こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人間関係に溶け込めなくて困っています

例えば、新しい集団(学校や会社)に入って友達ができたとします。
その友達に私以外の友達がいると、
私よりその友達のほうが親しいのではないか
だとしたらいずれ自分は取り残されてしまうのではないか
実は私のいないところで私の陰口を言っているのではないか
と思ってしまい、新しい友達ができても親しくすることができません。

仮に親しくなっても、親しくなればなるほど
自分は嫌われているのではないか、いずれ嫌われるのではないか
と思ってしまい、心を開くことができません。
そして、会う度にそういうことを考えてしまい
会う事自体が苦痛になって私から相手を避けるようになって
結局破綻してしまいます。

また、新しい集団(学校や会社)に入った時に
その中の誰か一人でも私の陰口や悪口を言っていると
その悪口を言っていた人と関わる人全員が
私に敵意を向けているような気がしてしまい
その集団の中にいることが苦痛になってしまいます。

心配して声をかけてくれる人もいるのですが
なかなか上手く言葉で説明できなかったり
言葉にしても上手く伝わらなかったり
意味を理解してもらえなかったりして
結局話しても無駄なんだなと思ってしまいました。

この考えの根底にあるのは
単なる思い込みではなく、実体験による経験なので
自分自身では否定できるほどの根拠がありません。

一人でいることは苦痛ではないですが
このままだと人生がむちゃくちゃになるのは目に見えています。
何かアドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2014-08-21 12:41:13

QNo.8724837

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>この考えの根底にあるのは
>単なる思い込みではなく、実体験による経験なので

なるほど。

でもね、よく考えてみてください。
初めて食べたトマトがまずかったら、その人は、
トマトっていう食べ物はマズイ。だから、もう食べないと考えるでしょう。
でも、それって正しいか?って言われると、違いますよね。

それと同じじゃないですか?

最初の実体験がまずかったから、そういうものだと
いう思い込みが強くなっているんだと思います。

何でもそうですけど、疑い出せばきりがありません。
疑心暗鬼になろうと思えばいくらでもなれる。
逆に、信じようと思えばいくらでも信じられるわけです。

特に、人間関係においては、相手がどう思ってるかなんて、
誰にもわかりませんからね。
疑う余地はいくらでもあるわけです。

それでも、人と関わっていくってことは必要なんだと思うんです。
あなただって、そう思っているはず。
一番底のところで大切なことは、孤独を受け入れる覚悟を
持つことなのかな?と思います。

>だとしたらいずれ自分は取り残されてしまうのではないか

それでもいいじゃないですか?

>実は私のいないところで私の陰口を言っているのではないか

だったとしても、いいじゃないですか?

もし○○だったとしても、いいじゃないか。
そう思えていないと、ただただ怖いですよね。
恐怖でしかありません。
だって、確証も保証もないんだから。

過剰な期待は落胆をもたらします。
かといって、過剰な疑心暗鬼は、何も生み出しません。

何か起こったら、その現実を受け止める覚悟さえ持っていれば、
大丈夫なんじゃないですか?

絶対うまくいくなんてものは無いんです。
うまくいくかもしれないし、うまくいかないかもしれない。
そのはざまで人間って生きていくんだと思うんです。

そう思えば、少しは、気が楽になると思いませんか?

投稿日時 - 2014-08-21 15:16:44

補足

>最初の実体験がまずかったから、そういうものだと
>いう思い込みが強くなっているんだと思います。
最初だけでなく、何度も同じことがありました。
それで人間関係が嫌になりました。というか失望しました。

それでも新しい環境になって思い切って人を信じてみようと
思っていたのですが、見事に裏切られました。

人の考えていることは、口から出てくる言葉でしか分かりません。
その「言葉」で否定されました。
日ごろ他の人には笑顔で接しているような好人物も
私に対しては酷い態度で接します。

何もいわない人は何を考えているか分かりませんが
私の悪口をいっている人と親しくしているのを見ると
その人まで信用できなくなります。

私には友達もいないし相談する相手も信用できる相手もいません。
失敗したとき心の支えになるものや自分に対する自信もありません。

一人で生きていたいと思っても
仕事をすれば必ず誰かと関わることになります。
我慢して付き合うことはできますが
それも一度破綻しているので次もできる自信はないです。

今までの努力と成功体験は全て、失敗と他人による否定によって
全て打ち消されました。

失敗を前提に挑戦する勇気も人間を信用する根拠も
私には見出せません。

投稿日時 - 2014-08-21 18:22:20

ANo.1

羮に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)

確かに 実体験は心身に沁みついてる 但し 恨みつらみの過去は誰にもある 

叩きつけたい奴等の顔も浮かぶ 寂しい辛かった時が心の中にあるが 

それらにいつまでも引きづられると 目前の幸福が見えない

人生8.9割は厳しい そんな中なので 少しばかりの幸が嬉しい

どうしたらいいのでしょう 多分ご自身ではお解りになってる

聴いたり読んだりの知識では解ってる 後は自分の納得

痛さをしる貴方は 他者の痛みにも理解があるでしょう

何をしても他者は賛否に分かれる 陰口もあろう

自分の信じた道を歩むのが 自分平安の方法だと思うが 

  

投稿日時 - 2014-08-21 14:06:11

あなたにオススメの質問