わるのでしょうか?

貴方は寿司屋の暖簾さえ揚げていれば、ビビンバでも寿司だと云えるのでしょうかね?

真髄とは無関係な事ばかり。


貴方が欲しているのは「真髄」等では無く、賞賛者か頭を撫でてくれる保護者です。

ま、日本語が不自由な様なので、私が何を云っているかも理解不能なのでしょうが・・・

投稿日時 - 2014-08-28 20:36:13

ANo.14

こんばんは。


>「貴方が受容出来るか出来ないかは、私の感知する所ではありません。
まさか、私に貴方の人生の責任を取れと?w


私は問われれば答えます。
其れが私の責務と思うからです。

しかし我侭に付き合うほどに優しい人間でも無いのです。

釈尊は本当に素晴らしい方だったのでしょうね。」


事実は、事実であって、その全てを「受容」しなくてはならない、というものではない、
(すなわち「受容」とは「侵害(さえ)を「評価」するもの」ではない、
「教育刑」ですら、侵害を評価したりは、していない)


・・・「事実」とは何か、と言えば、それは「師」を待つより無いですか?

投稿日時 - 2014-08-25 23:58:09

お礼

>すなわち「受容」とは「侵害(さえ)を「評価」するもの」ではない

私の言う「受容」は全てを受け入れる事であって、「評価」する行為ではないですよ。

好きな回答だけ選んで、嫌な回答は無視する行為が、「真髄」を求める行為だと思いますか?

貴方は持っていない、私は持っている、だから私は教示したのですが、貴方が「真髄」を求める、又は得ているならば、正面から私を論破すれば良いだけです。

駄々を捏ねるのが修行になりますか?


>・・・「事実」とは何か、と言えば、それは「師」を待つより無いですか?

文意が読み切れないので、何ともコメントがし辛いですが、他人の「師事」を受けた方が良いかと言うお尋ねでしょうか?

となると「師」を持った事の無い私には答えは出せません。

私の師は先人達の残して下さった知識と、関わった世界と、私自身の人生です。


遊んで下されて嬉しいです。

投稿日時 - 2014-08-27 14:51:04

ANo.13

お礼ありがとうございます。
気になったので追加です。

>殺し合いも「愛」です。
>ポイントは「誰から見るか」です。
>殺し「合い」も助け「合い」も、所詮は仲間内の話です。

>誰と殺し「合う」のでしょう?
>他の種から見た場合は、どうでしょう?
>ハンティングは殺し「合い」?
>其れとも食事?又は共食い?

人間も生き物ですから、食べる上では同じです。
それ以上殺さなくて十分であれば、殺し合いは無いのではないでしょうか?
他種でも必要以上の殺戮は、愛でしょうか?

同種と食べ物を分かち合わない時に、愛はあるのでしょうか?
生きる必然の「食欲=愛」は、分かち合い無しに成立しますでしょうか?

反論と言うより、0fool0さんですから疑問に感じました。

他種を食すための殺生は、私にとっては悪ではなく
生きる摂理という認識だからかもしれません。

必要悪と言う言い方もありますが、行為は目的で悪と
呼ばれるようになるものと思います。
故に遭難した時、話し合いで犠牲者が出ても法でも裁かれません。
悪意でやっているのでは無いからだと思います。

悪意から悪行は生まれますが、生きる営みの行為は行為として
区別して受け止めています。

殺生は全て悪と捉えてあっても、それはそれで構わないのですが
ウサギが食べる草も生き物ですし、生き物括りですと
トータルで見た矛盾無き落とし所は微妙になるようにも思えます。



>自己が磨耗してしまう生き方は、楽しくないと思います。

確かにそうですね。
私の場合、磨耗せず充電でいいかなと思っています。
磨耗なしで磨く方法も有るかなと。

人それぞれで好きな方法を選ぶことができますが
そう言う方法もあると言うことで。


反対したい訳ではなく、自分と向き合い対応して行くと
観える範囲が広がっていく。
広がるに連れて、選択肢は驚くほどに増えていく。

そうなっていくと、精神的消耗が無い選択肢も出てくると言う話しです。
勘違いが無いように言っておきますと、その選択肢は諦めでは無いです。
諦めは、生きるエネルギーまで奪いますから。

気がつく所まで行けば、誰にでも多くの選択肢が待っています。
自分と向き合える人は、本当に少数ですので
言いたかっただけなのですけどね。

投稿日時 - 2014-08-25 01:30:55

お礼

どの様な助け合いも殺し合いも、条件の下で行われます。

ある条件下、判断を下して行います。

その判断は、双方が望んで行われる訳ではありません。

あくまでも「一方の判断」です。

此れは例え善意からであっても悪意からであっても、一方を排する「差別」であり「区別」なのです。

しかしその「差別」が世を「世」たらしめています。

其れを「愛」と呼ぶのは間違いでは無いが、不足していたので、「助け合いも殺し合いも」と補足しました。

仮にどちらかだけを論って「愛」と形容するならば、其の愛への対語が生じます。

其の場合は「アガペー」ではなく、「エロス」となります。

私は通常は「道」とか「真理」とか呼びますね。

助け合いだけを「愛」と呼ぶのならば、其れは「真理」からは程遠い行為だという事です。


はい、選択肢は「無限」です。

そして同じ「時」「場」「人間」がそろう事が無い事を思えば、他人の行いは「糧」等にはなっても、「答え」にはなりません。

ですので早いか遅いか、留まっているか位の歩みの違いはあるでしょうが、其の価値の差は鳥の速さを羨む程度の意味もありません。

早いが良いか遅いが良いかは、唯の「判別」でしか無いからです。


何時もお付き合いありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-27 14:26:45

ANo.12

0fool0様、今晩は。


>「「受容」は別に他の単語で表しても何の問題も無いのですが、少なくとも現在の貴方の行動様式では捕らえ切れない物です。

折角ですから楽しみましょうよ。

何(理解)をそんなに護るのですか?
書き込みありがとうございます。」

「理解を護る」では、ありません。

「受容」にも限度がある(他者への侵害行為は、許容されない)、ということです。

投稿日時 - 2014-08-24 02:04:08

お礼

>「受容」にも限度がある(他者への侵害行為は、許容されない)、ということです。

貴方の限度を軽く超えているのは当たり前です。

その様に発言したのですから。

ポイントは「貴方が正しいならば、私を論破すれば良い」だけです。

貴方が受容出来るか出来ないかは、私の感知する所ではありません。

まさか、私に貴方の人生の責任を取れと?w


私は問われれば答えます。

其れが私の責務と思うからです。

しかし我侭に付き合うほどに優しい人間でも無いのです。

釈尊は本当に素晴らしい方だったのでしょうね。

投稿日時 - 2014-08-24 16:05:26

ANo.11

おふろさん、ご返事ありがとう。

赤緑シキモウ?
トマト色やキュウリ色がわたしと違うってことかしら。
信号の色は?

あ、すみません、訊いてみたいだけです。
言葉で説明してもらっても、同じ感じ方はできないんですが。

他の感情なんかもそうで、誰かの怒りをわたしが怒ることも
誰かの痛みをわたしが痛むことも無理でせいぜい想像するぐらい。
それも自分の内側のものを使って、です。


どうでもいいんですが、わたしは泣いているときに慰められたり
なだめられたり励まされたりどうして泣くのか尋問されたりするのが
大嫌いでした。泣きっ面をポケ~っと眺めてもらうのが一番。

_______________


>此の挙げてある言葉は、此れは全部私の発言ですよね?
:そうなのですか。気のせいです。
わたしはあなたのファンですがストーカーではないので。

>私の匂いがするので、多分そうなのでしょうが
:そうですか。移り香なんぢゃないですか。


ではでは。
              

投稿日時 - 2014-08-23 12:49:49

お礼

>わたしは泣いているときに慰められたり なだめられたり励まされたりどうして泣くのか尋問されたりするのが大嫌いでした。

面白いと思いました。

私と同じだなと。

私と感じ方が同じとは限りませんが、私は「強く」在りたかったので、同情は侮辱に思っていました。

「同じにすんな!!」とね。

今思えばどっちが侮辱しているんだかw


私の発言で無かったとは、赤面の至りです・・・

人の功績を掠めるとは恥ずかしい事です。

申し訳ございません。

投稿日時 - 2014-08-24 15:59:27

ANo.10

お礼ありがとうございます。
本の紹介、ありがとうございました。

>追加の一言として、「助け合いも、殺し合いも、根底は愛」と、補足しておきます。

殺し合いは、情なら分かるけど愛ですかね?
自分の中にある純粋な愛を感じ取れる人は、どのくらいいるのでしょうか。
これは以前からの疑問ではあります。

愛情じゃなく、純粋な「愛」

最初に見つけた時は驚きましたが、愛を探して見つかる物では
無いですから、如何ともしがたいものです。


学びは日常で自分と向き合えなければ、理解度は下がります。
哲学と心理学においては、それが顕著に出てしまいます。
勿論、数学や物理にも出ますから論理的思考も阻害されるんですけどね。

自分と乖離するほど、思考は矛盾が増えます。
目の前にある答えにも気がつかない、多数の進言があっても
自分だけの理論にはまってしまう。

それに良し悪しや是非を問うものでは無いですが
結局は矛盾ですから、他者とも自分とも摩擦が絶えないだろうなと。

0fool0さんなら分かるかなと思って書きます。
私、Q&Aに自分を観に来てるのが本来の目的です。
外部刺激が無いと、発想は広がりが出ません。

ですから、この手の質問は非常にありがたいです。
自分で全て選べると、今の自分を超えることは無い。
人との関わりが無いと、人間は成長が下がります。

常に外界との接触で、自分の理解が深まる。
理解も受容も、関係性から触発されて行くので
人間にとっての関わりは、愛を育む成長を続けたい気持ちを
持つ者の必然でしょうかね(^ ^)


自分の中で、いい完結が出せました。
一つスッキリしました。
またの質問を楽しみにしています。

投稿日時 - 2014-08-23 09:28:01

お礼

殺し合いも「愛」です。

ポイントは「誰から見るか」です。

殺し「合い」も助け「合い」も、所詮は仲間内の話です。

誰と殺し「合う」のでしょう?

他の種から見た場合は、どうでしょう?

ハンティングは殺し「合い」?

其れとも食事?又は共食い?


>他者とも自分とも摩擦が絶えないだろうなと

素晴らしい表現だと思います。

自己が磨耗してしまう生き方は、楽しくないと思います。

しかし研がなければ、切れ味は落ちます。

「研ぎ」と観るか、「磨耗」と観るか・・・

見方次第ですねw


私の書き込みに楽しんで頂けているのは嬉しい限りです。

しかし本当に楽しませて貰っているのは私です。


書き込み本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-24 15:50:45

ANo.9

こんばんは、おふろさん。おもしろいです。



>自己を自身で未だに捉え切れていない言動が目立ちます。
:いやあ耳が痛い。最もとらえどころがないのが自分で、
いったい何者なのか、理解・判断できないのが自分ですから。
内側からは理解不能で、感じることができるだけだし、
それに分けられない、分からないのですよ、自分。



昔の恋人が、人間の幸せな状態は納得していることだ、というので、
それはおかしいのではないかと言い合いをしたことがあります。
フロイトが好きな人でした。

何が起こっているのか、どのように・なぜそうなったのか、
見ざる聴かざる言わざるでいるよりは知っている方がいいけれど、

人間の納得あるいは理解の仕方が正しい(?)のかは疑問。
思考回路はいつも直線的でクセや歪みがないのかも疑問。
アバタを見て、これはエクボであると理解したがるぐらいだし。
アバタはアバタとして眺めたり見つめたりできないものか。

あまりおもしろい例が思い浮かばないのですが、
たとえば直方体の3つの面が赤だった、これは赤い箱にちがいない、
そう決定(?)すると、他の面が何色なのか
気に掛けることすら一瞬で忘れてしまい、「赤い箱」と呼びます。
他の面が緑色かもしれなくても、どうでもよくなるんですよ、苦笑。
ラクですから。自分の都合で理解するのは。
五感の働きの省略といいますか、思考の省略といいますか・・・。


>自己の「理解」を外に広げても、他の「理解」とは交わりません。
:同意します。



どうもおじゃましました。

 

投稿日時 - 2014-08-23 01:33:39

お礼

うわぁぁあぁ・・

幾つも面白い言葉が掲げてあり、楽しいです。

一番感じ入ったのは、「アバタはアバタ」です。

そして「赤い面と緑の面」・・・

実は私は「赤緑色盲」(軽度ですが)なので、他の方とは見える世界が産まれ付いてから違うのです。

私は私の見える世界を他の方は見る事が出来ない事を、子供の時に知りました。

逆に他の方の見え方を、私は永久に知る事が出来ない事も。

表と裏の例として挙げられたのですが、別の面がある事が、また楽しいです。


しかし、此の挙げてある言葉は、此れは全部私の発言ですよね?

私の匂いがするので、多分そうなのでしょうが、良く集めましたねw

投稿日時 - 2014-08-23 09:26:18

ANo.8

お礼ありがとうございます。

最近やっと哲学は全て現実に展開できるのが理解できました。
現実化出来ないないのは、自分の問題であり
自分が自分を理解してなかったのが骨身にしみます。

自らの愚かさも全て認めていくと、見えてくる世界は
それそのものが全て自分を導く糧となります。


人間は愛で作られていて、愛で生きて愛で生かされている。
それを深く理解したのが、この夏の収穫です。

全ては、愛するのが実態として備わっているためか
その実態ゆえ成長できるのか、そこはまだ分かりません。

真の理解は、結局自分で歩くことかなと思う次第です。

分かれば分かるほど、自身の無知と出会います。
その出会いが結局は成長であり、自分が持つのびしろなのかなと思います。

いかに愚かでも、自分を愛し人を愛するのは素敵で素晴らしいこと。
未熟さは、愛によって変えることができる。
本当に愚かしいのは、無知より愛無きこと。

助け合いも分かち合いも、根底は愛。
Q&Aも、成り立つのは愛あればこそ。

自分の中の愛が見つかれば、生きるのは楽しいことだと思います。
人は生まれながらにして、見えない宝石を必ず持っている。
それこそが至上の宝だと思います。

投稿日時 - 2014-08-22 08:16:04

お礼

「愛」

素晴らしい言葉が出ました。

私の感じ入った「愛」の語りを提示します。

「幸村誠 VINLAND SAGA ヴィンランド・サガ 第6巻 37話」

追加の一言として、「助け合いも、殺し合いも、根底は愛」と、補足しておきます。

此の世は「愛」で満ちています。

お付き合いありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-23 01:19:44

ANo.7

理解の意味する所。
理解をどういう理解で使っているか。

外から取り込んだもので、自身を理解することも出来るように思います。
頭に知識(情報)と言う意味ですが。

自身に対する理解と受容で、外の理解と受容も高まります。
自分と言う基点が定まらないと、見るものが歪みを生じます。

許せると理解は深まりますが、自分を捉えきれれば
自身を適切に導けるかなと思う次第です。


「守・破・離」は、必要と思いますが
活用するに至るよう精進とセットです。
活用を考える人も、あまり居ないのかなぁと感じることもあります。

言葉は抽象化されますが、抽象化される前に事実がある訳で
抽象化はその後、実際は展開できますよね。
展開できるようになるための体験・経験や考察不足が問題を大きくするように思います。

意識的に展開し続けていると理解できてくるように思われますね。

投稿日時 - 2014-08-22 01:39:56

お礼

全く持って、其の通りだと思います。

全ては「使い方」次第です。

「守・破・離」 と精進の言葉は楽しく思いました。

私なりの解釈ですが、「教科書」と「教師」に感じました。

いつも楽しい言葉をありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-22 02:07:36

ANo.6

私も自己を捉え切れていません。哲学カテに回答する資格はないかもしれません。
私もですが、多くの人にとって師匠は書籍しかありません。
当然、誤解、不理解は避けられませんし、更に著者の真偽、能力がかかわってきます。
こうゆう状態で「守破離}の段階まで行けないように思います。

私は一時期、ある新興宗教を信仰していました、毎日のお経と集会、勧誘が修行でした、根気が無かったかもしれませんが、疑問もあり挫折しました。
その後キリスト系宗教系の集会へも何度か通いましたが、結局は寄付と勧誘目的でした。

このように、信頼に値する指導者を得ることが出来ないのです、仕方なく、少ない情報に自分勝手な想像を組み合わせて自分なりの哲学を作っているというところが、現在の自分です。
質問回答を見ていれば、多分他の方も同じ様なもの、のように感じます。

おっしゃる通り、私は物事を理解しようと努めますが、理解が重要でないことは理解しています。
ただ、事実を正面から受け止めることが、出来ているかは全くわかりません、それは大ごとが他人ごとだったからです。
自分に当てはめたことが有りませんでしたので、じっくりと考えてみます。

投稿日時 - 2014-08-21 22:29:47

お礼

書き込みありがとうございます。

私は貴方に軽々しい言葉は言えません。

唯、私の言葉が、少しでも役に立てば、望外の喜びと言う物です。

一歩、一歩だと思います。

ご自愛を


追伸

私で良ければ、言葉遊びには幾らでも付き合います。

投稿日時 - 2014-08-22 01:26:58

ANo.5

こんばんは。


>「事実を理解では無く、正面から受け止める。
此れだけでも、結構キツイ修行です。
人は直ぐに「理解」したがりますから。

理解は自分の中に、「外」を取り込む行為です。

「外」にあるモノは「外」のモノです。
また、「他」から見た自己は、見たモノにとっての「外」です。

自己の「理解」を外に広げても、他の「理解」とは交わりません。

理解は解釈や分析と呼んでも良いでしょう。」


「理解」については、一家言、あるようですが、
それでは、(仰る)「受容」については?

投稿日時 - 2014-08-21 20:33:51

お礼

んん~~・・・・

貴方が私の言葉に真摯に耳を傾ける事かなぁ~~・・・・


貴方は貴方の「理解」を振り回して終わっていますが、判ります?

「受容」は別に他の単語で表しても何の問題も無いのですが、少なくとも現在の貴方の行動様式では捕らえ切れない物です。

折角ですから楽しみましょうよ。

何(理解)をそんなに護るのですか?

書き込みありがとうございます。

投稿日時 - 2014-08-22 01:20:03

ANo.4

質問の趣旨は何でしょうか。よく捉えられなかったのですが、タイトルにある理解と受容に関して述べようと思います。

相手を理解するゆえに、受容できる、こういう一般論は成り立つと思います。
また、事実を受け容れるというのは確かに理解を超えています。
しかし、ある意味でそれは、事実に晒されるのであって、受け入れるという表現がそぐわない時もあります。

もし表現を、事実を事実のままに知ると変えたならどうでしょうか。
この場合ならば、理解を超えて、しかも把握していると言え、外の圧力に気圧されていない、客観的でしかも主体的である自己が確認されます。

表現を問題にしているだけですが、微妙な違いを言い得ることが出来ていますでしょうか。

投稿日時 - 2014-08-21 01:55:36

お礼

>事実を事実のままに知る

其の通りです。

私の言葉は、形を変えただけの物です。

ちなみに質問はしていないのですね・・・・(すいません)

していないのですから、捉えられる訳もありませんw


私の台詞は、先人達の残して来た物をなぞっている程度の内容です。

ですから「守破離」の語句を挙げているのをお許し下さい。

書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-22 01:14:57

okwaveですが気が狂っている人が多いです。
人が書き込んで、負けただの死んだだの
言ってくるゴミ屑みたいな人が多いです。
リサイクルもできそうにないです。
人を攻撃するカルマで苦しめばいいのにと思いました。
私が死んだら怨霊になってやろうかな。

投稿日時 - 2014-08-20 21:50:50

お礼

すいません。

主語が無く、難解です。

責を取らずば、主張も生きないでしょう。

書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-22 01:03:49

ANo.2

「自分の中に取り込む」も何も、“見えている世界”は自分の中です。
もし『取り込ん』でいなければ、存在しないという事です。
他人による自己の評価も、そのための自己顕示に満ちた言葉も、
何の意味もない空虚な雑音に過ぎません。
苦痛であれ、攻撃であれ、無理解であれ、それが認識の深まりの
ヒントになるならば、幸運だと言えます。

投稿日時 - 2014-08-20 16:08:12

お礼

>“見えている世界”は自分の中です

其の通りです。

唯、私が言いたい事は、其れで良いのならば、“私の書き込みに反応する必要は無い”と言うだけです。

書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-22 00:59:36

ANo.1

 こんにちは。

 (1)
 次の命題が よく分かりませんので 尋ねます。

 ★ 自己の「理解」を外に広げても、他の「理解」とは交わりません。
 ☆ 《理解したもの》を《広げる》とは どういうことでしょう?

 内ににしても 外ににしてもです。


 (2)
 ★ 理解は自分の中に、「外」を取り込む行為です。
 ☆ 自分の内なるもの――たとえば 心のウゴキやその志向性などなど――についても わたしたちは《理解》するものと思いますが それは 理解するハタラキとは別のもので いわば《「外」》だと見なすということでしょうか?


 (3)
 ★ 事実を理解では無く、正面から受け止める。
 ☆ もし《理解 ないし 事実としての認識》なくして《正面から受け止める》とすれば それは言わばその場や当事者やその情況がまづあった・起こったというような程度の内容を受け取っただけだと考えるのですが そういうことでしょうか?


 けれども
 ★ 理解は解釈や分析と呼んでも良いでしょう。
 ☆ というふうにも説明があります。これだと すでに受け留めた者の主観として整理していることになるはずです。


 いづれにしましても まだ全体像がよく分かりませんので 趣旨についての補足要求になると思います。 

投稿日時 - 2014-08-20 15:39:10

補足

すいません。

書き込みのお礼を忘れていました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-22 00:56:51

お礼

あぁ~~・・・

私の言葉を「理解」しようとする行為が、無意味なのです。

貴方の書き込みの単語の「受け取る」は正しい道のりです。

投稿日時 - 2014-08-22 00:55:58

あなたにオススメの質問